【ソフトテニス】

【ソフトテニス】うまくなりたい人に向けて、うまくなる方法を書く

【ソフトテニス】うまくなりたい人に向けて、うまくなる方法を書く

「ソフトテニスがうまくなりたい。強くなりたい。」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちおです。

ソフトテニス、うまくなりたいですよね。

でも、練習すればするほど、ソフトテニスって想像以上に難しいことに気づく。

 

そこで本記事では、僕の経験もまじえて

どうやったらソフトテニスがうまくなるのか?

について、僕が思っていることを書きます。

 

この記事を読むと

  • ソフトテニスがうまくなる方法がわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

▶️ソフトテニスのおもな実績

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

メルマガとして登録していただくことも可能ですので、もしよければ登録お願いします。

⏬くわしくはこちら

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニスが好きな人へ ソフトテニスが好きな人へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍よりも安い値段で、ソフトテニス指導に関する情報を毎日お...

 

本質的なことを書きます。

この記事にたどり着いた人は熱量が結構あると思うので、僕も熱を込めて書いた結果、かなり長文になってしまいました。

 

もちお
もちお
「うまくなりたきゃ○○の練習をしろ!そしたら絶対にうまくなる!」みたいなことは言わないので、そういうのを求めている人はここで読むのをやめた方が良いと思います。

 

 

ソフトテニスがうまくなる方法

思考量と練習量が必要

ソフトテニスの練習量と思考量の図

ソフトテニスがうまくなるためには、思考量と練習量が必要だと思います。

「どれだけ考えたか?」と「どれだけ練習したか?」。

 

 

で、うまくなるためにより重要なのは、たぶん思考量の方です。

というのも、

たくさんの技術を身につけたくても練習時間は限られているので、練習の取捨選択をしなきゃいけないし、

ソフトテニスの勝敗は単なる身体能力や技術だけでは決まらず、戦略・戦術によってかなり変わるからです。

 

もちお
もちお
練習量でゴリ押すのは結構難しい。

 

実際、小学生の頃から始めたジュニア出身の選手も、中学2年生くらいまでは「今までの貯金」(圧倒的な練習量)で勝てますが、中2の終わりくらいになると、中学生から始めた選手に負けたりします。

たいてい、そういう選手は思考量が足りていないという印象。

 

ってことで、確かに、あまり考えなくてもむちゃくちゃ練習すればそれなりに上達はしますが、たぶんどこかで頭打ちになるはず。

より重要なのは思考量です。たぶん。

 

 

これをやればうまくなる!ってのは怪しいと思う

太陽の画像

って考えると、「これをやれば絶対にうまくなる!」「このメニューをやれば絶対に強くなる!」みたいな言葉は結構怪しいし、そういう言葉に安易に飛びつかない方が良いと思います。

そんな魔法はない。あったら、みんなうまくなってます。

 

 

もちろん、「こうやって練習したらうまくなりやすいよね」っていう方法は、なくはないと思います。

なので、自分で調べてそういう方法を見つけること自体は悪くはないし、むしろ自分で調べる姿勢はむちゃくちゃ良いことだと思います。

 

が、危険なのは、そういう「方法」を見つけた瞬間、「これだ!!!」ってすぐに飛びついちゃうこと

なんで危険かというと、そこに自分自身の思考がないから。

 

大切なのは思考量です。

 

 

うまくない理由を見つける

2019年ソフトテニス京都全中を観に行って感じたこと【芝東と昇陽すごい】

うまくなるためには、「自分がなんでうまくないのか?」っていう理由を突き止めることが必要だと思います。

うまくないのには、なにかしら理由があるはずなんです。

 

その理由を発見せずに、やみくもに練習しても、うまくなる確率は低いですよね。(少なくとも、効率は絶対に悪い。時間は限られています。)

 

やみくもに練習するのではなく、

うまくない理由を見つけて、そこを克服する練習をする。

 

例えば、

  • 「試合のこの展開の時のポジションが悪い。だからボールに届かない。」っていうことを見抜いて、その上でポジション取りの練習をする
  • 「短いボールが取れないのは、こういう理由があるからだ。」って思考した上で、短いボールを取る練習をする

など。

 

 

自分のプレーを見る

GoProの画像

で、うまくない理由を見つけるためには、自分のプレーを見る必要があります。

 

