【勉強】

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする
キリっとしている男性のイラスト
中学社会の問題集(ワーク)を探している人 「『中学 教科書ワーク』っていう問題集はどんな感じですか?」

 

こういった疑問に答えます。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

今回は、『中学 教科書ワーク』という問題集のレビューをします!

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする
  • 文理『中学 教科書ワーク』 文理
  • 値段 1,200円

東大卒で元教員の僕が、実際に買ってレビューをします!教師経験者が中学社会の問題集をレビューしているブログはほとんどないので、参考にしていただけたらうれしいです。

社会の参考書・問題集については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

【おすすめ】社会科(地理・歴史・公民)の参考書・問題集まとめ【中学生向け】

帝国書院の教科書の人

帝国書院の社会の教科書の画像

引用:帝国書院

 

 

教育出版の教科書の人

教育出版の地理の教科書の画像教育出版の歴史の教科書の画像教育出版の公民の教科書の画像

引用:教育出版

 

東京書籍の教科書の人

東京書籍の社会の教科書の画像

引用:東京書籍

 

日本文教の教科書の人

日本文教の地理の教科書の画像日本文教の歴史の教科書の画像日本文教の公民の教科書の画像

引用:日本文教

『中学 教科書ワーク』の口コミ・評判

まず、世間の評価についてです。

調べてみたところ、評判はそこそこ。

中学教科書ワークシリーズは基礎基本から少しの発展まで、受験のこの時期にはかなりよい印象があります

『中学 教科書ワーク』はどんな本?

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューするじゃあ、実際にどんな本なのか?についてです。

僕はこう思いました。

【子供にとってはこんな本】

  • 定期テストや受験前に基礎の確認を一通りしたい中学生
  • 中学校の内容を復習したい高校生

    にオススメな本

【大人にとってはこんな本】

特になし

【教師にとってはこんな本】

定期テストの問題づくりに悩む教師にオススメな本

『中学 教科書ワーク』の良さ

「確認 → 定着 → 実力判定」の3段階に分かれている

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする単元ごとに、

  • ステージ1 確認のワーク
  • ステージ2 定着のワーク
  • ステージ3 実力判定テスト

と3段階に分かれて、問題がのっています。

これのおかげで、

知識がほとんど身についていない人

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする → 教科書を読みながら「ステージ1 確認のワーク」をやる

知識がある程度身についた人

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする → 教科書を見ずに「ステージ2 定着のワーク」をやる

定期テスト・受験直前の人

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする → 「ステージ3 実力判定テスト」をやる

という使い方ができます。

もちお
もちお
自分のレベルに合った使い方がしやすいですし、これ一冊で習熟度を少しずつ上げていくことができます。

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューするちなみに、赤シートもついています。

重要用語をまとめた小冊子がついている

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューするこのように、単元ごとに基礎知識をまとめてくれた冊子が付録になっています。

もちお
もちお
教科書や市販の参考書だけでは、重要用語だけを重点的に勉強するのが難しいです。

が、『中学 教科書ワーク』は重要用語がまとまった冊子がついていて、便利です。

学習カードがついている

あと、学習カードも付録になっています。

もちお
もちお
いたれりつくせり…!

これは歴史の『中学 教科書ワーク』ですので、歴史年号の学習カードが付いています。

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューするかわいいイラストが描かれています。

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする語呂合わせや、簡単な解説も書いてあります。

もちお
もちお

  • この学習カードにのっている年号を全て覚える必要はないかな…
  • 年号を暗記する作業ばかりやってしまうことになるのでは…

と元教師としては思いますし不安ですが、ないよりはあった方が良いのかなと思います。

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューするちなみに、リングを通せるように、カードの左上に穴を開けるミシン目がついています。

もちお
もちお
親切すぎる…!

定期テスト対策の予想問題がついている

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする定期テスト対策の予想問題までついています。

歴史の『中学 教科書ワーク』の場合ですが、全部で7回分の予想問題がのっていました。

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする1~6回分は、定期テスト対策ということで単元ごとの出題になっています。

もちお
もちお
定期テストの出題範囲だけを重点的に学習できます。

7回目は、総合問題。

もちお
もちお
3年生の定期テストは「1~3年生の内容全てが出題範囲」となることもありますので、総合問題がついているのはありがたいです。
もちお
もちお
あと、受験対策としても十分使えます。

ホームページテストがついている

『中学 教科書ワーク』(社会)のホームページテストの画像さらに、出版会社(文理)のホームページから無料でダウンロードできる「ホームページテスト」のアクセスコードまでついています。

もちお
もちお
いたれりつくせり…!!

『中学 教科書ワーク』(社会)のホームページテストの画像文理の公式ページにアクセスをして、『中学 教科書ワーク』に書いてあるアクセスコードを入力することで、問題をダウンロードできます。

もちお
もちお
ホームページテストの問題は、単元ごとに分かれています。

問題を見たところ、

  • 問題数は多くはありませんし、
  • 全内容をカバーしているわけではありません

が、基本に徹した問題内容だったので、基礎の定着には使えるかなと思いました。

スマホアプリのサービスがある

『中学 教科書ワーク』(社会)のスマホアプリの画像

さらにさらに、スマホアプリまであります。

もちお
もちお
いたれりつくせり…!!!!

ここまでくると、『中学 教科書ワーク』はすごすぎるな、と思いました。

そりゃ中学校の問題集(ワーク)で一番売れるよな、と納得です。

『中学 教科書ワーク』(社会)のスマホアプリの画像

この画像は歴史バージョンですが、他にも

  • 地理
  • 公民
  • 英語2年
  • 理科1年

など、他教科のアプリもあります。

『中学 教科書ワーク』(社会)のスマホアプリの画像

中はこのような感じ。

前回のつづきから問題を解くこともできますし、間違った問題に「ふせん」をつけておいて、ふせんをつけた問題だけを解くこともできます。

『中学 教科書ワーク』(社会)のスマホアプリの画像

問題の順番は、ランダムにできるようにもなっています。

もちお
もちお
問題集をやってると、だんだん「順番で答えを覚える」ようになってしまいがちですが、その対策までされている…!

『中学 教科書ワーク』(社会)のスマホアプリの画像

実際の問題はこのような感じです。一問一答です。

 

帝国書院の教科書の人

帝国書院の社会の教科書の画像

引用:帝国書院

 

 

教育出版の教科書の人

教育出版の地理の教科書の画像教育出版の歴史の教科書の画像教育出版の公民の教科書の画像

引用:教育出版

 

東京書籍の教科書の人

東京書籍の社会の教科書の画像

引用:東京書籍

 

日本文教の教科書の人

日本文教の地理の教科書の画像日本文教の歴史の教科書の画像日本文教の公民の教科書の画像

引用:日本文教

『中学 教科書ワーク』の対象レベル

初心者~中級者レベルだと思います。

『中学 教科書ワーク』のおすすめな使い方

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする僕は、『中学 教科書ワーク』はこうやって使えばいいかなと思います。

使い方① ワークには書き込まず、ノートかルーズリーフにやる

問題集(ワーク)にいきなり答えを書き込んでしまうと、2回目以降が使いづらくなります。(書き込んである答えを隠すのが面倒だから)

なので、書き込まずにノートかルーズリーフに答えを書くようにすると良いと思います。

もちお
もちお
いらない裏紙でもOK

で、ここからが重要です。このような流れです。

ワークには書き込まず、ノートかルーズリーフにやる。

 ↓

丸つけをする。

 ↓

正解した問題も、解説を読む。さらに、問題の部分の教科書の文章を読む。

 ↓

間違った問題は、解説を読む。さらに、教科書を読んで理解を深める。

 ↓

間違った問題は、ワークの問題番号のところにチェックをしておく。

 ↓

間違った問題(チェックがついた問題)のみ、解き直す。

ピンクのマーカーが引かれている部分がものすごく重要です。

 

まず、「正解した問題も、解説を読む。さらに、問題の部分の教科書の文章を読む。」について。

正解した問題って、そのままスルーしがちですけど、

実は「よく分かってなかったけど正解してしまった」っていうパターンも結構あります。

なので、解説や教科書をしっかりと読んで、確認をします。

うまくいった時こそ、要注意ってことだね

 

次に、「間違った問題は、ワークの問題番号のところにチェックをしておく」について。

間違った問題はもう一度解き直す必要があるので、チェックしておきます。

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューするこんな感じです。

で、少し時間をおいて、チェックがついた問題(間違った問題)だけ、解き直しをします。

間違った問題 = 自分の伸びしろ

です!

こうすることで、自分の実力を確実に伸ばすことができます。

もちお
もちお

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする僕は、2回目も間違ってしまった場合は、こうやってチェックしていました。

もちお
もちお

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューするちなみに、3回目も間違ってしまった場合は、こんな感じ。

 

使い方② 3つの段階を1つずつ一通りやって、3周する

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューするこの画像のように、

まず、出題範囲のステージ1だけを全てやる

 ↓

次に、出題範囲のステージ2だけを全てやる

 ↓

最後に、出題範囲のステージ3だけを全てやる

と良いと思います。

もちお
もちお
記憶の定着の話をすると、

ある分野を集中的に
一気にやる

よりも

多くの分野をざっくり
何度もやる

方が記憶は定着しやすいと思います。

 

