Apple

タピオカカメラと言われようと僕がiPhone 11 Proを買う理由【ブロガー・Youtuberは買うべき】

タピオカカメラと言われようと僕がiPhone 11 Proを買う理由【ブロガー・Youtuberは買うべき】「新しいiPhone 11 Proのタピオカカメラが気持ち悪い」

「タピオカカメラわろた」

気持ちは分かるけど、それでも僕はiPhone 11 Proを買います!

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。
実は、Apple信者です。
このブログにも、ちょくちょくガジェット紹介記事も入れていこうと思っていて、今回はその第一弾です。

 

さて、2019年9月11日2時(日本時間)から、Appleの新製品発表会が行われました。
(発表会を生で見ようと超楽しみにしていたのですが、見事に寝落ちしました(笑))

で、その発表会の中で新しいiPhoneが発表されました。

僕は今、iphone Ⅹを使っていて、使用期間がもう2年になる…ということで、今回の新しいiPhoneは必ず買う予定でした。

 

iPhone 11 Proの画像
引用:Apple

が、世間では新しいiPhoneのカメラ部分がまるで今流行りのタピオカのように見えるということで

タピオカカメラ(タピオカメラ)
タピオカwww
蓮コラ

と揶揄されているわけです。

ですが、僕は新しいiPhoneを推します。

 

というわけで、本記事では

タピオカカメラって言われているけど、それでも僕が新しいiPhone 11 Proを買う理由

について書きます。

もちお
もちお
※僕は、iPhone 11 Proを買う予定です。

【タピオカカメラでも新しいiPhone 11 Proを買う理由①】きれいな写真を撮れるから

iPhone 11 Proの画像
引用:Apple

理由の1つ目は、

きれいな写真を撮れるから

です。

 

iPhone Ⅹや、その後継のiPhone Ⅹsではデュアルカメラ構成になっていましたが、iPhone 11 Proはトリプルカメラ構成になりました。

3つのカメラは

  • 超広角:F2.4
  • 広角:F1.8
  • 望遠:F2.0

という構成で、超広角のレンズが追加されたことがとても大きいのです。

iPhone 11 Proの画像
引用:Apple

超広角があることで、より広い範囲を撮影することができるので、風景写真などが今までよりも撮りやすくなります

 

iPhone 11 Proの画像
引用:Apple

また、ナイトモードという機能が追加されました。

このナイトモードという機能を使うと、暗い場所(低光量の場所)で撮影しても、ノイズの少ない美しい写真を撮れるようです。

 

ブログをやっていると、ブログに載せるための写真が必要になります。

で、今までは

  • そこまで画質を要求されない写真 → iPhone Ⅹで撮影
  • 広角の画角での撮影、暗いところでの撮影 → 一眼レフで撮影

と、カメラを使い分けていました。

が、これが結構大変で。

iPhone 11 Proがあれば、一眼レフをあまり登場させる必要がなくなって、楽になりそうです。

 

【タピオカカメラでも新しいiPhone 11 Proを買う理由②】ビデオ性能がアップしたから

iPhone 11 Proの画像
引用:Apple

理由の2つ目は、

ビデオ性能がアップしたから

です。

 

iPhone 11 Proには、オーディオズームという機能が付いています。

ビデオのフレーミング(録画範囲)に合わせて、音声の集音範囲を変化させる機能だと思われます。

 

また、ステレオ録音機能も嬉しいです。
(これはiPhone Ⅹsから搭載された機能で新しいわけではないのですが、僕が使っているiPhone Ⅹには付いていませんでした)

 

YouTubeをやっていると、スマホでYouTube用に録画することがあります。

その時に、オーディオズーム機能やステレオ録音機能が付いたiPhone 11 Proで録画すれば、ビデオの品質もアップするはずです。

 

【タピオカカメラでも新しいiPhone 11 Proを買う理由③】バッテリー駆動時間が圧倒的に長いから

iPhone 11 Proの画像
引用:Apple

理由の3つ目は、

バッテリー駆動時間が圧倒的に長いから

です。

 

