【教員】

授業準備が間に合わない先生へ。授業準備の方法を元教員が解説【時短】

授業準備が間に合わない先生へ。授業準備の方法を元教員が解説【時短】「教材研究や授業準備の時間がなくて間に合わない。」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

学校で働くと、勤務時間内に授業準備とか無理だわって思いませんか?

授業の準備は帰宅してから深夜までやることになって、一生懸命な教員ほど睡眠時間を削りがち。

 

そこで本記事では、

授業準備をうまいことやる方法

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • 効率よく授業準備をする方法がわかる

 

この記事の信頼性

  • 元中学校教員の僕(もちお)が実際にやってみて良かったと思った方法を紹介します。

 

 

教員が授業準備をうまいことやる方法

スーツの画像

教員が授業準備をうまいことやる方法は、ざっくり2つに分けられます。

  1. 授業準備の時間を生み出す
  2. 授業準備の時間を短くする

 

もちお
もちお
①は小技で、②は大技って感じです。

 

(②の方が本質的というか効果が大きい)

 

では、それぞれ説明します。

 

 

①授業準備の時間を生み出す

時計の画像

方法の1つ目は、「授業準備の時間をなんとか生み出す」です。

 

もちお
もちお
空きコマの時間を増やしてもらうことはできないですからね。

 

  • 他の仕事を減らしたり
  • 他の仕事にかかる時間を短くしたり

して、授業準備の時間をなんとか生み出すしかないんです。

 

僕が実際にやってみて、効果が高かったなと思ったのは5つ。

  • (1)掲示物作成をやめる
  • (2)提出物を出席番号順で集める
  • (3)鋼のメンタルで飲み会を断る
  • (4)授業時間中の「生徒の活動の時間」を増やす
  • (5)時短グッズを使う

 

それぞれ説明します。

 

 

(1)掲示物作成をやめる

教室の画像

思い切って掲示物作成をやめました。

 

もちお
もちお
教室の掲示物って、いくらでもこだわれるんですよね。

 

でも、教室の掲示物って貼った直後は注目されるけど、すぐにみんな見なくなりますよね。

そして教育効果が大きいのかも謎です。

 

だったら、掲示物作成をやめちゃおう、と。

授業準備の方が大切です。

 

僕も、初任の頃は凝った掲示物を作ろうとしていましたが、すぐに断念しました。

2年目からは割り切って「掲示物に力を入れない」と決めたら、掲示物に関する仕事量が一気に減りました。

 

 

 

(2)提出物を出席番号順で集める

色鉛筆の画像

提出物を回収する時に出席番号順で集めるようにしました。

 

やり方はこんな感じ。

提出物を手に持った状態で生徒が出席番号順で並ぶ

出席番号順に、名簿にチェックしながら回収する(忘れた人も、出席番号順で並んで、忘れたことを申告する)

 

一人一人回収する時間がない場合は、トレーをたくさん用意しておいて、

  • 出席番号1~5の男子は、このトレーに入れる
  • 出席番号6~10の男子は、このトレーに入れる

って感じで集めておくと、あとで並べ替えるのがかなり速くなります。

 

 

 

 

(3)鋼のメンタルで飲み会を断る

ビールの画像

飲み会は断りまくりました。

 

もちお
もちお
上司から指導もされましたけど、「授業準備の時間を生み出すために断っているんだから、悪いことをしているわけじゃない」って思っていました。

 

 

 

(4)授業時間中の「生徒の活動の時間」を増やす

授業の画像

生徒の活動の時間を増やしました。

 

50分の授業の大半を「教員からの説明」の時間にしてしまうと、授業時間中にフリーになれず苦しくなりますよね。

 

もちお
もちお
そもそも「教員からの説明」の時間って、説明をコンパクトにすれば結構短くできるはずなんですよ。

(というか、質問できる時間を長くとった方が良い場合もあると思う)

 

なので、「授業時間中にフリーの時間を作る」ためにも、なるべく生徒の活動の時間を増やします。

で、「生徒の活動の時間」中に、やれる仕事をやる、という感じです。

(もちろん生徒を完全に放置はしないようにしながら)

 

 

(5)時短グッズを使う

砂時計の画像

時短グッズを使うのも便利です。

 

ハサミ、ホッチキス、印鑑ホルダーなどなど、地味だけど時短になる便利グッズがあります。

 

もちお
もちお
僕はApple信者なんですけどw、iPadは普通に便利です。

 

 

 

②授業準備の時間を短くする

勉強の画像

方法の2つ目は、「授業準備の時間を短くする」です。

 

授業準備の時間をなんとか生み出そうとしても限界があるので、授業準備の時間自体を短くしないとどうしようもないんですよね。

 

