(地理)

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】「白夜(極夜)の授業をどうやってやるか考えている」

「太陽が沈まない現象(白夜)の理由がよく分からない」

「太陽が昇らない現象(極夜)の理由がよく分からない」

このブログ記事は、そのように思う教員や中高生の方々に向けて書いています。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。
社会科の教師をしていました。

 

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】

本記事では

  • 太陽が沈まない現象(白夜)
  • 太陽が昇らない現象(極夜)

について説明します。

もちお
もちお
授業の時に僕が説明した内容や、実際に定期テストに出題した問題

生徒に気を付けさせたいポイント

などを解説します。

この記事を読むことで、

  • 先生にとっては、授業づくりの参考になるかもしれません!
  • 中高生にとっては、テストで点数を取る時の参考になるかもしれません!

では、説明します。

一日中、太陽が沈まない地域がある!?

白夜の画像
引用:Wikipedia

なんと、地球には

一日中、太陽が沈まない地域があります。

この現象を「白夜(びゃくや)」と言います。

白夜

太陽が沈んでも暗くならないか、または太陽が沈まない現象

なんでこのような現象が起こるのでしょうか?

もちお
もちお
って、サクッと授業の導入をしていました。

太陽が沈まない現象(白夜)を解明するための前提知識

地球儀の画像まず、太陽が沈まない現象(白夜)の理由について考える時に必要な、前提知識について説明します。

 

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】

地球は、約1年(365日)かけて、太陽の周りを回っています。

この運動を、公転(こうてん)と言います。

 

また、地球自体もくるくると回転しています。

この運動を、自転(じてん)と言います。

 

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】

自転には回転の軸があります。

自転の回転軸のことを、地軸(ちじく)と言います。

地軸 = 北極点と南極点を結ぶ直線。地球の自転軸。

地軸は、約23.4度傾いています

 

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】なので、地球が自転しながら太陽の周りを公転する様子を図で示すと、このようになります。

 

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】北半球にある日本にいる時の四季の移り変わりを書き込むと、

  • 地軸の北側の部分が太陽の方を向いている時期が夏
  • 地軸の北側の部分が太陽と逆の方を向いている時期が冬

となります。

※くりかえしますが、北半球の場合です。南半球の四季は、これの逆になります。

 

ここまでが、太陽が沈まない現象(白夜)を解明するための前提知識です。

もちお
もちお
では、なんで太陽が沈まない現象(白夜)が起きるのか、考えてみましょう!

(で、生徒が考える時間を取るのもアリ)

太陽が沈まない現象(白夜)の理由

地球儀の画像さっそく結論です。

太陽が沈まない現象は、高緯度の地域で起こります。

なぜなら、

地軸(自転の軸)が約23.4度傾いているため、高緯度の地域は、夏に一日中太陽の方を向くことになるから

です。

図で説明するとこんな感じです。

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】北半球の夏の場合を考えます。

地軸の北側の部分が太陽の方を向いている時期が夏なので、北半球の夏はこの図のような状態になります。

 

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】「A」の地域は、地球が自転すると、太陽の方を向いていない(太陽に照らされない)時間帯があるのが分かります。

 

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】が、高緯度の地域である「B」の地域は、地球が自転しても、常に太陽の方を向く(太陽に照らされる)ことになります。

このような理由で、太陽が沈まない現象(白夜)が起こります。
(夏限定なので、一年中、太陽が沈まないわけではありません)

 

 

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】生徒の中には、自分を太陽に見立てて説明していた人もいました。

このように地球儀を持って、地球を自転させてみると、太陽である自分からずっと見えている地域がある!

これが太陽が沈まない現象(白夜)だ!

って。

白夜は、緯度が何度以上の地域で起きる?

地球儀の画像もう少し発展させて考えます。

では、太陽が沈まない現象(白夜)は、高緯度の地域で起こるっていうけど、

緯度が何度以上の地域で起きるのでしょうか?

