【ガジェットなど】

プロバイダーとは?元教員が中学生もわかるようにわかりやすく解説

プロバイダーとは?元教員が中学生もわかるようにわかりやすく解説「プロバイダーって何?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

プロバイダーとは何なのか

について、なるべくわかりやすく説明をします。

 

この記事を読むと

  • プロバイダーとは何なのかがわかる
  • インターネットの仕組みについてわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、元社会科教員。

  • 社会について、それなりにくわしい
  • わかりやすく説明するのが、それなりに得意

 

プロバイダーとは何なのか?調べても、わかりづらい…

地球の画像

プロバイダーとは、Wikipediaではこのように説明されています。

 

プロバイダー(インターネットサービスプロバイダ)

インターネット接続の電気通信役務を提供する組織のこと

引用:Wikipedia

と、ぶっちゃけよくわからないです。

Wikipediaを読み進めると、専門用語が大量に出てきてノックアウトされます。

 

で、他のサイトとかも調べてみると、どうやら

プロバイダーの契約をしないと、インターネットを利用することができない

ということがわかります。

 

でも、なんでなのかがわかりづらいのです。

 

そこで、プロバイダーってどういうものなのか?をわかりやすく(専門的になりすぎず)説明するために、この記事では、図書館に例えて説明してみようと思います。

 

プロバイダーとは何なのか?図書館をイメージするとわかりやすいよ

そもそもインターネットとは?

プロバイダーについての説明イラスト

ぼくなりの表現で結論を先に言うと、プロバイダーとは、「知りたい情報がある場所を探して、届けてくれる役割」のことです。

 

例えるなら、図書館の係員の人…って感じ。

 

どういうことかを説明するために、「インターネットで情報をゲットする」ってどういうことなのか?ということから丁寧に確認していきましょう!

 

インターネットについての説明イラスト

何らかの情報をゲットしたい人がいます。

例えば、「スタバの新作フラペチーノの情報」と「新作iPhoneの情報」を知りたいとしましょう。

 

 

これらの情報が、いったいどこにあるのか?です。

インターネットってぼやっとしていてよくわかりづらいので、なんとなく「どっかにある」って済ませてしまいそうになります。

どこか見えないところにぷかぷかと浮かんでいるイメージを持つかもしれません。

 

が、そんなわけはなく。

 

 

インターネットについての説明イラスト

実際には、これらの情報は「ストレージ」と呼ばれるものの中にデータとして書き込まれています

ストレージとは、例えば、ハードディスクです。

 

僕たちが使うパソコンにもハードディスクっていう「記憶する機械」が入っていますよね。

あれです。

 

 

インターネットについての説明イラスト

図書館で例えるなら、「スタバの新作フラペチーノの情報」が書かれた本と、「新作iPhoneの情報」が書かれた本があるという感じ。

「インターネットで情報をゲットする」っていうのは、「本に書かれた情報を見せてもらう」っていうことなのです。

 

 

インターネットについての説明イラスト

で、本に書かれた情報を見せてもらう時に使う機械が、スマホとかパソコンとかの「コンピュータ」です。

 

 

インターネットについての説明イラスト

コンピュータと「本に書かれた情報」をつなぐのが、「回線」です。

 

 

インターネットについての説明イラスト

そして、これらの本(=ストレージ)は、一箇所に集められているわけではありません。

世界中にたくさんの図書館があって、世界中にたくさんの本がちらばっているというイメージです。

 

このように、世界中に本がちらばっていて、いろんな本の中身を見にいくことができる仕組みのことを、インターネットと言うのです。

インターネット

ストレージ同士が網の目のようにつながっていて、いろんなストレージにアクセスできる仕組み。

 

 

インターネットについての説明イラスト

え、じゃあこのスマホとかパソコンのストレージに入っている情報も、他の人は見ることができちゃうの?だって、網の目のようにつながっているんでしょ?って思ったあなたへ。

「このストレージ(本)に書かれた情報を、世界の人に公開しますよ」って宣言しない限り、世界とつながることはないので大丈夫です。

※逆に言うと、宣言すれば公開できます。

 

「このストレージ(本)に書かれた情報を、世界の人に公開しますよ」って宣言したストレージのことを、「サーバー」と言います。

 

 

プロバイダーとは?

