【勉強】

小学校のプログラミング教育とは?理由・目的・内容等を元教師が解説

小学校のプログラミング教育とは?理由・目的・内容等を元教師が解説「小学校でプログラミングが必修化されるっていうけど…あんまりよく分かってない」

「なんのために小学校でプログラミング教育をやるの?」

このブログ記事は、そんな教員や保護者の方々に向けて書いています。

 

こんにちは。元教師のもちお(@softenisuke)です。
世の中について、なるべく分かりやすく解説してみなさんの役に立てるよう、ブログなどをがんばっております!

 

学習指導要領が改訂され、小学校でプログラミング教育が必修化されます。

そこで今回の記事では、

小学校でのプログラミング教育

について、まとめます。

小学校でプログラミング教育が始まるのはいつから?

授業の画像

小学校でプログラミング教育がスタートするのは、2020年4月1日です。

小学校でプログラミング教育が導入されるのは、平成29・30年改訂の新しい学習指導要領に、このように書かれたからです。

小学校学習指導要領(平成29年告示)

第3 教育課程の実施と学習評価
1 主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善
各教科等の指導に当たっては,次の事項に配慮するものとする。

(中略)

(3)

(中略)

あわせて,各教科等の特質に応じて,次の学習活動を計画的に実施するこ

と。

(中略)

児童がプログラミングを体験しながら,コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動

 

この新学習指導要領は2020年度から全面実施されると決まっています。

なので、小学校でプログラミング教育がスタートするのは、2020年4月1日となります。
(実際には、先行実施している地域もあります)

小学校でプログラミング教育を導入する理由は?

プログラミングの画像小学校でプログラミング教育を導入する理由は、大きく2つのことが言われています。

【前提】現代では、コンピュータが身近で不可欠になった。

  1. プログラミングによってコンピュータの仕組みを知ることで、コンピュータをより主体的に活用できるようにするため。
  2. プログラミングによって子供が秘めている可能性を広げるため。

実際、外国でも初等教育の段階でプログラミング教育を行う動きがあるらしいです。

コンピュータをより適切、効果的に活用していくためには、その仕組みを知ることが重要です。コンピュータは人が命令を与えることによって動作します。端的に言えば、この命令が「プログラム」であり、命令を与えることが「プログラミング」です。プログラミングによって、コンピュータに自分が求める動作をさせることができるとともに、コンピュータの仕組みの一端をうかがい知ることができるので、コンピュータが「魔法の箱」ではなくなり、より主体的に活用することにつながります

プログラミング教育は子供たちの可能性を広げることにもつながります。 プログラミングの能力を開花させ、創造力を発揮して、起業する若者や特許を取得する子供も現れています。子供が秘めている可能性を発掘し、将来の社会で活躍できるきっかけとなることも期待できるのです。

引用:小学校プログラミング教育の手引(第二版) p.1

小学校のプログラミング教育の目的は?

プログラミングの画像
プログラミング教育を導入する理由は理解できるけど…ようするに将来のプログラマーを育てるためってことだよね?
もちお
もちお
いえ、ちがいます。

プログラマー育成のためではない、と文部科学省は言っています。

小学校でのプログラミング教育の目的は3つです。
簡単に言うと以下のようになります。

小学校でのプログラミング教育の目的

  1. 「プログラミング的思考」を育むこと
  2. プログラミングや情報技術の意義を理解し、コンピュータ等を活用する姿勢を養うこと
  3. 各教科等での学びをより確実なものとすること
もちお
もちお
くわしく解説します!

もう一度、学習指導要領の文章を確認しましょう。

各教科等の特質に応じて,次の学習活動を計画的に実施すること。

(中略)

児童がプログラミングを体験しながら,コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動

引用:小学校学習指導要領(平成29年告示) p.22

このように、

小学校の学習指導要領では、
プログラミング自体をガッツリと学ぶことを求めているわけではありません。

 

ちなみに、学習指導要領には、その内容をくわしく解説するための分厚い「学習指導要領解説」というものがあります。

その中で、プログラミング教育の目的がくわしく説明されています。

もちお
もちお
わかりやすく説明します!

