【ソフトテニス】

ジオブレイク50シリーズと70シリーズの違い【ソフトテニスラケット】

ジオブレイク50シリーズと70シリーズの違い【ソフトテニスラケット】「新発売のソフトテニスラケットのジオブレイク50(50S・50V・50VS)って、ジオブレイク70(70S・70V・70VS)と何がちがうの?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

ジオブレイク50シリーズと70シリーズのちがい

について説明をします。

※画像はAmazonさんと楽天さんから引用させてもらっています。

 

この記事を読むと

  • ヨネックス(YONEX)のジオブレイク50(GEOBREAK 50)シリーズの特徴がわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

という感じです。

ちなみに、YouTube「もちおチャンネル」の運営もしています。

 

 

【ソフトテニスラケット】ジオブレイク50Sの特徴

後衛用ラケットの50Sを、70Sと比べます。

 

ジオブレイク(GEOBREAK)50Sの画像

50S

ジオブレイク(GEOBREAK)70Sの画像

70S

素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

サイズ UXL0
UXL1
UL0
UL1



UL0
UL1
SL1
面の大きさ 90平方インチ 90平方インチ
全長 695mm 690mm
バランス UXL:295mm
UL:285mm

UL:290mm
SL:290mm
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

 

まず、素材が違います(50SはバイブスレイヤーカーボンとVDMっていうのを使っている)

50S 70S
素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

 

もちお
もちお
バイブスレイヤーカーボンとVDMって何それ

 

って感じですが、カンタンに言うと、50Sの方が打球時の衝撃を弱いってことです。

 

参考までに。

バイブスレイヤーカーボン

打球時の衝撃を大幅カットする新カーボン素材。極薄の衝撃吸収材が何層にも分かれて積層しているため、通常カーボンと同等の反発性を維持しつつ高い衝撃吸収が可能。ボールの飛びの良さと、柔らかい打球感を両立させます。 

※バイブスレイヤーカーボンは東レ(株)の制振性素材を適用しています。

引用:ヨネックス

 

VDM

特殊なメッシュ状の振動吸収素材をグリップ部に内蔵。従来よりも広範囲に使用することで、振動吸収性が増し、快適な打球感を実現。

引用:ヨネックス

 

 

また、サイズも違います。

50S 70S
サイズ UXL0
UXL1
UL0
UL1



UL0
UL1
SL1

 

サイズっていうのは、ラケットの重さとグリップの太さを合わせたものです。

「UXL0」のアルファベットがラケットの重さを、数字がグリップの太さを表しています。

 

カンタンに言うと、50Sは軽めのモデルがあるよってことです。

 

参考までに。

ラケットフレーム重量(上から軽量な順)

XFL(201~215g)
UXL(216~230g)
UL (231~245g)
SL(246~260g)
F-36(258~272g)
B-34(268~282g)

グリップサイズ(上から細い順)

00
0
1
34
2
3
36

 

 

あと、ラケットの長さも違います。

50S 70S
全長 695mm 690mm

 

もちお
もちお
ラケットは長い方が遠心力がかかって、ボールが飛びやすくなる…っていう話を聞いたことがありますが、「だったら全部のラケットを長くした方が良くない?」って思うので、なんか微妙な説な気がしています。

 

間違いなく言えることは、ラケットが長い方が遠くのボールを触りやすくなって、近くのボールを触りにくくなるっていうこと。

 

 

バランスも違います。

50S 70S
バランス UXL:295mm
UL:285mm

UL:290mm
SL:290mm

 

この数値は、グリップの先端からラケットの重心までの距離のことです。

同じラケットサイズで比較しないと意味がないと思うので、ULだけで比較すると、50Sの方が重心が手前(体に近い)ってことがわかります。

 

50Sの方が、スイングした時にラケットの重さに引っ張られにくいっていうことですね。

 

 

最後に値段。

50S 70S
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

もちお
もちお
はいw

 

ただ、Amazonや楽天で買うと安くなるはずです。

 

