【教員・公務員】

イオンカードの良さをたくさん紹介する【公務員・教員にもおすすめ】

 

本記事では、イオンカードについて説明をします!

 

イオンカード

イオンカードの画像

イオンユーザーなら作っておくべきクレカです。持っておいて損することはないはず。

 

イオンカードの良さ

  1. 年会費無料
  2. イオン系店舗でポイント還元率が高い
  3. 「感謝デー」で買い物が5%オフ
  4. イオンシネマの映画料金が300円オフ
  5. カードデザインがたくさん

 

\年会費無料!公式ページはこちら↓/

イオンカード

イオンカード

 

関連:イオンカードについて

 

 

イオンカードの基本情報

還元率 0.5%(200円につき1円分)(イオングループ対象店なら1.0%)
年会費 無料
国際ブランド Mastercard、VISA、JCB
保険 なし
電子マネー WAON
追加カード ETCカード(無料)
家族カード(無料:3枚まで)

 

 

年会費無料

イオンカードは年会費が無料です。

 

家族カードも無料で発行できます。

家族カードとは

クレジットカード所有者(本会員)の家族が持てるカード。

本会員と同じカードを発行できる。

(例えば、父がクレカの本会員で、母と子供がイオンカードを発行…のように)

 

また、ETCカードも無料で発行できます。

 

\年会費無料!公式ページはこちら↓/

イオンカード

イオンカード

 

 

イオン系店舗でポイント還元率が高い

イオンカードの特典の画像

イオングループ対象店舗でイオンカードを使うと、ポイント還元率が1.0%(ときめきポイント2倍)となります。

 

ポイント還元率とは、「クレジットカードの利用金額に対して得られたポイントを、お金に交換するといくらになるのか」という比率のこと。

通常、200円につき「ときめきポイント」が1ポイントたまります。

「ときめきポイント」は1ポイント=1円として利用できます。

 

ポイント還元率が1.0%以上のクレカは、「高還元率カード」って言われたりします。

 

通常はポイント還元率0.5%なので、ぶっちゃけ普通のクレジットカードなのですが、イオンをよく利用する場合は絶対に持っておいた方が良いです。

 

イオンカードの特典の画像

ちなみに、毎月10日の「ときめきWポイントデー」では、イオングループ対象店舗に限らず、イオンカードで支払うとポイントが2倍になります。

※他のポイントキャンペーンとの併用はできないので、10日にイオングループ対象店で支払ったとしてもポイントが2×2=4倍になるわけではないので注意。

 

もし普段使っているクレジットカードのポイント還元率が0.5%くらいなのであれば、毎月10日はイオンカードで支払った方がお得です。

 

イオンカードの特典の画像

また、全国のイオン、マックスバリュなどの店舗でイオンの電子マネーWAONを使うと、毎月5日、15日、25日(「お客さまわくわくデー」)はWAON POINTが2倍になります。

 

 

まとめると、こんな感じ。

いつでも イオングループ対象店舗でポイント還元率1.0%
毎月10日 どの店舗でもポイント還元率1.0%
毎月5日、15日、25日 全国のイオン、マックスバリュなどでWAON POINT 2倍

 

 

\年会費無料!公式ページはこちら↓/

イオンカード

イオンカード

 

 

 

 

ちょっと待って。もともとポイント還元率1.0%のクレジットカードを持っていればわざわざイオンカードを作る必要なくない?

って思ったあなたへ。

 

イオンカードが「イオンユーザーなら作っておくべきクレカ」である本当の理由はここからです!

 

「感謝デー」で買い物が5%オフ

イオンカードの特典の画像

毎月20日、30日は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、サンデー、ビブレ、ザ・ビッグなどの店舗でイオンカードを使うと、支払い代金が5%オフになります。

 

これがイオンカードの最大のメリット。家族カード会員の人も5%オフになります。

 

 

イオンカードの特典の画像

ちなみに、55歳以上の人限定のG.Gイオンカードなら、毎月15日の「G.G感謝デー」は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、ザ・ビッグで支払い代金が5%オフになります。

55歳以上の人はイオンカードに「G.Gマーク」というものが付きます。

G.Gって、「ジジイ」って意味じゃないですよ。だって、ババアもいますからね…じゃなくて、G.Gとは「グランド・ジェネレーション」(Grand Generation)のこと。

「最上級世代」」という意味です。

で、G.Gマーク付きのイオンカードを使うと、毎月15日の「G.G感謝デー」は、全国のイオン、マックスバリュ、イオンスーパーセンター、ザ・ビッグで支払い代金が5%オフになります。

 

 

まとめると、こんな感じ。

毎月20日、30日 全国のイオン、マックスバリュなどで、イオンカードで支払うと、代金5%オフ
毎月15日 全国のイオン、マックスバリュなどで、55歳以上限定のG.Gイオンカードで支払うと、代金5%オフ

 

 

イオンシネマの映画料金が300円オフ

イオンカードの特典の画像

イオンシネマ(旧ワーナー・マイカル・シネマズ含む)の一般通常料金(1,800円または、1,700円)イオンカードで支払うと、会員の方と同伴の方(大人1名まで)各300円引きになります。

※イオンシネマ弘前のみ、200円引き。

 

これはイオンで映画を見るわけではない人にとっては関係ない特典ですが…ないよりあった方がうれしいサービスですよね。(イオンで映画を見る人は、イオンカードを持たないと損)

 

 

イオンカードの特典の画像

ちなみに、イオンカード(ミニオンズ)イオンカード(TGC)の場合は、いつでも映画料金が1,000円になるようです。

 

これはスゴすぎます。

映画のためだけにイオンカード(ミニオンズ)・イオンカード(TGC)を発行するのもアリだと思います。

 

\年会費無料!公式ページはこちら↓/

イオンカード

イオンカード

 

 

 

カードデザインがたくさん

で、イオンカードはカードデザインがたくさんあります。

もちろん、どれも年会費無料。

 

 

審査は?

イオンカード自体、審査がわりと優しめだと言われています。

もし審査に通らないとしたら、過去にクレジットカードの支払いを滞納しまくった経験があったり…っていうことだと思います。

 

 

\年会費無料!公式ページはこちら↓/

イオンカード

イオンカード

 

 

 

イオンカード(WAON一体型)とイオンカードセレクトの違い

イオンカードの画像 イオンカードの画像

イオンカードには「イオンカード(WAON一体型)」「イオンカードセレクト」の2つの種類があります。

これらの違いは、引き落とし銀行です。

引き落とし銀行 特典
イオンカード(WAON一体型) 自分で選べる
イオンカードセレクト イオン銀行のみ WAONポイントがたまりやすい

 

 

イオンカードセレクトに申し込むと、イオン銀行も開設することになります。

 

引き落とし銀行がイオン銀行に制限される代わりに、イオンカード(WAON一体型)の機能に加えて、WAONポイントをもっと貯められるサービスを利用できます。

  • WAONポイントをオートチャージにすると、月間オートチャージ利用合計金額に対し、200円毎に1WAONポイント貯まる
  • 公共料金をイオンカードセレクトで支払うと、1件につき毎月5WAONポイント貯まる
  • イオン銀行を給与振込口座にすると、毎月10WAONポイント貯まる

 

家族カードではこれらの特典は対象外です。(家族カードは、イオンカード(WAON一体型)となる)

 

せっかくだからイオン銀行も開設しようかなと思う人は、イオンカードセレクトにすると良いと思います。

 

 

\年会費無料!公式ページはこちら↓/

イオンカード

イオンカード

 

 

 

ゴールドカードの申し込みはできない

イオンカードの画像

イオンのゴールドカードは、イオンカード利用者の中から優良顧客と認定された方のみ、発行を許されます。

 

なので、ゴールドカードが欲しい人はせっせとイオンカードを利用し続けましょう。

 

ゴールドカードを持っていると、イオンの中にあるラウンジを利用できるようになります。(ドリンクやお菓子のサービスを受けられる)

 

 

イオンカードの申し込み方法

イオンカードの画像

(1)イオンカード申し込みページを開きます。

 

(2)発行したいカードのデザインを選びます。

 

(3)イオンカードの所有状況の確認

 

(4)イオン銀行キャッシュカードの所有状況の確認

 

(5)居住地国の確認

 

(6)その他参考になるべき事項の確認 → 特になければ「なし」を選択

 

(7)外国人PEPsについての確認 → 重要な公人でなければ「該当しない」を選択

 

(8)運転免許証の所有状況の確認

 

(9)Web明細(環境宣言)に同意

 

(10)登録者の情報を入力

 

(11)勤務先情報などを入力

 

(12)カードの暗証番号などを入力

 

(13)リボ払いのお支払額設定 → 特になければ「2,000円~」でOK

 

(14)全リボへのお申込み→「利用しません」にして、リボ払いを回避するのがオススメ

 

(15)ETCカード申し込みの選択(車を使わない人は不要)

 

(16)イオンiD(無料なので申し込んでおいて損はしない)

 

(17)WAONオートチャージ(WAON残高が3,000円未満になると自動的にチャージされる) → とりあえず「利用しません」でOK。あとで変更可能。

 

(18)店舗でのカードお受取り → 今すぐ使いたい人は「店舗で受取ります」にチェック

 

(19)終了

 

\年会費無料!公式ページはこちら↓/

イオンカード

イオンカード

 

 

 

 

他のおすすめのクレジットカードまとめ記事はこちら

おすすめのクレジットカード

 

 

公務員・教員におすすめの記事

公務員・教員のお金の増やし方

教員・公務員はなぜ副業禁止?副業はどこまでだったらOK?

 

教員専用・おすすめのクレジットカード

公務員専用・おすすめのクレジットカード

 

教員におすすめの便利グッズ・必需品

教員が読むべき本

 

教員・公務員のプライベート充実についてまとめた記事はこちら

仕事以外も充実させたい人へ

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA