【ソフトテニス】

【ソフトテニス】ラリーを続けるコツ【練習量だけでは解決できない】

ソフトテニスのラリーを続けるコツ

 

疑問を感じている女の子の画像
ソフトテニスの後衛 「ラリーが続きません。ラリーを続けるコツってありますか?」

 

こういった疑問に答えます。

 

こんにちは。もっちです。

ソフトテニスをやっていると、

ラリーがなかなか続かなくて、試合に勝てない!

ってことあると思います。

 

結論を先取りして言うと、

・技術不足(軸足設定とラケットのテイクバックが遅い)

・判断ミス

が原因です。

 

そこで、本記事では、

①ソフトテニスでラリーを続けるための大前提の技術

②ソフトテニスでラリーを続けるための球種のコツ

という内容について書きます。

 

記事で紹介する考え方を実践できるようになった教え子は、各種の大会で入賞できるようになり、なかには関東大会に出場できた選手も出てきました。

なので、ソフトテニスの選手も指導者にも役立つ内容だと思います!

ソフトテニスでラリーを続けるための大前提の技術

林田選手の画像ソフトテニスでラリーを続けるために、

つまり、ボールを安定して相手コートに返せるようになるために

絶対必要なのが、

相手が打ったボールがバウンドするのと同時か、それよりも前に

  • 軸足を設定して(後ろの足に体重をのせて)
  • ラケットのテイクバックを終える(ラケットを引き終える)

という技術です。

ざっくり言うと、「準備をはやくする」ということです。

顧問の先生やコーチが言う「準備をはやくしろ!」は、だいたいこの意味だよー!

軸足設定とラケットのテイクバックが遅いと、

  • くずれた体勢で打つ
  • 相手のボールに対して振り遅れる

ことになってしまい、ミスにつながる確率がぐんと上がってしまいます

ちなみに、ソフトテニスの名将 野口英一さんも

「試合中のミスの約8割は、ボールを打つまでの準備の遅れが原因」

と言っています。

 

この

相手が打ったボールがバウンドするのと同時か、それよりも前に

  • 軸足を設定して(後ろの足に体重をのせて)
  • ラケットのテイクバックを終える(ラケットを引き終える)

という技術が、ソフトテニスでラリーを続けるための大前提なので、

これができていない人は、まず最優先でこの技術を身につけましょう!

 

※部活動の顧問の先生やコーチなどの指導者の方へ。

準備をはやく!

という曖昧なアドバイスだけでは選手が理解できないことがあるので、

「準備をはやく」の具体的な意味(どうやったら「準備をはやく」したことになるのか)を丁寧に説明することが必須です。

ソフトテニスでラリーをする時に考えること

船水颯人選手さっき書いたことがある程度できたとしても、それでもラリーでミスってしまうことがあります。

  • 筋力不足
  • 迷い
  • 判断ミス

など、いろんな理由がありますが、本記事では「判断ミス」について掘り下げて書きます。

これを意識するだけで、ラリーがかなり改善されるからですよ!

ボールを打つ時に判断しなければいけないのは

ボールを打つ時に判断すること

  • 今、自分は余裕があるか?
  • 攻撃的なボールを打つか?守備的なボールを打つか?

です。

これも結論を先に言うと、

余裕がない時に、攻撃的なボールを打とうとしてしまう

と、大量のミス(と、ちょっとの成功)が生み出されます。

逆に言うと、

余裕がない時に、「余裕がないな」と判断して、守備的なボールを打つ

のが、ラリーを続けるようにするコツです。

 

くわしく解説します。

今、自分は余裕があるか?

ラリーをしていると、

  • 余裕がある時
  • 余裕がない時

がありますよね。

「余裕」といっても、

  • ゲームカウントの余裕(例:ゲームカウント2-0)
  • ポイントカウントの余裕(例:ポイントカウント3-0)
  • 心理的な余裕(例:「いま、調子がいいぞ」)
  • 身体的な余裕(例:軸足設定とテイクバックが素早くできた)

など、いろんな余裕があります。

すべて大事ですが、一番、意識を集中した方がいいのは

身体的な余裕

だと思います。

 

中高生を中心に、今まで多くのプレーヤーを見てきたなかで、

身体的な余裕がない時の判断ミスが、多くのミスにつながっていると分かったからです。

 

身体的な余裕がない時は、

  • 相手が打ったボールのスピードが速くて、体が追いつかなかった
  • 相手が打ったボールのコースが良くて、体勢をくずされた

このような時です。

このような時に、「あ、いま余裕ないな」と判断することがものすごく重要です

攻撃的なボールを打つか?守備的なボールを打つか?

