【ソフトテニス】

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説「トップ打ちのコツを知りたい」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちおです。

 

本記事では、

ソフトテニスのトップ打ち

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • トップ打ちのコツがわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

▶️ソフトテニスのおもな実績

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

メルマガとして登録していただくことも可能ですので、もしよければ登録お願いします。

⏬くわしくはこちら

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニス指導への限りなき挑戦 ソフトテニス指導の勉強をしたいけど、忙しくて時間がとれないという指導者の方々へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍...

 

 

トップ打ちの打ち方・コツ

チャンネル登録お願いします!(クリック)

 

 

フットワークのコツ

トップ打ちの時のフットワークのコツを3つ説明します。

 

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

 

①まず、大きく下がる ボールの軌道の後ろに入ることで、前に踏み込みやすくなる。
②前に詰めて、早いタイミング(高い打点)で打つ 相手前衛に恐怖を与えられる。(マジ怖い)
③打った後に、ボレーに備えてフォローの動きをする 相手にボレーされて失点…ってことが圧倒的に少なくなる。

 

 

トップ打ちをする時って、相手が打ったボールがゆっくりなことが多いと思います。

 

で、そういう時にボールの(ゆっくりな)スピードに合わせて、ゆっくり横に移動してしまう選手が多いです。

そうすると、結局”回り込みながら”打つことになって、余裕がなくなって前衛にボレーされたりミスしたりしがち。

 

ということで、

  1. まず、大きく下がる
  2. 前に詰めて、早いタイミング(高い打点)で打つ

っていうのが超重要です。

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

 

 

打点

ソフトテニスの打点の説明画像

トップ打ちの打点は、バウンドの頂点が基本です。

ただ、バウンドが高い時には、頂点で打つのは難しかったりしますよね。

 

そういう場合は、自分が打ちやすい打点の中で一番高いところで打ちます。

 

もちお
もちお
で、大事なこと。

 

「自分が打ちやすい打点の中で一番高いところ」は2回あります。

ソフトテニスの打点の説明画像
①ボールがバウンドの頂点に到達する前 いわゆるライジング。相手前衛は怖い。
②ボールがバウンドの頂点に到達した後 普通の打点。前衛の動きを見やすいけど、相手前衛からしたらそんなに怖くない。

 

「バウンドの頂点に到達した後」でしか打たない選手がとっっっっっっっても多いんですけど、

ライジングも身につけて、この2つの打点を使い分けられるようになると、相手前衛のタイミングを外せるようになって、有利に戦いを進められることが多いと思います。

(ライジングの方が相手前衛との距離が近くなって、より攻撃的になる)

 

 

各コースのトップ打ちを見ながら説明

正クロス

クリックすると、該当するプレーのところから再生されます。

 

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

ロブで大きく走らされた後は、踏み込んで打つのが難しかったりします。

 

なので、そういう時はオープンスタンスで入って、ジャンプしながら身体の回転で打つのもあり。(だと思う)

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

 

 

逆クロス

クリックすると、該当するプレーのところから再生されます。

 

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

逆クロスロブを打たれた後に、回り込んでトップ打ちをする場面です。

 

回り込みのトップ打ちの時は、最後の右足の動かし方が大事。

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

 

回り込みの時の右足の動かし方

①右足を大きく左に回す 左肩を入れられるので、逆クロスに打ちやすくなる。
②右足を着く位置を左足のかかとに近づける 前に踏み込みやすくなる。
【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

 

 

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

ちなみに、ものすごく前の打点で打っています。

 

 

ストレート

クリックすると、該当するプレーのところから再生されます。

 

トップ打ちで前衛アタックをする時のコツ

①低いボールを打つ(ネットすれすれを狙う) 相手がボレーしにくいから。

※ただ、難易度が高い。ネットしたらマジでもったいないので、上級者以外は意識しなくても良い気がしています。
※打った後にフォローの動きをするのは当然!

 

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説 【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

 

 

バックハンド

クリックすると、該当するプレーのところから再生されます。

 

 

トップ打ちの時の前衛の動き

クリックすると、該当するプレーのところから再生されます。

 

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

相手のボールが浮いて甘くなった時点で、「このあとアタックを打つかも?」と考えて準備をし始めるのが重要。

 

 

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

で、前衛もフォローポジションに入ります。

こうすることで、よほど良いボレーをされない限り、アタックを打った方のペアが失点することはなくなります。

【ソフトテニス】トップ打ちのフットワーク・コツ・打点などを解説

 

 

まとめ

以上、

ソフトテニスのトップ打ち

について解説をしました。

 

まとめると、

フットワークのコツ

①まず、大きく下がる ボールの軌道の後ろに入ることで、前に踏み込みやすくなる。
②前に詰めて、早いタイミング(高い打点)で打つ 相手前衛に恐怖を与えられる。(マジ怖い)
③打った後に、ボレーに備えてフォローの動きをする 相手にボレーされて失点…ってことが圧倒的に少なくなる。

 

トップ打ちの打点は、バウンドの頂点が基本

ただ、バウンドが高い時には、自分が打ちやすい打点の中で一番高いところで打つ

①ボールがバウンドの頂点に到達する前 いわゆるライジング。相手前衛は怖い。
②ボールがバウンドの頂点に到達した後 普通の打点。前衛の動きを見やすいけど、相手前衛からしたらそんなに怖くない。

となります。

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

メルマガとして登録していただくことも可能ですので、もしよければ登録お願いします。

⏬くわしくはこちら

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニス指導への限りなき挑戦 ソフトテニス指導の勉強をしたいけど、忙しくて時間がとれないという指導者の方々へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍...

 

 

Twitterでもいろいろ発信してます!(フォローお願いします!)

 

もちおでした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!