【教員】

教員・公務員が副収入を得る手段まとめ!元教員がわかりやすく解説

教員・公務員が副収入を得る手段まとめ!元教員がわかりやすく解説「副業禁止って言われているけど、教員・公務員が副収入を得る手段ってあるの?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちおです。

 

教員・公務員だって、副収入を得たいですよね。

 

そこで本記事では、

教員・公務員が副収入を得る手段

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • 教員・公務員が副収入を得る手段の中で、やってはいけないものと、やっても大丈夫なものがわかる

 

この記事の信頼性

  • 僕(もちお)は、元教員。

 

 

教員・公務員が副収入を得る手段

教員と生徒の画像

教員・公務員が副収入を得る手段をまとめました。

 

○:許可なしでやってOK

△:許可が出るかもしれない

×:許可が出ない可能性が圧倒的に高い

資産運用

株式投資
投資信託
FX
金投資
不動産投資

 

 

執筆活動

教育系以外の書籍 ×
教育系の書籍 △(教員)

 

バイト

飲食店など ×
内職 ×

 

ざっとこんな感じです。

では、一つ一つ解説をします。

 

 

【資産運用】

資産運用
株式投資
投資信託
FX
金投資
不動産投資

 

たぶん、資産運用(投資)が一番現実的です。

 

株式投資

株の仕組みを、元教師が中学生や子供にもわかるように簡単に解説する

「資産運用・投資をしながら社会や経済についても勉強したい!」っていう人におすすめ。

 

株の銘柄(種類)によっても違うのですが、そこそこまとまったお金が必要なのが難点です。

が、基本は放置でOKなので、忙しい人でもやりやすい資産運用・投資です。

 

もちお
もちお
教員・公務員が副収入をゲットする手段のトップランナーって感じ。

 

 

 

投資信託

投資信託の仕組みを元教員が日本一わかりやすく解説しようと頑張る記事

「お金を自分で運用するのではなく、プロを信じ、お金を託して、プロに運用してもらう」方法です。

 

「資産運用・投資をしてみたいけど、いろいろ考えるのは面倒だし時間もない!」っていう人におすすめ。

 

もちろん手数料はとられますが、プロの人に任せられる安心感があります。

1つの金融商品にだけ投資をするのではなく、いくつかの金融商品に投資をする「分散投資」をしてくれるので、リスクが小さいとされています。

 

もちお
もちお
副収入を得たいと思っているのに、投資信託をやっていないのはもったいないです。

 

 

 

FX

FXの仕組みの説明画像

「外国の通貨を買ったり売ったりして、利益を得る」方法です。

 

資金が少ない人や、ゲーム感覚でお金を増やしたい人におすすめかも。

 

株よりも少ない資金で投資・資産運用ができることが最大のメリットです。

 

もちお
もちお
ただ、僕はまったくおすすめしません。

 

試しにやってみるくらいなら良いとは思いますが、FXを副収入を得る手段として使うのはマジでやめた方が良いです。

 

 

 

金投資

金投資についての説明画像

「金(=ゴールド)を資産として保有する」方法です。

 

「自分は”堅実”で”安定志向”なんです!」っていう人におすすめ。

 

金(ゴールド)はそれ自体が価値を持っている現物資産なのが最大の強み。

埋蔵量が少なくて”レア “なので、価値が急激に低くなったりしません。

 

もちお
もちお
なので、安定感があります。

 

そんなわけで、株式の相場が下がった時に、金(ゴールド)は相場が上がることも多いのだとか。

(実際、コロナの影響で金の価格が上がっている)

もちろん、金(ゴールド)自身が新たな価値を生み出すことは一切ないのですが、金(ゴールド)の安定感から、金投資は「守りの投資」と言われます。

 

 

 

 

不動産投資

不動産の画像

物件や土地を保有して、家賃収入などを得る方法です。

 

かなりの資金力がある人向けです。

 

