【教員】

教員を辞めたいあなたへ、教員から転職した僕の経験談を書く【理由】

教員を辞めたいあなたへ、教員を辞めた僕の経験談を話す【理由】「教員(教師)を辞めたいなあ」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

教員を辞めた僕の経験談

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • 僕が教員を辞めたいと思った理由がわかる

 

この記事の信頼性

  • 僕(もちお)は元教員

 

 

僕が教員を辞めたいと思った理由

【授業】50分授業で40人の生徒を見るのって無理じゃね?

教室の画像

今の学校教育の仕組みに限界を感じた、っていうのが一番大きかったです。

どう考えても、50分授業の中で、1人の教員が、40人の生徒の力を伸ばす!ってのは無理じゃね?って感じでした。

 

だって、理解のスピードとか今までの積み重ねの量とか、ひとりひとり違うわけですよ。

 

もちお
もちお
それなのに、40人の生徒に対して教員が喋り続ける授業なんて、失礼極まりないじゃないですか。

 

「話についてこれない人は知りません」って言っているようなもので。

 

かといって、学力が低めの生徒に合わせて喋ると、学力が高めの人からしたら「もうわかってるよ!早く次進んでよ!」って感じなわけじゃないですか。

 

 

疲れている男性の画像
もちお
もちお
これは厳しいな、と。

 

で、若いなりに、下手くそなりに、「50分の授業時間の中で、理解のスピードなどが違う40人の生徒全員の力をどうやったら伸ばせるだろう?」ってわりと真剣に考えました。

 

結論、

生徒はひとりひとりiPadなどのタブレット端末で調べたり動画授業を見たりする

教員は教室を動き回って生徒ひとりひとりの質問などに答える

これしかない!って思ったんですけど、そのための環境が整っていないんですよね。

 

今の学校教育の仕組みに限界を感じたのです。

 

 

 

【授業】ツンデレ

?の画像

ツンデレ対応されて「は?」ってなりました。

 

実は、

「もちお先生の授業はアクティブラーニング(≒主体的・対話的で深い学び)の最先端だ!素晴らしい!見に行くべき!」

って絶賛をしていただいていたのです。

 

もちお
もちお
確かに、僕自身いろんな本を読んですごく勉強をしていたし、(指導技術としては未熟ではあったけど、)学習指導要領が目指す方向性の授業であったことは間違いないと思っていました。

 

が、突然呼び出され。

 

突然のツン対応。

 

「”普通”の授業をしてほしい」っていう要望の声が生徒か保護者からあったんでしょうね。
(※”普通”の授業=教員が喋りつづける授業)

 

僕自身、絶賛してもらっていた時とやっていることは変わっていない、というか反省点を踏まえて改善途中だったのですが、突然ツン対応されて「は?」ってなるわけです。

 

もちお
もちお
で、「こういう考えでやっています」って説明しようと思ったら

 

「子どもで実験するな!」

 

って怒鳴られてシャットアウト。

 

 

疲れている男性の画像
もちお
もちお
せめて話聞いてくれよ、、、って。

 

別に僕だって完璧な授業をしているとは思わないし、むしろうまくいってない部分が多かったと思うんですよ。

だからこそ、「こうやった方が良い」っていう具体的なアドバイスはしっかりと受け止めるつもりだったんですよ。

 

なのに、話すら聞かず、具体的なアドバイスすらせず、という。

 

しかも、呼び出される前に授業をじっくり見に来てもなかったような気がしたので、さすがに

もちお
もちお
見に来てもないくせに要望の声が入った瞬間に態度変えてんじゃねえよおおおお!

 

って言いそうになりました。

 

 

退職代行サービス

退職代行EXIT ・相談から退職完了までスマホで完結
・指定の転職エージェントに登録して転職したら、代行費用を全額キャッシュバックしてくれる・代行費用50,000円
・無料相談可
>>詳細
弁護士法人みやび ・弁護士資格がある人が対応してくれる安心感がある

・代行費用55,000円+α
・無料相談可
>>詳細

わたしNEXT ・女性向け退職代行
・相談から退職完了までスマホで完結・代行費用29,800円
・無料相談可>>詳細

 

 

【授業】まだ2年目でしょ?

学校の廊下の画像

そして、挙句の果てに「キミ、まだ●年目でしょ?なんか勘違いしてるよ」というマウントの取り方をされるという。

 

「教員として最低なマウントの取り方だな」って、2年目でペーペーの僕は思ったのです。

(まあ単純に言うと、僕は嫌われていたということですww)

 

 

【多忙】降ってくる校務分掌(全然余裕ですよね。)

本の画像

あと、忙しすぎたっていうのも教員を辞めたいと思った理由の1つです。

校務分掌が降ってくるわけですよ。

 

諸事情があって、他の教員がメインで担当していた校務分掌(かなり大きめ)を僕が担当することになったんです。

 

で、まあある程度それは覚悟していたので「そうかあ」って思いつつ、僕が担当する分掌を全部並べてみたら「これ、どう考えても自分のキャパ超えてるわ」って感じだったんですよ。

 

 

女性の画像

ですが、「まあこれくらい普通だよね。できるよね。」っていう言われ方をして、「は?」っていうw

 

もちお
もちお
せめて「ごめんね。お願いできないかな。」って感じで言えよおおおおおお!っていうw

 

教員の生活を守る、とかそういう考え方が決定的に欠けていることに気づいたのです。

 

 

【多忙】時給を計算してみた

お金の画像

そして、時給を計算してしまったのです。

 

僕の、ある月の実際の月収(手取り)は242,102円でした。

この月の勤務日は20日あって、1日の勤務時間は約8時間なので、8時間 × 20日 = 160時間の勤務です。

さらに、この月は残業を100時間以上していたので、この月の勤務時間の合計は260時間くらい。

 

で、時給換算すると

242,102 ÷ 260 = 931円

ってことで、バイト並みだってことに気づいてしまったんですよね。

 

もちお
もちお
なんだこれええええええ!っていう。

 

(実際には、これに土日の部活動の時間も加わります。そして、僕は家に帰ってから翌日の授業準備をしていたので、実際の時給はもっと低くなる。)

 

 

 

【多忙】飲み会に行かなかったら翌日指導

ビールの画像

で、忙しすぎて授業準備とかの時間が欲しかったので、職場の飲み会に行かなかったんです。

そしたら、翌日呼び出されて「なんで来なかったの?良くないよ、それ」って指導されるという。

 

 

【多忙】ブチギレ

動物の画像

で、本当に多忙でツラかったので、「忙しすぎてキツイので、この業務(通知表の所見)を削減することはできませんか」って週案(教員の業務日誌みたいなもの)に書いたんです。

 

もちお
もちお
通知表の所見を部分的に削減している学校も実際にあるので、そう書いたわけです。

 

そしたら、呼び出されて

「こういうこと書くんじゃないよ!(ドン!)」「たかが●年目の人が何なのかなあ!」って感じでブチギレられるというw

 

「教員は年功序列の世界だなあ、、そりゃ学校教育は変わらないわ、、」って、学校教育に限界を感じた瞬間でした。

 

 

【人間関係】職員室での戦争

爆発の画像

あと、みんなが仕事をしている職員室でいきなり上司にケンカを売られたことも。

(どんだけオマエ嫌われてるねんって感じですが)

 

もちお
もちお
僕なりに「こうした方が、結果的に良くなるはずだ」って思ってやったことが気に食わなかったみたいです。

 

賛否両論あることは分かっていたので、否定されるのは良かったんです。

ただ、みんなが仕事をしている職員室でいきなり怒鳴られたので、「それはないわー」って感じでした。

 

で、僕も「じゃ、やってやるよ」って思って応戦してw、一時、職員室が静まり返る事態になりました(本当にすみません)

 

もちお
もちお
とにかく、「上司って全然話を聞いてくれないんだな」って思うようになって、日に日に教員を辞めたいなって思いが強くなっていきました。

 

 

【人間関係】毎日かかってくる電話

電話の画像

そして毎日かかってくる電話。

諸事情があって大変だった時期は、毎日30分〜1時間(時には1時間以上)、感情的な電話がかかってきて。

 

もちお
もちお
あれはツラかったです。

 

 

プツンと切れた

壊れたぬいぐるみの画像

こんな感じで、「学校教育への疑問」「人間関係のストレス」「多忙」などなどの理由で学校っていうものに魅力を感じなくなっていきました。

それに、教員を辞めた方がやりたいこと(=「頑張りたい」って思っている人のサポート)をしやすいってことも確信していました。

 

「教員を辞めたい」って強く思うようになっていたんです。

 

もちお
もちお
でも、責任感というか、「この生徒たちの卒業までは頑張らなきゃ。あと1年頑張ろう。」っていう思いがあって。

 

まあ今思うと「教員が思うほど、生徒は教員に思い入れはない」ので、そんなこと思う必要なんてなかった気がするんですけどね。

 

で、「あと1年」っていう思いで教員を続けたんですけど、プツンと糸が切れる出来事があって、そこで辞めることを決意しました。

 

 

 

教員にこだわる必要はない

空を見上げる男性の画像

僕が強く思うのは、「教員っていう肩書きにこだわる必要はない」っていうこと。

 

教育に関わりたかったら、学校教育以外にもたくさん選択肢があるし、むしろその選択肢の方が教育に深く関われる可能性だってあります。

 

もちお
もちお
だから、この記事をここまで読んでくださったあなたが、もし「教員を辞めたいなあ」って思っているのであれば、こう言いたいです。

 

「教員以外の方法で教育に携わるのもありですよ!」って。

 

もちお
もちお
教員は素晴らしい職業だと思うし、いま熱意をもって教員として働いている人は本当に尊敬しています(マジで)

 

ですが、目の前の40人の生徒ひとりひとりと向き合うのが難しいのも事実です。

真剣にやろうと思えば思うほど、学校教育のしがらみとかいろんな理由でシンドくなるはずです。

 

もちお
もちお
もし教員として働いて身も心もボロボロになりかけているんだったら、別の方法を探すのもありなんじゃないのかなって、本気で思います。

 

 

 

まとめ

以上、

教員を辞めた僕の経験談

について書きました。

 

まとめると、

  • 今の学校教育の仕組みに限界を感じて「教員を辞めたい」って思った
  • 上司などとの人間関係に疲れて「教員を辞めたい」って思った
  • 教員が思うほど生徒は教員に思い入れはないから、責任感を感じる必要はない!
  • 教育に携わりたかったら教員にこだわる必要はない!

となります。

 

退職代行サービス

退職代行EXIT ・相談から退職完了までスマホで完結
・指定の転職エージェントに登録して転職したら、代行費用を全額キャッシュバックしてくれる・代行費用50,000円
・無料相談可
>>詳細
弁護士法人みやび ・弁護士資格がある人が対応してくれる安心感がある

・代行費用55,000円+α
・無料相談可
>>詳細

わたしNEXT ・女性向け退職代行
・相談から退職完了までスマホで完結・代行費用29,800円
・無料相談可>>詳細

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!
ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!