Kindle

Kindleキッズモデルとは?いまさら知った僕が解説【Amazonうまいなあ】

Kindleキッズモデルとは?いまさら知った僕が解説【Amazonうまいなあ】「Kindleのキッズモデルって何?」

「Kindleって良いの?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

Kindleキッズモデル

について説明をします。

 

※単に紹介するだけでなく、僕のぶっちゃけた感想も。

 

この記事を読むと

  • Kindleキッズモデルについてわかる
  • Kindleが良いのかどうかがわかる

 

この記事の信頼性

  • 僕(もちお)はKindleユーザー

 

 

Kindleキッズモデルとは?

Kindleキッズモデルの画像
引用:Amazon

Kindleキッズモデルとは、2019年10月に販売開始された、子供向けのKindle(電子書籍リーダー)です。

 

もちお
もちお
2020年1月になってその存在を知って(遅すぎ)、「これいいんじゃない?」と思ったのでブログで紹介しようと思ったのです。

 

ざっとKindleキッズモデルの特徴をまとめると、こんな感じ。

値段 10,980円(カバー付属)
容量 8GB
解像度 167ppi
防水性能 なし
特典 「FreeTime Unlimited」という、1,000冊以上の子供向け本が読み放題になるサービスが無料
(通常、年間11,760円かかる ※プライム会員は年間5,760円)
拡張性 カバーは取り外し可能
通常モデルのKindleとして使うことも可能
保証 2年保証
(通常モデルは1年保証)

 

仕様は通常モデルのKindle(8,980円)とほぼ同じです。

差額は2,000円。

 

 

Kindleキッズモデルの画像
引用:Amazon

通常モデル(容量4GB)よりも容量が大きくて、「FreeTime Unlimited」のサービスも無料で利用できて、カバー(キッズカバー)も付属している…というところに、2,000円払うかどうか?ってところが、選択の基準になりそうです。

 

もちお
もちお
僕(もちお)個人の意見としては、子供の読書用端末として「”買い”かも?」です。

理由は2つ。

 

 

①FreeTime Unlimitedで損することはない

FreeTime Unlimitedの画像
引用:Amazon

「FreeTime Unlimited」という、1,000冊以上の子供向け本が読み放題になるサービスが無料
(通常、年間11,760円かかる ※プライム会員は年間5,760円)

正直、FreeTime Unlimitedのラインナップは不十分な気がするのですが、「まあ1年間無料で利用できるならいいか」って感じです。

1年間の無料体験の後に解約すれば追加料金はかからないみたいですし。

 

 

②通常のKindleとしても利用できる

Kindleキッズモデルの画像
引用:Amazon

キッズモデルっていう名前から、「子供用の書籍しか読めないのかな?」なんて思ったのですが、そうではないみたいです。

 

もちお
もちお
だったら、ありかなと。

 

ぶっちゃけ、キッズモデルをお得にしておくことで、Amazonさんが子供をKindleユーザーに将来的に囲っていくための戦略だと思うんですけどねw

 

でも、実際Kindleは便利ですし、僕としては子供を電子書籍に慣れさせた方が将来的に良いと思っている派なので、Amazon戦略に乗ってもいいやって感じです。

 

とはいえ、Kindleキッズモデルは、防水機能がないのが難点ではあります。

Kindleの画像

もし防水機能を求めるなら、Kindle Paperwhite

ただ、値段は13,980円〜で、ちょっと高め。

 

Kindle Paperwhiteの解像度は300ppiで、キッズモデルよりも高性能。

『集英社 学習まんが 日本の歴史』レビュー:楽しく深く正確に学べる漫画

Kindle Paperwhiteの方がきれいに表示されるので、マンガを読むならKindle Paperwhiteの方が良いかもです。

(僕はこれを使っています)

 

ただ、小さい子供用の端末ってことを考えると、Kindleキッズモデルで十分かなあとも思います(小さい子供をなめているように感じさせる言い方w)

 

 

「でも、電子書籍だと目に悪いんじゃないの?」って不安になるかもしれません。

ですが、大丈夫です。

『集英社 学習まんが 日本の歴史』レビュー:楽しく深く正確に学べる漫画

Kindleはe-inkという特殊な技術を使っていて、スマホやタブレットとは違ってブルーライトを発しません。

なので、目に負担はかからないのです。

 

 

『集英社 学習まんが 日本の歴史』レビュー:楽しく深く正確に学べる漫画

こんな感じで、ページ送りも素早いです。

 

『集英社 学習まんが 日本の歴史』レビュー:楽しく深く正確に学べる漫画

バッテリー持ちも不安になるかもしれませんが、僕の経験上、かなり持続するので大丈夫です(Amazonは「最大4週間」って言っている)

 

 

Kindleキッズモデルの画像
引用:Amazon

ちなみにAmazonの公式ページでは、「安心の見守り機能」ってのをアピールしています。

これは、FreeTime Unlimitedのペアレントダッシュボードの一つの機能ってことらしく、どうやら

読書の目標設定

本ごとの読書の進捗確認

ができるようです。

 

正直、親にこんな管理されるのはちょっと嫌ですし、「今日は全然本を読んでないけど、どうしたの?」とか言われたら気持ち悪くて仕方ない気がするのですが、それは僕が「すさんだ大人」になってしまったからそう思うんだ…ってことにしておきます(なんだその上から目線)。

 

 

Kindleキッズモデルの画像
引用:Amazon

ちなみに、Kindleは読書のための専用端末なので、インターネットやSNSにアクセスすることはできません。

これは子供用の端末としては良いのかも。

 

 

【余談】Kindleキッズモデルを学校の「朝読書」に使えたら良いよね

Kindleの画像

僕、元教員なので、教員っていう立場からKindleを語りたくなるのですが、

Kindleを学校の朝読書の時間に使えたら良いですよね。

 

小学校・中学校で、朝に時間帯に10〜15分くらい読書の時間をとっている学校って結構あると思うのですが、たぶん「普通の本」で読書している学校が大半だと思います。

 

もちお
もちお
僕が勤務していた学校もそうでした。

 

でも、今の時代、「読書は電子書籍で」っていう小学生〜中学生も結構いるのでは?と。

 

 

教室の画像

これからは電子書籍がもっともっと主流になっていくはずなので、学校でも電子書籍を解禁してあげても良いんじゃないかなって思うんですよ。

 

もちろん、イタズラされたり紛失したりっていうリスクもありますが。

 

もちお
もちお
って、なんでわざわざこんなことを書いているのかというと、教員の僕がKindleで読書していたら、上司から注意されたことがあったから…という、超絶、個人的な体験があるからってだけですw

「教員が朝読書の時に電子書籍はダメでしょ」っていうことを言われて。

 

合理的な理由があればまだいいんですけど、「ダメでしょ」ってだけだったので、全然納得できなかったのですw

 

 

てなわけで、どこか先進的な学校で、「朝読書で電子書籍解禁」をしてくれないかなあ…と期待しております。

うれしいと思う生徒・保護者も結構いるんじゃないのかなあ…。

 

もちお
もちお
スミマセン、余談でした。

 

 

Kindleキッズモデルのまとめ

以上、

Kindleキッズモデル

について解説をしました。

 

まとめると、

  • Kindleキッズモデルは通常モデルより2,000円高い
  • 容量の大きさ・FreeTime Unlimited・カバーに2,000円払えるか?が判断基準

となります。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です