不動産の規模によっては禁止される可能性があります。

 

もちお
もちお
難易度が高いので、おすすめしません。

 

が、すでにそれなりに資産がある人だったら、説明会とかに行って検討してみるのもありだと思います。

(僕は資産はそんなにありませんでしたが、説明会に参加してみたことがあります。結構勉強になる。)

 

 

 

【ネットビジネス】

ネットビジネス
ブログ等でのアフィリエイト ×
せどり(転売) ×
エンタメ系YouTube ×
教育系YouTube △(教員)
WEBライター ×
教育系WEBライター △(教員)

 

 

ブログ等でのアフィリエイト

パソコンの画像

禁止です。

 

 

ただ、教員・公務員を辞めようと考えている人は、早めにブログを始めておくのを僕はおすすめしています(広告は貼らずに)

 

 

 

せどり(転売)

服の画像

禁止です。

 

 

エンタメ系YouTube

YouTuberの画像

広告をつけずに活動するならOKだと思います。

 

ただし、変なことをやって「信用失墜行為」とみなされると、面倒なことになります。

 

 

 

 

教育系YouTube

※社会科チャンネルをやっています。チャンネル登録お願いします(クリック)。

教員の場合、許可される可能性があります。

 

ただし、「職務に専念する義務」に悪影響が及ぶようだと、許可は出ないはず。

教育系YouTubeをやりたい場合は、本業を文句なく行うことが必要。

(本業をやりながらYouTube活動をするのは難易度が高い)

 

もちお
もちお
僕もYouTubeをやっていますが、結構大変ですw

 

 

 

WEBライター

パソコンの画像

禁止です。

 

 

教育系WEBライター

パソコンの画像

教員の場合、許可される可能性があります。

 

ただし、「職務に専念する義務」に悪影響が及ぶようだと、許可は出ないはず。

教育系WEBライターをやりたい場合は、本業を文句なく行うことが必要。

 

とはいえ、文字単価は「1文字1円」が一般的と言われているので、ライター業で稼ごうと思ったらかなり大変です。

 

 

 

【執筆活動】

執筆活動
教育系以外の書籍 ×
教育系の書籍 △(教員)

 

書籍を出版したりする副業です。

 

 

教育系以外の書籍

本の画像

禁止です。

 

 

教育系の書籍

パソコンの画像

教員の場合、許可される可能性があります。(実際、事例がたくさんある)

 

ただし、「職務に専念する義務」に悪影響が及ぶようだと、許可は出ないはず。

教育系の執筆活動をやりたい場合は、本業を文句なく行うことが必要。

 

それなりの印税収入を得るには、本がかなり売れることが必要です。

「定番の参考書」を執筆することができれば、毎年のようにお金をチャリンチャリンと生み出してくれる財産になります。

 

もちお
もちお
が、そうなるのは結構難しいです。(むちゃ難しい)

 

難易度は相当高め。

 

 

 

【バイト】

バイト
飲食店など ×
内職 ×

 

 

飲食店など

飲食店の画像

禁止です。

まず許可が出ないはず。

 

 

内職

段ボールの画像

禁止です。

 

まず許可が出ないはず。

 

 

 

教員・公務員が副収入を得る時に知っておくべき法令

学校の廊下の画像

地方公務員法 第38条

 

まず、地方公務員法の規定について。

地方公務員法第38条では、「任命権者の許可を受けなければ、」

  • 「営利を目的とする私企業」の役員になったり、
  • 「自ら営利企業を営」んだり、
  • 「報酬を得て」事業や事務に従事したり

することが禁止されています。

※国家公務員にも同様の規定があります。

地方公務員法

(営利企業への従事等の制限)

第三十八条

職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

 

これが「公務員は副業禁止」と言われる理由。

というわけで、営利を目的とする仕事、例えば

  • 飲食店などでのバイト
  • 内職バイト
  • ネットビジネス

は、「任命権者の許可を受けなければ」禁止です。

 

