(歴史)

【日本史37-2】江戸幕府の財政と農業の発展について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

【日本の歴史37-2】江戸幕府の財政と農業の発展について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説こんにちは。もちおです。

本記事では、

江戸幕府の財政と農業の発展

について説明をします。

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、元社会科教員。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

僕(もちお)は、東大入試で日本史を選択。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

 

※わかりやすくするために、ちょっと崩した表現をすることがあります。

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

江戸幕府の財政と農業の発展についてわかりやすく

平和と秩序の時代への転換と経済の発展について話をします。

 

今回話をする時代は、江戸時代です。

 

先に結論を言います。

「システムが整って江戸幕府の政治は安定して、農業が発展したよ。でも、戦国時代以来の命を軽く扱ったり武力で自分を高めようとしたりする風潮が残っていたから、江戸幕府は平和で秩序ある時代に転換しようとしたよ。あと、江戸幕府はだんだん財政難になっていったよ。」

これが結論です。長いですね。

 

ということで、この記事と次の記事にわたって、4つに分けて話をします。

  1. 平和で秩序ある時代への転換【前回の記事】
  2. 江戸幕府の財政【この記事】
  3. 財政難【この記事】
  4. 農業の発展【この記事】

 

 

②江戸幕府の財政

次に、江戸幕府の財政の話です。基本的な構造を説明します(大事!)

 

江戸幕府の主な収入は、約400万石に及ぶ幕領(直轄地)からの年貢米でした。江戸時代の初期は、この収入に加えて金銀鉱山からの金や銀という収入もありました。

 

で、江戸幕府は、大量の年貢米を販売・換金して、貨幣収入を得ます。

 

で、江戸幕府は、その貨幣を支出して、必要な商品やサービスを手に入れる。

 

これが江戸幕府の財政の基本的な構造です。

 

 

③財政難

次に、財政難についての話です。

 

5代将軍徳川綱吉の時期くらいから、江戸幕府は財政難という問題に直面しました。

主な理由は2つ。

  • (1)直轄の金銀山からの金銀産出量が激減して収入が減ってしまった
  • (2)明暦の大火(1657)という江戸での火事の後の復興のために支出が増えてしまった

インプットが減ってアウトプットが増えたので、財政難になったということです。

 

 

財政難に対して、江戸幕府は対策をしました。2つ説明します。

 

まず1つ目は、貨幣を改鋳するという対策です。

 

5代将軍の徳川綱吉は、荻原重秀っていう人のアドバイスにもとづいて、貨幣を改鋳しました。今までの貨幣(慶長金銀)よりも金と銀が含まれる割合を低くした=品位を下げた貨幣(元禄金銀)を作って、「両方とも同じ価値ですよ!」って言ったんです。

で、新しい貨幣をたくさん流通させて貨幣が出回っている量を増やすとともに、昔の貨幣を江戸幕府が回収することで、金銀の差を差益(出目)としてゲットして収入アップを狙おうとした

これが、徳川綱吉の対策です。

 

これを聞くと、「そんなのむちゃくちゃでしょ。両方とも同じ価値って言われても無理があるよ。」って思うかもしれませんが、僕たちだってただの紙切れを1万円って信じたり1,000円って信じたりしているわけなので、無理があるわけではありません。政府のことをみんなが信用していれば、素材自体に価値があるかどうか?は問われないんです。

なんですけど、江戸幕府には信用がなかった。ので、人々は「両方とも同じ価値ですよ!」っていう言葉を信じられず、経済は混乱することになってしまったようです。

 

2つ目は、貿易を制限するという対策です。

 

6代将軍家宣と7代将軍家継の時代に発言力をもった新井白石っていう人を中心に、江戸幕府は長崎貿易を制限するという対策を行いました

17世紀後半に清の中国支配が確立すると、中国船の長崎来航が増えて、長崎貿易が拡大することになりました。長崎貿易での主要な輸出品は銀でした。つまり、長崎貿易の拡大にともなって、日本から国外に銀がより流出するようになったっていうことです。

 

ところが、17世紀後半には、日本国内で銀の産出量が激減していました。

銀が取れなくなってきているのに、銀がどんどん国外に流出してしまっているわけです。

 

そこで、江戸幕府は長崎貿易での来航船の数や取引額を制限して、銀が海外に流出することを防止しようとしたんです。

あと、銀以外の輸出品を作ろうとしました。銅や俵物(干しアワビ・フカヒレなどの海産物)です。これらが輸出品の中心になれば銀の流出を抑えられますからね。

 

 

財政難という新たな問題に対して、江戸幕府は以上のような対策をしました。

が、これらの対策によって財政難が完璧に解決したのか?というと、そういうわけではありません。この後も江戸幕府は財政難に苦しみ続けることになります。

 

その1つの背景に、「農業が発展した」ということがあります。農業が発展したらなんで財政難になるの?っていうところも含めて、最後に農業の発展についての話をします。

 

 

④農業の発展

17世紀後半以降、平和で秩序ある時代になるとともに、農業が発展しました。

 

【1 生産性アップ】

農業が発展した主な理由は、「生産性がアップしたこと」でした。

新田開発をして耕地面積が増えることによっても農業は発展していたんですけど、「土地を増やす」というやり方が限界に達してきてしまったんですよね。日本は山が多くて、新田として開発できる場所に限りがあるので。

んで、本百姓の多くは、せまい土地をわずかな家族の労働力で耕作していました。このせまい土地で、よりインプット(労力)を減らしてアウトプット(収穫)を増やしたい!ということで、「生産性をアップさせるにはどうしたらいいか?」について、みんながすごく工夫を凝らすようになりました

 