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする例えば

「欧米の進出と日本の開国」だけを集中的に一気にやって、

そのあと

「明治維新」を集中的に一気にやって…

っていうやり方をすると、「明治維新」を集中的にやっている間に「欧米の進出と日本の開国」について忘れていきますよね。

このようなやり方だと記憶は定着しにくいかな、と思いますので、こんな感じでやります。

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする

「欧米の進出と日本の開国」のステージ1をやる

 ↓

「明治維新」のステージ1をやる

 ↓

「日清・日露戦争と近代産業」のステージ1をやる

 ↓

「欧米の進出と日本の開国」のステージ2をやる

 ↓

「明治維新」のステージ2をやる

 ↓

「日清・日露戦争と近代産業」のステージ2をやる

 ↓

ステージ3をやる

こうすることで、3つの分野(「欧米の~」「明治維新」「日清・日露~」)について、時間をおいて3回も勉強したことになります。

もちお
もちお
記憶を定着させるには、何度もやることが大事!

人間は一発では覚えられないからです!

使い方③ まずは『中学 教科書ワーク』本体に専念する

  • 定期テスト予想問題
  • 学習カード
  • ホームページテスト
  • スマホアプリ

は、『中学 教科書ワーク』本体をやり終えて余裕が出たらで良いと思います。

電車やバスに乗る機会が多いのであれば、乗車中に学習カードやスマホアプリを使っても良いとは思いますが、そうでないなら、あれこれ手を出す前に『中学 教科書ワーク』本体に集中した方が良いと思います。

 

 

帝国書院の教科書の人

帝国書院の社会の教科書の画像

引用:帝国書院

 

 

教育出版の教科書の人

教育出版の地理の教科書の画像教育出版の歴史の教科書の画像教育出版の公民の教科書の画像

引用:教育出版

 

東京書籍の教科書の人

東京書籍の社会の教科書の画像

引用:東京書籍

 

日本文教の教科書の人

日本文教の地理の教科書の画像日本文教の歴史の教科書の画像日本文教の公民の教科書の画像

引用:日本文教

『中学 教科書ワーク』の注意点

『中学 教科書ワーク』(社会)を東大卒元教師がレビューする

注意点① 記述問題がほとんどない

『中学 教科書ワーク』は

  • 読み取り問題がほとんどない
  • 思考をさせる問題がほとんどない

です。

つまり、「覚えているかどうか」の知識・理解にかたよっている問題集です。

なので、あくまで基礎知識を定着させるための問題集だと割り切った方が良いです。

 

が、基礎知識を定着させるための問題集で、ここまで「いたれりつくせり」な問題集は他にないと思うので、持っておいて損はしないはずです。

注意点② 買うときに間違いやすい

学校で使っている教科書ごとに、中身が違います。

なので、自分が使っている教科書バージョンの『中学 教科書ワーク』を買うようにしないといけません

書店で買おうとすると間違いやすいと思うので、キャンセルが簡単にできるAmazonで買った方が良いと思います。

本記事で、教科書ごとに整理してリンクをのせますので、参考にしてください。

『中学 教科書ワーク』のまとめ

以上、『中学 教科書ワーク』のレビューでした。

もう一度まとめると、この本は

【子供にとってはこんな本】

  • 定期テストや受験前に基礎の確認を一通りしたい中学生
  • 中学校の内容を復習したい高校生

    にオススメな本

【大人にとってはこんな本】

特になし

【教師にとってはこんな本】

定期テストの問題づくりに悩む教師にオススメな本

です。

  • 「確認 → 定着 → 実力判定」の3段階に分かれた問題構成
  • 重要用語をまとめた小冊子
  • 学習カード
  • 定期テスト対策の予想問題
  • ホームページテスト
  • スマホアプリ

と、これだけいろんなものが準備されていて1,200円は安すぎだと思いました。

問題集選びで悩む前に、まずこの『中学 教科書ワーク』を一冊、がっつりやるのがおすすめです。

 

 

帝国書院の教科書の人

帝国書院の社会の教科書の画像

引用:帝国書院

 

 

教育出版の教科書の人

教育出版の地理の教科書の画像教育出版の歴史の教科書の画像教育出版の公民の教科書の画像

引用:教育出版

 

東京書籍の教科書の人

東京書籍の社会の教科書の画像

引用:東京書籍

 

日本文教の教科書の人

日本文教の地理の教科書の画像日本文教の歴史の教科書の画像日本文教の公民の教科書の画像

引用:日本文教

もちお(@softenisuke)でした。

 

社会の参考書・問題集については、下記でまとめていますので、参考にしてください。

【おすすめ】社会科(地理・歴史・公民)の参考書・問題集まとめ【中学生向け】

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です