目的① 「プログラミング的思考」を育むこと

考える男性の画像「プログラミング的思考」とは、このような力とされています。

プログラミング的思考

自分が意図する一連の活動を実現するために

  • どのような動きの組合せが必要であり、
  • 一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、
  • 記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、

といったことを論理的に考えていく力

そして、文部科学省は、この「プログラミング的思考」を

子供たちが将来どのような職業に就くとしても時代を越えて普遍的に求められる力

と位置づけています。

子供たちが将来どのような職業に就くとしても時代を越えて普遍的に求められる「プログラミング的思考」(自分が意図する一連の活動を実現するために,どのような動きの組合せが必要であり,一つ一つの動きに対応した記号を,どのように組み合わせたらいいのか,記号の組合せをどのように改善していけば,より意図した活動に近づくのか,といったことを論理的に考えていく力)を育むため,小学校においては,児童がプログラミングを体験しながら,コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動を計画的に実施することとしている。

引用:【総則編】小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 p.85

小学校のプログラミング教育についての画像
引用:小学校プログラミング教育の手引(第二版) p.15

もちお
もちお
実際、このような論理的思考力はいろんな活動・思考のベースになりますので、納得できます。

例えば、コンピュータで正三角形を作図する場合に、「プログラミング的思考」が必要だとされています(小学校プログラミング教育の手引(第二版)より)

小学校のプログラミング教育についての画像
引用:小学校プログラミング教育の手引(第二版)  p.25

コンピュータには通常、「正三角形をかく」という命令は用意されていない

そこで、コンピュータが理解できる命令を組み合わせて「正三角形をかく」ことを目指す

正三角形がもっている性質を理解する
(「辺の長さが全て等しい」、 「角の大きさが全て等しい」、「円に内接する」、「中心角の大きさが全て等しい」など)

「辺の長さが全て等しく、角の大きさが全て等しい」という正多角形の意味を使って作図しようと考える

「長さ 100 進む(線を引く)」 、「左に 120 度曲がる」 という命令を3回書く
(もしくは、その命令を「3回繰り返す」ための命令を書く)

小学校のプログラミング教育についての画像
引用:小学校プログラミング教育の手引(第二版)   p.15

このような、

自分が意図する一連の活動を実現するために

  • どのような動きの組合せが必要であり、
  • 一つ一つの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、
  • 記号の組合せをどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、

といったことを論理的に考えていく力

である「プログラミング的思考」を育むことが、プログラミング教育の1つの目的なのです。

 

目的② プログラミングや情報技術の意義を理解し、コンピュータ等を活用する姿勢を養うこと

パソコンの画像学習指導要領解説では、実際にはこのように書かれています。

プログラムの働きやよさ,情報社会がコンピュータをはじめとする情報技術によって支えられていることなどに気付き,身近な問題の解決に主体的に取り組む態度やコンピュータ等を上手に活用してよりよい社会を築いていこうとする態度などを育むこと

引用:【総則編】小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 p.85~86

ここに書いてある通りなので、深堀りして解説はしません。

 

目的 ③各教科等での学びをより確実なものとすること

本の画像プログラミング教育は、算数や理科などの各教科の授業の中で実施してもOKだとされています。

その場合は、プログラミングを通して各教科等での学びをより確実なものとすることが目的になります。

学習指導要領解説では、このように書かれています。

教科等で学ぶ知識及び技能等をより確実に身に付けさせること

引用:【総則編】小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 p.86

具体的には、先ほどの「正三角形をかく」学習を考えると分かりやすいです。

プログラミングによって正三角形を作図しようとすると、正三角形がもっている性質を理解することが必要でした。
(「辺の長さが全て等しい」、 「角の大きさが全て等しい」、「円に内接する」、「中心角の大きさが全て等しい」など)

このように、教科等で学ぶ知識や技能などをより確実に身につけさせるために、プログラミングを利用するということです。

 

「将来のプログラマー育成」が目的ではない

プログラマーのイメージ画像

将来のプログラマーを育てることが目的ではありません。

学習指導要領解説では、このように書かれています。

小学校段階において学習活動としてプログラミングに取り組むねらいは,プログラミング言語を覚えたり,プログラミングの技能を習得したりといったことではなく

引用:【総則編】小学校学習指導要領(平成29年告示)解説 p.85

とは言え、

プログラミング教育の中で、

  • 自然とプログラミング言語を覚えたり
  • 自然とプログラミングの技能を習得したり

することはあり得る

と文部科学省は考えています。

プログラミングに取り組むことを通じて、児童がおのずとプログラミング言語を覚えたり、プログラミングの技能を習得したりするといったことは考えられますが、それ自体をねらいとしているのではない

引用:小学校プログラミング教育の手引(第二版)  p.11

 

もう一度まとめると、あくまで小学校でのプログラミング教育の目的は3つです。

  1. 「プログラミング的思考」を育むこと
  2. プログラミングや情報技術の意義を理解し、コンピュータ等を活用する姿勢を養うこと
  3. 各教科等での学びをより確実なものとすること

どうやってプログラミング教育を進めていく?

