【ソフトテニス】

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー「ソフトテニスで、サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習のメニューってある?」

このブログ記事は、そんな選手の方々や、そのような選手を指導する顧問の先生やコーチの方々に対して書いています。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習のメニュー

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習のメニューがわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

▶️ソフトテニスのおもな実績

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

⏬くわしくはこちら

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)

 

 

【ソフトテニス】サーブレシーブも大事だけど…

2019年ソフトテニス京都全中を観に行って感じたこと【芝東と昇陽すごい】
もちお
もちお
「サーブレシーブが大切だ」って、よく聞きますよね。

たしかにサーブレシーブはとても大切です。

(サーブレシーブは、試合の中のプレーの1本目と2本目で、お互い”初めてボールに触るプレー”なので)

 

ただ、よくあるのが、「サーブは入ったけど、レシーブされた次のボールでミスってしまった」という光景。

 

具体的には、こんな感じ。

【ソフトテニス】3本目のあるあるミスの画像【ソフトテニス】3本目のあるあるミスの画像

サーブを打つ

相手後衛が正クロスに角度をつけてレシーブ

その後のボールでミス

 

【ソフトテニス】3本目のあるあるミスの画像【ソフトテニス】3本目のあるあるミスの画像

サーブを打つ

相手前衛が逆クロスにレシーブ

その後のボールでミス

 

これだと、ファーストサーブが入ったとしても勝てません。

 

もちお
もちお
学校の部活などでは、サーブとレシーブは集中的に練習すると思います。

が、サーブレシーブと同じくらい、「相手のレシーブを打ち返す、”3本目のボール”」の練習って大事なんですよね。

 

というわけで、3本目の基礎練習メニューについて説明します。

 

 

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー

今回紹介するメニューは、「3本目練習」です。

(サーブ=1本目、レシーブ=2本目、その次のボール=3本目)

 

練習の概要

練習の目的 ①相手のレシーブを正確に打ち返すコントロールの向上
②左や右へフットワークした後のストローク技術の向上
試合の中の、どの場面を切り取った練習か ①サーブを打って、相手後衛が正クロスに角度をつけてレシーブしてきた後の場面
②サーブを打って、相手前衛が逆クロスにレシーブしてきた後の場面
向上する技術 ①左と右へのフットワーク
②利き手側に動いた後のフォアハンドストローク
③回り込みやバックハンドストローク
所要時間 1セットあたり10分程度
練習人数 1面あたり10人程度(コートの両側を使えば20人程度)

 

 

他にも、ソフトテニスに関する記事がたくさんあります。

▶️裏Stepの記事(もちおのソフトテニスノート)のバックナンバー

記事全文は、裏Stepに入会していただくことで読むことができます。

 

 

練習方法

①サーブを打って、相手後衛が正クロスに角度をつけてレシーブしてきた後の場面

【ソフトテニス】3本目のあるあるミスの画像

このような場面に対応するための練習です。

 

 

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー

こんな感じで「正クロス 1コース」で練習します。

練習者は、1本打ったらすぐにどいて、列に並び直します(で、ぐるぐる回る)

球出しの人はテンポよく、リズムよく、どんどんボールをあげます。

 

例えば1コースに(球出しの人も入れて)5人いる場合は、

1コース2分で、6回行う(2分×10コース=12分)

などと、時間設定をすると、全員が球出しを経験できて平等になります。

 

もちお
もちお
練習者は休憩する暇がほとんどないので、真剣にやると結構疲れますよ。

 

 

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー

狙うコースは、いろんなコースが考えられます。

もちお
もちお
実際の試合で使うコースの練習をしたいです。
  1. 右ストレートに前衛アタックを打つ
  2. 右ストレートにロブを打つ
  3. 正クロスにシュートで打ち返す
  4. 正クロスにロブで打ち返す
  5. ミドルにロブを打つ

など

 

 

指導者としては、「まず●●のコースに打つようにしよう」と決めると良いかもです。

中高生は、その時の気分で好き勝手なコースに打ってしまいがちなので。

 

