(歴史)

【日本史43-2】日米修好通商条約とは?東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

【日本史43-2】日米修好通商条約とは?東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説こんにちは。もちおです。

本記事では、

日米修好通商条約

について説明をします。

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、元社会科教員。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

僕(もちお)は、東大入試で日本史を選択。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

 

※わかりやすくするために、ちょっと崩した表現をすることがあります。

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

日米修好通商条約についてわかりやすく

今回の話をざっくり言うと、「1858年に欧米人との商売を認める条約を結ぶことになって、欧米人が日本でビジネスをする=商売をすることになったんだけど、それはそれは大変なことになったよ」っていう内容です。

 

今回はこの内容を

  1. 日米修好通商条約を結ぶまでのゴタゴタ【前回の記事】
  2. 日米修好通商条約の内容【この記事】
  3. 日米修好通商条約を結んだ結果【この記事】

の3つに分けて説明します。

 

 

①日米修好通商条約を結ぶまでのゴタゴタ

安政の改革

【日本史43-1】安政の改革と将軍継嗣問題について

 

 

将軍継嗣問題

【日本史43-1】安政の改革と将軍継嗣問題について

 

 

日米修好通商条約の調印

幕府内で対立が起きていた頃、アメリカ人のハリスっていう人が下田にやってきました。ハリスは、中国で太平天国の乱(1851〜64)が起きていたことによって中国との貿易がうまくいかなかったことを理由に、日本に対して「日本で商売させてよ」って言ってきました

阿部正弘に老中の座を譲られて幕府の中心にいた堀田正睦は、「日本を強くするには欧米諸国との商売が必要だ!」って考えていて、欧米諸国と商売をする(自由貿易をする)ことに積極的だったんですけど、日本には反対派もたくさんいました。いままで長い間「鎖国」をしていたので当然です。

 

そこで、堀田正睦は天皇に「条約を結んでいいよ!」って言ってもらう(=勅許を得る)ことで反対派をおさえようとしました。が、当時の天皇だった孝明天皇は貿易開始に反対!っていう立場だったのもあり、「幕府内で対立が起きているからダメよ!」って言って、勅許を拒否したんです。

 

条約の勅許をめぐってゴタゴタしていた頃、幕府では1858年に南紀派の井伊直弼が大老につくことになり、堀田正睦は老中をやめさせられることになりました。

この結果、13代将軍家定の後継者争いは南紀派の勝利で決着がついて、南紀派が推していた徳川慶福が次の将軍になることになりました(→慶福は徳川家茂と改名)

 

とはいえ、新しく幕府の中心に位置することになった井伊直弼も、条約の勅許をゲットすることが必要だと考えていました

 

ところが、ちょうどこの頃、イギリスとフランスがアロー戦争で清を破っていたのもあって、ハリスが「条約を結ばないと日本も大変なことになると思いますよ」ってグイグイ攻めてきました。幕府は「欧米諸国との戦争を避けるためには条約を結ばなきゃいかん!」って考えて、孝明天皇の勅許がないままアメリカと条約を結ぶことにしたんです。これがのちのち大変なことになります。

 

 

②日米修好通商条約の内容

日米修好通商条約

1858年にアメリカと結んだ条約が日米修好通商条約です。幕府は続いてロシア・イギリス・フランス・オランダとも同様の条約を結ぶことになりました。これら5カ国と結んだ条約のことをまとめて安政の五カ国条約と言います。

 

 

【日本史】条約改正について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

ざっくり言うと、アメリカ人が「ビジネスさせてよ(日本で商売させてよ)」と言ってきて、日本がそれを断りきれず、条約を結ぶことになったってことです。

 

 

では、ハリスに迫られて結ぶことになった日米修好通商条約(安政の五カ国条約)はどんな内容だったのでしょうか?

 

安政の五カ国条約

(1)開港場・開市場の設定

  • 下田・箱館に加えて神奈川・長崎・新潟・兵庫も開港
  • 江戸・大阪の開市

(2)欧米人は居留地の中で居住・商売

(3)自由貿易

(4)領事裁判権を認める

(5)日本に関税自主権がない(協定関税制)

(6)外国に対してだけ最恵国待遇を認める(片務的な最恵国待遇)

 

内容をまとめるとこんな感じなんですけど、これだけだとちょっとわかりづらいので、順を追って説明します。

 

条約が結ばれたことにより、欧米人が日本でビジネスをする(商売をする)ことが可能になった、というのがこの条約のポイントです。

ちなみに、国境を越えて商品を売買すること(外国と商品を売買すること)貿易と言いますので、安政の五カ国条約の結果、日本は欧米と貿易をすることになったということになります。

 

 

【日本史】条約改正について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

が、貿易がスタートするにあたって、いろいろと考えておかなければいけないことがあります。

 

①外国人は日本国内のどこに行ってもOK?

