【教員】

LINE証券とは?株式投資の中級者の僕が抱いた率直な感想【ライン証券】

LINE証券とは?株式投資の中級者の僕が抱いた率直な感想【ライン証券】「LINE証券とは?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

LINE証券のことを調べて、僕が抱いた感想

について書きます。

 

この記事を読むと

  • LINE証券の特徴(メリット・デメリット)についてわかる

 

この記事の信頼性

  • 僕は株式投資の中級者くらいです。

 

もちお
もちお
中級者の視点から、ゆるく率直に印象をぶっちゃけて書きます!

 

LINE証券 LINEアプリで株の売買ができる。

一株単位から買えるので、初心者の体験・練習に便利。

取引できる株は有名企業約300社の株に限定。

スマホで手続きを完了できるのはかなりうれしい(普通は口座開設が結構面倒なので)

夜間取引もできるけど、手数料が高めだからあまりやらない方が良いと思う。

 

 

LINE証券とは

LINE証券の画像
引用:LINE証券

LINE証券とは、ざっくり言うとスマホのLINEアプリで株の売買ができる機能のことです。

 

もちお
もちお
ラインって聞くと、韓国が絡んでいるってことでネガティブな印象を持つ人もいますが、たぶん大丈夫です。

LINE証券は野村ホールディングスっていう野村証券系列の会社も絡んでいるみたいですよ。

 

では、LINE証券を使うとどんな感じで株の売買ができるのか?ってことについて、説明します。

 

 

一株単位から買える

LINE証券の画像
引用:LINE証券

LINE証券では、一株単位から株を買えるみたいです。

 

普通は、企業の株を買おうと思ったら、100株とか1,000株とかの「まとまった株数」じゃないと買えません。

 

もちお
もちお
例えば、僕はケーキで有名な不二家の株を買ったことがあるんですけど、1株で2,000円くらいの株を100株からしか買えないので、20万円くらいの費用がかかりました。

 

ですが、LINE証券なら1株から買えるのです。

なんと数百円から投資を始められるんです!

 

 

でもこれ、正直いって株取引をそこそこやったことがある人からすると、どうでもいいサービスな気がします。

 

もちお
もちお
株で利益を出そうと思ったら、ある程度まとまった株数を買う必要があるんですよね。

 

例えば、1株買ったところで、利益なんか全然得られないと思います。

ってことで、一株単位から買えるっていうのは株をそこそこやったことがある人からしたらどうでも良いのです。

 

 

が、株を全くやったことがない人が、実際に株の売買を体験(練習)しやすくなる…っていう価値はあると思います。

LINE証券は、これから株をやってみようかなっていう初心者にやさしいサービスってことです。

 

ちなみに、投資信託っていう「お金を自分で運用するのではなく、プロを信じ、お金を託して、プロに運用してもらう」サービスも利用できます。

 

 

LINEポイントを使うこともできる

LINE証券の画像
引用:LINE証券

LINEポイントを証券口座の入金の時に使って、それで株を買うこともできるみたいです。

 

もちお
もちお
まあこれはぶっちゃけどうでも良いサービスだなと思いましたw

 

 

有名企業約300社の株に限定されている

LINE証券の画像
引用:LINE証券

LINE証券で売買できる株は、有名企業約300社の株に限定されているみたいです。

 

普通の証券会社なら、上場している企業(3,000社くらい?)の株を買えるんですけど、LINE証券はそうではないということ。

 

もちお
もちお
これは、初心者からすると、株を選びやすくて良いかもしれないなーって思いました。

 

証券口座を開設して、いざ「株を買うぞ!」って時に、あまりにも株の種類が多くてつまずく…ってのがあるあるなので。(僕もです)

 

まあ300社でも初心者にとっては多いかもしれませんが、ある程度枠をせばめてくれているのはありがたいですよね。

 

もちお
もちお
ただ、これ、本格的に株式投資をしたい人にとってはデメリットです。

 

有名じゃない企業の株を売買してみたいなら、LINE証券以外の証券会社を使うべし!ってことになります。

 

 

スマホで手続きが終わる

LINE証券の画像
引用:LINE証券

LINE証券は、スマホだけで手続きを完了することができるみたいです。

 

もちお
もちお
これ、証券会社としては初とのこと。

 

株をやろうと思ったら証券口座を開設する必要があるんですけど、これがぶっちゃけ面倒なんですよね。

普通の証券会社の場合、パソコンを使って、あれこれ手続きをしなきゃいけなくて時間がかかります。

 

証券口座の開設に踏み切る時って、「株をやってみたい」っていう熱が高まりまくった時だと思うんですけど、

口座開設に時間がかかる(1週間くらいかかることもあった)

口座開設のお知らせが来た時には熱がちょっと冷めている

ってことが、正直ありました。

 

ただ、LINE証券の場合はスマホだけで手続きが終わって、最短で翌日に取引が始められるようです。

 

もちお
もちお
これはありがたいなあ、と心から思いました。

 

 

平日夜21時まで取引が可能

LINE証券の画像
引用:LINE証券

LINE証券は、平日21時まで取引が可能みたいです。

株の売買って普通は「平日9時から11時30分まで」と「平日12時30分から15時まで」の間しかできないんですよね。

 

もちお
もちお
働いている人からすると、なかなか厳しい時間帯。

 

というわけで、ネット証券会社は夜間取引っていうサービスをやっているところが多く、LINE証券もその例に漏れず夜間取引のサービスを展開してくれています

日中取引 9:00~11:20
11:30~12:20
12:30~14:50
夜間取引 17:00~21:00

 

ただ、株を売買する時にはスプレッドっていう手数料みたいなものがかかって、夜間取引の場合はそのスプレッドが高めなので、やたらめったら夜間取引はしない方が良いです。

 

スプレッド(手数料だと思ってOK)

日中取引
(9:00~14:50)※11:20~11:30、12:20~12:30を除く
0.05%(業界最低水準)
夜間取引 0.5%

購入する株の値段に、上記の%分(スプレッド)を追加して支払う必要があります。(画面上の価格は、最初からスプレッド込みの価格になっている)

 

LINE証券は「取引手数料」は無料ですが、スプレッドっていうコストはかかります。

 

もちお
もちお
これ、実質的な手数料です。

「なんだよ手数料かかるんじゃん」って思うかもしれませんが、このスプレッドがないと証券会社は収益を上げるのが難しくなるので、コストを負担するのは仕方ないし当然です。

 

 

LINE証券のことを調べて、僕が抱いた感想のまとめ

LINE証券の画像
引用:LINE証券

以上、

LINE証券のことを調べて、僕が抱いた感想

について解説をしました。

 

まとめると、

LINE証券 LINEアプリで株の売買ができる。

一株単位から買えるので、初心者の体験・練習に便利。

取引できる株は有名企業約300社の株に限定。

スマホで手続きを完了できるのはかなりうれしい(普通は口座開設が結構面倒なので)

夜間取引もできるけど、手数料が高めだからあまりやらない方が良いと思う。

となります。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!