Apple

【2020年】教員におすすめのiPadを元教員が紹介【活用法も】

【2020年】教員におすすめのiPadを元教員が紹介【活用法も】iPadってたくさんの種類が発売されていて「どれがいいのかな?」って悩みがち。

あと、iPadをこれから買おうかなと思っている教師は「iPadってどうやって仕事に活用すればいいのー?」ってなりがち。

 

ということで、この記事では、

Apple好きで元教員の僕が

  • 教員におすすめのiPadと、
  • 元教員の僕がどうやってiPadを活用していたのか?

について説明します。

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

【2020年版】教員におすすめのiPadはこれ

iPad Air 4の画像

2020年に発売されたiPad Air(第4世代)がかなり良い感じです。今iPadを買うならこれ、って感じ。

 

おすすめな理由は3つ。

  1. 高性能
  2. なのに値段が超高い!ってわけじゃない(約63,000円〜)
  3. 薄くて軽い(458g)

 

性能に関して詳しく説明するのはやめますが、教員の仕事をサポートする道具としては文句なしのパフォーマンスを発揮してくれるはず。

※iPad Proっていうより高性能なバージョンもあるのですが、教員には不要だと思います。授業動画を作成するために動画編集をバリバリやるつもりだったらProの方が良さげですが。

 

 

 

教員がiPadを活用する時の必需品

Apple Pencil

タブレットのメリット(スマホやPCだと難しいけど、タブレットならやりやすいこと)って、「手書きできること」だと思っています。

で、iPad Airなら、Apple Pencil 2(別売)を使うことで手書きの資料を作ったり、写真や文書にメモを書き加えたりできます。

 

 

Keyboard

一方、タブレットのデメリットはキーボードでの入力が大変なこと。

でも、2020年に発売されたMagic Keyboard(別売)とiPad Airを組み合わせて使えば、キーボードでのタイピングも快適にできます。(Magic Keyboardについているトラックパッドでカーソル操作もできる)

※Magic Keyboardは値段が高いので、Bluetoothのキーボードを使うのでもOKだと思う。

 

 

iPadの種類

iPad Pro

値段 約85,000円~
画面サイズ 11インチ
12.9インチ
重量 約470g(11インチ)
約640g(12.9インチ)
容量 128GB
256GB
512GB
1TB
Apple Pencil対応 Apple Pencil(第2世代)
Keyboard対応 Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード

 

iPadの中で最も性能が高いモデル。

動画編集をバリバリやります!って感じじゃなかったらiPad Airで十分だと思います。

 

 

 

iPad Air

値段 約63,000円~
画面サイズ 10.9インチ
重量 約460g
容量 64GB
256GB
Apple Pencil対応 Apple Pencil(第2世代)
Keyboard対応 Magic Keyboard
Smart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード

 

いま一番買いなのがこれ。最もバランスが良いと思います。

 

 

 

iPad

値段 約35,000円~
画面サイズ 10.2インチ
重量 約490g
容量 32GB
128GB
Apple Pencil対応 Apple Pencil(第1世代)
Keyboard対応 Smart Keyboard Folio
Bluetoothキーボード

 

「そこまで性能が高くなくても大丈夫!とにかく安いやつが欲しい!」っていう人におすすめ。

値段は約35,000円~と、かなり安いです。

 

Apple Pencil(第一世代)に対応しているので手書きもOK。

キーボードも接続できます。

 

 

 

iPad mini

値段 約45,000円~
画面サイズ 7.9インチ
重量 約300g
容量 64GB
256GB
Apple Pencil対応 Apple Pencil(第1世代)
Keyboard対応 Bluetoothキーボード

 

「手に持って使えるサイズが欲しい!」っていう人におすすめ。

 

何か(プリントとか)を作る時、小さい画面サイズに使いにくさを感じるとは思うから注意が必要です。

でも、「何かを作る時は基本的にはパソコンでやります!iPad miniはちょこっと修正する時用!」って割り切れるなら全然問題なし。

 

Apple Pencil(第一世代)に対応しているので手書きもOK。

Bluetoothでキーボードを接続することも可能です。

 

 

 

元教員の僕はiPad Proをこうやって活用した

①授業中にちょこっと調べ物をする

タブレットを使っている男性の画像

授業中にずっと持っておいて、生徒から質問があった時に手元のタブレットでサクッと調べるという活用の仕方。

 

 

②机間巡視の時に生徒に間近で資料を見せる

タブレットを見ている子供の画像

タブレットを持って教室内をグルグル回って、生徒に写真などを見せるという活用の仕方。

写真をいちいちカラー印刷しなくていいので楽です。

 

 

③動画やプレゼン画面をプロジェクターで映す

プロジェクターの画像

タブレットに表示されているものをプロジェクターで映して生徒に見せるために使うことも。パワーポイントとか。

これ、パソコンをプロジェクターにつないでやっている教員の方が多いと思うのですが、実はタブレットでもできます。

 

ただ、プロジェクターにつなぐにはアダプタが必要です。

 

Apple Lightning – Digital AVアダプタ(Lightning端子のiPadとプロジェクターをHDMIケーブルでつなぐ)

 

USB-C Digital AV Multiportアダプタ(USB-C端子のiPadとプロジェクターをHDMIケーブルでつなぐ)

 

Lightning to VGA アダプタ(Lightning端子のiPadとプロジェクターをVGAケーブルでつなぐ)

 

 

④手書きしているところをプロジェクターで映す

タブレットを使っている男性の画像

手書きしているところを生徒に見せるというマニアックな使い方をしたこともあります。書画カメラみたいなイメージです。

 

 

⑤授業で使う資料を作る

iPadの画像

授業のプリントや、授業で使うプレゼンテーション資料(パワーポイントなど)を作るために使う。

画面の左側にインターネット閲覧アプリ、右側にテキストアプリを並べて、調べ物をしながらプリントを作ったりすることができます。

画面の左側に教科書の写真(撮影しておいたやつ)を表示させて、プリントを作ることもありました。

 

 

⑥手書き資料を作る

iPadのApple pencilで作成した教材の画像

こんな感じで、地図に書きこんでテスト問題を作成したり(パソコンで同じ作業をやろうとすると大変)

 

iPadのApple pencilで作成した教材の画像

オリジナルの図を描いたり。

 

iPadのApple pencilで作成した教材の画像

部活動の指導の時にも使いました。

 

 

 

教員におすすめのタブレット

【2020年】教員におすすめのタブレットを元教員が紹介【活用法も】
【2020年】教員におすすめのタブレットを元教員が紹介【活用法も】この記事では、 元教員の僕が「これはおすすめ!」って思うタブレットと、 元教員の僕がどうやってタブレットを活用していたのか? についてまとめておこうと思います。...

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!