バッテリー駆動時間がiPhone Ⅹsよりも最大4時間長くなるようで、これはすごいです。

今、僕が使っているiPhone Ⅹだと、一日中、屋外にいる時にバッテリーの持ちに不安を感じることがかなりありました。

特に、動画を撮影する時は、バッテリーの減りがものすごく速くて、精神衛生上よくありませんでした。

バッテリーが少なくなったらモバイルバッテリーで充電すればいいのですが、コードをつないだりするのはやっぱり面倒です。

バッテリー駆動時間がかなり伸びたiPhone 11 Proなら、一日中、屋外にいたとしてもバッテリーの持ちに不安を感じることが少なくなりそうです。

 

【タピオカカメラでも新しいiPhone 11 Proを買う理由④】タピオカカメラの方、見ないし

iPhone 11 Proの画像
引用:Apple

理由の4つ目は、

タピオカカメラの方、見ないし

です(笑)

 

僕自身は、別にタピオカカメラが嫌だともキモいとも思っていないのですが、例え、タピオカカメラに何か思うところがあっても、スマホ使用中は目に入らないので全然問題ないです(笑)

 

2016年に発表されたAirPodsも、当初は「うどん」などと揶揄されていましたが、結局、浸透しましたよね。

AirPodsへの当初の世間の反応は、単に「新しいものへの拒否反応」っていうだけだったと思います。

もちお
もちお
たぶん、iPhone 11 Proへの「タピオカカメラwww」っていう反応も、同じかなあ、と。

単に「叩きたいだけ」の人が「新しいiPhoneを叩いているだけ」だと思います。

「タピオカカメラ…うん、だから何なの?」って思うようにします(笑)

 

タピオカカメラって言われているけど、それでも僕が新しいiPhone 11 Proを買う理由のまとめ

というわけで、

僕はタピオカカメラ搭載のiPhone 11 Proを買います!

 

写真をよく撮影するブロガーや、ビデオ録画機会の多いYouTuberなら、カメラ性能が優れたiPhone 11 Proは買いだと思います!

 

以上、もちお(@softenisuke)でした。

もちおの価値観やソフトテニスの著作・発信媒体まとめ
もちおの価値観やソフトテニスの著作・発信媒体まとめ

もちおの価値観、ソフトテニスの著作・発信媒体などをまとめます。

 

★もちおの価値観

  • ソフトテニスについて論理的に考えたい
  • 根拠をもってプレー・指導したい(感覚・慣習・伝統だけじゃなくて)
  • ソフトテニスが上手い人をもっと増やしたい

 

ソフトテニス界での僕(もちお)の存在意義【暇な人向け】
ソフトテニス界での僕(もちお)の存在意義【暇な人向け】僕が目指していることについてです。...

 

 

★メルマガ(裏Step)

メルマガ(裏Step)

ソフトテニスについて考えたり研究したり情報収集したりした内容を1,000字くらいの文章にまとめて、ほぼ毎日配信しています。テーマはいろいろ。(月額500円〜)

ソフトテニスが大好きな人向けです。

※ソフトテニスが大好きな方・もっと勝ちたい選手・我が子を応援する保護者が集まり、議論したり支え合ったりするグループチャットに参加可能なコースもあります。

 

もちおが一番力を入れている活動がこれです。

「もちおのソフトテニス発信活動を支えてやるか」って感じで、寄付の気持ちでも良いので参加してくださると助かります。

くわしくはこちら。

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニス競技者育成"裏"プログラムソフトテニス競技者(我が子・生徒・教え子)の成長を願っている大人や、ソフトテニスを頑張ろうと思っている競技者向けです。...

 

お試し(無料版メルマガ)はこちら

 

 

★もちおノートリスト

各画像をクリックするとnoteの詳細ページに移動します。

 

初心者向けの練習メニューをいくつか紹介【ソフトテニス】練習するべき攻撃・戦術パターン【展開の種類も】※初心者〜中級者向け ソフトテニスの初心者指導で僕が意識していたこと【基本編&フォア・バックストローク編】【ソフトテニス】ラリーを続けるコツ【本質】※初心者〜中級者向け 【ソフトテニス】大人数でもできる乱打の練習メニュー【20人】

 

 

★Twitter

ブログやYouTubeを更新したよ!っていうお知らせや、ソフトテニスに関する思いつき・悩み・考えなどをツイートしています。クセ強め。

 

 

 

★ブログ

ソフトテニスに関連する製品についての記事を投稿したり、過去のメルマガ記事の一部を公開したりしています。

 

ソフトテニスに関するブログ記事まとめ

 

 

★YouTube

言語化するのが難しい内容を中心に投稿しています。

 

もちおチャンネル

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