パソコンの画像
じゃあ、実際にどうやってプログラミング教育を進めていくの?

小学校でのプログラミング教育は、具体的に何をするかは学校に一任されています。

もちお
もちお
「学校裁量にすることで、地域に合わせて創造性を発揮してもらおう」ってことだとは思いますが、思いっきり任されると不安になりますよね…

小学校プログラミング教育の手引(第二版)では、教育課程内で行うプログラミング教育を4つに分類しています。

  • A 学習指導要領に例示されている単元等で実施するもの
  • B 学習指導要領に例示されてはいないが、学習指導要領に示される各教科等の内容を指導する中で実施するもの
  • C 教育課程内で各教科等とは別に実施するもの
  • D クラブ活動など、特定の児童を対象として、教育課程内で実施するもの

学習指導要領には、「算数」、「理科」、「総合的な学習の時間」の部分に、プログラミング教育の例示が書かれています。

なので、

  • Aは、「算数」、「理科」、「総合的な学習の時間」の中で行うプログラミング教育のこと
  • Bは、「算数」、「理科」以外の教科の中で行うプログラミング教育のこと
  • Cは、学校独自で設定する時間に行うプログラミング教育のこと
  • Dは、書いてある通り

となります。

 

より具体的な実践事例は、「小学校を中心としたプログラミング教育ポータル」に載っています。
不安な方はぜひご覧ください。
▶️小学校を中心としたプログラミング教育ポータル

プログラミング教育の評価はどうする?

メジャーの画像
プログラミング教育の評価って、どうするの?

プログラミングだけを切り取って、評価することはありません。

小学校プログラミング教育の手引(第二版)に、このように書かれています。

プログラミングを実施した際の評価については、あくまでも、プログラミングを学習活動として実施した教科等において、それぞれの教科等の評価規準により評価するのが基本となります。すなわち、プログラミングを実施したからといって、それだけを取り立てて評価したり、評定をしたりする(成績をつける)ものではありません。 

(中略)

また、教育課程内で各教科等とは別に実施する場合は、教科等の評価規準により評価したり、評定をしたりすることはありませんが、それ以外は前述と同様に児童を見取り、その評価を適切に伝えるなどすることが望ましいと考えられます。 

引用:小学校プログラミング教育の手引(第二版)  p.20~21

小学校の先生がしっかりとプログラミングを教えられるの?

教室の画像
制度については分かったけど、ぶっちゃけ、小学校教員がプログラミングをちゃんと教えられるの?
もちお
もちお
不安ですよね。

小学校教員の方々も、

自分がプログラミング教えられるのかな?

と不安になっているそうです。

 

このあたりのこと(解決策など)は、また別記事に書きます。

小学校でのプログラミング教育のまとめ

プログラミングの画像以上、

小学校でのプログラミング教育

について解説しました。

 

プログラミング教育は、かなり意義深いものです。

もちお
もちお
中央教育審議会(教育について考える会議)の考え自体は、間違っていないと僕は思います。

が、新しくプログラミング教育が導入されて、多忙な学校現場はしっかりと回っていくのでしょうか?
▶️参考記事:【学校はブラック?】教員の残業(時間外労働)について元教師がまとめた【実態】

また、プログラミングについて小学校教員が教えることはできるのでしょうか?

いろいろと不安が生じるのもムリはありません。

心配な教員・保護者の方々に向けた記事をまた書きますので、ぜひもう一度このブログに戻ってきていただけるとありがたいです。

 

以上、もちお(@softenisuke)でした。

【学校はブラック?】教員の残業(時間外労働)について元教師がまとめた【実態】
【学校はブラック?】教員の残業(時間外労働)について元教師がまとめた【実態】「学校の先生って残業が大変…」 「教員の残業の実態ってどんな感じなの?」 このブログ記事は、そんな方々に向けて書いています。 元教師の僕が、 残業の実態 残業の理由 個人でできる解決策 を説明します。...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です