【教員】

【高収入!?】教員の年収を、元教師が暴露する【毎月の給料とボーナスも】

【高収入!?】教員の年収を、元教師が暴露する【毎月の給料とボーナスも】「教員の年収ってどれくらいなの?」

「学校の先生になりたいんだけど、年収が気になる」

「学校の先生ってたくさん給料もらってるの?」

このブログ記事は、そのような方々に向けて書いています。

 

こんにちは。元教師のもちお(@softenisuke)です。
世の中について、なるべく分かりやすく解説してみなさんの役に立てるよう、ブログなどをがんばっております!

今回は、

教員の年収

について書きます。

もちお
もちお
元教師が、暴露します

20代後半の中学校教員の年収は?

貯金箱の画像実際の給与明細を見ながら、書きます。

  • ※概数(おおよその数)です。
  • ※通勤手当は含みません。

給与

4月 345,000円
5月 350,000円
6月 345,000円
7月 340,000円
8月 350,000円
9月 340,000円
10月 355,000円
11月 350,000円
12月 350,000円
1月 350,000円
2月 345,000円
3月 345,000円

賞与(ボーナス)

6月 715,000円
12月 750,000円

中学校教員(20代後半)の年収(給与+賞与) = 5,615,000円

この数字には、土日の部活動の手当ても含まれています。
(※土日の部活動は、4時間やって3,000円くらい。1日あたりの上限は決まっているので、1日練習をしたからといって手当てが増額されるわけではない。)

年収は560万くらいですが、ここから

所得税、住民税、社会保険料など

が引かれますので、もちろん実際の手取りはもっと下がります。

残業してもしなくても、給料は変わらない

夜の画像20代後半で年収560万円と聞くと、

一般的な年収よりも高い!

って思うかもしれません。

が、実際に教員として働いてみると、

「労働に対する正当な対価をいただいている」という感覚はありません。

というのも、残業してもしなくても年収560万円だからです。

言い換えると、

  • 毎日17時に退勤しても
  • 毎日20時に退勤しても

年収は変わりません。

 

なぜなら、給特法という法律があるからです。

くわしくは別記事で書きますが、簡単に言うと、

  • 時間外勤務手当は支給しない
  • その代わりに、給与月額の4%を「教職調整額」として支給する

というものです。
(※4%という支給額は、実際にせざるをえない残業時間に合っていない)

 

このような規定があるため、いくら残業をしても年収は変わらないのです。

だったら残業しないでさっさと帰ればいいじゃないか

と思う方もいるかもしれません。

が、実際には

残業を全くしないで勤務時間内で全て完結させるのは、
今の学校現場に求められている仕事量的に不可能です。

なので結局、月額の4%という少ない「残業代」で残業をすることになります。

 

「労働に対する正当な対価をいただいている」という感覚はない

というのは、こういう事情からです。

実際、教員の給料を時給換算してみると、そこらへんのバイトの時給並みになります。

この点に関しては、また別記事で書きます。

主任になると、1日あたり数百円もらえる

リーダーのイメージ画像学年主任や生徒指導主任など、「●●主任」という役職につくと、1日あたり数百円の特別手当がもらえます。

主任になって負うことになる責任を考えると、その対価は正当ではないと思います。

担任になっても、年収は変わらない

教室の画像担任になっても、特別手当はつきません。

担任と副担任では仕事量がかなり違いますが、対価は変わりません。

ちなみに、教員(地方公務員)の世界は基本的に年功序列賃金です。

なので、

担任で、バリバリ動いている若手

よりも

副担任で、仕事効率が悪く生徒指導も全くやらないベテラン

の方が圧倒的に給料をもらっている…ということがあり得ます。
(そんな事例はない!…はず

真面目に働いている教員ほど「もっと年収がほしい」と思う傾向が強い?

考える男性の画像

子供の成長のために真面目に働けば働くほど、
残業は増えて、「労働に対する正当な対価をいただいている」という感覚からかけ離れていく

のが、実態だと思います。

もちお
もちお
子供の成長のために一生懸命働いて、ボロボロになっている教員を見たことがあります。

その先生はたぶん給料のことを考えて仕事をしていたわけではないと思いますが、そんなボロボロになっている先生を見て、

「せめて、もっと給料をあげてくれ」

って、正直、思いました。

教員の年収のまとめ & 元教師からのお願い

もし、いま学校に通っている生徒の人や、その保護者の方がこの記事を読んでいて、

先生なんだから子供のためになんでもやるのは当たり前

という考え方を持っているのだとしたら、

その考え方は改めてほしい…と切に願います。

 

学校現場は、今、果たさなければならない仕事の量がとてつもなく膨張しています。

その結果、現場の先生方は疲弊しています。

 

たしかに、学校は子供の成長と命をあずかっている立場なので、それ相応の責任を負わなければいけないとは思います。

が、正当な対価を得ないまま、責任を果たすべく教員は毎日必死に働いています。

このままでは、学校現場は潰れてしまいます。

生徒と保護者にとって、学校の教員は

「敵対する相手」「サービスを提供する立場」ではなく

「成長に向けて一緒に歩んでいくパートナー」です。

 

もし、「先生なんだから子供のためになんでもやるのは当たり前」という考え方を持っているのであれば、

ちょっと考え直してもらえると、元教師としてうれしく思います。

 

以上、

教員の年収(+α)

の記事でした!

もしよければTwitterのフォローお願いします!

「辞めたい」って思った教員が、今すぐやるべきこと【新卒・初任者も】
「辞めたい」って思った教員が、今すぐやるべきこと【新卒・初任者も】「教員がこんなにつらいと思わなかった…」 「教員を辞めたい…」 このブログ記事では、そんなふうに悩んでしまっている教員の方向けに、 誰でもできる解決方法 について書きます。 ...
関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です