もちろん自分の感覚だけで「うまくない理由」を見つけることはできるかもしれませんが、スマホやビデオカメラで自分のプレーを録画して、実際に見た方が効率的です。

 

自分のプレーを実際に見て「自分自身で思考する」っていうことが、上達のためには必要。(試合は自分自身で思考して戦わなきゃいけないし)

 

 

第三者の力を借りる

【ソフトテニス】ミドルレシーブのコツなどを動画・写真を使って解説

ただ、自分自身の思考だけだと、思考の方向性が間違っていたり遠回りだったり…っていうことがあり得ます。

 

それも最終的には自分自身の学びになるので良いんですけど、かといって時間は無限ではないので、効率的にやりたいところ。

 

そこで、第三者の力を借りるのが大事になります。

ソフトテニスの本を買ったり、ネットで記事を読んだり(今やってるやつ)、YouTubeで動画を見たり、です。

 

このブログ「もちおスクール」には、ソフトテニス記事がたくさんあるので、それを読んでいただけたら何かしらヒントが得られると思います。(「なんだクソ記事ばっかりじゃん!」ってなったらゴメン。)

 

 

プレーを見てもらうと、もっと良い

裏Stepの画像

ただ、ネット上の情報って、「一般的なこと(多くの人に当てはまること)」がメインなんですよね。

自分自身に合ったアドバイスっていうわけではない。

なので、ちょっと非効率だったりします。

 

自分のプレーを見てもらって、アドバイスをもらうのが一番です。

 

自分のプレーを自分で見て、自分自身で思考する

→自分のプレーを見てもらってアドバイスをもらう

→練習を提案してもらったり、考えた練習の方向性を修正・微調整する

 

 

でも、アドバイスをしてくれる人が身近にいなかったり、身近にいたとしてもアドバイスをもらうのが難しかったりすることもありますよね。

そんな人のために、最後に「アドバイスをもらう方法」を紹介します。

 

 

自分のプレーを見てもらってアドバイスをもらう方法

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)

裏Stepの画像

(もちお)の宣伝になってしまいますが(でも自信をもって運営しているので宣伝します)

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)というオンラインスクールのような取り組みをしています。

 

入会すると、メンバー限定で

  • 自分のプレー動画をアップしてアドバイスをもらい放題
  • 僕が書いたソフトテニス記事をほぼ毎日配信

という特典が得られます。

(月額500円〜のお金がかかってしまうのですが)

 

このブログ「もちおスクール」に投稿した記事なら無料で読めるので、裏Stepに無理して課金する必要はないです。

 

 

裏Stepの画像

が、「うまくなりたい!」「強くなりたい!」って思う人は、少し検討してくださるとありがたいです。

 

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニスが好きな人へ ソフトテニスが好きな人へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍よりも安い値段で、ソフトテニス指導に関する情報を毎日お...
裏Stepの記事(もちおのソフトテニスノート)のバックナンバー
裏Stepの記事(もちおのソフトテニスノート)のバックナンバー バックナンバーのリストを作りました。 裏Stepに登録すると、全ての記事を読むことができるようになります。 ...

 

 

 

エースオンラインソフトテニススクール

船水雄太プロと、カンボジアのまさとさんが運営しているオンラインスクールです。

 

自分自身のプレー動画を見てアドバイスをもらうためには月額2,980円以上の課金が必要みたいです。

が、実力者の2人にアドバイスをもらえるのは、すごい。

 

 

イグチソフトテニススクール

超絶実力者の井口雄介選手が運営しているスクールです。(井口一家はみんなうまい)

 

宮崎近辺に住んでいる方は、検討してみる価値大アリです。

 

 

 

まとめ

以上、

どうやったらソフトテニスがうまくなるのか?

について解説をしました。

 

まとめると、

  • うまくなるために必要なのは、思考量。
  • で、「自分がなんでうまくないのか?」っていう理由を突き止めることが必要。
  • そのためには、自分自身のプレーを録画して自分で見るべし。
  • さらに、第三者に見てもらってアドバイスをもらえると、もっと良い。

となります。

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

メルマガとして登録していただくことも可能ですので、もしよければ登録お願いします。

⏬くわしくはこちら

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニスが好きな人へ ソフトテニスが好きな人へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍よりも安い値段で、ソフトテニス指導に関する情報を毎日お...

 

 

Twitterでもいろいろ発信してます!(フォローお願いします!)

 

もちおでした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!