【ソフトテニス】

【459ページ目】前衛をやる上で避けては通れない4つのテーマ【もちおのソフトテニスノート】

//もちおのソフトテニスノート

//2021年4月18日(日) 第459号

——————————————-

昨日、高校生の試合を見て、前衛が身につけるべき技術の構造・全体像が見えてきました。

今回も、考えないよりは考えた方がマシだよね、っていう類の話です。お時間がある人や考えるのが好きな人は、よければ読んでください。

 

 

★お知らせ★

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!

2021年4月に初心者指導についての本を出版しました(画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します)

Kindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得だと思います。

くわしくはこちら

 

前衛が身につけるべき技術

ネットプレーに限定して考えると、「前衛をやる上で避けては通れないテーマ」を4つに分類できる!と思いました。

  1. コートのどこに立つか?(=ポジショニング
  2. どのタイミングで動き始めるか?(=間合いの取り方
  3. どの方向に動くか?(=コースの予測
  4. ボールをどう打ち返すか?(=ボレー・スマッシュの技術

 

 

①コートのどこに立つか?(=ポジショニング)

【390ページ目:もちおのソフトテニスノート】内田理久選手のポジション取りがうますぎる

まず、僕がこのメルマガで口酸っぱく言っているポジショニング。

前衛のポジショニングの基本は「相手の打点と自分のコートのセンターマークを結んだ線上に立つ」っていうやつです。超厳密に考えると、微妙に違うんじゃないのかな?って気もしますが、わかりやすいのでこれを基本と考えれば良いと思います。

 

【ソフトテニス】前衛のポジション取り(立ち位置)を解説【図解】
【ソフトテニス】前衛のポジション取り(立ち位置)を解説【図解】「前衛をやっているけど、立ち位置が分からない。」 「前衛なんだけど、全然ボールに触れない。」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 ソフトテニスの前衛のポジション について説明をします。...

 

この基本を知った上で、応用(ポジショニングの微調整)を考えるべきだと思っています。

 

 

ポジショニングによって得られる効果は以下の通りです。

(1)相手が打つコースを誘導する

人間は「空いているところ」に打ちたくなるものなので、ポジショニングによって「空いているところ」を作ることで、相手が打つコースをある程度誘導することができます(もちろん、あえて裏をかいたりする…っといった駆け引きはありますが)

※たぶんこれが天才的にうまいのが中本圭哉選手↓

 

(2)相手が打ったボールに届きやすくなる

ポジショニングは動き始める上でのスタート位置です。そのスタート位置を調整することで、相手が打ったボールに届きやすくなります

動き始めてからのスピードを速くするよりも、動き始めるスタート位置を調整する方が、簡単だし現実的です。

 

(3)自分の後衛の負担を軽減する

前衛のポジショニングは、「自分の後衛の守備範囲を調整すること」に他なりません。

 

 

②どのタイミングで動き始めるか?(=間合いの取り方)

【427ページ目】対左利きの戦術(後衛サーブ後衛レシーブ)と僕が思ったこと【もちおのソフトテニスノート】

「ポジションから動かない」という判断をすることもありますが、左右どちらかに動く場合は「どのタイミングで動き始めるか?」という判断が必要になります。

相手とタイミングを合わせるという意味で「間合いを取る」という表現で語られることが多いです。(※ちなみに、早稲田大学の小野寺監督は「間合いを取る」ことをかなり重要視しているようです)

 

相手が「このコースにこういうボールを打つ!」と決める瞬間はいつなのか?を見極めるわけですが、これが本当に難しい。人によって違うし、状況によって違うし、日によって違うので。

 

でも、それを見極めようとしないと、「相手がまだどんなボールを打つか決めていない時」に前衛が動き始めることになりがち(いわゆる「動くの早すぎだよ!」っていうやつ)。当然、それじゃボールを捕まえることはできません。

 

よく「相手がラケットを振り始めた瞬間に動き始めろ」っていう指導が行われますが、あれは不正確です。このあたりについては初期のメルマガ記事に書きましたので、よければどうぞ!

