【生活改善】

事業用クレジットカードの体験談!個人事業主の僕はこうやって選んだ

事業用クレジットカードの体験談!個人事業主の僕はこうやって選んだ

僕は個人事業主(フリーランス)として仕事をしているわけですが、やっぱり怖いのが確定申告。確定申告自体は何回か経験があるけど、やっぱり面倒くさい。かといって、確定申告を楽にするための対策をするのも面倒くさい。

ってことで、このままだといつまでも後回しにして年度末に(また)苦しむことは目に見えているので、真面目に対策をしなきゃいけないなと思いました。

 

で、個人事業主の初歩中の初歩である「事業用クレジットカード」(ビジネスカード)すら用意していない状況だったので、発行することを決意。(遅すぎ)

 

そこで、この記事では

僕が事業用クレジットカードをどうやって選んだのか?

について書きます。

 

書こうと思った目的と理由

  • 自分用のメモ
  • これからは独立して働く人が増えるはずで、そういう人の参考になるのでは?と思ったから

 

 

個人事業主が事業用クレジットカードを用意するべき理由

JCB CARD Wの画像

確定申告の作業を楽にするため。

 

事業用クレジットカードを用意したところで確定申告が面倒なことには変わりはないんだけど、事業用クレジットカードを用意せず、1枚のクレジットカードを私的利用・事業利用すると、もっと面倒になります

というのも、クレカの明細を見て1つずつ「これは私的利用だな」「これは事業利用だから経費に計上」ってやるのはとてつもなく時間がかかるから。

 

もちお
もちお
で、結局「もー面倒だわ!すべて私的利用ってことでいーや」って諦めることになります。(過去の僕)

 

私的利用のクレカと事業利用のクレカを分けておけば、経費として支払いをする時は事業用クレジットカードを使えばそれでOK。

そうすれば、あとは会計ソフトfreeeでクレカの連携をすれば、自動で経費の計算をしてくれます。

 

もちお
もちお
楽ちん。

 

「個人事業主になったら事業用クレジットカード(ビジネスカード)を発行するべし!」なんて、学校の社会科の先生は教えてくれなかったんだけど。学校で教えてよ。(学校で教えるわけないし、僕は元社会科教員)

 

 

事業用クレジットカードを選んだ時の基準

クレジットカードの画像

事業用クレジットカード(ビジネスカード)って言ってもたくさんのカードがあるので、選ぶ時の基準を決めないと悩み続けることになるな、と思いました。

 

ってことで、こんな感じの基準を決めました。

年会費 経費に計上できるけど、なるべく安い方が良いのは当然。
ポイント還元率 なるべく高い方が良い。
国際ブランド 海外に行くことも考えると、VISAが安心。ただ、VISAだとAppleユーザーはSuicaのチャージがほんの少し面倒。
電子マネー iDとQUICPayの両方を使えた方が便利。
ネタになるか? そのカード自体にレアな特典があると良い。

 

 

僕が選んだのはこれ

で、たくさんあるクレカの中で僕が事業用クレジットカード(ビジネスカード)に選んだのが、これ。

  • 楽天ビジネスカード
  • JCB CARD Biz

 

 

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードの画像
引用:楽天プレミアムカード

 

年会費 2,200円(税込)
還元率 1.0%
国際ブランド VISA
口座 法人口座・個人口座
利用限度額 最高300万円(楽天プレミアムカードと合算)
保険 なし(楽天プレミアムカードに付帯)
電子マネー iD

 

ポイント還元率が高いので有名な楽天カード、のビジネス版。

 

楽天プレミアムカード(年会費11,000円)に申し込まないと入手できないクレカなので、実質的な年会費は高め。

あと楽天プレミアムカードと楽天ビジネスカードは口座を別にしないといけない。

なので、

楽天プレミアムカードの画像

楽天プレミアムカード

私的利用
(年会費11,000円は経費にはできない)
楽天ビジネスカードの画像

楽天ビジネスカード

事業利用
(年会費2,200円は経費にできる)

っていう運用になります。

 

経費にできない年会費が余計に11,000円かかるのでぶっちゃけ微妙なんですけど、楽天プレミアムカードにはプライオリティ・パスが無料で付いてくるというネタ性があります

プライオリティ・パスの画像

引用:楽天プレミアムカード

 

プライオリティ・パスっていうのは、会員制のランクの高い空港ラウンジが利用できるサービスのこと。しっかりとした食事が食べ放題&アルコールなどのドリンクが飲み放題のラウンジです。

 

このラウンジに入る権利をゲットするためには、通常は年会費4万円のサービスに加入しなきゃだめ。でも、楽天プレミアムカードを発行したらそのプライオリティ・パスが無料で付いてくるんです。

 

まあ、「おまえ別に海外に出張とか行かないやん」って感じではあるが。でも近々、海外に取材をしに行くことも考えてはいるので、「いっそのこと楽天プレミアムカードにしてみるか!」って決意しました。

 

もちお
もちお
ネタになるし、ポイント還元率が高いし、イマイチなら1年で解約すればいいし。

 

▶️楽天プレミアムカード(公式ページ)

※ビジネスカードを発行するためには、プレミアムカードを発行する必要あり

 

 

JCB CARD Biz

JCB CARD Bizの画像

引用:JCBカード

 

楽天ビジネスカード(&楽天プレミアムカード)を発行すれば十分なんだけど、電子マネーでQUICPayしか使えないお店で会計する時にテンションが下がりそうなので、QUICPayを使えるビジネスカードも発行することにしました。

 

年会費 1,375円(税込)
※初年度年会費無料
還元率 0.5%
国際ブランド JCB
口座 法人口座・個人口座
利用限度額 10万~100万円
保険 海外:最高3,000万円
国内:最高3,000万円
電子マネー QUICPay

 

これはぶっちゃけ特にネタ性もない普通のビジネスカード。

年会費は安いし、楽天ビジネスカードのiDが使えなかった時の保険として発行するだけだから、別にこれで問題ない。

 

▶️JCB CARD Biz(公式ページ)

 

 

まとめ

以上、

僕が事業用クレジットカードをどうやって選んだのか?

について書きました。

 

まとめると、

確定申告の作業を楽にするために、個人事業主(フリーランス)は事業用クレジットカードを発行するべし。

 

僕が選んだのは、

  • 楽天ビジネスカード
  • JCB CARD Biz

選んだ時の基準は

年会費 経費に計上できるけど、なるべく安い方が良いのは当然。
ポイント還元率 なるべく高い方が良い。
国際ブランド 海外に行くことも考えると、VISAが安心。ただ、VISAだとAppleユーザーはSuicaのチャージがほんの少し面倒。
電子マネー iDとQUICPayの両方を使えた方が便利。
ネタになるか? そのカード自体にレアな特典があると良い。

となります。

 

▶️楽天プレミアムカード(公式ページ)

※ビジネスカードを発行するためには、プレミアムカードを発行する必要あり

 

▶️JCB CARD Biz(公式ページ)

 

 

もちおでした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!