【教員・公務員】

「日本の学校教育は時代遅れ」という言葉に対して元教員の僕が思うこと

「日本の学校教育は時代遅れ」という言葉に対して元教員の僕が思うことここ最近よく聞くなあって思うのが、「日本の学校教育は時代遅れ」っていう言葉。

 

実は元教員の僕も在職中から同じことを思っていたんだけど、さすがに公務員の立場では言いづらかった…ってのが正直なところ。

 

この記事では、公務員ではないという立場から、言いたいことを好き勝手言う。

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

学校は時代遅れ

風船の画像

学校って、生徒一人一人が自分の力を”自分に合った形で”伸ばす場所だと僕は思っているんですけど、現代の日本の学校は全くそうなっていません。

 

テクノロジーが未発達で「生徒一人一人が自分の力を”自分に合った形で”伸ばす」ことが難しかった時代(昭和〜平成中期)だったら仕方ないと思うんです。

でも、今はテクノロジーがかなり発達していて、やろうと思えば「生徒一人一人が自分の力を”自分に合った形で”伸ばす」環境を作ることはできるわけです。教員の数が少なくても。

 

でも、現代の日本の学校はそれをやろうとはしていません。

 

そういう意味で、僕は「学校は時代遅れ」って思うんです。

 

 

いつまでも続く一方通行型授業

授業の画像

学校が時代遅れだと思う最大の理由が、授業のやり方。

「1人の教員が黒板に板書をして、30〜40人の生徒がノートにそれを書き写して終了」っていうような、一方通行型授業がいまだに行われています。

 

もちろん、タブレットやPCなどの設備が整っていないくて一方通行型の授業をせざるを得ない…っていう学校が多いのはわかっています。

 

 

んが、

学校に100台以上iPadが配備されていて、やろうと思えば「生徒一人一人が自分の力を”自分に合った形で”伸ばす」環境を作ることができる学校でも、教員は旧来の一方通行型授業を選びがち。

黒板を背に、教員がずっと喋って、板書をして、たまに生徒に”話し合い活動”をさせて、でもやっぱり教員がほとんどの時間喋って、チャイムが鳴る…そんな授業ばかりです。

 

もちお
もちお
恵まれた環境なのに!

 

(っていうか別にiPadがなくても、工夫次第で「生徒一人一人が自分の力を”自分に合った形で”伸ばす」環境に近づけることはできると思うけども)

 

つまり、教員自身が「クラスの生徒全員が同じペースで学習する」というのを頑なに守るんですよ。

そもそも「生徒一人一人が自分の力を”自分に合った形で”伸ばす」環境を構築しよう!という発想をもっていない教員がたっくさんいるんです。

 

そういう意味で、学校は時代遅れ。

 

 

んで、

このような画一的な一方通行型授業をしてしまうと、

 

半分以上の生徒が犠牲になる

という結果になってしまいます。

 

まあよく言われるやつで、一斉授業では中間層の生徒に合わせた難易度の授業をするから、中間層の生徒にとっては最高の授業になるかもしれないけど、

  • むちゃくちゃ勉強ができる生徒は「つまんな」って思うし
  • 勉強が苦手な生徒は「わかんね」って思う

ってことになってしまう、っていうこと。

 

 

実際、僕自身も教員の時に画一的な一方通行型授業をしたことがありましたが、

  • 勉強が得意な生徒は退屈そう
  • 勉強が苦手な生徒も退屈そう

っていう地獄のような状況を目の当たりにして、「これじゃいかんわ」って思ったことがあります。

 

 

このような時代遅れの教育が行われて、半分以上の生徒が犠牲になってきた結果、どうなったかというと

 

日本の産業は遅れを取り、SNSは悲惨な状況に

なりました。僕はそう解釈しています。

 

  • むちゃくちゃ勉強ができる生徒が高度な教育を受けることができなかった(中間層の生徒に合わせなきゃいけなかった)結果、日本の産業を牽引するいわゆる”高度人材”が育たなかったし、
  • 勉強が苦手な生徒が丁寧にフォローしてもらえなかった結果、(言い方は悪いけど)アホになって、SNS等で他の人の発言を”誤読”しクソリプをつけたり無駄に叩いたりするようになった。

 

今の日本の閉塞感は、日本の教育が時代遅れだったことと無関係ではないように思います。

 

 

んで。

いつまでも画一的な一方通行型授業を続けていわゆる”高度人材”が育たたないままにしてしまったら、日本の産業は発展せず、政府の税金収入も増えず、学校教育の予算も増えず、学校にお金が回らない…っていう悪循環に陥ります。

稼げる人が増えれば増えるほど政府も税金収入を増やすことができて、結果的に学校教育の予算が増え、iPadを配備したり…っていうことができるはずなんですけどね。

 

もちお
もちお
これ、やや強引な主張の仕方ですが、あながち間違ってはいないと思っています。

 

このまま時代遅れの教育を続けていたら、本当に日本はヤバイ。

 

 

教員の節約・貯金の手助けになるもの

おすすめ8選!公務員・教員向けのクレジットカードを元教員が解説

公務員・教員におすすめのクレジットカードを元公務員(教員)が解説
公務員・教員におすすめのクレジットカードを元公務員(教員)が解説「公務員・教員におすすめのクレジットカードを知りたい」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 公務員・教員におすすめのクレジットカード について説明をします。...

 

 

節約・貯金術!元公務員(教員)の僕が実際にやった節約・貯金方法

節約・貯金術!元公務員(教員)の僕が実際にやった節約・貯金方法
節約・貯金術!元公務員(教員)の僕が実際にやった節約・貯金方法「公務員・教員の節約術・貯金術を知りたい」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 公務員・教員の節約術・貯金術 について説明をします。...

 

 

教員の業務改善につながるグッズ

教員におすすめの便利グッズ・必需品【元教師が経験談をまじえて紹介】

教員におすすめの便利グッズ・必需品【元教師が経験談をまじえて紹介】
教員におすすめの便利グッズ・必需品&教室にあったら便利なもの本記事では、教員(先生)におすすめの便利グッズ・必需品について説明をします。...

 

 

職員室の机を整理!仕事がはかどるデスク周りグッズを元教員が紹介

職員室の机を整理!仕事がはかどるデスク周りグッズを元教員が紹介
職員室の机を整理!仕事がはかどるデスク周りグッズを元教員が紹介「職員室の机がきたなくて、仕事がはかどらない…」 「自分の机を、快適に仕事ができる環境にしたい!」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 教員のデスク整理グッズ について説明をします。...

 

 

教室にあると便利なもの【元教員が経験談をまじえて便利グッズを紹介】

教室にあると便利なもの【元教員が経験談をまじえて便利グッズを紹介】
教室にあると便利なもの【元教員が経験談をまじえて便利グッズを紹介】「教室にあると便利なものについて知りたい」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 教室(学校)の便利グッズ について説明をします。...

 

 

教員におすすめの本

教員が読むべき本14選!元教員の僕がおすすめ本を本気で紹介

教員が読むべき本14選!元教員の僕がおすすめ本を本気で紹介
教員が読むべき本!元教員の僕がおすすめ本を本気で紹介本記事では、 教員が読むべき本 について説明をします。...

 

 

授業準備を効率よくやる方法

授業準備が間に合わない先生へ。授業準備の方法を元教員が解説【時短】

授業準備が間に合わない先生へ。授業準備の方法を元教員が解説【時短】
授業準備が間に合わない先生へ。授業準備の方法を元教員が解説【時短】「教材研究や授業準備の時間がなくて間に合わない。」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 本記事では、 授業準備をうまいことやる方法 について説明をします。...

 

「勤務時間内に授業準備とか無理だわ!」っていうのが、教員の本音ですよね。

この記事では、授業準備の時短術などについて書きました。

 

 

教員の方へ

本を出版しました

「過去の僕のようになってほしくない」という思いを込めて、元教員の僕の具体的なノウハウをまとめた電子書籍を出版しました。

 

<目次>

  • はじめに
  • 第1章 長時間労働の理由
  • 第2章 生産性を意識する
  • 第3章 教員の仕事との向き合い方
  • 第4章 スケジュール管理・タスク管理
  • 第5章 作業環境を整える
  • 第6章 教室環境を整える
  • 第7章 メンタルを整える
  • おわりに

 

いろんなキンドル本が読み放題になるKindle Unlimited会員の方なら、無料でお読みいただけます!

なので、Kindle Unlimitedでお読みいただくのがおすすめです!

 

 

 

YouTubeもやっています

チャンネル登録お願いします(クリック)

 

社会科ブログも運営しています

また、社会科についてまとめたブログ「社会科マガジン」も運営しています。日本史などの教材研究にお役立てください。

社会科マガジン

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA