(歴史)

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説「古代の土地制度について勉強したい」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

本記事では、

古代の土地制度

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • 荘園・寄進・公領とは何なのか?がわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、元社会科教員。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

僕(もちお)は、東大入試で日本史を選択。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

 

※わかりやすくするために、ちょっと崩した表現をすることがあります。(すみません)

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

古代の土地制度

※チャンネル登録お願いします!(クリック)

 

荘園などの、土地の歴史について話をします。

  • 荘園とは何なのか?
  • 寄進とは何なのか?
  • 公領とは何なのか?

このあたりについて説明します。

※前半と後半の2つの記事に分けます。

 

 

①土地は富の基盤

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

まず大前提として、土地は日本の歴史上ものすごく重要なものでした。(っていうか今も重要)

土地って、富の基盤なんですよね。

 

稲作が伝わって、農業を本格的にやるようになった結果、土地をどれだけ持っているか?っていうのが、どれだけその人が豊かになれるか?っていうのを決めるようになったんです。

 

土地をたくさん持っていれば、たくさん食べ物(富)を作ることができるし、

土地を少ししか持っていなければ、少ししか食べ物(富)を作れない。

 

このように、土地は富の基盤だった。

だから、土地はすごく重要なものでした。

 

このことについて「確かにそうだな」って思うことが、土地の歴史を理解する時の大前提です。

 

では、土地の歴史をざっくり説明します。

荘園・寄進・公領などについても、一緒に説明していきます。

 

 

②律令国家ができるまでの土地

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

まず縄文時代から。

縄文時代では、人々は動物を狩ったり、木の実をとったり、魚や貝をとったりして生活をしていました。

なので、土地っていうものはぶっちゃけそこまで重要ではなかったはずです。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

ところが、朝鮮半島から日本に稲作が伝わりました。

稲作は、土地を広くすればするほどお米がたくさん取れたので、この時期から、土地をたくさん持つっていうことが重要になるんです。

これが弥生時代です。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

で、人々はだんだんと大きな集団で生活するようになって、村を作り、やがて広い地域がまとまって国ができます。

その国をまとめていたリーダーが、豪族です。

豪族のリーダーシップのもと、人々は土地をもっと獲得するために他の村や国を攻撃したりもしました。

 

 

ただ、豪族が土地とその中の人々を支配している状況だと、中国などの強い国といざ戦う場面が来た時に困ります。

強い国と戦う時は日本全体でまとまって、軍隊を作る必要があるわけですが、各地の豪族がそれぞれ土地と人々を支配している状態だと、みんなでまとまるのが難しいんですよね。

しかも豪族同士で争っていたりしたので。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

そこで、「豪族の中で最も力を持っていた大王(天皇)に権力を集中させよう」っていう動きが生まれます。

「豪族が土地と人々を支配するんじゃなくて、大王(天皇)が土地と人々を支配するようにしよう」っていう動きです。

この、大王(天皇)が土地と人々を支配する仕組みのことを公地公民と言います。

 

富の基盤である土地を、大王(天皇)のものにしようってことになったんですね。

 

この動きが起きたのが飛鳥時代あたりです。

 

 

 

 

③律令国家体制での土地

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

で、律令国家が生まれました。

奈良時代です。

 

律令国家では、公地公民(土地とその中の人々は天皇のもの)となりました。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

律令国家は、天皇のもの(国のもの)である土地を、6歳以上の全ての人に対してプレゼントしました。

この土地(田んぼ)のことを口分田と言います。

 

この口分田を与えるにあたって、律令国家は戸籍っていう名簿を作りました。

どこにどれだけの人が住んでいるのか?を把握して、その戸籍にもとづいて、6年に1回、6歳以上の全ての人に口分田を与えたんです。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

この、6歳以上の全ての人に口分田を与えることを定めたルールを班田収授法って言います。

 

なんでこんなことをしたか?というと、人々の生活を保障するためです。

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

律令国家では人々にいろんな負担をしてもらっていたわけですが、ただ「負担だけしてくれ」っていうのだけだとマズいんですよね。

生活を保障してあげずに、人々が死んじゃったら負担してもらえなくなってしまうんです。

 

だから、律令国家は「農業をして、食べ物を確保して生活できるようにしてね」ってことで、人々の生活を保障するために、田んぼを与えていました。

 