もちお
もちお
「まず●●のコースに打つようにしよう」→「次は■■のコースに打つようにしよう」→「今度は、試合をイメージして、自分でコースを決めて打ってみよう」って感じ。

 

 

②サーブを打って、相手前衛が逆クロスにレシーブしてきた後の場面

【ソフトテニス】3本目のあるあるミスの画像

このような場面に対応するための練習です。

 

 

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー

こんな感じで「逆クロス 1コース」で練習します。

練習者は、1本打ったらすぐにどいて、列に並び直します(で、ぐるぐる回る)

球出しの人はテンポよく、リズムよく、どんどんボールをあげます。

 

例えば1コースに(球出しの人も入れて)5人いる場合は、

1コース2分で、6回行う(2分×10コース=12分)

などと、時間設定をすると、全員が球出しを経験できて平等になります。

 

もちお
もちお
練習者は休憩する暇がほとんどないので、真剣にやると結構疲れますよ。

 

 

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー

狙うコースは、いろんなコースが考えられます。

 

もちお
もちお
実際の試合で使うコースの練習をしたいです。
  1. 相手後衛と相手前衛の間のミドルに打つ
  2. 左ストレートに打つ
  3. 逆クロスの角度のついたボールで前衛を攻める

 

指導者としては、「まず●●のコースに打つようにしよう」と決めると良いかもです。

中高生は、その時の気分で好き勝手なコースに打ってしまいがちなので。

 

もちお
もちお
「まず●●のコースに打つようにしよう」→「次は■■のコースに打つようにしよう」→「今度は、試合をイメージして、自分でコースを決めて打ってみよう」って感じ。

 

 

①②を同時にやると効率が良いです

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー

ここまで書いた2つの練習メニューを同時に行うことで、たくさんの人数が練習に参加することができます。

 

コートの両側で行う(ネットの向こう側も使う)ことで、倍の人数をさばくこともできますね。

(向こう側からボールが飛んでくるので、ちょっと嫌だけど)

 

練習の最後に、「ノーミスで5周(5人なら合計25回)しよう」と決めると、さらにプレッシャーがかかった状態で練習ができ、効果的になります。

 

 

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー
もちお
もちお
ちなみに、並ぶ列の近くにカゴを置いておくと良いです。

待っている間に地面に落ちたボールを何球か拾って入れられるので、ボール拾いの時間を短くすることができます。(=たくさんボールを打つことができます)

 

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

⏬くわしくはこちら

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)

 

 

注意点

何も考えず(意識せず)練習をしても、なかなか上達しません。

 

もちお
もちお
この練習は単調なので、「ぐるぐる回って、ただ打つだけ」ってことになりがち。

 

なので、注意点(意識すること)を説明してから練習に入るようにすると良いと思います。

 

ここからは、僕が実際に言っていた注意点についてです。

 

もちお
もちお
スミマセン、ここからは別ページで解説をさせてください。

 

▶️【138ページ目:もちおのソフトテニスノート】3本目練習の注意点PART.1

▶️【148ページ目:もちおのソフトテニスノート】3本目練習の注意点PART.2

 

 

サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニューのまとめ

以上、

サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習のメニュー

について解説をしました。

 

まとめると、

【ソフトテニス】サーブレシーブと同じくらい大切な基礎練習メニュー
練習の目的 ①相手のレシーブを正確に打ち返すコントロールの向上
②左や右へフットワークした後のストローク技術の向上
試合の中の、どの場面を切り取った練習か ①サーブを打って、相手後衛が正クロスに角度をつけてレシーブしてきた後の場面
②サーブを打って、相手前衛が逆クロスにレシーブしてきた後の場面
向上する技術 ①左と右へのフットワーク
②利き手側に動いた後のフォアハンドストローク
③回り込みやバックハンドストローク
所要時間 1セットあたり10分程度
練習人数 1面あたり10人程度(コートの両側を使えば20人程度)

となります。

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

⏬くわしくはこちら

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)

 

Twitterでもいろいろ発信してます!(フォローお願いします!)

 

もちおでした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!
ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!