学校教育

中学校のプログラミング教育とは?元教師が解説【新しく必修化?】

中学校のプログラミング教育とは?元教師が解説【新しく必修化?】「小学校でプログラミングが必修化されるっていうけど…中学校はどうなの?」

このブログ記事は、そんな教員や保護者の方々に向けて書いています。

 

こんにちは。元教師のもちお(@softenisuke)です。
世の中について、なるべく分かりやすく解説してみなさんの役に立てるよう、ブログなどをがんばっております!

学習指導要領が改訂され、2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されます

では、中学校ではどうなのでしょうか?

 

そこで、今回の記事では、

中学校でのプログラミング教育

について、まとめます。

中学校でプログラミング教育は新しく必修化された?

プログラミングの画像学習指導要領の改訂にともなって、小学校では2020年度からプログラミング教育が導入されることになりました。

このことについては、下記の記事で書いていますので、もしよければご覧ください。

▶️小学校のプログラミング教育とは?理由・目的・内容等を元教師が解説

小学校で新しくプログラミング教育が導入されたってことは、中学校でも新しく必修になるの?

と疑問を抱きがちですが、そうではありません。

実は中学校ではすでにプログラミング教育が行われています。

プログラミングは、「技術・家庭」の「技術分野」の学習内容になっています。

【技術分野】

内容

D 情報に関する技術

(3) プログラムによる計測・制御について,次の事項を指導する。

ア コンピュータを利用した計測・制御の基本的な仕組みを知ること。

イ 情報処理の手順を考え,簡単なプログラムが作成できること

 

引用:中学校学習指導要領(平成20年3月・平成21年3月)

このように、新しく必修になるわけではなく、すでに中学校ではプログラミング教育が行われています。

ですので、

小学校でプログラミング教育が必修になる直前の、2019年度の小学校6年生は、プログラミングを学ばないまま大人になる?

というのは勘違いです。

中学校新学習指導要領でプログラミング教育はどうなる?

プログラミングの画像とはいえ、2021年度から全面実施になる新学習指導要領では、プログラミング教育の内容が高度になっています

大きく変わったのは、

「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミング」を学習することになった

という点です。

中学校のプログラミング教育とは?元教師が解説【新しく必修化?】
もちお
もちお
「参考」は読み飛ばしてOKです!

【技術分野】

内容

D 情報の技術

(2)  生活や社会における問題を,ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミングによって解決する活動を通して,次の事項を身に付けることができるよう指導する。

ア 情報通信ネットワークの構成と,情報を利用するための基本的な仕組みを理解し,安全・適切なプログラムの制作,動作の確認及びデバッグ等ができること。

イ 問題を見いだして課題を設定し,使用するメディアを複合する方法とその効果的な利用方法等を構想して情報処理の手順を具体化するとともに,制作の過程や結果の評価,改善及び修正について考えること。

 

 (3)  生活や社会における問題を,計測・制御のプログラミングによって解決する活動を通して,次の事項を身に付けることができるよう指導する。

ア 計測・制御システムの仕組みを理解し,安全・適切なプログラムの制作,動作の確認及びデバッグ等ができること。

イ 問題を見いだして課題を設定し,入出力されるデータの流れを元に計測・制御システムを構想して情報処理の手順を具体化するとともに,制作の過程や結果の評価,改善及び修正について考えること。

 

引用:中学校学習指導要領(平成29年) p.134

これだけだと、具体的に何をするのか分からない。

って思うかもしれませんので、もう少し説明します。

信号の画像

もともと、「計測・制御」のプログラミングは学習内容にふくまれていました。

「計測・制御」とは、「何かの計測結果にもとづいて、反応を示す」ということ。

例えば、気温や湿度の計測結果に基づき,水やりなどの管理作業を自動的に行う栽培ロボットなどのことです。

 

パソコンの画像

これに加えて、2021年度からは「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツ」のプログラミングも学習内容にふくまれることになりました。

学習指導要領には、その内容をくわしく解説するための分厚い「学習指導要領解説」というものがあって、そこに例が書かれています。

「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツ」の例

  • 学校紹介のWeb ページにQ&A方式のクイズといった双方向性のあるコンテンツ
  • 互いにコメントなどを送受信できる簡易なチャット

このような「ネットワークを利用した双方向性のあるコンテンツのプログラミング」を2021年度から新たに学習することになります。

もちお
もちお
ちなみに、これは結構高度な内容です。

技術の先生がちゃんと教えられないのでは?

という不安の声もあるようです。

中学校でのプログラミング教育のまとめ

以上、ざっくりとではありますが

中学校でのプログラミング教育

について説明をしました。

 

小学校でのプログラミング教育に比べて、インパクトは少ないです。

もちお
もちお
あくまで、内容が高度になっただけです。
そもそもなんでプログラミングを全員が学ばなきゃいけないの?

と思う人もいるかと思います。

プログラミング教育の(文部科学省が考える)意義については、下記の記事でも説明をしていますので、ぜひご覧ください。

▶️小学校のプログラミング教育とは?理由・目的・内容等を元教師が解説

 

以上、もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です