【教員・公務員】

合唱コンクールで良い合唱をする(優勝する)コツ【考え方編】

 

合唱コンクールについての僕の考えを書きました!

 

もちお
もちお
元教員のもちおです。

本記事や他の記事で紹介した考え方で合唱コンクールに取り組んだ結果、全ての年で優秀賞(学年でトップ、3年の担任の時は学校トップ=最優秀賞)をいただくことができました。

本記事で紹介する考え方(コツ)はわりと再現性が高いと思いますので、何か一つでもみなさんの役に立てばうれしいです!

TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

合唱コンクールあるある

合唱コンクールとかマジめんどい

男子ちゃんと歌って!

…www。(歌わない)

 

これ、合唱コンクールあるあるですよね。

 

 

クラスメイトが全員、この動画の出だしの男子みたいに歌ってくれればいいですけど、、、そんなことはないですよね。

 

 

他にも、こんなこともあると思います↓

  • 歌い始めても、ものすごい小さな声でしか歌わない
  • 「ここから歌うよ」って指示されても、「周りの人ちゃんと出すかな?」ってうかがって出だしの声を出さない
  • 声を伸ばす部分で伸ばしきらない

 

これ、原因があると思っています。

 

合唱コンクールは4月から始まっている

合唱コンクールは、そのクラスの生徒たちの関係性がモロに出るんですよね。

なので、4月から合唱コンクールまでにクラスが「自分のことを表現しやすい安心感のある集団」になっていれば、合唱コンクールはうまくいく可能性が高いと思っています。

 

つまり、合唱コンクールは4月から始まっているんです。

さっき書いた「あるある」は、クラスの人間関係が十分に構築されていないから起こります。

歌うこと、頑張ることが恥ずかしい

→ 歌わない

 

大きい声で歌うと目立ちそうで嫌

→ 小さい声でしか歌わない

 

出だしの声を出すのが自分だけだったら恥ずかしい

→ 出だしの声を出さない

 

声を伸ばすところで伸ばすのが自分だけだったら恥ずかしい

→ 声を伸ばしきらない

 

 

自分のことを表現しやすい安心感のあるクラスになっていれば、こうなりやすいはずです↓

歌うこと、頑張ることは恥ずかしいことではない

→ 歌う

 

大きい声で歌っても、受け入れてくれる安心感

→ 思いっきり歌う

 

みんな出だしの声を出すって信じている

→ 自分も出だしの声を出す

 

みんな伸ばすって信じている

→ 声を伸ばしきる

 

 

合唱コンクールは4月から始まっています。4月からの、クラスの人間関係の成熟度で、そのクラスの合唱はわりと決まってきます。

 

歌いたくない人もいるのがクラス

クラスが結構いい感じなのに、それでも声が小さい人っているじゃん!むかつく!

って思う人もいるかもしれません。

 

正直、中学生の時の僕も同じようなこと思ってました。「歌わない人むかつく!」って。

中3の時、僕は結構クラスの中で頑張っていた方だったと思うんですが、あまりにも女子のアルトの声が出ていなかったので、「こうやって歌うといいんじゃない?」って言ったら、ある女子に「きもっ…」って言われました(涙)

放課後、先生に「なかなかうまくいかないんです」って合唱コンクールの悩みを打ち明けた時に、その傷が深く印象に残っていたのか、涙がボロボロと出てきましたw

 

 

でも、教員になってから思ったのは、そりゃ歌いたい人もいれば、歌いたくない人もいるよなってことです。

クラスが「自分のことを表現しやすい安心感のある集団」になっていたとしても、歌いたくない人は歌いたくないんです。

 

で、全員に「思いっきり歌うこと」を求めるのって、なんか不自然というか、窮屈だなって気づきました。

 

 

クラスって、いろんな人がいますよね。一人一人、みんな違います。いろんな人がいるっていうことを理解して、いろんな人を受け入れることが大事なんです。

歌いたくない人もいるのがクラスなんです。

 