もちお
もちお
土地は富の基盤ですからね。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

ただ、この制度を計画通りに実行するのはむちゃくちゃ大変でした。

まず、作業が大変だった。

戸籍っていう名簿を作って、土地を準備して、それを人々に与えて…っていう作業はとても大変だったみたいです。

6年に1回の作業とはいえ、大変すぎて、口分田を与えるのが遅れがちになったりもしたらしいです。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

あと、口分田が足りなくなったりしました。

奈良時代の初めに人口がかなり増加したらしく、プレゼントする田んぼ(口分田)が足りなくなってしまったみたいです。

天然痘っていう感染症が大流行した聖武天皇の頃には、人が死にまくって口分田が荒れたりもしました。

ちゃんと人々の生活を保障できるような土地を準備するのが難しくなっちゃったんですよね。

 

 

この2つの理由で、班田収授法を計画通りに実行するのはむちゃくちゃ大変でした。

で、律令国家は対策をしました。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

口分田の不足に対して、人々に開墾(ボーボーに荒れた土地を、農業ができるように耕すこと)してもらうようにしたんです。

それが、743年に出された墾田永年私財法です。

この法は、新しく開墾した土地の私有を認めるものでした。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

墾田永年私財法が出された結果、農民のなかでうまくいっていた人は、「よっしゃやるぜー」ってなって、土地を開墾しまくって、私有地を広げていったんです。

また、貴族や寺院も、「よっしゃやるぜー」ってなって、土地を開墾しまくって、私有地を広げていきました。

墾田永年私財法の後にできた私有地のうち、貴族や寺院の私有地のことを荘園と言います。

 

「土地は天皇のもの(国のもの)」だったのに、自分で開墾した土地は「あなたのものですよ」っていうことになったんですね。

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

ただ、税を納めなくてもOKっていうわけではありませんでした。

有力な農民が新しく開墾した土地も、貴族や寺院が開墾して作った荘園も、どっちも税を納める必要のある土地だったんです。

 

 

【日本の歴史16-1】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

墾田永年私財法の後、貴族や寺院が新しく開墾して作った私有地(荘園)のことを、初期荘園って言います。

この初期荘園って、そのエリアの中には農業をしてくれる人はいないんですよね。

なので、近くにいる農民に荘園の土地を貸してあげて、レンタル料を取るっていう形で運営をしていたそうです。

 

この荘園を持っている貴族・寺院の中には、政府と関係を築いて、税を納めなくても良い特権を認めてもらう人もいました。

 

 

④平安時代の土地

律令国家の土地の管理の仕方をいったんまとめます。

  • (1)6歳以上の全ての人に口分田を与える(富の基盤を人々に与えて生活できるようにし、税を納めてもらう)
  • (2)新たに開墾した土地の私有を認める

 

律令国家にとっては、1つ目が重要です。

「6歳以上の全ての人に口分田を与える」っていうのを実現することで、人々に税を納めてほしいわけです。

 

ところが、9世紀末頃になると、「戸籍・計帳に登録された男性を中心に税を課す」っていう制度が崩壊状態になりました。

 

 

続きは後半の記事で。

【日本の歴史16-2】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説
【日本の歴史16-2】荘園・寄進・公領(古代の土地制度)について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説本記事では、 古代の土地制度 について説明をします。...

 

 

 

 

勉強方法で悩んでいる人へ

僕が教員をやっていた頃から生徒におすすめしていたのが、スタディサプリです。

 

もちお
もちお
CMでもよく見ますよね。

 

スタディサプリの画像
引用:中学講座

スマホ・PC・タブレットで、授業動画を見て勉強することができます。

 

授業動画は約15分で区切られているので使いやすいですし、

小4~高3までの全教科の授業動画が見放題なので予習・復習にも向いています。

 

月額1,980円で、他のサービスと比べても破格の安さなので、かなりおすすめです。

14日間、無料体験もできます)

 

勉強の時間割を組んで、その時間割にしたがって動画を見るっていう使い方が良さそう。

(動画は約15分なので、「その時間は、動画を見るだけ」ってことにならない。予備校や塾だと1時間くらい拘束されちゃう。)

 

スタディサプリの講座
(バナーをクリックすると公式ページにジャンプします)

小学講座

14日間、無料体験できる

(小4~高3までの動画を見放題)
(テキスト5冊無料券あり)

中学講座

14日間、無料体験できる

(小4~高3までの動画を見放題)
(テキスト5冊無料券あり)

高校講座

14日間、無料体験できる

(小4~高3までの動画を見放題)

大学受験講座

14日間、無料体験できる

(小4~高3までの動画を見放題)

 

 

 

動画でも解説

※チャンネル登録お願いします!(クリック)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!