【34ページ目:もちおのソフトテニスノート】ポーチに行くタイミングについて(前衛)

 

 

③どの方向に動くか?(=コースの予測)

【455ページ目】ソフトテニスフェスタ2021準決勝第1試合の分析1【もちおのソフトテニスノート】

どの方向に動くか?という判断も、前衛にとっては避けては通れないテーマです。

この点については詳しく書くまでもないと思うので、省略します。

 

コースの予測に関しては、過去記事でまとめました。

ソフトテニスでコースを予測・判断する方法【ボレー成功率を上げる】
ソフトテニスでコースを予測・判断する方法【ボレー成功率を上げる】本記事では、 ソフトテニスでコースを予測する方法 について説明をします。...

 

 

④ボールをどう打ち返すか?(=ボレー・スマッシュの技術)

そして最後に、飛んできたボールをどう打ち返すか?です。

4コースボレーとか4コーススマッシュとかは、この部分の練習ですよね。

 

 

4つのテーマを意識して練習するべきでは?

【471ページ目】弾道の高さと後衛の配球について(昇陽)【もちおのソフトテニスノート】

以上のように、「前衛をやる上で避けては通れないテーマ」は4つあると思います。

 

  1. コートのどこに立つか?(=ポジショニング
  2. どのタイミングで動き始めるか?(=間合いの取り方
  3. どの方向に動くか?(=コースの予測
  4. ボールをどう打ち返すか?(=ボレー・スマッシュの技術

 

でも。

 

この4つを意識して前衛練習を行なっているチームって、結構少なそうじゃないですか?

 

ついつい、「④ボールをどう打ち返すか?(=ボレー・スマッシュの技術)」の練習ばかりやりがち。正面ボレーとか、4コースボレーとか、スマッシュ練習とか。

 

んで、結局「練習ではうまくボレー・スマッシュできるけど、試合になるとそもそもボールを触ることができない…」っていう前衛が生まれてしまう。センスがあって①・②・③が自然にできる人もいると思いますが、そうじゃない人が大半ですよね。たぶん。

 

こういうチーム、結構多そう。っていうか僕自身も、4つを明確に意識して練習したことはほとんどありませんでした。

 

 

このあたり(ボールを打ち返す練習ばかりやって、どうやったらボールを触れるようになるか?に関する練習が乏しい練習環境)が、”うまい前衛”がなかなか現れないことの背景にあるんじゃないのかなーって思いました。”うまい後衛”って結構いるけど、”うまい前衛”ってあまり見ないですよね。地区大会レベルでも県大会レベルでも全国レベルでも。

 

今日は以上です!じゃ、またねー。

 

ソフトテニス初心者指導本

★お知らせ★

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!

2021年4月に初心者指導についての本を出版しました(画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します)

Kindle Unlimitedでお読みいただけます。アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得だと思います。

くわしくはこちら

 

ソフトテニスメルマガ

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニス競技者育成"裏"プログラムソフトテニス競技者(我が子・生徒・教え子)の成長を願っている大人や、ソフトテニスを頑張ろうと思っている競技者向けです。...

 

ソフトテニス選手・指導者・保護者の皆様へ

「もちおスクール 〜もちおのソフトテニスブログ〜」をご愛読いただき、ありがとうございます。

僕は「もちお」というペンネームでブログやツイッターYouTubeなどを通してソフトテニスについて発信をしています。

 

僕(もちお)のソフトテニスの経歴

ショボいのですが、親近感を持っていただけるとうれしいですw

【中学】

テニスの王子様と母親に影響されて地元の公立中学校のソフトテニス部に入部(前衛に)

→顧問の先生(実績あり)が怖すぎてツラくなる

→でもがんばる

→市内大会で入賞

→県大会出場(→一瞬で負ける)

 

【高校】

公立高校のソフトテニス部に入部

→実績のある顧問の先生のもとで、下手なりにがんばる

→高校2年春、県大会出場(→一瞬で負ける)

→高校2年秋、県大会出場(→一瞬で負ける)

→高校3年春、県大会出場(→一瞬で負ける)

 

【大学】

体育会のソフトテニス部に入部

→全国優勝経験のあるコーチのもとで、下手なりにがんばる(幸せだった)

→大学2年時、前衛不足からレギュラーに(→関東リーグの3部でボコボコにされる)

