ソフトテニス

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】「部活で先輩が引退したんだけど、何を練習すればいいのか分からない」

「試合で勝つために、やるべき練習メニューって何?」

このブログ記事は、そんな選手の方々や、そのような選手を指導する顧問の先生やコーチの方々に対して書いています。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。
中高大とソフトテニスを続けて、今もソフトテニスの指導者をやっています。

ソフトテニスをやっていると、何を練習するべきか分からないことがあると思います。

で、

  • サーブ練習をひたすら続けたり
  • なんとなく一本打ちをくり返したり
  • とりあえず試合形式をやってみたり

ということはありませんか?

それでは、ソフトテニスで勝てるようにはなりません。

 

そこで今回の記事では、

ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者~中級者向け】

について書きます。

もちお
もちお
先に少し記事の内容をネタバレすると、

「展開を作るところまで」の練習

をすると、試合が圧倒的に安定します。

では、くわしく説明します。

※ソフトテニスの中高生のダブルスで主流な雁行陣の場合で説明します。

ソフトテニスには4つの展開がある

ソフトテニスには4つの展開があります。

①正クロス展開

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

②逆クロス展開

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③左ストレート展開

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

④右ストレート展開

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

それぞれの展開での、前衛と後衛の大まかなポジション(立ち位置)を◯で描いていますので、ポジションも覚えましょう。

※ソフトテニスにおいて、ポジションは超重要です

ソフトテニスでは4つの展開を作るところまでのパターン練習が重要

このように、ソフトテニスには4つの展開がありますが、プレーがスタートする形は4種類です。

①後衛サーブ・後衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

②後衛サーブ・前衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③前衛サーブ・後衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

④前衛サーブ・前衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

この4種類の形をくり返します。

 

ここで注目してほしいのは、

プレーがスタートする4種類の形のうち、

  • ②後衛サーブ・前衛レシーブ
  • ③前衛サーブ・後衛レシーブ
  • ④前衛サーブ・前衛レシーブ

の3種類は、ソフトテニスの4つの展開の形になっていない

ということです。

※「①後衛サーブ・後衛レシーブ」の形は、最初から正クロス展開です。

 

つまり、

  • ②後衛サーブ・前衛レシーブ
  • ③前衛サーブ・後衛レシーブ
  • ④前衛サーブ・前衛レシーブ

の場合は、ソフトテニスの4つの展開を作るところまでのプレーが必要になる

ということです。

で、中学2年生くらいの初心者~中級者レベルでは、4つの展開を作るところまでのプレーがまだまだ下手で、展開ができる前にプレーが終わってしまうことが多いです。

そういうミスが多いと、必然的に負けが多くなります。

もちお
もちお
中学2年生までの試合でたまにラリーが続くと、観ている人は「うおっ!」って目が離せなくなりますよね。
もちお
もちお
が、それは裏を返すと、中学2年生までの試合ではラリーがなかなか続かない、ということです。

実は、ソフトテニスの4つの展開を作るところまでのプレーには、王道パターンとも呼べるものがあります

トップレベルの選手の試合を観ていると、「よくある流れ」(=王道パターン)が見えてきます。

 

では、この後は、

  1. 後衛サーブ・後衛レシーブ
  2. 後衛サーブ・前衛レシーブ
  3. 前衛サーブ・後衛レシーブ
  4. 前衛サーブ・前衛レシーブ

の4種類の形ごとに、練習するべき王道パターン【初心者~中級者向け】について説明します。

コート区分について

 

①後衛サーブ・後衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】この場合は最初から正クロス展開ですので、そんなに考えなくても良かったりします。

が、一応説明します。

 

まず、サーブはミドルに入れましょう

ワイド(外側)にサーブを入れるパターンもありますが、ミドルに入れて相手を回り込ませるサーブが基本です。

王道パターン

①サーブがミドルに入る

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

②後衛レシーバーは、回り込んで正クロスに打ち返す

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③サーバー側の後衛は、正クロスのボールを

  • 正クロスに打ち返す【正クロス展開へ】
  • 右ストレートにロブで打ち返す【右ストレート展開へ】
これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

②後衛サーブ・前衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】サーブはワイド(外側)に入れましょう。

そうすることで、2つの効果が得られます。

  • 相手前衛にバックハンドでレシーブさせることができる
  • 相手前衛をコートの外側に追い出して、コートの中央にスペースを作ることができる

王道パターン

①サーブがワイドに入る

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

②前衛レシーバーは、逆クロスに打ち返して、ローボレーポジションへ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③サーバー側の後衛は、逆クロスのボールを左ストレートの4番に打ち返す【左ストレート展開へ】

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

 

※4番ではなく5番の方にボールが飛んだら(レシーバー側の前衛の近くにボールが来たら)、前衛はローボレーをします。

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】
  • ネットより低い打点でボレーする場合 → 後衛につなぐ
これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】
  • ネットより高い打点でボレーする場合 → 前衛の方に叩く
これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③前衛サーブ・後衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】サーブはミドルに入れましょう

王道パターン①

①サーブがミドルに入る

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

②後衛レシーバーは、右ストレートに打ち返す(前衛はストレート展開のポジションへ)

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③サーバー側の後衛は、左ストレートのボールを

  • 左ストレートに打ち返す【左ストレート展開へ】
  • 逆クロスにロブで打ち返す【逆クロス展開へ】
これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

 

王道パターン②

①サーブがミドルに入る

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

②後衛レシーバーは、正クロスに打ち返す

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③サーバー側の前衛は、正クロスのボールを

  • 正クロスに打ち返して、前にダッシュする【左ストレート展開へ】
これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】
  • 右ストレートにロブで打ち返して、前にダッシュする【逆クロス展開へ】
これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

④前衛サーブ・前衛レシーブ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】サーブはワイドに入れましょう

王道パターン①

①サーブがワイドに入る

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

②前衛レシーバーは、3番か4番に打ち返して、ローボレーポジションへ
(サーバー側の前衛は前にダッシュする)

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③サーバー側の後衛は、右ストレートのボールを正クロスに打ち返す【正クロス展開へ】
※ミドルの4番に打てると攻撃的なボールになる

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

 

王道パターン②

①サーブがワイドに入る

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

②前衛レシーバーは、逆クロスに打ち返して、ローボレーポジションへ

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

③サーバー側の前衛は、逆クロスのボールを左ストレートに打ち返して、前にダッシュしてローボレーポジションへ【正クロス展開へ】

これができないと負ける!ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者〜中級者向け】

ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者~中級者向け】のまとめ

以上、

ソフトテニスで練習するべき王道パターン【初心者~中級者向け】

について説明しました。

 

ソフトテニスは4種類の形からプレーがスタートします。

  1. 後衛サーブ・後衛レシーブ
  2. 後衛サーブ・前衛レシーブ
  3. 前衛サーブ・後衛レシーブ
  4. 前衛サーブ・前衛レシーブ

そして、これらの形から4つの展開

  1. 正クロス展開
  2. 逆クロス展開
  3. 左ストレート展開
  4. 右ストレート展開

を作るところまでのプレーには王道パターンがあります。

この王道パターンをできるようにすることが勝利に近づくカギです。

 

何も考えずに

  • サーブ練習をひたすら続けたり
  • なんとなく一本打ちをくり返したり
  • とりあえず試合形式をやってみたり

するのではなく、試合をイメージして、試合で使う練習をしましょう!

もちお
もちお
王道パターンができるようになったら、今度は駆け引き練習です。

駆け引き練習については、また別記事で書きます。

以上、もちお(@softenisuke)でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です