【ソフトテニス】

ソフトテニス初心者の練習方法(指導方法)をざっくり紹介【軟式テニス】

ソフトテニス初心者の練習方法(指導方法)をざっくり紹介【軟式テニス】「ソフトテニスの初心者の練習方法について知りたい」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

本記事では、

ソフトテニス初心者の練習方法

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • 初心者の練習方法(指導方法)がわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

【ソフトテニス初心者の練習】流れ

2019年ソフトテニス京都全中を観に行って感じたこと【芝東と昇陽すごい】

僕は、こんな感じで練習メニューを組んでいました。

(1)グリップの握り方を覚えさせる

(2)ラケットとボールに慣れさせる

(3)ルールを大まかに理解させて、試合をやらせてみる

(4)練習と試合をバランスよくグルグル回す

 

「練習のために練習をする」のではなく「試合のために練習をする」わけなので、グリップの握り方を覚えてラケットとボールにある程度慣れたら、すぐに試合をやるようにしていました。

 

 

(1)グリップの握り方を身につける

【ソフトテニス】ラケットの持ち方(グリップの握り方)を解説

まず、グリップの握り方を身につけます。

最終的には「自分に合った握り方」で良いとは思いますが、最初は「これが正しい握り方だよ」という握り方をするのが良いと思います。

 

 

 

(2)ラケットとボールに慣れる

夕暮れのコートの画像

握り方がわかったら、ラケットとボールに慣れるための練習をします。

 

最初は地面にボールをポンポンと突くのが良いと思います。

あとはラケット面を使ってリフティングなど。

 

 

(3)ドライブ回転の習得

ドライブ回転

ボールをラケットで打つ感覚が少しわかってきたら、次はフォアとバックのストロークです。

初心者のストロークの目標は、ドライブ回転の習得です。

とにかくドライブ回転(順回転)でボールを打てるようになること。

 

もちお
もちお
これを目指します。

 

最初は「真下に落としたボールをその場で打つ」という練習で良いと思います。

球出しの人が手に持ったボールをポトっと落として、ワンバウンドさせてから打つ練習です。

 

練習をやってみると、ドライブ回転をうまくかけられなかったりします。

そういう場合は、ラケットヘッドを地面につけた状態でラケットを引いておいて、そこから上に振り上げる練習をしてみるのがおすすめです。

(ボールの下からラケットが入ることで、ドライブ回転がかかるので)

 

※ラケットヘッドっていうのは、ラケットの先端(グリップの反対側)のことです。

※初心者はバックハンドでドライブ回転をなかなかかけられないので、地面にラケットをつけてスイングする練習がかなりおすすめ。

 

 

船水颯人選手(ソフトテニス)の画像

あと、サーブ練習もやります。

なるべく最初のうちからイースタングリップでサーブを打った方が良いと思いますが、いきなりイースタンが無理だったら、ウエスタンとイースタンの中間くらいから始めます。

上からのサーブも下からのサーブも練習です。

 

 

(4)試合

2019年ソフトテニス京都全中を観に行って感じたこと【芝東と昇陽すごい】

ラケットの握り方を覚えて、フォアとバックをある程度練習して空振りが減って、サーブの練習もしたら、いきなりですが試合をやってみます。

 

もちお
もちお
えー!いきなり試合?って感じですが、とりあえずやってみます。

 

もちろん、初心者が試合をしてもダブルフォルトの連発です。

サーブが入っても全然打ち返せなかったりして、試合なんて全然成立しません。

 

が、実際に試合を体験させてみることで、「試合でできなかったことをできるようにしたい」「次に試合をする時のために、もっと練習したい」って思う選手が多かったと感じています。

 

試合をやることで、何を練習すればいいのか?っていうのが見えてくるんですよね。

「サーブを入れられるようにしなきゃ」

「バックを打てるようにしなきゃ」

「ルールを覚えなきゃ」

などなど。

 

なんのために基礎練習をするのか?について実感をもって理解できるので、早めの段階で試合をやってみるべし!です。

 

ただ、試合は短めに。だらだら長くやっても仕方ないです。

サーブゲームとレシーブゲームの両方を経験させるために、2ゲームマッチくらいで良いと思います(2-0で勝つか、1-1-で引き分けるか)。

※同時に、審判の練習もします。

 

 

(5)練習と試合をバランスよくグルグル回す

夕暮れのテニスコートの画像

ここまで来たら、あとは練習と試合をバランスよくやっていきます。

練習ばかりやってもモチベーションが下がりますし、かといって試合ばかりやっても上達しません。

 

もちお
もちお
1〜2週間に1回のペースで試合を入れるくらいがちょうどいい気がします(初心者のうちは)。

 

 

よりくわしい初心者指導の解説はこちらの記事で

>>ソフトテニスの初心者指導で僕が意識していたこと【基本編&フォア・バックストローク編】

 

※下記の裏Step入会者でご希望の方には無料でプレゼントしています。

 

 

初心者向けの練習メニュー

>>初心者向けの練習メニューをいくつか紹介

 

こちらの記事では、僕がソフトテニスの指導をする中で実際にやってみた初心者向けの練習メニューの中から、「これはいい!」って思った練習メニューをいくつか紹介しています。

字数は約10,000字。200円です。

目次

  • 手投げの練習メニュー
  • ネットミスを減らす練習方法
  • 回り込み練習
  • この練習をやったら結構勝てるようになった
  • 戦略・戦術立案の力が上がる練習

 

 

ソフマガよりも安い値段で、毎日情報をお届け

ソフトテニス指導の勉強をしたいけど、忙しくて時間がとれないという指導者の方々へ。

忙しいあなたの代わりに、暇人の僕がソフトテニスに関する研究・情報収集をします。ソフトテニス指導をひたすら追究します。そして、その成果をあなたに届けます。

 

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニスが好きな人へ ソフトテニスが好きな人へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍よりも安い値段で、ソフトテニス指導に関する情報を毎日お...

 

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!