→大学3年時、レギュラーと非レギュラーを行ったり来たりする

→自主練がんばる

→インカレに全てを注ぐ(→レギュラーになれなかったけど、充実)

→大学4年時、最後の大会で団体の5本目を任される(→緊張・悲惨)

 

【指導者に】

母校で外部コーチをする

→実績のない教え子が優勝して感動

→教え子が成長して感動

→教え子が関東大会に出場して感動

→中学校教師になり、ソフトテニス部の顧問になる

→ジュニアなしのチームで1年生大会優勝

→その後、ジュニアなしのチームで各種の大会で入賞

→退職

→ブログ・YouTube活動本格化

 

こんな感じで、他のソフトテニスYouTuberの方々のような実績は全くありません。

でも、だからこそ【初心者〜県大会レベル】に役立つ情報を発信できる!と信じて、色々投稿していきます!

 

 

初心者指導についての本

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!

2021年4月に初心者指導についての本を出版しました(画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します)

Kindle Unlimitedでお読みいただけます。書籍単体で買っていただけたらすごくうれしいですが、アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得だと思います。

 

 

 

ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム(裏Step)

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)

 

2020年3月に立ち上げた「ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム」というコミュニティは、

「全国大会に行ったことがない選手でも全国大会に行ける、そんな指導ができるようになりたい」と思っている僕が、ソフトテニスについて勉強・研究・試行錯誤した記録

をメルマガのような形で投稿している場所です。

 

ソフトテニス競技者(我が子・生徒・教え子)の成長を願っている大人の方々や、ソフトテニスを頑張ろうと思っている競技者の方々に、このコミュニティに参加していただけるとうれしいですし、支援していただけるととっても助かります。お願いします。

 

 

参加・支援していただいた方に対して、以下のリターンを設定しています。

ソフトテニス

特典 「僕の指導ノウハウを提供」

  • ソフトテニスの技術や戦術に関する考察
  • 他チームの指導者に教えていただいた練習メニュー、指導法、考え方
  • 「こうやったらうまくいった」「これは失敗だった」という学び
  • 現在指導している選手たちの指導記録(成長過程)

などをほぼ毎日投稿・配信します。

 

※実際に配信した記事の中から一般公開した記事を、こちらでまとめています

 

裏Stepのグループチャットの画像

特典 「指導法の勉強」

メンバー限定のグループチャットで、メンバーの皆様や僕に直接質問することができます(匿名OK)。全国各地のメンバーの皆様が持っているノウハウが得られます。

 

※イメージ動画

特典 「個別指導」

メンバー限定のグループチャットで、プレー動画や試合動画をアップロードして質問をすることもできます(匿名OK)。

自分・教え子・息子・娘のプレーを実際に見てもらった上で、アドバイスをもらったり自分に合った練習メニューを提案してもらったりすることができます。

 

※今後、人数・依頼が増えて個別指導の対応が難しくなった場合は、追加料金をいただくことになるかもしれません。

 

田んぼと山の画像

特典 「練習会・大会への参加」

全国各地で練習会を開催したいと思っています(開催は未定で、現段階では願望レベルですが)。メンバー(+メンバーの教え子)は、その練習会に参加することができます(参加自由)。

メンバー同士でやり取りをして、練習試合を設定したり合同で大会に参加したりすることも可能です。メンバー限定のグループチャットをご活用ください。

 

 

参加の方法(コース)は2つです。

【通常のコース】(月額800円)

リターン

  • 僕の指導ノウハウを提供
  • 指導法の勉強
  • 個別指導
  • 練習会・大会への参加

 

※「学生割引き」、「友達紹介・同時入会割引き」あり

 

【グループチャットに参加しないコース】(月額590円)

リターン

  • 僕の指導ノウハウを提供
  • 練習会・大会への参加

 

 

よろしくお願いします。

 

申し込みページはこちら

お試し(無料版メルマガ)はこちら

 

このブログの4つのテーマ

もちおの勉強ブログ

小中高生とその保護者向け

 

もちおのソフトテニスブログ

指導者・保護者向け

 

もちおの生活改善ブログ

18才〜30代の大人向け

 

もちおの教員向けブログ

若手教員向け(僕の教員経験を書きました)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