 

で、合唱コンクールは、そういうことを学ぶのに良い機会だと思います。

  • 本気で頑張りたい!っていう人
  • そんなに頑張りたいとは思わない…っていう人

 

どっちかに針が振れすぎるのもダメ。お互い歩み寄るんです。

歩み寄らないで「本気で歌ってよ!歌わない人、マジ意味わかんない!むかつくっ!」ってなったり、

「合唱コンクールとか別にどうでもいいし。頑張りたい人だけで頑張ればいいじゃん」ってなったりすると、うまくいきません。

 

 

この後すぐ書く、目標が達成されないんです。あくまで合唱は手段

合唱コンクールを通して、人間社会に必要な「歩み寄り」を学ぶんだ!という信念が、教員には必要だと思います。

 

 

優勝を目標にすると、うまくいかない

僕が担任をしたクラスは全て、合唱コンクールで優勝(学年でトップ、3年の担任の時は学校トップ)しました。

が、一度も優勝を目標にはしませんでした。

 

長谷川博之(2012)『クラス皆が一体化! 中学担任がつくる合唱指導』明治図書の受け売りです。

 

『クラス皆が一体化! 中学担任がつくる合唱指導』の画像

この本のまえがきに、このようなことが書かれています。

 合唱で最優秀賞を取るというのは、目的じゃなくて手段です。

最優秀賞がゴールだとしたら、最優秀賞を取った後何が残るんですかということですね、私が言いたいのは。

たとえば学校づくりを使命とする三年生で、合唱コンクールで優勝したのに、始業式や終業式の歌を本気で歌わないというのでは、私に言わせればナンセンスなのです。無意味。点数を付けられないとやらない、賞状が出ないと頑張らない、という打算まみれの学級では駄目なのです。そういう状況では、最優秀賞の賞状などただの紙切れなのです。

 

これを読んで、「むっちゃかっこええええええええ」って思いました。

 

僕、この本は合唱コンクールに関わる教員必携の本だと思っています(中古品しか出回っていないっぽく、値段がこれからどんどん上がっていくはずなので、早めに入手するべし)

 

 

この本を読んで、「合唱コンクールでは優勝は目標にしてはいけない」と感じ、生徒にはこう伝えました。

 

賞は目指すものではなく、素晴らしい取り組みをしたクラスが『結果的にとっちゃうもの』だ!!!

 

 

もちろん、担任として賞を狙っていなかったかというと、、、やっぱり生徒と一緒に賞をとらりたいっていう思いはありました。

でも、一言も「賞をとるぞ」とは口にはしませんでした。口が裂けても言いませんでした。

 

それよりも、「このクラスでできる最高の合唱を作り上げる!」これを目標にしていました。

その結果、毎回、賞をいただくことができたんです!

 

 

 

まとめ

このクラスでできる最高の合唱を作り上げる!」

 

は目指すものではなく、素晴らしい取り組みをしたクラスが『結果的にとっちゃうもの』

 

 

って、、、、

いろいろとむっちゃ偉そうに書きましたが、あくまで僕個人の考えにすぎません!もし参考になることが一つでもあれば幸いです!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

合唱コンクールに関する他の記事はこちら

合唱コンクールの取り組み方について書いた別の記事がありますので、もしよければご覧ください。

良い合唱をする(優勝する)コツ【考え方編】

良い合唱をする(優勝する)コツ【練習のコツ編】

並び方のコツ【最高の合唱を目指す】

良い伴奏をするコツ【伴奏者賞とりたい人へ】

良い指揮をするコツ【指揮者賞とりたい人へ】

 

 

教員におすすめの記事

公務員・教員のお金の増やし方

教員におすすめの便利グッズ・必需品

教員が読むべき本

 

教員の仕事効率化についてまとめた記事はこちら

⇒教員の仕事効率化について

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA