【ソフトテニス】

【ソフトテニス】強い後衛はフォローの動きをサボらない

【ソフトテニス】強い後衛はフォローの動きをサボらない

こんにちは。もちおです。

 

本記事では、

強い後衛はフォローの動きをサボらない

という話します。

 

この記事を読むと

  • 後衛がやるべきフォローの動きがわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

▶️ソフトテニスのおもな実績

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

メルマガとして登録していただくことも可能ですので、もしよければ登録お願いします。

⏬くわしくはこちら

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニス指導への限りなき挑戦 ソフトテニス指導の勉強をしたいけど、忙しくて時間がとれないという指導者の方々へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍...

 

 

強い後衛はフォローの動きをサボらない

チャンネル登録お願いします!(クリック)

 

相手前衛がボレーの動きをした時に、後衛はフォローの動きをします。

 

【ソフトテニス】強い後衛はフォローの動きをサボらない 【ソフトテニス】強い後衛はフォローの動きをサボらない 【ソフトテニス】強い後衛はフォローの動きをサボらない

 

その際、やみくもに動くのではなく、ボレーのコースを予測することが重要。(できれば相手前衛のラケット面の向きを見て予測する)

 

【ソフトテニス】強い後衛はフォローの動きをサボらない 【ソフトテニス】強い後衛はフォローの動きをサボらない 【ソフトテニス】強い後衛はフォローの動きをサボらない 【ソフトテニス】強い後衛はフォローの動きをサボらない

 

あまり強くない後衛は、自分の前衛がストロークを打つ時にボーッとしてしまっています。

そうじゃなくて、相手前衛の動きを見て、フォローの動きをする!

 

そうすれば、相手前衛のボレーをされたとしても1本で決められる…っていうのを避けることができるはずです。

 

 

まとめ

以上、

強い後衛はフォローの動きをサボらない

という話しました。

 

まとめると、

相手前衛がボレーの動きをした時に、後衛はフォローの動きをする!

となります。

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

メルマガとして登録していただくことも可能ですので、もしよければ登録お願いします。

⏬くわしくはこちら

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニス指導への限りなき挑戦 ソフトテニス指導の勉強をしたいけど、忙しくて時間がとれないという指導者の方々へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍...

 

 

Twitterでもいろいろ発信してます!(フォローお願いします!)

 

もちおでした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!