【ソフトテニス】

【ソフトテニス】清明学園の練習を垣間見れる最新の本が発売されたよ【必見】

【ソフトテニス】清明学園の練習を垣間見れる最新の本が発売されたよ【必見】「清明学園ってどんな練習をしてるんだろう」

この記事は、こんなふうに考えるあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。
中高大とソフトテニスを続けて、今はソフトテニスの指導者をやっています。

2018年の全国中学校ソフトテニス大会で団体優勝を果たした清明学園(東京)。

2019年も、全国ベスト4に入るなど、中学ソフトテニス界でトップを走るチームとして存在感を放っています。

 

これだけ目覚ましい活躍をしているチームなので、

清明学園って、どんな練習をしているんだろう?

って気になりませんか?

清明学園の練習について知りたければ、清明学園の監督である高橋茂先生が出しているDVD教材を観ればいいのですが…DVD教材は値段が高くて手が出しづらいですよね。

そう思っているあなたに、良いニュースです!

なんと、2019年8月に清明学園の高橋茂先生が書いた本が出版されていました!

『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』の画像
引用:Amazon

その名も、『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』です。

 

そこで本記事では、

『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』の紹介(レビュー・評価)をします。

もちお
もちお
Amazonで全然レビューされていないので、参考にしてくれるとうれしいです!

ちなみに、この記事の最後にソフトテニスのDVD教材をまとめた記事のリンクを貼っておきますので、DVD教材を買おうかなと思ったら、そちらをご覧ください!

『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』は清明学園式の初心者指導方法が書かれている!

『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』の画像
引用:Amazon

清明学園は主にジュニア出身の選手が活躍しているチームだと思いますが、一方で初心者から始めた選手(大類選手など)が大活躍する事例もあります

そうなると、

清明学園はどうやって初心者の指導をしているんだろう?

って気になりますが、その答えが(たぶん一部ですが)本に書かれています

例えば、

  • ラケットの握り方
  • ラケットとボールに慣れるための練習メニュー

など。

『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』の画像
引用:Amazon

 

清明学園式の、初心者指導法を知ることができます。

ある程度、初心者指導に慣れている人からすると「ああ、これか」って思う内容かもしれませんが、もしあなたが「初心者をどうやって指導したらいいか迷ってる!」のであれば、チェックしてみる価値はあると思います。

ちなみに、「見るだけでうまくなる!」というタイトルの通り、写真中心の解説です。

『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』は清明学園式の基礎練習メニューが書かれている!

『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』の画像
引用:Amazon

また、攻撃と守備に分けて練習メニューが解説されています。

ソフトテニスでは攻撃のプレーと守備のプレーをはっきりと区別・意識することが大事だと僕は思っているのですが、この本は攻撃と守備を分けて書かれているので、「これこれ、こういうのだよ!」って思いました(笑)

もちお
もちお
清明学園式の基礎練習メニューを知ることができるのって、単純にワクワクしませんか?(笑)

ちなみに、本の後半では基本戦術の練習メニューについて書かれているんですけど、その部分はちょっと分かりにくさを感じました

というのも、写真も少ないし文字も少ないしコートの図解が大雑把だからです。

このあたりは編集者の問題かな…って気もしますが。

 

「ソフトテニスの基礎」っていうタイトル通り、あくまでこの本は「ソフトテニスの基礎を知りたい!」っていう人向けだと思います。

 

あと、本の最後の「脱初心者のツボ フットワーク強化」のページはかなり役立ちそうだと思いました。

もちお
もちお
フットワークを強化する「ちょっとした工夫」が紹介されているんですよ。

あなたが「フットワークが全然良くならない!」って悩んでいるのであれば、この本が一つのヒントになりそうです。

しかも、このページには初心者から始めたらしい大類選手(なのに東京で個人戦準優勝)が登場しているので、説得力ありありです!

『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』は、基礎を見直したいあなたにオススメ!

以上、

『見るだけでうまくなる! ソフトテニスの基礎 (目で学ぶシリーズ)』

を紹介しました。

写真がたくさん載っていて視覚的に理解できる本です。

ちょっとお値段は張りますが、それだけの価値はあるような気がします。

Amazonのページで中身を少し見ることもできますので、気になった場合はぜひチェックしてみてください!