では、本題の「プロバイダーとは何なのか?」についてです。

もう一度言うと、

プロバイダーとは、「知りたい情報がある場所を探して、届けてくれる役割」のことです。

例えるなら、図書館の係員の人…って感じ。

 

インターネットについての説明イラスト

世界中にたくさんの図書館があって、世界中にたくさんの本がちらばっているので、「スタバの新作フラペチーノの情報」と「新作iPhoneの情報」が、どの図書館の、どの本棚に置いてあるのか?っていうのが、わかりにくい。

 

 

プロバイダーについての説明イラスト

そこで、プロバイダーの登場。

プロバイダーは、知りたい情報がある場所を探して、僕たちに届けてくれるのです。

 

僕たちは、このように要求をします。

  • 「スターバックスのホームページ」を見せて
    (=スターバックスの情報が書かれているストレージを見せて)
  • 「Appleのホームページ」を見せて
    (=iPhoneの情報が書かれているストレージを見せて)

 

すると、プロバイダーは要求に応えて、次のものを調べてくれます。

  • スターバックスの情報が書かれているストレージの場所(住所)
  • iPhoneの情報が書かれているストレージの場所(住所)

 

 

ちょっとくわしく。

もちお
もちお
ここが踏ん張りどころなので、がんばりましょ。

 

プロバイダーについての説明イラスト

この「住所」のことを、「IPアドレス」と言います。

IPアドレスは、「192.168.0.1」のような数字の羅列です。(「0〜255」の数字を4つ並べたもの)

 

例えば、スターバックス・ジャパンの住所(IPアドレス)は「210.144.9.159」です。

 

でも、僕たちが要求する時には、「210.144.9.159にある情報を見せて」とは言いませんよね。

これだと人間にとって、わかりづらいからです。

 

僕たちは、「スターバックスのホームページhttps://www.starbucks.co.jpの情報を見せて」と言います。

人間にわかるように表した住所(「starbucks.co.jp」)を、「ドメイン名」と言います。

 

 

プロバイダーについての説明イラスト

本で言うと、

  • 本のタイトル = ドメイン名
  • 本の品番 = IPアドレス

という感じ。

 

本の品番なんて、人間にはわかりづらいから使わないですよね。

こういうことです。

 

 

プロバイダーについての説明イラスト

で、プロバイダーは、「ドメイン名」を「IPアドレス」に変換するという役割を果たしているのです。

ちなみに、この役割を持っているシステムのことをDNSサーバーと言います。

※DNS = Domain Name System

 

で、プロバイダーはDNSサーバーを持っています。

図書館で言うと、本の品番と本のタイトルの対応表を持っているということ。

 

プロバイダーについての説明イラスト

お客さんに本のタイトルを言われたら、対応表を使って本のタイトルを品番に変換して、本の品番を使って本の場所を突き止めて、その本の情報をお客さんに届ける。

これがプロバイダー。

だから、プロバイダーは、例えるなら「図書館の係員の人」なのです。

 

 

で、本の情報をプロバイダーが手に入れたら、その人に届けなきゃいけません。

「スタバの新作フラペチーノの情報」を届けたい。

でも、同時にいろんな人から「●●の情報を知りたい」って言われているわけなので、整理番号のようなものがないと、こんがらがってしまって、違う人に情報を届けてしまいかねません

 

プロバイダーについての説明イラスト

そこで、「あなたはこの番号で待っていてくださいね」という整理番号のようなものを、一人一人(正確には、一つ一つの機械)につけます。

これも「IPアドレス」です。

 

つまり、IPアドレスとは、「ネットワークに接続されている一つ一つの機器に割り振られる番号」のこと。

 

 

まとめると、こんな感じです。

プロバイダーについての説明イラスト
  1. 僕が「スタバの新作フラペチーノの情報を知りたい!」と要求
  2. プロバイダーは「わかった。じゃあこの番号で待っていてね」と、僕の機器にIPアドレスを付与
  3. プロバイダーは、スタバの新作プラペの情報が書かれたストレージの場所を探す
  4. 見つける
  5. プロバイダーは、スタバの新作フラペの情報を僕に届ける
  6. 僕は、スタバの新作フラペの情報をゲットする

 

というわけで、プロバイダーとは、「知りたい情報がある場所を探して、届けてくれる役割」のこと。

 

世界中にストレージがたくさんあって、世界中に情報が散らばっているので、プロバイダーがないと僕たちはインターネットを使って情報にアクセスすることができないわけです。

これが、「プロバイダーの契約をしないと、インターネットを利用することができない」ということの意味です。

 

プロバイダーのまとめ

以上、

プロバイダーとは何なのか

について解説をしました。

 

まとめると、

プロバイダーとは

  • インターネット接続の電気通信役務を提供する組織のこと
  • 「知りたい情報がある場所を探して、届けてくれる役割」
  • 例えるなら、図書館の係員の人

となります。

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です