(歴史)

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説「古墳とヤマト政権あたりの勉強をしたい」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちおです。

 

本記事では、

古墳とヤマト政権

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • 古墳がなんで重要なのか?についてわかる
  • 古墳とヤマト政権の関係についてわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、元社会科教員。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

僕(もちお)は、東大入試で日本史を選択。

  • 日本史についてそれなりにくわしい。

 

※わかりやすくするために、ちょっと崩した表現をすることがあります。

 

 

古墳とヤマト政権

※社会科チャンネルをやっています。チャンネル登録お願いします(クリック)。

 

古墳とヤマト政権っていうテーマで話をします。

 

で、今回の話に入る前に、ここまでの歴史についてまとめておいた方がわかりやすいと思うので、まとめます。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

朝鮮半島から九州に稲作が伝わって、日本で稲作が広まったことによって、人々の生活が大きく変わりました。

動物を狩ったり魚をとったりする生活から、農業をするようになったんですね。

 

 

で、人々の生活が変わるなかで集団の中でリーダーが生まれて、社会の中に上下関係が生まれることになりました。

で、ある集団が別の集団を吸収したりして、だんだんと広い地域を支配する国みたいなものが誕生したんです。

 

 

じゃあ国のリーダーは何を考えるか?です。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

国のリーダーは、自分の国を安定させたいんです。

自分の国を崩壊させたくないんです。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

そのためにとった方法が、「強い人の影響力を利用する」っていう方法です。

 

ここでいう強い人っていうのは、中国のこと。

中国っていう「強い存在」の影響力を使う、つまり「オレは中国の皇帝に認められた存在なんだぜ」って言うことで、自分の国の支配を安定させようとしました。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

そのために、国のリーダーは中国に使いを送ったりしたんですよね。

で、そのあと出てくる邪馬台国の卑弥呼も、人々を安定して支配するため、国を安定させるために、中国の影響力を使いました。

 

 

この後の歴史が、今回の動画のテーマです。

 

 

 

 

古墳ってなんで重要なの?

※社会科チャンネルをやっています。チャンネル登録お願いします(クリック)。

 

古墳についての話をする前に、ここまでの歴史がどうやってわかったのか?について少し話をします。

これ、この後の歴史を知るうえで大事なんですよね。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

ここまでの歴史がどうやってわかったのか?というと、土の中から発掘されたモノを調べることによって推測したり、中国の歴史書に書かれている内容を参考にしたりすることでわかったんですね。

 

昔の日本人って、文字で自分の国の歴史について書いたりはしていないんですよ。

マジかよって感じですが、書いてないんです。

 

だから、発掘されたモノか中国の歴史書から推測するしかない。

 

 

で、邪馬台国ってその後どうなったの?っていうところが気になるんですけど、なんとなんと、

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

頼りになる中国の歴史書から、日本に関する文章が約150年間、なくなっちゃうんです。

 

266年に邪馬台国の誰々がこんなことをした、って書かれていたところから、次に日本についての文章が登場するのが約150年後。

 

つまり、日本の歴史が全然わからなくなっちゃったんですよね。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

ちょうど4世紀の歴史がまるまる書かれていないので、「空白の4世紀」って言ったりします。

 

実は、邪馬台国が日本のどこにあったのか?っていうのはあんまりわかっていないんです。

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

近畿(奈良)あたりにあった説と、九州あたりにあった説があります。

 

で、なんでどこにあったのかがわからないのかっていうと、中国の歴史書に書かれなくなっちゃったからっていう事情があるんですよね。

 

 

じゃあどうやって歴史を知ればいいのか?です。

文字で書かれていないんだったら、土の中から発掘されたモノから推測するしかないわけです。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

で、なんとちょうど日本の歴史が中国の歴史書から消えた時期くらいから、日本のあちこちで古墳っていう大きなお墓が造られるようになったんです。

 

別に大きなお墓自体はそんなに珍しいものじゃないんですけど、この時期に造られたお墓は不自然にみんな同じような形だったんですよ。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

鍵穴みたいな形のお墓。

このようなお墓を、前方後円墳って呼びます。

 

なんだこれは?って感じじゃないですか。

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

日本のあちこちでみんな鍵穴みたいなお墓を作り出すんですよ。

 

偶然とは思えない。

 

 

で、この古墳は、当時の様子を知る上で、つまり歴史を知る上で、かなり参考になるだろうってことです。

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

中国の歴史書に日本のことが書かれなくなっちゃったけど、前方後円墳が日本のあちこちで誕生したっていうことから、当時の日本で何があったのかを予想するんです。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

 

この古墳からわかることを3つ説明します。

1つ目。

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

古墳ってものすごく大きなお墓なので、造るためにたくさんの材料と労働力が必要ですよね。

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

ここから、この時期に富と権力をもった支配者が日本のあちこちで現れたっていうことがわかります。

 

この、富と権力をもった地域の有力者・支配者のことを豪族って言います。

 

2つ目。

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

前方後円墳っていう特殊な形のお墓が、九州から東北地方にまで広がって出現したんです。

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

ここから、各地の豪族が結びついて(共通の意識をもって)チームみたいなものを作っていたことがわかります。

 

サッカーのチームとかって、同じユニフォームをみんなで着るじゃないですか。

このような、各地の豪族が結びついて成立した連合体をヤマト政権って言います。

 

