【教員】

一瞬でも転職を考えた教員は、すぐ辞める気がなくても転職サイトに登録すべし

一瞬でも転職を考えた教員は、すぐ辞める気がなくても転職サイトに登録すべし「本気で転職したいとまでは思っていないんだけど…教員ってツラいなあ」

「このまま教師を続けてて良いのかな?」

このブログ記事は、そんな教員(地方公務員)の方々に対して書いています。

 

こんにちは。元教師のもちお(@softenisuke)です。
教師の世界の理不尽さや教員の仕事の限界を感じて、精神を病み、退職しました。

この記事を読んでいる教員のみなさんの中にも、僕のように退職を決意するところまではいかなかったとしても、

  • 「教員ってツライな」
  • 「このまま教師として働き続けるのは違う気がするな」
  • 「自分に合っている仕事が他にあったらそっちをやりたいな。でも忙しくて考える暇もないし。」

って思う人が多いのではないでしょうか。

 

そのような教員の方々におすすめなのが、

とりあえず転職サイトに登録しておく

ことです。

登録だけなら10分もかかりません。

 

本記事では、

すぐに辞める気がなくても、とりあえず転職サイトに登録しておくと良い理由

について書きます。

一瞬でも「辞めたい」と思った教員が転職サイトに登録すべき理由

パソコンの画像

選択肢を作って「自分には教師しかない」という束縛から解放されて楽になる

とりあえず転職サイトに登録しておくことで、選択肢を持つことができて楽になります。

 

「自分には教師しかない」と思っていると、理不尽なことがあったりツライことがあったりしても

絶対に乗り越えなければいけない

という感覚になるので、かなり気持ちが苦しくなります。

実際、「やりがい搾取」という言葉もあるくらいです。

もちお
もちお
逃げ道がないと、搾取されます。

ですが、いろんな求人案件を知って選択肢を増やしておくだけで、

  • いざとなったら教員辞めてやる
  • いつでも教員を辞められる

という感覚になり、気持ちが楽になります。

人間、選択肢がたくさんあって「逃げ道」を作ることができると、気持ちに余裕が出るものです。

 

とはいえ、学校で働いていると、忙しすぎて他のことを考える余裕があまりないと思います。

もちお
もちお
長時間の残業は当たり前ですし、土日も部活動があったりして、心休まる時間がほとんど取れないですよね。

ただでさえ忙しいのに、保護者からの理不尽なクレームがあったりすると、ますます精神的な余裕がなくなってしまいます。

そんな状態では、求人案件について調べる気力すら無くなってしまう…というのは、僕も教師をやっていましたからとてもよく分かります。

 

そんな時に転職サイトが役に立ちます。

転職サイトに登録しておくと、自分の希望にあった求人情報がメールや通知で届きます

もちお
もちお
登録しておくだけで、自分の選択肢が増えていくので、本当に辞めたくなった時の支えになります。

自分自身で労力をかけて探す必要がないので、多忙な教員でも、働く選択肢を増やすことができます。

気に入った案件があれば、自分からアクションを起こせばいいだけです。
会社から電話がかかってくることはありません。

行動の決定権はあなたが握ったままです。

 

しかも転職サイトは登録無料

登録しておいて得することはあっても、損することは一切ありません。

リクナビNEXTの公式ページへ

自分の可能性に気づいて、もっと社会に貢献できるようになる

男性の画像教員の方々の中には、学生時代から教師になることを夢見て一直線に頑張ってきた人が多いように思います。

ですが、いざ教員になって夢を叶えたあとに、
学校の世界の現実を目の当たりにして、もがき苦しんでいる人もいるのではないでしょうか。

 

ところで、

  • 本当に教職があなたに合っているのでしょうか?
  • 自分には教師しかできない、なんて思っていませんか?

 

もしかすると実際には、教員よりもあなたにピッタリな働き方・仕事があるかもしれません。

転職サイトに登録して、いろんな求人情報を目にすると、

  • 今まで考えたこともなかった仕事
  • 今まで知らなかった仕事

に惹きつけられることになって、自分の可能性に気づくことができるかもしれません

 

また、転職サイトに登録するなら必ず登録するべきとも言える「リクナビNEXT」には

自分の強みを診断してくれる「グッドポイント診断」

があります。

登録すれば、無料で今すぐ行うことができます

もちお
もちお
20分ほど時間がかかる診断ですが、それくらいしっかりと診断してくれます。

教員を辞める決意は結局しなかったとしても、

自分の強み

を知ることで、自信がついて教員としての働き方も向上するはずです。

転職を考えていなかったとしても、一度診断をしてみる価値はあると思います。

リクナビNEXTの公式ページへ

自分から何もアクションを起こさないと、シンドイまま

何も動かなければ、事態は好転しません。

たぶん「教員ってシンドイな」って思っている人がこの記事を読んでくださっていると思います。

ここで一歩目を踏み出さなかったら、ズルズルと続けて教員から抜け出せなくなります。

 

  • 「ツラくてもまず5年は働いてみろ」
  • 「2つの学校を経験すると、仕事の幅が広がる」
  • 「2回卒業生を出せば、いろいろ見えてくる」

のようなことを先輩に言われたことはありませんか?

これは、「最低でも5、6年は経験しないと、教師という仕事の全体像が見えてこない」ということだと思います。

確かにそれは正しいのかもしれませんが、

学校への違和感を感じている人が、何もしないままズルズルと続けてしまうと、

辞めるに辞められなくなることになってしまいますよ。

 

40代の教員数が少ないので、
現代では20代後半~30代前半で学年主任(学年ナンバー1)や、学年副主任(学年ナンバー2)を任されることもザラです。
(もちろん学校によってちがうとは思いますが)

5年経験した頃には、すでに「学校にとって欠かせない存在」になってしまうこともあります。
重要な役職も任されることになります。

教員として働くことに何の疑問も不満も抱いていないのであれば良いとは思いますが、そうではなく、少しでも「辞めたい」「ツライ」と思っている教員の人にとっては、苦しいですよね

「辞めたい」と思って一歩目を踏み出そうと思った時には、
すでに「辞めるに辞められない」状況になっていた…

ってことになってしまったら、大変です。

 

人間、0から1にするのは大変ですが、1から2にするのは割と簡単です。

転職サイトへの登録は、無料ですし10分もかからないので、ハードルがとても低いです。

「教員ってシンドイな」って思って、この記事を読んでくださっているのであれば、いま一歩目を踏み出して0から1にしてしまいましょう。

 

登録はしたけど、教員を続ける中で、「やっぱり自分は教師をやりたい」と思えればそれでOKです。
あなたには教師が向いているということです。

結果的にどういう道に進むことになるにせよ、一歩目を踏み出しておくことで損することは一つもありません。

リクナビNEXTの公式ページへ

おすすめの転職サイトは「リクナビNEXT」です

パソコンの画像まず登録するべき転職サイトは、リクルートが運営する「リクナビNEXT」です。

どのサイトを見ても紹介されているくらい有名なサービスで、とりあえず「リクナビNEXT」に登録しておけば間違いないです。

登録は無料ですし、登録作業に10分もかかりません。

さきほど紹介したグッドポイント診断も20分程度でできますので、
合計たった30分で、かなり前進することができます。

ぜひこの機会に登録だけでもしておきましょう。

リクナビNEXTの公式ページへ

以上、もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です