【ソフトテニス】

【ソフトテニス】柔らかいラケットより硬いラケットの方がボールは飛ぶ

【ソフトテニス】柔らかいラケットより硬いラケットの方がボールは飛ぶ

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)というオンラインチームを運営しているのですが、

その中の内容が全くわからないのもあれだと思うので、

裏Step内に投稿している記事をたまにブログにアップしています。

 

ということで、今回は裏Step内に投稿した

硬いラケットの方がボールは飛ぶんだよ

という話です。

▶️【132ページ目:もちおのソフトテニスノート】硬いラケットの方がボールは飛ぶんだよ

 

 

 

【ソフトテニス】硬いラケットの方がボールは飛ぶんだよ

 

//もちおのソフトテニスノート

//2020年5月26日(火) 第132号

——————————————-

こんにちは。もちおです。

今回は、ラケットの硬さについてです。

 

YONEXのF-LASER 9シリーズが新デザインになって話題になっています。

 

※これ↑は現行モデル

 

 

F-LASER 9シリーズといえば、「硬いラケット」に分類されるわけですが、

「硬いラケットは飛ばない」っていう(よく聞く)あれって本当なのかな?って疑問に思っています。

 

物理的に考えたら、硬いラケットの方が飛びますよね?

 

 

よく聞くラケットの話

ソフトテニスのラケットのオススメの買い方【通販で8,000円分お得に】

「初心者は柔らかいラケットの方が良い。柔らかいラケットは、しなってボールが飛びやすくなるから。」

っていう話、よく聞きますよね。

 

「硬いラケットはボールが飛ばないから、力がある人しか使えない」っていう話とか。

 

僕自身もそう教わったし、僕自身もそう教えてきました。

 

  • 柔らかいラケット=初心者用
  • 硬いラケット=上級者用

っていう構図がソフトテニス界の常識になっています。

 

 

よく考えると、意味がわからない

林田リコ選手の画像

でも、よくよく考えるとおかしくないですか。

 

「なんで船水颯人選手や林田リコ選手は硬いラケットを使っているの?柔らかいラケットの方がボールが飛びやすいんだったら、上級者だって柔らかいラケットを使った方が良いじゃん

っていう。

 

僕も「いやいや、彼らはボールが飛びすぎるから、飛びすぎてアウトしないようにするために硬いラケットを使っているんだよ」って思っていたんですけど、

よく考えたら、彼らだって毎回ベースライン付近にボールを打ってるわけじゃないし、浅いボールになっちゃったりしている。

 

「いやいや、柔らかいラケットは”しなる”から、トランポリンみたいになってボールがビヨーンって、飛ぶんだよ」っていう意見もあるけど、

「だったらなんでプロ野球は金属バット禁止なの?」っていう。

 

 

野球の画像

硬い金属バットの方がボールが飛びますよね。

プロ野球だと、「ボールが速くなりすぎて(飛びすぎて)危険&ゲームバランスが崩れる」っていうことで、金属バットは使えず木製バットを使うことになっているくらいです。

 

硬い方がボールって飛ぶんですよ。

 

柔らかいラケットって、本当にトランポリンみたいにビヨーンってしなって復元するんですかね?

インパクトの瞬間って、一瞬なのに。

 

 

トランポリンの画像

トランポリンはわりと接触時間が長いので、ビヨーンって復元する力で体が押し出されるのはイメージできますが、ソフトテニスのインパクト(接触時間)は一瞬ですよ。

それに、トランポリンと違ってラケットにはバネが仕込んであるわけでもありません。

 

よくよく考えると、

「柔らかいラケットは、しなってボールが飛びやすくなる」

「硬いラケットはボールが飛ばない」

っていう話は、むちゃくちゃ怪しいことに気付きます。

 

 

そして、1本シャフトが消滅したことも、「むちゃくちゃ怪しいぞ」っていう疑惑をサポートしてくれます。

しなるラケットの方がボールが飛ぶんだったら、「しなるラケット」である1本シャフトがなぜ開発されなくなっちゃったんでしょうか

 

あと、「1本シャフトはしなる分、コントロールが難しい」っていう話もよく聞きましたが、インパクトの一瞬の間に”しなり”が復元するのであれば、”ズレ”は感じにくいはず

 

ん?

  • 「しなるラケット」は一瞬で”しなり”が復元してトランポリンのようにボールを押し出すから、ボールが飛びやすい
  • 1本シャフトは”しなり”が生まれる分、コントロールが難しい

この2つって、両立するんですかね?

 

「柔らかいラケットは、しなってボールが飛びやすくなる」っていう説は、むちゃくちゃ怪しいです。

 

 

硬いラケットの方が飛ぶ

ソフトテニスのスパッツの画像

っていうか、物理的に考えたら、硬いラケットの方が飛ぶはずなんです。

 

“しなり”って、物理的にはエネルギーロスですよね。

その”しなり”が小さい硬いラケットの方が、スイングのエネルギーをロスすることなくボールに伝えることができるはず。

 

つまり、硬いラケットの方がボールは飛ぶってことです。

(だから、船水颯人選手も林田リコ選手も、硬いラケットを使っているはず)

 

 

こう考えると、

  • 「初心者は柔らかいラケットの方が良い。柔らかいラケットは、しなってボールが飛びやすくなるから。」
  • 「硬いラケットはボールが飛ばないから、力がある人しか使えない」

っていう(よく聞く)話は、間違いなんじゃないのかな、と。

 

むしろ、

柔らかいラケット エネルギーロスが生まれて(しなって)ボールが飛びにくい
硬いラケット エネルギーロスが生まれにくく(しなりにくく)ボールが飛びやすい

なんじゃないですかね。

 

 

ソフトテニスのラケットのオススメの買い方【通販で8,000円分お得に】

じゃあ、「柔らかいラケットの方がボールが飛ぶ」っていう常識や経験則は一体何なんでしょう?

ここが、イマイチ説明しきれていないところです。

誰か知ってたら教えてください。

 

今日は以上です!ではでは。

 

 

 

———————————————————
———————————————————

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

⏬くわしくはこちら

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム) 裏Stepは、ソフトテニス指導界一の指導・戦略を追究するオンラインチームです。 過去に僕が感じた「後悔」・...

 

 

 

Twitterでもいろいろ発信してます!(フォローお願いします!)

 

もちおでした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!
ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!