以上、もちお(@softenisuke)でした。

追伸(P.S.)

著者の高橋茂先生は全日本アンダー17男子コーチも務めているのですが、そんな素晴らしいお方のコラム(考え方、子供との関わり方について書かれた文章)も載っていて、勉強になりました。

▶️【ソフトテニス】上達したい人向けのソフトテニス本のまとめ【おすすめ】

【ソフトテニス】上達したい人向けのソフトテニス本のまとめ【おすすめ】
【ソフトテニス】上達したい人向けのソフトテニス本のまとめ【おすすめ】ソフトテニスの本を探している人 「ソフトテニスの本ってたくさんあるけど、どれがおすすめ?」 こういった疑問に答えます。 大学では体育会(サークルじゃなくて部活)に所属して、大学まで真剣にソフトテニスと向き合い、その後も指導者としてソフトテニスと関わってきた僕が、実際に買って使った本を紹介します。...

▶️ソフトテニスの指導DVDを元顧問がまとめた記事【オススメも紹介】

ソフトテニスの指導DVDを元顧問がまとめた記事【オススメも紹介】
ソフトテニスの指導DVDを元顧問がまとめた記事【オススメも紹介】「ソフトテニスの指導DVDでオススメなものを知りたい」 このブログ記事は、そんなソフトテニスプレーヤー(指導者)に向けた記事です。 本記事では ソフトテニスのDVD教材 について、まとめます。 実際に僕が買ったものも紹介します!(買ったものは、より詳しく紹介)...
もちおの価値観やソフトテニスの著作・発信媒体まとめ
もちおの価値観やソフトテニスの著作・発信媒体まとめ

もちおの価値観、ソフトテニスの著作・発信媒体などをまとめます。

 

★もちおの価値観

  • ソフトテニスについて論理的に考えたい
  • 根拠をもってプレー・指導したい(感覚・慣習・伝統だけじゃなくて)
  • ソフトテニスが上手い人をもっと増やしたい

 

ソフトテニス界での僕(もちお)の存在意義【暇な人向け】
ソフトテニス界での僕(もちお)の存在意義【暇な人向け】僕が目指していることについてです。...

 

 

★メルマガ(裏Step)

メルマガ(裏Step)

ソフトテニスについて考えたり研究したり情報収集したりした内容を1,000字くらいの文章にまとめて、ほぼ毎日配信しています。テーマはいろいろ。(月額500円〜)

ソフトテニスが大好きな人向けです。

※ソフトテニスが大好きな方・もっと勝ちたい選手・我が子を応援する保護者が集まり、議論したり支え合ったりするグループチャットに参加可能なコースもあります。

 

もちおが一番力を入れている活動がこれです。

「もちおのソフトテニス発信活動を支えてやるか」って感じで、寄付の気持ちでも良いので参加してくださると助かります。

くわしくはこちら。

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニス競技者育成"裏"プログラムソフトテニス競技者(我が子・生徒・教え子)の成長を願っている大人や、ソフトテニスを頑張ろうと思っている競技者向けです。...

 

お試し(無料版メルマガ)はこちら

 

 

★もちおノートリスト

各画像をクリックするとnoteの詳細ページに移動します。

 

初心者向けの練習メニューをいくつか紹介【ソフトテニス】練習するべき攻撃・戦術パターン【展開の種類も】※初心者〜中級者向け ソフトテニスの初心者指導で僕が意識していたこと【基本編&フォア・バックストローク編】【ソフトテニス】ラリーを続けるコツ【本質】※初心者〜中級者向け 【ソフトテニス】大人数でもできる乱打の練習メニュー【20人】

 

 

★Twitter

ブログやYouTubeを更新したよ!っていうお知らせや、ソフトテニスに関する思いつき・悩み・考えなどをツイートしています。クセ強め。

 

 

 

★ブログ

ソフトテニスに関連する製品についての記事を投稿したり、過去のメルマガ記事の一部を公開したりしています。

 

ソフトテニスに関するブログ記事まとめ

 

 

★YouTube

言語化するのが難しい内容を中心に投稿しています。

 

もちおチャンネル

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