その工夫について説明します。

(1)農作業の効率化

1つの作業にかかる時間を短くしよう!(インプットを減らそう!)ってことで、農具の改良が行われました。

具体例

  • 備中鍬
  • 踏車
  • 千歯扱
  • 唐箕
  • 千石どおし

 

(2)肥料の使用

作物がもっと育つようにしよう!(アウトプットを増やそう!)ってことで、肥料がますます使われるようになりました。

具体例

  • 自給肥料(刈敷、草木灰)
  • 購入肥料=金肥(干鰯、〆粕、油粕)

特に、金肥が普及したというのがポイントです。

 

 

【2 商品生産の拡大】

また、武士が城下町に集まって住むようになって都市での消費が拡大したことにともなって、手工業の原材料となる作物を生産して商品として販売するようにもなりました。

具体例

  • 四木(桑、漆、楮、茶)
  • 三草(麻、藍、紅花)
  • 木綿
  • 菜種

 

 

【3 農書】

これらの農業技術は、農書という農業について書かれた書物を通じて全国各地に広まりました。

農民も文字を読めたってことですから、日本の教育水準の高さがなんとなーくわかりますね。

具体例

  • 『農業全書』(宮崎安貞)

 

 

【米価安に】

このように、江戸時代は農業がものすごく発展した時期でした。

が、この農業の発展、特に米の収穫が増えたことは、皮肉にも江戸幕府の財政難を加速させることになってしまったのです。

 

江戸幕府の財政の構造の説明のところで、こんな話をしましたよね。

  • 江戸幕府の主な収入=約400万石に及ぶ幕領(直轄地)からの年貢米
  • 江戸幕府は大量の年貢米を販売・換金して、貨幣収入を得る

江戸幕府は米を換金しないといけないわけです。

 

ところが、農業の発展によって米がもっとたくさんとれるようになったんです。その結果、米の値段(米価)は他の物価に比べて低くなってしまうことになった

 

そうなるとどうなるのか?

 

米を換金した時に得られる貨幣も減ってしまうんです。

つまり、江戸時代に農業が発展した結果、江戸幕府の財政は苦しくなってしまったということです。

 

  • 金銀山からの金銀産出量が激減して収入が減ってしまったのに加えて、
  • 明暦の大火(1657)という江戸での火事の後の復興のために支出が増えてしまった

だけではなく、

  • 農業が発展して米価安になってしまった結果、貨幣収入が少なくなってしまった

 

 

江戸幕府の財政の「年貢米を販売・換金して貨幣収入を得る」という構造が根本的にヤバい感じですよね。

ということで、江戸幕府は今後も財政難に苦しみ続けることになります。そして、享保の改革が行われることになるわけです。その話は次回。

 

 

まとめ

  • 戦国時代以来の命を軽く扱ったり武力で自分を高めようとしたりする風潮が残っていたから、江戸幕府は平和で秩序ある時代に転換しようとした。
  • 17世紀後半以降、平和で秩序ある時代になるとともに、農業が発展した。
  • ところが、江戸幕府は財政難という問題に直面することになった。

 

財政難の主な理由は

  • (1)直轄の金銀山からの金銀産出量が激減して収入が減ってしまったこと
  • (2)明暦の大火(1657)という江戸での火事の後の復興のために支出が増えてしまったこと
  • (3)農業が発展して米価安になってしまった結果、貨幣収入が少なくなってしまったこと

 

 

ゃ、またねー

 

 

動画でも解説

※後日公開

※チャンネル登録お願いします!(クリック)

 

 

もちお日本史の本

Vol.1 原始・古代 もちお日本史シリーズ(もちおブックス)

2021年6月に日本史についての本(教員・中高生・大人向け)を出版しました(画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します)

Kindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得だと思います。

 

⇒くわしくはこちら(Vol.1)

 

 

前回・次回の記事、一覧

 

 

 

進研ゼミ

【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた
【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた進研ゼミ中学講座について、学年別にまとめます。...
【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた
【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた進研ゼミ中学講座について、学年別にまとめます。...

 

 

おすすめの通信教育

【おすすめ4選】中学生向けの通信教育を東大卒の元教員が比較する
【通信教育】中学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説「中学生におすすめの通信教育について知りたい」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 中学生はどの通信教育を使うべきか? について、比較しながら説明をします。...
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説高校生(大学受験生)向けの通信教育教材っていくつかあるけど、それぞれどんな特徴があるんだろう? って気になったので、調べてみた。 すると、「あー、ここは同じだな」という部分と「ここは強みだなあ」という部分がなんとなくわかってきたので、 僕だったらこうやって選ぶ っていう100%僕個人の考えと それぞれの通信教育教材の特徴 についてまとめます。...

 

 

 

ご家庭で勉強したい人へ

通信教育を比較

おすすめな通信教育についてまとめました。各通信教育の比較ができます。

 

 

進研ゼミ

進研ゼミ中学講座
  • 全教科の対策をしたい!
  • でも部活や習い事で忙しい
  • 自分で学習計画・学習内容を考えるのは苦手

っていう人に向いているのが進研ゼミ。値段も比較的安めです。

くわしくは下の個別記事で。

 

 

 

 

家庭教師を探す

 

 

社会科チャンネル

社会科チャンネル

YouTubeで社会科の動画をアップ中です。よければご視聴お願いします。

>>社会科チャンネルはこちら

このブログの4つのテーマ

もちおの勉強ブログ

小中高生とその保護者向け

 

もちおのソフトテニスブログ

指導者・保護者向け

 

もちおの生活改善ブログ

18才〜30代の大人向け

 

もちおの教員向けブログ

若手教員向け(僕の教員経験を書きました)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