【ソフトテニス】

ジオブレイク50シリーズと70シリーズの違い【ソフトテニスラケット】

ジオブレイク50シリーズと70シリーズの違い【ソフトテニスラケット】「新発売のソフトテニスラケットのジオブレイク50(50S・50V・50VS)って、ジオブレイク70(70S・70V・70VS)と何がちがうの?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

ジオブレイク50シリーズと70シリーズのちがい

について説明をします。

※画像はAmazonさんと楽天さんから引用させてもらっています。

 

この記事を読むと

  • ヨネックス(YONEX)のジオブレイク50(GEOBREAK 50)シリーズの特徴がわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

という感じです。

ちなみに、YouTube「もちおチャンネル」の運営もしています。

 

 

 

 

【ソフトテニスラケット】ジオブレイク50Sの特徴

後衛用ラケットの50Sを、70Sと比べます。

 

ジオブレイク(GEOBREAK)50Sの画像

50S

ジオブレイク(GEOBREAK)70Sの画像

70S

素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

サイズ UXL0
UXL1
UL0
UL1



UL0
UL1
SL1
面の大きさ 90平方インチ 90平方インチ
全長 695mm 690mm
バランス UXL:295mm
UL:285mm

UL:290mm
SL:290mm
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

 

まず、素材が違います(50SはバイブスレイヤーカーボンとVDMっていうのを使っている)

50S 70S
素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

 

もちお
もちお
バイブスレイヤーカーボンとVDMって何それ

 

って感じですが、カンタンに言うと、50Sの方が打球時の衝撃を弱いってことです。

 

参考までに。

バイブスレイヤーカーボン

打球時の衝撃を大幅カットする新カーボン素材。極薄の衝撃吸収材が何層にも分かれて積層しているため、通常カーボンと同等の反発性を維持しつつ高い衝撃吸収が可能。ボールの飛びの良さと、柔らかい打球感を両立させます。 

※バイブスレイヤーカーボンは東レ(株)の制振性素材を適用しています。

引用:ヨネックス

 

VDM

特殊なメッシュ状の振動吸収素材をグリップ部に内蔵。従来よりも広範囲に使用することで、振動吸収性が増し、快適な打球感を実現。

引用:ヨネックス

 

 

また、サイズも違います。

50S 70S
サイズ UXL0
UXL1
UL0
UL1



UL0
UL1
SL1

 

サイズっていうのは、ラケットの重さとグリップの太さを合わせたものです。

「UXL0」のアルファベットがラケットの重さを、数字がグリップの太さを表しています。

 

カンタンに言うと、50Sは軽めのモデルがあるよってことです。

 

参考までに。

ラケットフレーム重量(上から軽量な順)

XFL(201~215g)
UXL(216~230g)
UL (231~245g)
SL(246~260g)
F-36(258~272g)
B-34(268~282g)

グリップサイズ(上から細い順)

00
0
1
34
2
3
36

 

 

あと、ラケットの長さも違います。

50S 70S
全長 695mm 690mm

 

もちお
もちお
ラケットは長い方が遠心力がかかって、ボールが飛びやすくなる…っていう話を聞いたことがありますが、「だったら全部のラケットを長くした方が良くない?」って思うので、なんか微妙な説な気がしています。

 

間違いなく言えることは、ラケットが長い方が遠くのボールを触りやすくなって、近くのボールを触りにくくなるっていうこと。

 

 

バランスも違います。

50S 70S
バランス UXL:295mm
UL:285mm

UL:290mm
SL:290mm

 

この数値は、グリップの先端からラケットの重心までの距離のことです。

同じラケットサイズで比較しないと意味がないと思うので、ULだけで比較すると、50Sの方が重心が手前(体に近い)ってことがわかります。

 

50Sの方が、スイングした時にラケットの重さに引っ張られにくいっていうことですね。

 

 

最後に値段。

50S 70S
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

もちお
もちお
はいw

 

ただ、Amazonや楽天で買うと安くなるはずです。

 

もちお
もちお
楽天で買う場合は、楽天カードに申し込んでおいた方が絶対良いので忘れずに。

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】
【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】ソフトテニスラケットを通販で買ったことがない人は結構多いはず。 実際は通販で買っても全然問題ないし、むしろ楽でお得。でも、なんか心配で通販に踏み切れない人もいると思うので、そういう人の参考になればいいなと思って、僕の体験談などを書きます。...