これを考えることで、緯度についての復習にもなります。

 

緯度について不安な人は、緯度について解説をしている下記の記事をぜひ読んでみてください。

▶️緯度と経度の授業のポイントを元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】

緯度と経度の授業のポイントを元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】
緯度と経度の授業のポイントを元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】「緯度と経度の授業をどうやってやるか考えている」 「緯度と経度の内容がテスト範囲なんだけど、学校の先生ってどういうところをテストに出すのか知りたい」 このブログ記事は、そのように思う教員や中高生の方々に向けて書いています。 本記事では 緯度と経度 について説明します。 授業の時に僕が説明した内容や、 生徒に気を付けさせたいポイント などを解説します。 ...

 

太陽が沈まない(昇らない)!?白夜と極夜について元教師が解説【教師向け&中高生のテスト対策】

太陽が沈まない現象は、緯度が約66度以上の地域で起きます。

地軸が約23.4度傾いているからです。

90度 - 23.4度 = 約66度

 

世界地図(地球儀)を実際に見ると、緯度が約66度のところに、線が引いてあります。

  • 北緯66度あたりの線を北極線
  • 南緯66度あたりの線を南極線

と言います。

そして、この北極線と南極線よりも高緯度の地域のことを、それぞれ

  • 北極圏
  • 南極圏

と言います。

太陽が昇らない現象(極夜)もある

夜の画像勘が鋭い人はお気づきのように、太陽が沈まない現象(白夜)とは逆に、

一日中、太陽が昇らない地域があります。

この現象を「極夜(きょくや)」と言います。

極夜

太陽が昇っても明るくならないか、または太陽が昇らない現象

 

太陽が昇らない現象(白夜)と同じような説明になりますので、長々とした説明は省きます。

太陽が昇らない現象(極夜)は、高緯度の地域で冬に起こります。

白夜と極夜のまとめ

以上、

  • 太陽が沈まない現象(白夜)
  • 太陽が昇らない現象(極夜)

について説明しました。

白夜と極夜について理解すると、地球の自転や公転についても理解することになるので、「理科」の力も身につきます。

緯度についての復習にもなる、すばらしい教材だと思います!

参考:「勉強と部活を両立させたい中高生」や「授業づくりの参考になるものがほしい教員」にオススメな教材

文具の画像最後に、僕が使ってみて良いなと思った教材を紹介させてください。

その教材とは、スタディサプリです。

結構有名なので、知っている人も多いと思います。

 

スタディサプリは

  • 勉強と部活を両立させたい中高生
  • 授業づくりの参考になるものがほしい教員

にとって、かなり役立つと思っています。

スタディサプリ

下記の記事でくわしく解説をしていますので、もしよければご覧ください。

たぶん、塾に通ったり指導書を読んだりするよりも、スタディサプリの方が効果が高いです。

▶️中学生で勉強と部活を両立させたいならスタディサプリでしょ

勉強をしている人の手元の画像
中学生で勉強と部活を両立させたいならスタディサプリでしょ勉強と部活を両立させたい人 「勉強と部活を両立させたいんだけど、忙しくて時間がない。何かコツがあったら教えてほしい。」 こういった疑問に答えます。 本記事では、 時間を有効的に使いながら、 素晴らしい先生の授業を 自分のペースに合わせて受けられる、 勉強と部活の両立にオススメな勉強方法を紹介します。...

▶️【教員必見】時間がなくて授業準備が間に合わない先生へ【時短】

板書する教員
【教員必見】時間がなくて授業準備が間に合わない先生へ【時短】授業準備の時間がなくて困っている学校教員 「教材研究や授業準備の時間がなくて間に合わない。どうすれば効率よく授業準備ができますか?」 こういった疑問に答えます。 本記事では、 スタディサプリというオンライン学習サービスを使うことで、効率的に授業準備できる ことについて説明します。...

以上、もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です