もちお
もちお
楽天で買う場合は、楽天カードに申し込んでおいた方が絶対良いので忘れずに。

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

 

【ソフトテニスラケット】ジオブレイク50Vの特徴

前衛用ラケットの50Vを、70Vと比べます。

 

ジオブレイク(GEOBREAK)50Vの画像

50V

ジオブレイク(GEOBREAK)70Vの画像

70V

素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

サイズ UXL0
UXL1
UL0
UL1




UL1
UL2
SL2
面の大きさ 90平方インチ 90平方インチ
全長 690mm 685mm
バランス UXL:280mm
UL:275mm

UL:275mm
SL:270mm
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

 

 

まず、素材が違います(50VはバイブスレイヤーカーボンとVDMっていうのを使っている)

50V 70V
素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

 

もちお
もちお
バイブスレイヤーカーボンとVDMって何それ

 

って感じですが、カンタンに言うと、50Sの方が打球時の衝撃を弱いってことです。

 

参考までに。

バイブスレイヤーカーボン

打球時の衝撃を大幅カットする新カーボン素材。極薄の衝撃吸収材が何層にも分かれて積層しているため、通常カーボンと同等の反発性を維持しつつ高い衝撃吸収が可能。ボールの飛びの良さと、柔らかい打球感を両立させます。

※バイブスレイヤーカーボンは東レ(株)の制振性素材を適用しています。

引用:ヨネックス

 

VDM

特殊なメッシュ状の振動吸収素材をグリップ部に内蔵。従来よりも広範囲に使用することで、振動吸収性が増し、快適な打球感を実現。

引用:ヨネックス

 

 

また、サイズも違います。

50V 70V
サイズ UXL0
UXL1
UL0
UL1




UL1
UL2
SL2

 

サイズっていうのは、ラケットの重さとグリップの太さを合わせたものです。

「UXL0」のアルファベットがラケットの重さを、数字がグリップの太さを表しています。

 

カンタンに言うと、50Vは軽めのモデルがあってグリップが細めだよってことです。

 

参考までに。

ラケットフレーム重量(上から軽量な順)

XFL(201~215g)
UXL(216~230g)
UL (231~245g)
SL(246~260g)
F-36(258~272g)
B-34(268~282g)

グリップサイズ(上から細い順)

00
0
1
34
2
3
36

 

 

あと、ラケットの長さも違います。

50V 70V
全長 690mm 685mm

 

もちお
もちお
ラケットは長い方が遠心力がかかって、ボールが飛びやすくなる…っていう話を聞いたことがありますが、「だったら全部のラケットを長くした方が良くない?」って思うので、なんか微妙な説な気がしています。

 

間違いなく言えることは、ラケットが長い方が遠くのボールを触りやすくなって、近くのボールを触りにくくなるっていうこと。

 

 

バランスも違います。

50V 70V
バランス UXL:280mm
UL:275mm

UL:275mm
SL:270mm

 

この数値は、グリップの先端からラケットの重心までの距離のことです。

同じラケットサイズで比較しないと意味がないと思うので、ULだけで比較すると..同じですね。

 

 

最後に値段。

50V 70V
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

もちお
もちお
はいw

 

ただ、Amazonや楽天で買うと安くなるはずです。

もちお
もちお
楽天で買う場合は、楽天カードに申し込んでおいた方が絶対良いので忘れずに。

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

 

【ソフトテニスラケット】ジオブレイク50VSの特徴

全ポジション対応ラケットの50VSを、70VSと比べます。

 

ジオブレイク(GEOBREAK)50VSの画像

50VS

ジオブレイク(GEOBREAK)70VSの画像

70VS

素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

サイズ XFL0
UXL0
UXL1
UL0
UL1

UXL0
UXL1
UL0
UL1
面の大きさ 90平方インチ 90平方インチ
全長 695mm 690mm
バランス XFL:295mm
UXL:285mm
UL:275mm

UXL:285mm
UL:280mm
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

 

まず、素材が違います(50VSはバイブスレイヤーカーボンとVDMっていうのを使っている)

50VS 70VS
素材 高強度カーボン
リアクトレジン
Namd
バイブスレイヤーカーボン
VDM
高強度カーボン
リアクトレジン
Namd

 

もちお
もちお
バイブスレイヤーカーボンとVDMって何それ

 

って感じですが、カンタンに言うと、50VSの方が打球時の衝撃を弱いってことです。

 

参考までに。

バイブスレイヤーカーボン

打球時の衝撃を大幅カットする新カーボン素材。極薄の衝撃吸収材が何層にも分かれて積層しているため、通常カーボンと同等の反発性を維持しつつ高い衝撃吸収が可能。ボールの飛びの良さと、柔らかい打球感を両立させます。

※バイブスレイヤーカーボンは東レ(株)の制振性素材を適用しています。

引用:ヨネックス

 

VDM

特殊なメッシュ状の振動吸収素材をグリップ部に内蔵。従来よりも広範囲に使用することで、振動吸収性が増し、快適な打球感を実現。

引用:ヨネックス

 

 

 

また、サイズも違います。

50VS 70VS
サイズ XFL0
UXL0
UXL1
UL0
UL1

UXL0
UXL1
UL0
UL1

サイズっていうのは、ラケットの重さとグリップの太さを合わせたものです。

「UXL0」のアルファベットがラケットの重さを、数字がグリップの太さを表しています。

 

カンタンに言うと、50VSは軽めのモデルがあるよってことです。

 

 

参考までに。

ラケットフレーム重量(上から軽量な順)

XFL(201~215g)
UXL(216~230g)
UL (231~245g)
SL(246~260g)
F-36(258~272g)
B-34(268~282g)

グリップサイズ(上から細い順)

00
0
1
34
2
3
36

 

 

あと、ラケットの長さも違います。

50VS 70VS
全長 695mm 690mm

 

もちお
もちお
ラケットは長い方が遠心力がかかって、ボールが飛びやすくなる…っていう話を聞いたことがありますが、「だったら全部のラケットを長くした方が良くない?」って思うので、なんか微妙な説な気がしています。

 

間違いなく言えることは、ラケットが長い方が遠くのボールを触りやすくなって、近くのボールを触りにくくなるっていうこと。

 

 

バランスも違います。

50VS 70VS
バランス XFL:295mm
UXL:285mm
UL:275mm

UXL:285mm
UL:280mm

 

この数値は、グリップの先端からラケットの重心までの距離のことです。

同じラケットサイズで比較しないと意味がないと思うので、ULだけで比較すると、50VSの方が重心が手前(体に近い)ってことがわかります。

 

50VSの方が、スイングした時にラケットの重さに引っ張られにくいっていうことですね。

 

 

最後に値段。

50VS 70VS
定価 19,000円(税抜) 22,000円(税抜)

 

もちお
もちお
はいw

 

ただ、Amazonや楽天で買うと安くなるはずです。

もちお
もちお
楽天で買う場合は、楽天カードに申し込んでおいた方が絶対良いので忘れずに。

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

 

ジオブレイク50シリーズと70シリーズのちがいのまとめ

以上、

ジオブレイク50シリーズと70シリーズのちがい

について解説をしました。

 

まとめると、

  • ジオブレイク50シリーズの方が、打球時の衝撃が弱い
  • ジオブレイク50シリーズの方が、ラケットが軽め・グリップが細めのモデルが充実している
  • ジオブレイク50シリーズの方が、遠くのボールを触りやすく、近くのボールを触りにくい

となります。

 

もちお
もちお
楽天で買う場合は、楽天カードに申し込んでおいた方が絶対良いので忘れずに。

 

楽天カード

>>楽天カード新規入会キャンペーン

※年会費無料
※新規入会キャンペーン実施中

 

もちお(@softenisuke)でした。

※画像はAmazonさんと楽天さんから引用させてもらっています。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です