打つボールは、ざっくりと

  • 攻撃的なボール(攻めるボール)
  • 守備的なボール(つなぐボール)

に分かれると思います。

攻撃的なボールは、スピードを出したり、角度をつけたり、深さをつけたりして、相手を苦しめるためのボールです。

守備的なボールは、相手を苦しめることは考えず、とにかく相手コートに返してラリーをつなげるためのボールです。

 

この違いを理解したうえで、

ボールを打つ直前は、「なんとなく」ではなく

  • 攻撃的なボールを打つか?
  • 守備的なボールを打つか?

を決めると良いです。

ラケットを振る瞬間に迷いがなくなるからです。

ソフトテニスでラリーを続けるための球種のコツ

高井選手の画像今まで説明したことをふまえて、球種を4つに分けます。

  • 攻撃ボール = 余裕がある時の攻撃的なボール
  • 様子見ボール = 余裕がある時の守備的なボール
  • カウンターボール = 余裕がない時の攻撃的なボール
  • 守備ボール = 余裕がない時の守備的なボール

こんな感じで名づけました!

自分なりの名前つけてもいいですよー!

結論を言うと、

余裕がない時に、攻撃的なボールを打とうとしてしまう

と、大量のミス(と、ちょっとの成功)が生み出されます。

つまり、カウンターボールを打とうとしすぎると、うまくいかなくて大量にミスします。

これが、「ラリーがなかなか続かなくて、試合に勝てない!」理由の一つである

判断ミスです。

逆に言うと、

余裕がない時に、「余裕がないな」と判断して、守備的なボールを打つ

のが、ラリーを続けるようにするコツです。

つまり、守備ボールを使えるようになることが、ラリーを続けられるようになる秘訣です。

 

攻撃的なボールは、ミスするリスクがともないます。

なので、余裕がない時(体勢をくずされた時)には、本来は使うべきではありません。

「余裕がないな」と判断して、「守備的なボールを打とう」と判断するべきです。

ですが、ミスが多い多くの中高生は、この判断ができていないことが多いです。

余裕がなくても

おらっっ

って打ち込もうとしちゃうんですよ。

だから、ミスが生まれます。

たまにうまくいくことがあるので、気持ち良くなってしまう気持ちもとってもよくわかりますが、

試合で勝とうと思ったら、判断ミスから生まれるミスは最小限にしましょう。

大会で上位に入るトップレベルの選手は、この判断がとてもうまいです。

トップレベルの選手のプレーをみると、どうしても攻撃的なボールのすごさに目を奪われてしまいますが、彼らの戦績を支えているのは、この判断のうまさだと僕は思っています。

まとめ

ソフトテニスでラリーを続けるための大前提の技術

 相手が打ったボールがバウンドするのと同時か、それよりも前に

  • 軸足を設定して(後ろの足に体重をのせて)
  • ラケットのテイクバックを終える(ラケットを引き終える)

ソフトテニスでラリーを続けるための球種のコツ

  • 攻撃ボール = 余裕がある時の攻撃的なボール
  • 様子見ボール = 余裕がある時の守備的なボール
  • カウンターボール = 余裕がない時の攻撃的なボール
  • 守備ボール = 余裕がない時の守備的なボール

余裕がない時に、攻撃的なボールを打とうとしてしまう

 → 大量のミスが生み出される

がんばって練習するぞー!

最後に一言

僕、もっちは、ソフトテニスの戦略面に注目して、発信していきます。

 

ソフトテニスの技術に関しては、もう荻原雅斗さんやあゆタロウさんがやっているので、

さらに戦略についてもっと踏み込んで説明する人が出てくれば

もっと「ソフトテニスを頑張りたい」人が、頑張れるようになると思ったからです。

 

だれか試合の動画を送ってくだされば、それに僕なりの戦略面でのアドバイスつけてお返しすることも考えています。

どんな環境でも誰でもソフトテニスを頑張れる」ようにソフトテニス界に貢献したいんだー!

って、あつくるしいこと言ったところで

おしまい!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です