 

 

【ソフトテニスラケット】ジオブレイク50Vの特徴

前衛用ラケットの50Vを、70Vと比べます。

 

ジオブレイク(GEOBREAK)50Vの画像

50V

ジオブレイク(GEOBREAK)70Vの画像

70V

素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

サイズ UXL0
UXL1
UL0
UL1




UL1
UL2
SL2
面の大きさ 90平方インチ 90平方インチ
全長 690mm 685mm
バランス UXL:280mm
UL:275mm

UL:275mm
SL:270mm
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

 

 

まず、素材が違います(50VはバイブスレイヤーカーボンとVDMっていうのを使っている)

50V 70V
素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

 

もちお
もちお
バイブスレイヤーカーボンとVDMって何それ

 

って感じですが、カンタンに言うと、50Sの方が打球時の衝撃を弱いってことです。

 

参考までに。

バイブスレイヤーカーボン

打球時の衝撃を大幅カットする新カーボン素材。極薄の衝撃吸収材が何層にも分かれて積層しているため、通常カーボンと同等の反発性を維持しつつ高い衝撃吸収が可能。ボールの飛びの良さと、柔らかい打球感を両立させます。

※バイブスレイヤーカーボンは東レ(株)の制振性素材を適用しています。

引用:ヨネックス

 

VDM

特殊なメッシュ状の振動吸収素材をグリップ部に内蔵。従来よりも広範囲に使用することで、振動吸収性が増し、快適な打球感を実現。

引用:ヨネックス

 

 

また、サイズも違います。

50V 70V
サイズ UXL0
UXL1
UL0
UL1




UL1
UL2
SL2

 

サイズっていうのは、ラケットの重さとグリップの太さを合わせたものです。

「UXL0」のアルファベットがラケットの重さを、数字がグリップの太さを表しています。

 

カンタンに言うと、50Vは軽めのモデルがあってグリップが細めだよってことです。

 

参考までに。

ラケットフレーム重量(上から軽量な順)

XFL(201~215g)
UXL(216~230g)
UL (231~245g)
SL(246~260g)
F-36(258~272g)
B-34(268~282g)

グリップサイズ(上から細い順)

00
0
1
34
2
3
36

 

 

あと、ラケットの長さも違います。

50V 70V
全長 690mm 685mm

 

もちお
もちお
ラケットは長い方が遠心力がかかって、ボールが飛びやすくなる…っていう話を聞いたことがありますが、「だったら全部のラケットを長くした方が良くない?」って思うので、なんか微妙な説な気がしています。

 

間違いなく言えることは、ラケットが長い方が遠くのボールを触りやすくなって、近くのボールを触りにくくなるっていうこと。

 

 

バランスも違います。

50V 70V
バランス UXL:280mm
UL:275mm

UL:275mm
SL:270mm

 

この数値は、グリップの先端からラケットの重心までの距離のことです。

同じラケットサイズで比較しないと意味がないと思うので、ULだけで比較すると..同じですね。

 

 

最後に値段。

50V 70V
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

もちお
もちお
はいw

 

ただ、Amazonや楽天で買うと安くなるはずです。

もちお
もちお
楽天で買う場合は、楽天カードに申し込んでおいた方が絶対良いので忘れずに。

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】
【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】ソフトテニスラケットを通販で買ったことがない人は結構多いはず。 実際は通販で買っても全然問題ないし、むしろ楽でお得。でも、なんか心配で通販に踏み切れない人もいると思うので、そういう人の参考になればいいなと思って、僕の体験談などを書きます。...

 

 

【ソフトテニスラケット】ジオブレイク50VSの特徴

全ポジション対応ラケットの50VSを、70VSと比べます。

 

ジオブレイク(GEOBREAK)50VSの画像

50VS

ジオブレイク(GEOBREAK)70VSの画像

70VS

素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

サイズ XFL0
UXL0
UXL1
UL0
UL1

UXL0
UXL1
UL0
UL1
面の大きさ 90平方インチ 90平方インチ
全長 695mm 690mm
バランス XFL:295mm
UXL:285mm
UL:275mm

UXL:285mm
UL:280mm
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

 

まず、素材が違います(50VSはバイブスレイヤーカーボンとVDMっていうのを使っている)

50VS 70VS
素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

 

もちお
もちお
バイブスレイヤーカーボンとVDMって何それ

 

って感じですが、カンタンに言うと、50VSの方が打球時の衝撃を弱いってことです。

 

参考までに。

バイブスレイヤーカーボン

打球時の衝撃を大幅カットする新カーボン素材。極薄の衝撃吸収材が何層にも分かれて積層しているため、通常カーボンと同等の反発性を維持しつつ高い衝撃吸収が可能。ボールの飛びの良さと、柔らかい打球感を両立させます。

※バイブスレイヤーカーボンは東レ(株)の制振性素材を適用しています。

引用:ヨネックス

 

