【勉強】

【2020年度大学入試改革】英語民間試験は何にすべき?【英検でもOK?】

【2020年度大学入試改革】英語民間試験は何にすべき?【英検でもOK?】英語を書いている男の子のイラスト
大学入試を受ける人 「2020年からの新テストで使う英語民間試験って、英検でもOKですか?」

 

こういった疑問に答えます。

 

こんにちは。もっちです。

2020年度の大学入試から、今までのセンター試験に代わるテストとして、「大学入学共通テスト」の実施が予定されています。

この「新テスト」の詳細はまだ検討中の部分がありますが、確定事項のなかでセンター試験からの大きな変更点として挙げられるのが

  • 記述式問題の導入
  • 英語の4技能(「聞く」 「読む」「話す」「書く」)の評価

です。

ここで挙げられている英語の4技能の評価方法として、民間の資格・検定試験が活用されることになりましたが、

民間の資格・検定試験って具体的には何?

と疑問に思う人もいると思います。

また、同時に

どれくらいの点数を取ればいいの?
民間の資格・検定試験のそれぞれの特徴は?どれがいいの?

という悩みも出てくると思います。

そこで、本記事では

  • 2020年度の大学入試で活用できる英語の外部検定試験
  • 英語の外部検定試験でどれくらいのスコアを取ればいいのか
  • おすすめの英語の外部検定試験

について書きます。

2020年度の大学入試で活用できる英語の外部検定試験

万年筆の画像2020年度(令和2年度)の大学入試で活用できる英語の外部検定試験は全部で8つあります。

資格・検定試験名 資格・検定試験実施主体名
ケンブリッジ英語検定 Cambridge Assessment English (ケンブリッジ大学英語検定機構)
TOEFL iBTテスト Educational Testing Service
IELTS ・IDP:IELTS Australia
・ブリティッシュ・カウンシル
TOEIC® Listening & Reading Testおよび TOEIC® Speaking & Writing Tests 一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会
GTEC 株式会社ベネッセコーポレーション
TEAP 公益財団法人日本英語検定協会
TEAP CBT 公益財団法人日本英語検定協会
実用英語技能検定(英検) 公益財団法人日本英語検定協会

※高3時に受検した結果(最大2回まで)を、各大学の判断で活用することになります。

 

「2020年からの新テストで使う英語民間試験って、英検でもOKですか?」という質問に対する答えは、「YES」です。

ただし、「新方式の英検」のみ認定されているので要注意です

新方式の英検は、

① 英検 CBT

② 英検 2020 1 day S-CBT

③ 英検 2020 2 days S-Interview

の3種類です(英検公式ページ)。

これらは、

  • 対象受験者
  • テストの実施方法
  • 受検日数
  • 対象級

が異なります。 

2019年度英語新方式の画像

引用:英検公式ページ

  • PBT(paper-based testing)とは、ペーパーテストのこと。
  • CBT(computer-based testing)とは、コンピュータで解答するテストのこと。

※表にあるように、2019年度(令和元年度)は英検 2020 2 days S-Interviewは実施されません。

 

簡単にまとめると、

英検 CBT 
 4技能全てコンピュータで受検
 (ライティングはコンピュータ上でキーボードで入力、スピーキングは録音)

 

英検 2020 1 day S-CBT
ライティングはペーパー試験で手書き。それ以外の3技能はコンピュータで受検。
 (スピーキングは録音)

です。

コンピュータ上で受験するスピーキングテストはこんな感じです。

※スピーキングはAIで自動採点するみたいです!すごい!

 

英検を受けようと思うけど、どの種類を受ければいいか迷う人は

キーボード入力(タイピング)に自信あり → 英検 CBT

キーボード入力(タイピング)に自信なし → 英検 2020 1 day S-CBT

と、使い分けると良いと思います。

 

英語を書いている男の子のイラスト

大学入試を受ける人

「英語民間試験で英検が使えることは分かった。じゃあ、どれくらいのスコアを取ればいいの?」

英語の外部検定試験でどれくらいのスコアを取ればいいのか

結論を言うと、受験する大学によって外部検定試験をどう評価に使うかは異なります。なので、各大学の指針を確認してください。

ただ、参考までに日本最高学府と言われる東京大学の指針を確認しましょう。

2018年9月の東京大学の発表によると、「CEFRのA2レベル以上に相当する」英語力が必要とのことです。

CEFR(セファール)とは、Common European Framework of Referenceの略です。簡単に言うと、外国語の熟達度をA1, A2, B1, B2, C1, C2の6レベルで表す指標です。

A1 初心者
A2 初級
B1 中級
B2 準上級
C1 上級
C2 ほぼネイティブ

東京大学がA2レベル以上と発表していて、他の大学も基本は後追いするはずですので、A2よりも高いレベルの英語力が出願条件になることはほとんどないと思います。

ちなみに、文部科学省が、各資格・検定試験とCEFRとの対照表を作成しています。

各資格・検定試験とCEFRとの対照表

引用:文部科学省ホームページ

この表によると、英検だとA2は英検2級(高校卒業程度)に合格すればOKと言えそうです。つまり、東京大学は「高校レベルの英語力があれば大丈夫だよ」と言っているということになりますね。

 

受験区分がいくつか分かれている資格・検定試験の場合、どの区分を受験すればA2レベルの英語力の認定がもらえるか迷うと思います。

受験区分が分かれている試験は

  • ケンブリッジ英語検定 
  • GTEC
  • 実用英語技能検定(英検)

の三種類です。

それぞれ、A2レベルの英語力を持つことを証明するためには、

ケンブリッジ英語検定
  • B1 Preliminary(for Schools)
  • A2 Key(for Schools)
  • 11,880円
  • 9,720円
GTEC Basic 6,700円程度
実用英語技能検定(英検) 2級 7,500円

 に合格すればOKと言っていいと思います。(受験区分は、記事後半にまとめています)

英語を書いている男の子のイラスト

大学入試を受ける人

「なんとなく分かった。ぶっちゃけて、どの検定試験を受けるのがおすすめなの?」

英語の外部検定試験で効率的なのはコレとコレ

「どの検定試験を受けるのがおすすめなの?」という疑問への答えは

  • GTEC
  • 実用英語技能検定(英検)

です。

試験にかかる時間と費用の面でより効率的だからです。

試験名 検定区分 合計所要時間(概算) 検定料
ケンブリッジ英語検定  B1 Preliminary(for Schools) 220分 11,880円
ケンブリッジ英語検定 A2 Key(for Schools) 180分 9,720円
TOEFL iBTテスト 240分 235米ドル
IELTS 170分 25,380円
TOEIC® Listening & Reading Test
および
TOEIC® Speaking & Writing Tests
200分 15,985円
GTEC Basic 115分 6,700円程度 
TEAP 200分 15,000円
TEAP CBT 200分 15,000円 
実用英語技能検定(英検)  2級 120分 7,500円

これら2つの試験は試験時間が比較的短く、費用も安いです。なので、時間と費用の面でだけ見れば、この2つの試験がおすすめです。どれも大学入試で認定されていますので、内容についてあれこれ考える必要はないと思います。

ただ、これら2つよりは値段は高くなりますが、対策本が豊富なTOEICも良いかもしれません。

まとめ

2020年度実施の大学入学共通テストで認定された民間の英語資格・検定試験について、2019年5月段階の情報をまとめました。

新情報が入り次第、追記します。

 

おしまい!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です