【日本史】条約改正について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

「港などの限られた場所に居留地を作るので、欧米人の居住・商売は居留地だけでお願いします」

 

 

②日本人と外国人でトラブルが起きたら?

【日本史】条約改正について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

「領事が裁判するよ」

 

 

③関税は?

【日本史】条約改正について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

「日本と外国で一緒に決めるよ」(=協定関税制)

 

 

以上のルールのもとで、日本は欧米人と自由貿易をすることになりました。幕府の役人が介入したり貿易の量を制限したりせず、ビジネスマン同士が自由に商売をするようになったんです。

 

 

③日米修好通商条約を結んだ結果

では、日米修好通商条約を孝明天皇の勅許がないまま結び、自由貿易がスタートすることになった結果、どのようなことが起きたのでしょうか?

 

ざっくり言うと、

  • 人々の「今までの日常生活」が揺らぐことになって、人々は混乱したり不安になったりした
  • 幕府への反発が強まった

→尊王攘夷運動や世直しを求める風潮が広まった

って感じです。

 

このことを、

  • 勅許を得ずに条約を結んだ幕府はどうなったのか?
  • 貿易がスタートしたことによってどんなことが起こったのか?

の2つに分けて説明します。

 

先に、貿易がスタートしたことによってどんなことが起こったのか?について説明します。

 

 

貿易がスタートしたことによってどんなことが起こったのか?

1859年、横浜・長崎・箱館で欧米諸国との貿易が始まりました。幕府役人の干渉がない自由な貿易です。

貿易の内容

  • 中心となった港:横浜(全体の8割)
  • 貿易相手:イギリス人が中心。アメリカは南北戦争(1861〜65)のため後退。
  • 主な輸出品:生糸が8割。(他には茶・蚕卵紙・海産物など)
  • 主な輸入品:毛織物・綿織物が中心。
  • 貿易収支:輸出>輸入

 

この結果、人々の「今までの日常生活」が揺らぐことになって、人々は混乱したり不安になったりしました。まあ今までやっていなかったことをやり始めたわけですから、混乱したり不安になったりするのは当然ですよね。

じゃあ具体的にどんな変化が起きたのでしょうか。3つ説明します。

 

(1)国内産業の明暗が分かれた

 

欧米人は日本の生糸をたくさん買ってくれたので、生糸の原料となる蚕を育てる養蚕業や、蚕の繭から生糸にする製糸業が急速に発展することになりました。

 

一方で、原料生糸が不足したり値段が高くなったりしたため、生糸を原料にして布を作る絹織物業は打撃を受けました

また、日本はイギリスから安い綿織物をたくさん買ったので、日本の綿作・綿織物業は動揺することになりました。

 

(2)商品の移動の仕方が変わった

 

欧米商人との商売は居留地の中に制限されていました。

その結果、「欧米商人にモノをたくさん売ったらむっちゃ儲かるやん!」って気づいた人々が、江戸・大阪のを経由せずに産地から直接、横浜の港に持ち込むようになりました

今までの商品の移動の仕方(流通機構)が動揺したわけです。

 

そこで幕府は、1860年に生糸などの5品目は江戸経由で横浜に送りなさい!っていう命令を出しました(五品江戸廻送令)。ただ、あまりうまくいかなかったようです。

 

(3)モノの値段が上がった

 

自由貿易がスタートした結果、日本にあった金貨が海外に大量に流出してしまうことになりました。

というのも、貨幣は同じ種類を同じ量で交換するルールになっていたのにもかかわらず、日本と欧米諸国で金と銀の価値が違ったからです。

 

もちお
もちお
どういうことかというと。

 

日本では、金と銀の交換比率が金1:銀5でした。銀貨5枚で金貨1枚と交換できるっていうことです。

一方、欧米諸国では、金と銀の交換比率が金1:銀15だったようです。金貨1枚を銀貨15枚と交換できるということ。

このことを知った欧米人が、

銀貨5枚を日本に持っていく

→銀貨5枚を金貨1枚と交換する(@日本)

→その金貨1枚を欧米諸国に持っていく

→金貨1枚を銀貨15枚と交換する(@欧米諸国)

→その銀貨15枚を日本に持っていく

→銀貨15枚を金貨3枚と交換する(@日本)

ってグルグル回したら超お得じゃん!錬金術やないかい!ってことに気づきました。

結局、日本にあった金貨が海外に大量に流出することになってしまったのです。

 

これに対して幕府は、含まれている金の量を減らした小判を新たに作るという対応をしました。小判に含まれている金の量が減れば、金の海外流出を抑えられる!という理屈です。幕府は、重さ(量目)を3分の1に減らした小判である万延小判を作ったのです。