VDM

特殊なメッシュ状の振動吸収素材をグリップ部に内蔵。従来よりも広範囲に使用することで、振動吸収性が増し、快適な打球感を実現。

引用:ヨネックス

 

 

 

また、サイズも違います。

50VS 70VS
サイズ XFL0
UXL0
UXL1
UL0
UL1

UXL0
UXL1
UL0
UL1

サイズっていうのは、ラケットの重さとグリップの太さを合わせたものです。

「UXL0」のアルファベットがラケットの重さを、数字がグリップの太さを表しています。

 

カンタンに言うと、50VSは軽めのモデルがあるよってことです。

 

 

参考までに。

ラケットフレーム重量(上から軽量な順)

XFL(201~215g)
UXL(216~230g)
UL (231~245g)
SL(246~260g)
F-36(258~272g)
B-34(268~282g)

グリップサイズ(上から細い順)

00
0
1
34
2
3
36

 

 

あと、ラケットの長さも違います。

50VS 70VS
全長 695mm 690mm

 

もちお
もちお
ラケットは長い方が遠心力がかかって、ボールが飛びやすくなる…っていう話を聞いたことがありますが、「だったら全部のラケットを長くした方が良くない?」って思うので、なんか微妙な説な気がしています。

 

間違いなく言えることは、ラケットが長い方が遠くのボールを触りやすくなって、近くのボールを触りにくくなるっていうこと。

 

 

バランスも違います。

50VS 70VS
バランス XFL:295mm
UXL:285mm
UL:275mm

UXL:285mm
UL:280mm

 

この数値は、グリップの先端からラケットの重心までの距離のことです。

同じラケットサイズで比較しないと意味がないと思うので、ULだけで比較すると、50VSの方が重心が手前(体に近い)ってことがわかります。

 

50VSの方が、スイングした時にラケットの重さに引っ張られにくいっていうことですね。

 

 

最後に値段。

50VS 70VS
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

もちお
もちお
はいw

 

ただ、Amazonや楽天で買うと安くなるはずです。

もちお
もちお
楽天で買う場合は、楽天カードに申し込んでおいた方が絶対良いので忘れずに。

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】
【ソフトテニス】通販でラケットを買うメリットとデメリット【体験談】ソフトテニスラケットを通販で買ったことがない人は結構多いはず。 実際は通販で買っても全然問題ないし、むしろ楽でお得。でも、なんか心配で通販に踏み切れない人もいると思うので、そういう人の参考になればいいなと思って、僕の体験談などを書きます。...

 

 

ジオブレイク50シリーズと70シリーズのちがいのまとめ

以上、

ジオブレイク50シリーズと70シリーズのちがい

について解説をしました。

 

まとめると、

  • ジオブレイク50シリーズの方が、打球時の衝撃が弱い
  • ジオブレイク50シリーズの方が、ラケットが軽め・グリップが細めのモデルが充実している
  • ジオブレイク50シリーズの方が、遠くのボールを触りやすく、近くのボールを触りにくい

となります。

 

もちお
もちお
楽天で買う場合は、楽天カードに申し込んでおいた方が絶対良いので忘れずに。

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

 

 

ジオブレイクに関する他の記事

ジオブレイク50の違い(50S・Vと50VSで迷う人へ)

ジオブレイク50とエフレーザー5の違い(50S・50V/5S・5V)

ジオブレイク50シリーズと70シリーズの違い

ジオブレイク70の違い(70S・Vと70VSで迷う人へ)

ジオブレイク70と80の違いをまとめた

ジオブレイク80の違い(80Sと80Gで迷う人へ)

 

ソフトテニス選手・指導者・保護者の皆様へ

「もちおスクール 〜もちおのソフトテニスブログ〜」をご愛読いただき、ありがとうございます。

僕は「もちお」というペンネームでブログやツイッターYouTubeなどを通してソフトテニスについて発信をしています。

 

僕(もちお)のソフトテニスの経歴

ショボいのですが、親近感を持っていただけるとうれしいですw

【中学】

テニスの王子様と母親に影響されて地元の公立中学校のソフトテニス部に入部(前衛に)

→顧問の先生(実績あり)が怖すぎてツラくなる

→でもがんばる

→市内大会で入賞

→県大会出場(→一瞬で負ける)

 

【高校】

公立高校のソフトテニス部に入部

→実績のある顧問の先生のもとで、下手なりにがんばる

→高校2年春、県大会出場(→一瞬で負ける)

→高校2年秋、県大会出場(→一瞬で負ける)

→高校3年春、県大会出場(→一瞬で負ける)

 

【大学】

体育会のソフトテニス部に入部

→全国優勝経験のあるコーチのもとで、下手なりにがんばる(幸せだった)

