【教員】

【教員(教師)のやりがい】感じる場面は5つ、感じない場面は2つ

【教員(教師)のやりがい】感じる場面は5つ、感じない場面は2つ「教員(教師)のやりがいって何?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

教員をやって、「やりがいがある」とも「やりがいがない」とも思いました。

 

本記事では、元教員の僕が

教員のやりがい

について説明をします。

※公立教員(公務員)の話をします。

 

この記事を読むと

  • 教員(教師)のやりがいがわかる

 

この記事の信頼性

  • 僕(もちお)は元中学校教員

 

 

教員(教師)はやりがいがあると感じた場面

①生徒が成長しようとしている時

勉強する女の子の画像

成長しようと努力・挑戦している生徒を見ると、やりがいを感じました。

おせっかいにも「その生徒に対して、自分にできることはないかな?」って考えちゃうのが教員なんですよね。

 

例えば、

  • 「もっと強くなりたい!」(部活)
  • 「もっと指揮をうまくできるようになりたい!」(合唱コンクール)
  • 「もっと良いものをつくりたい!」(学校行事)

っていう時などなど。

 

もちお
もちお
逆に、生徒が成長意欲を失った瞬間も「どうやったら立ち直るかな?」って考えちゃうのが教員なので、そこもやりがいを感じる瞬間かもです。

 

 

②がんばろうとしている生徒が協力を求めてきた時

女の子の画像

がんばろうとしている生徒に協力を求められると、やりがいを感じました。

ここでやりがいを感じない人は教師に向いていない気がします。

 

例えば、

  • 「もっと強くなりたいので●●を教えてください!」(部活)
  • 「放課後、指揮の練習を一緒にお願いします!」(合唱コンクール)
  • 「どうやったらみんなをもっと引っ張れますか?」(学校行事)

っていう時などなど。

 

もちお
もちお
「この生徒のためにできることをしよう!」って思っちゃいますよね。

 

 

 

③個別指導で生徒が「わかった」と言った時

子供に教える女性の画像

個別指導の中で生徒が「わかった」と言ってくれた時に、やりがいを感じました。

 

もちお
もちお
②の「生徒が協力を求めてきた時」に近いですね。

 

自習の時間や休み時間に、生徒が「ここが分からない」「ここについて教えて」って言ってくることがあるんですよね。

そこで個別指導が始まるんですけど、その結果「あーそういうことか!」「なるほど!」「わかった!」ってなると、うれしいなあって思います。

ただ、本当はわかってないのに気を遣って(?)「わかりました。ありがとうございました。」って言う生徒もいますw

 

 

④生徒が保護者から自立するのを見た時

夜明けの画像

生徒が保護者から自立するのを見た時に、やりがいを感じます。

 

もちお
もちお
これはレア体験ですが。

 

「保護者にがんじがらめにされている」生徒もいるんですよね。

  • 「学校に行きたいと思っているのに、学校に行かせてくれない」
  • 「部活をやりたいと思っていないのに、無理やり部活をやらされる」
  • 「本当は●●高校に行きたいのに、親がそれを許してくれない」

わりとあるあるです。

 

もちお
もちお
保護者が子供の道をほとんど決めちゃっているっていうの、少なくはないんです。

 

もちろんお金を出すのは保護者だし、保護者にもある程度の決定権はあると思うんですけど、「子供をこうしたい!」っていう気持ちが強すぎる保護者もいます。

 

そんな時、親子での対立が起こることがあるんですよね。

そこで教員は(立場の弱い)生徒の自立に向けてサポートをします。

 

必要に応じて生徒と保護者の間に入り、おたがいの考えを整理して架け橋的な役割を果たす。

これが教員です。

 

もちお
もちお
結果的におたがいが納得した形で生徒が保護者から自立するのを見た時、「よかったー」って思います。

 

 

⑤生徒が卒業後もがんばっていることを知った時

ビジネスマンの画像

生徒が卒業後もがんばっていることを知った時に、やりがいを感じます。

 

もちお
もちお
卒業後の生徒が目標を持って何かに挑戦しているのを知ると、「うおおおおお、がんばれええええ!」って思うんですよね。

 

 

ただ、やりがいを感じない瞬間もあるんですよね。

 

教員(教師)はやりがいがないと感じた場面

①保護者と同じ方向を向けない時

考え込む男性の画像

「生徒の将来のため」っていう方向で保護者と協力し合えない時に、やりがいを失う感じがします。

 

もちお
もちお
学校で過ごす時間よりも家庭で過ごす時間の方が圧倒的に長いので、学校だけじゃ無理なんですよね。

 

生徒の将来のために何かを言ったり伝えたりしても、家に帰ってから生徒が文句を言うことってありますよね。

それはある程度しかたないこともあると思うんですけど、保護者も一緒になって文句を言ったりすることがあるんです。

 

もちお
もちお
まあもちろん教員側の言い方・伝え方が不十分だったりすることもあるんですけど、「生徒の将来のため」っていう考えを汲み取ってくれず、一緒になってグチグチ言っちゃったり。

 

家庭の影響力はすごいので、そうなっちゃうとお手上げなんですよね。

 

 

学校の廊下の画像

「生徒の将来のため」っていう方向性で保護者と同じ方向を向いていれば、言い方・伝え方が不十分でも学校側の意図を汲み取って、解釈しなおしてくれたりするわけですが。

 

もちお
もちお
そういう保護者がたくさんいて、すごくありがたい存在でした。

 

ただ一方で、保護者自信も「子供との一体感」をゲットしたくて、一緒になって文句を言っちゃう人もいるみたいなんですよ。

「言い方・伝え方が不十分だからだよボケえ!」って感じかもしれませんが、そうやって子供と一緒にグチグチ言うことと「ホント教員って言い方・伝え方が下手だよなあ…仕方ないなあ」って思いつつも学校側の意図を汲み取って噛み砕いて子供に伝えることと、どっちが子供の将来のためになるのか?ってことなんです。

 

 

まあ一緒に言いたくなる気持ちはわかるんですけどね。

でも、そうなるとわりと無力感をいだいてしまいます。

 

こうなっても、教員ならあの手この手でがんばるしかないです。

 

 

②授業の時

教室の画像

今の学校教育の仕組みに限界を感じて、やりがいを失う感じがしました。

 

もちお
もちお
教員2年目くらいで、「生徒ひとりひとりと向き合うのって無理じゃね?」って思うようになっていたんですよね。

 

若いなりに、下手くそなりに、「50分の授業時間の中で、理解のスピードなどが違う40人の生徒全員の力をどうやったら伸ばせるだろう?」ってわりと真剣に考えました。

 

で、40人の前で教員がひたすら喋る授業が「普通」だと思うんですけど、その授業は生徒ひとりひとりと向き合っている授業だとは思えなかったので、なかなかできず。

 

「『誰にでも分かりやすい授業』を目指しましょう!」って管理職は言うけど、今の学校教育の仕組み上、かなり厳しいのが現実ですよね。

 

 

 

まとめ

以上、

教員のやりがい

について説明をしました。

 

まとめると、

  1. 生徒が成長しようとしている時
  2. がんばろうとしている生徒が協力を求めてきた時
  3. 個別指導で生徒が「わかった」と言った時
  4. 生徒が保護者から自立するのを見た時
  5. 生徒が卒業後もがんばっていることを知った時

に、やりがいを感じるけど、

 

  1. 保護者と同じ方向を向けない時
  2. 授業の時

には、やりがいを感じない

となります。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!
ソフトテニスのメルマガ・個別アドバイスなど
よければどうぞ!