 

が、この結果、小判1枚の価値が3分の1になってしまったわけなので、モノを買うのに今までよりも多くの貨幣が必要になってしまいました。金の海外流出は防ぐことができましたが、物価がものすごくアップしてしまったのです。そうなると、人々の「今までの日常生活」が揺らぐことになりますよね。

 

 

以上のように、貿易がスタートした結果、

  • (1)国内産業の明暗が分かれ、
  • (2)商品の移動の仕方が変わり、
  • (3)モノの値段が上がった

ことで、人々の「今までの日常生活」が揺らぐことになって、人々は混乱したり不安になったりしたのです。「幕府め、このやろー!」って人々が思うのも無理ありません。

 

また、幕府に対する反発が生じた理由はこれ以外にもありました。

 

 

勅許を得ずに条約を結んだ幕府はどうなったのか?

幕府は、日米修好通商条約を孝明天皇の勅許を得ずに結んでしまったんです。

 

幕府の中心にいた大老井伊直弼(南紀派)は、「江戸幕府は今まで通り、譜代大名らの幕閣による独裁路線でいくべきだ!」って考えていて、そんな井伊直弼を中心とした幕府が、孝明天皇の勅許を得ずに条約を結んだ。

当然、独裁路線に反対している人々は幕府に対して「それはないだろ!ふざけんな!」って思います。で、幕府の政策を批判するわけです。

 

井伊直弼は、そうやって幕府を批判してきた奴らをぶちのめしてしまいます(1858〜59安政の大獄)

となると、ますます幕府に対して「幕府め!ふざけんな!」ってなりますよね。その結果、大老の井伊直弼は水戸藩を脱藩した武士によって暗殺されてしまいました(1860桜田門外の変)

 

 

尊王攘夷運動や世直しを求める風潮が広まった

貿易開始による人々の混乱・不安と幕府への反発が合わさって、尊王攘夷運動や世直しを求める風潮が広がることになりました。

 

尊王攘夷運動っていうのは、ざっくり言うと「天皇ダイスキ!外国ブットバセ!」っていう運動のことです。

世直しっていうのは「世の中を良くしてくれ!」っていう運動のことです。世直しを掲げた百姓一揆や打ちこわしが発生したり、世直し的な思想をもつ宗教(天理教・金光教など)が流行したりすることになりました。

 

 

 

ゃ、またねー

 

 

動画でも解説

※後日公開

※チャンネル登録お願いします!(クリック)

 

 

もちお日本史の本

Vol.1 原始・古代 もちお日本史シリーズ(もちおブックス)

2021年6月に日本史についての本(教員・中高生・大人向け)を出版しました(画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します)

Kindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得だと思います。

 

⇒くわしくはこちら(Vol.1)

 

 

前回・次回の記事、一覧

 

次回

 

 

 

 

進研ゼミ

【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた
【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた進研ゼミ中学講座について、学年別にまとめます。...
【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた
【2021年度】進研ゼミ中学講座(中1〜中3)の概要をまとめた進研ゼミ中学講座について、学年別にまとめます。...

 

 

おすすめの通信教育

【おすすめ4選】中学生向けの通信教育を東大卒の元教員が比較する
【通信教育】中学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説「中学生におすすめの通信教育について知りたい」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 中学生はどの通信教育を使うべきか? について、比較しながら説明をします。...
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説高校生(大学受験生)向けの通信教育教材っていくつかあるけど、それぞれどんな特徴があるんだろう? って気になったので、調べてみた。 すると、「あー、ここは同じだな」という部分と「ここは強みだなあ」という部分がなんとなくわかってきたので、 僕だったらこうやって選ぶ っていう100%僕個人の考えと それぞれの通信教育教材の特徴 についてまとめます。...

 

 

 

ご家庭で勉強したい人へ

通信教育を比較

おすすめな通信教育についてまとめました。各通信教育の比較ができます。

 

 

進研ゼミ

進研ゼミ中学講座
  • 全教科の対策をしたい!
  • でも部活や習い事で忙しい
  • 自分で学習計画・学習内容を考えるのは苦手

っていう人に向いているのが進研ゼミ。値段も比較的安めです。

くわしくは下の個別記事で。

 

 

 

 

家庭教師を探す

 

 

社会科チャンネル

社会科チャンネル

YouTubeで社会科の動画をアップ中です。よければご視聴お願いします。

>>社会科チャンネルはこちら

このブログの4つのテーマ

もちおの勉強ブログ

小中高生とその保護者向け

 

もちおのソフトテニスブログ

指導者・保護者向け

 

もちおの生活改善ブログ

18才〜30代の大人向け

 

もちおの教員向けブログ

若手教員向け(僕の教員経験を書きました)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