僕が実際にやってみて、効果が高かったなと思ったのは2つ。

  • (1)プロ講師の授業のマネをする
  • (2)形に残す(ストックする)

 

それぞれ説明します。

 

 

(1)プロ講師の授業のマネをする

スタディサプリの画像
引用:スタディサプリ

プロ講師の授業のマネをしました。

 

スタディサプリっていうオンライン学習サービス(授業動画が見放題になる有料サービス)に、教員なのに登録しちゃいました。

 

もちお
もちお
本当は中学生とか高校生とかの生徒向けサービスなんですけど、「授業のやり方を勉強したい!」っていう理由で登録してみたんです。

(同じことを考えている先生は結構多いらしい)

 

スタディサプリに登録すると、約15分に区切られた授業動画(小学校〜高校)を全教科見放題になります。

で、何が良いかっていいうと、かなり説明がコンパクトでわかりやすいことなんです。

(自分の説明にムダが多すぎることがわかる)

 

授業はこんな感じです。

 

こんな感じで使いました。

スマホを使って通勤電車の中で見る

「なるほど!こうやって説明すればいいのか。同じように説明してみよう」って考えておく

プロ講師のマネをして授業をする

 

もちお
もちお
こうやった結果、学校の生徒に「わかりやすかった」って言われたりしたんですよね。

 

月額1,980円なんですけど、それくらいなら必要経費ってことで良いかな、と。

(むしろ、月1,980円払った結果、毎日30分授業を考える時間を削減できるとしたら最高)

 

とはいえ、さすがに月額1,980円は少し躊躇するので、「14日間の無料体験」を利用して使用感をチェックしてみることをおすすめします。

 

スタディサプリ小学講座

14日間無料体験可能
※小学〜高校までの全動画視聴可能
スタディサプリ中学講座

14日間無料体験可能
※小学〜高校までの全動画視聴可能
スタディサプリ高校講座

14日間無料体験可能
※小学〜高校までの全動画視聴可能

※どの講座を選んでも全動画を視聴できます。

 

 

(2)形に残す(ストックする)

iPadのApple pencilで作成した教材の画像

来年度以降のことも考えて、形に残しました。

 

講義ノートでも授業プリントでも、なんでもいいので形に残します。

 

もちお
もちお
形に残す作業自体が大変かもしれないけど、形に残しておくと、その学年の授業を再び担当した時に圧倒的に楽になるんですよね。

 

メモも残さず頭の中だけで考えて、授業して終わりだとストックされていかないので、しんどいままに。

(2回目以降でも、「どうやって授業したかな?」って思い出さなきゃいけない)

 

もちお
もちお
僕はiPadで(Apple Pencilも使って手書きなどで)作成して全部デジタル化していました。

 

電子化した方が便利だと思います。(「あの授業のメモはどこだっけ」って探さなくて済むので)

 

 

 

工夫しないと授業準備なんてできない

考え込む男性の画像

なにかしら工夫をしないと授業準備なんてできないですよね。

 

授業準備の時間が取れない理由

  • 一日にこなさなきゃいけない校務多すぎ
  • 若手だからってたくさんの仕事を振られる
  • なのに空き時間少なすぎ
  • 突発的にトラブルが起きて時間とられる
  • 保護者からクレームが入って保護者対応に追われる
  • 放課後は部活指導と下校指導
  • すべて終わって職員室に戻ってきたらデスクの上に書類が山積み
  • 先輩や用務員の人の世間話、長話に付き合わなきゃいけない

 

 

 

授業準備をしないと地獄

つまらなそうに手をあげる生徒

授業準備をしないと二重に地獄です。

 

生徒も地獄 「眠い」「わからない」
教員も地獄 「眠そうにしてる」「わからない顔してる」

 

で、焦ってギャグを言ったりして授業を盛り上げようとすると、

友達同士、無言で顔を見合わせて「つまんな…」って言われるのがオチです。

 

残り30分もあるのに「はやくチャイム鳴ってくれ」って感じる地獄のような授業になるので、授業準備はうまいことやりましょう。

 

 

まとめ

以上、

授業準備をうまいことやる方法

について説明をしました。

 

まとめると、

解決策①:授業準備の時間を生み出す

  • (1)掲示物作成をやめる
  • (2)提出物を出席番号順で集める
  • (3)鋼のメンタルで飲み会を断る
  • (4)授業時間中の「生徒の活動の時間」を増やす
  • (5)時短グッズを使う

解決策②:授業準備の時間を短くする

  • (1)プロ講師の授業のマネをする
  • (2)形に残す(ストックする)

となります。

 

※社会科チャンネルをやっています。チャンネル登録お願いします(クリック)。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!