こっそりエンタメ系ユーチューバーをやって広告収入をゲットしたり、内職でお金をもらったり…っていうのは違法行為。

バレたら処分が下されるはずです。

 

教育公務員特例法 第17条

 

ただ、ネットビジネスの中のWEBライターや執筆活動、教育系YouTuberは微妙なところです。

特に教員の場合は、です。

 

というのも、教育公務員特例法の規定の中には、「やってOK」と言われている副業があるから。

教育公務員特例法第17条では、「任命権者」「において認める場合には、」

  • 「教育に関する他の職を兼ね」たり、
  • 「教育に関する他の事業若しくは事務に従事」したり

することが認められています。

 

教育公務員特例法

(兼職及び他の事業等の従事)

第十七条

教育公務員は、教育に関する他の職を兼ね、又は教育に関する他の事業若しくは事務に従事することが本務の遂行に支障がないと任命権者(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第三十七条第一項に規定する県費負担教職員については、市町村(特別区を含む。以下同じ。)の教育委員会。第二十三条第二項及び第二十四条第二項において同じ。)において認める場合には、給与を受け、又は受けないで、その職を兼ね、又はその事業若しくは事務に従事することができる。

 

「やってOK」って積極的に認めているところがポイントです。

教育に関する執筆活動(ライター業)やYouTube活動は、許可が出る可能性が高いと言えます。

 

 

以上の規定を見ると、「資産運用」は禁止とされていないことがわかります。

というわけで、教員・公務員が資産運用で副収入を得るのはOKです。

っていうか、もし資産運用(投資)がNGだとしたら、銀行に預金して利息をゲットするのも禁止になります。

 

もちお
もちお
あり得ません。

 

ちなみに、不動産投資はグレーです。

地方公務員・教員に対しては不動産投資についての規定はないのですが、国家公務員に適用される人事院規則で、不動産投資のルールが定められているのです。

 

もちお
もちお
ざっくり言うと、不動産の規模が大きすぎたら「副業」と見なすのでやっちゃダメだよ、ということが書かれています。

 

このルールが地方公務員にも準用される可能性もあります。

 

なので、あなたが地方公務員で、不動産投資をやろうと思っている場合は、自分が所属する地方自治体にしっかりと確認しておいた方が良いと思います。

 

地方公務員法第33〜35条

 

認められている副業を何も気にせずやってOKか?というと、そういうわけではありません。

 

地方公務員法第33〜35条の規定をしっかり守る必要があります。

地方公務員法第33〜35条では、

  • 信用失墜行為の禁止
  • 秘密を守る義務
  • 職務に専念する義務

が規定されています。

 

勤務時間中に株やFXや執筆活動を行うのは、「職務専念義務違反」ということになって、一発レッドカードになり得るので絶対にNGです。

学校のパソコンで株の売買をしてバレたら、ほぼ確実に懲戒処分です。

 

また、教育系YouTuberとしての活動が認められたとしても、動画の中で下ネタを言いまくったりすると「信用失墜行為の禁止」に抵触する可能性があります。

 

副業を行う場合は、地方公務員法第33〜35条の規定をしっかり守るように。

 

 

 

まとめ

以上、

教員・公務員が副収入を得る手段

について解説をしました。

 

まとめると、

○:許可なしでやってOK

△:許可が出るかもしれない

×:許可が出ない可能性が圧倒的に高い

資産運用

株式投資
投資信託
FX
金投資
不動産投資

執筆活動

教育系以外の書籍 ×
教育系の書籍 △(教員)

バイト

飲食店など ×
内職 ×

 

やる場合は、

  • 信用失墜行為の禁止
  • 秘密を守る義務
  • 職務に専念する義務

を守るべし

となります。

 

身分が保障されている教員・公務員といえど、安心できない世の中ですので、準備しておきましょう。

 

もちおでした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です