3つ目。

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

最初の頃の古墳の中で最も巨大なものは、奈良のヤマト(大和)地方にあったんですよね。

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

ここから、ヤマト政権の中心地が、奈良のヤマト地方にあったっていうことがわかります。

 

で、ここで思うのは、よくインターネットのない時代に広い地域にまたがる連合体が作れたよなっていうことなんですよね。

 

今だったら、LINEグループとかを作れば、「俺たち私たちは仲間だよね」って確認しあえるじゃないですか。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

奈良のヤマト地方にいるボスが、LINEグループに入会させたり退会させたりする権限を持っていて、いろんな地域の人をまとめているようなイメージですかね。

 

でも、昔はそういうインターネットっていう便利なものはないんですよ。

しかも、新幹線や飛行機もないわけですから、直接会うのにもすごく時間がかかるわけです。

 

それなのに、広い地域にまたがるリーダー(豪族)達が、「オレたちは仲間だぜ」っていう感覚を共有するのって、本当にすごいですよね。

 

 

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説

で、その「オレたちは仲間だぜ」っていう感覚を共有させるために、死んだ後に入るお墓の形を利用したわけですよ。

 

この発想、すごいですよね。

 

各地のリーダー(豪族)達は、前方後円墳にある種の憧れを抱いたってことですからね。

「ジャイアンツのユニフォームを着たい!」みたいな。

 

 

とにかく、こんな感じで、古墳っていうモノから当時の日本の歴史が推測できるんです。

そういう意味で、古墳っていうのは重要なのです。

 

 

 

 

まとめ

【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説 【日本史5】古墳とヤマト政権について東大卒の元社会科教員がわかりやすく解説
  • 昔の日本人は、文字で自分の国の歴史について書いたりはしていない
  • 中国の歴史書から、約150年間、日本に関する文章が消えた(空白の4世紀)
  • ちょうどその時期くらいから、日本のあちこちで古墳っていう大きなお墓が造られるようになった
  • その古墳の様子から、日本でヤマト政権っていう豪族の連合体ができたことが推測できる

 

 

動画でも解説

※社会科チャンネルをやっています。チャンネル登録お願いします(クリック)。

 

 

前回・次回の記事、一覧

 

 

 

 

おすすめの通信教育

【おすすめ4選】中学生向けの通信教育を東大卒の元教員が比較する
【通信教育】中学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説「中学生におすすめの通信教育について知りたい」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 中学生はどの通信教育を使うべきか? について、比較しながら説明をします。...
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説
【通信教育教材】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説高校生(大学受験生)向けの通信教育教材っていくつかあるけど、それぞれどんな特徴があるんだろう? って気になったので、調べてみた。 すると、「あー、ここは同じだな」という部分と「ここは強みだなあ」という部分がなんとなくわかってきたので、 僕だったらこうやって選ぶ っていう100%僕個人の考えと それぞれの通信教育教材の特徴 についてまとめます。...

 

もちおの価値観やソフトテニスの著作・発信媒体まとめ
もちおの価値観やソフトテニスの著作・発信媒体まとめ

もちおの価値観、ソフトテニスの著作・発信媒体などをまとめます。

 

★もちおの価値観

  • ソフトテニスについて論理的に考えたい
  • 根拠をもってプレー・指導したい(感覚・慣習・伝統だけじゃなくて)
  • ソフトテニスが上手い人をもっと増やしたい

 

ソフトテニス界での僕(もちお)の存在意義【暇な人向け】
ソフトテニス界での僕(もちお)の存在意義【暇な人向け】僕が目指していることについてです。...

 

 

★メルマガ(裏Step)

メルマガ(裏Step)

ソフトテニスについて考えたり研究したり情報収集したりした内容を1,000字くらいの文章にまとめて、ほぼ毎日配信しています。テーマはいろいろ。(月額500円〜)

ソフトテニスが大好きな人向けです。

※ソフトテニスが大好きな方・もっと勝ちたい選手・我が子を応援する保護者が集まり、議論したり支え合ったりするグループチャットに参加可能なコースもあります。

 

もちおが一番力を入れている活動がこれです。

「もちおのソフトテニス発信活動を支えてやるか」って感じで、寄付の気持ちでも良いので参加してくださると助かります。

くわしくはこちら。

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニス競技者育成"裏"プログラムソフトテニス競技者(我が子・生徒・教え子)の成長を願っている大人や、ソフトテニスを頑張ろうと思っている競技者向けです。...

 

お試し(無料版メルマガ)はこちら

 

 

★もちおノートリスト

各画像をクリックするとnoteの詳細ページに移動します。

 

初心者向けの練習メニューをいくつか紹介【ソフトテニス】練習するべき攻撃・戦術パターン【展開の種類も】※初心者〜中級者向け ソフトテニスの初心者指導で僕が意識していたこと【基本編&フォア・バックストローク編】【ソフトテニス】ラリーを続けるコツ【本質】※初心者〜中級者向け 【ソフトテニス】大人数でもできる乱打の練習メニュー【20人】

 

 

★Twitter

ブログやYouTubeを更新したよ!っていうお知らせや、ソフトテニスに関する思いつき・悩み・考えなどをツイートしています。クセ強め。

 

 

 

★ブログ

ソフトテニスに関連する製品についての記事を投稿したり、過去のメルマガ記事の一部を公開したりしています。

 

ソフトテニスに関するブログ記事まとめ

 

 

★YouTube

言語化するのが難しい内容を中心に投稿しています。

 

もちおチャンネル

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