→大学2年時、前衛不足からレギュラーに(→関東リーグの3部でボコボコにされる)

→大学3年時、レギュラーと非レギュラーを行ったり来たりする

→自主練がんばる

→インカレに全てを注ぐ(→レギュラーになれなかったけど、充実)

→大学4年時、最後の大会で団体の5本目を任される(→緊張・悲惨)

 

【指導者に】

母校で外部コーチをする

→実績のない教え子が優勝して感動

→教え子が成長して感動

→教え子が関東大会に出場して感動

→中学校教師になり、ソフトテニス部の顧問になる

→ジュニアなしのチームで1年生大会優勝

→その後、ジュニアなしのチームで各種の大会で入賞

→退職

→ブログ・YouTube活動本格化

 

こんな感じで、他のソフトテニスYouTuberの方々のような実績は全くありません。

でも、だからこそ【初心者〜県大会レベル】に役立つ情報を発信できる!と信じて、色々投稿していきます!

 

 

初心者指導についての本

ソフトテニス初心者指導本を出版しました!

2021年4月に初心者指導についての本を出版しました(画像をクリックするとAmazonの詳細ページに移動します)

Kindle Unlimitedでお読みいただけます。書籍単体で買っていただけたらすごくうれしいですが、アマゾンの電子書籍サブスクサービスであるKindle Unlimitedを(1ヶ月でも)ご利用いただく方がお得だと思います。

 

 

 

ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム(裏Step)

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)

 

2020年3月に立ち上げた「ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム」というコミュニティは、

「全国大会に行ったことがない選手でも全国大会に行ける、そんな指導ができるようになりたい」と思っている僕が、ソフトテニスについて勉強・研究・試行錯誤した記録

をメルマガのような形で投稿している場所です。

 

ソフトテニス競技者(我が子・生徒・教え子)の成長を願っている大人の方々や、ソフトテニスを頑張ろうと思っている競技者の方々に、このコミュニティに参加していただけるとうれしいですし、支援していただけるととっても助かります。お願いします。

 

 

参加・支援していただいた方に対して、以下のリターンを設定しています。

ソフトテニス

特典 「僕の指導ノウハウを提供」

  • ソフトテニスの技術や戦術に関する考察
  • 他チームの指導者に教えていただいた練習メニュー、指導法、考え方
  • 「こうやったらうまくいった」「これは失敗だった」という学び
  • 現在指導している選手たちの指導記録(成長過程)

などをほぼ毎日投稿・配信します。

 

※実際に配信した記事の中から一般公開した記事を、こちらでまとめています

 

裏Stepのグループチャットの画像

特典 「指導法の勉強」

メンバー限定のグループチャットで、メンバーの皆様や僕に直接質問することができます(匿名OK)。全国各地のメンバーの皆様が持っているノウハウが得られます。

 

※イメージ動画

特典 「個別指導」

メンバー限定のグループチャットで、プレー動画や試合動画をアップロードして質問をすることもできます(匿名OK)。

自分・教え子・息子・娘のプレーを実際に見てもらった上で、アドバイスをもらったり自分に合った練習メニューを提案してもらったりすることができます。

 

※今後、人数・依頼が増えて個別指導の対応が難しくなった場合は、追加料金をいただくことになるかもしれません。

 

田んぼと山の画像

特典 「練習会・大会への参加」

全国各地で練習会を開催したいと思っています(開催は未定で、現段階では願望レベルですが)。メンバー(+メンバーの教え子)は、その練習会に参加することができます(参加自由)。

メンバー同士でやり取りをして、練習試合を設定したり合同で大会に参加したりすることも可能です。メンバー限定のグループチャットをご活用ください。

 

 

参加の方法(コース)は2つです。

【通常のコース】(月額800円)

リターン

  • 僕の指導ノウハウを提供
  • 指導法の勉強
  • 個別指導
  • 練習会・大会への参加

 

※「学生割引き」、「友達紹介・同時入会割引き」あり

 

【グループチャットに参加しないコース】(月額590円)

リターン

  • 僕の指導ノウハウを提供
  • 練習会・大会への参加

 

 

よろしくお願いします。

 

申し込みページはこちら

お試し(無料版メルマガ)はこちら

 

このブログの4つのテーマ

もちおの勉強ブログ

小中高生とその保護者向け

 

もちおのソフトテニスブログ

指導者・保護者向け

 

もちおの生活改善ブログ

18才〜30代の大人向け

 

もちおの教員向けブログ

若手教員向け(僕の教員経験を書きました)

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ
ソフトテニスメルマガ
くわしくはコチラ