【教員】

教師(教員)のやりがいについて、元教師が解説【やりがいを感じない時もある】

教師(教員)のやりがいについて、元教師が解説【やりがいを感じない時もある】「教師(教員)のやりがいって何?」

このブログ記事は、そのように思う方々に向けて書いています。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。
社会科の教師をしていました。

 

学校の教員(教師)を見てみると、忙しそうで、しんどそうな顔をしていて、

何が楽しくて仕事してるのかな?

って思うことはありませんか。

 

そこで本記事では、元教員の立場から

教師(教員)のやりがいを感じる時

について書きます。

もちお
もちお
中学校の教員として感じたやりがいについて書きますが、小学校や高校の教員にも当てはまることもあると思いますので、ぜひ最後まで読んでみてください!

【教師(教員)のやりがい①】生徒が成長しようとしている瞬間を見た時

勉強する女の子の画像

教師(教員)のやりがいを感じる時の1つ目は、

生徒が成長しようとしている瞬間を見た時

です。

 

成長意欲を持っていて、努力しようとしている生徒を見ると、

「その生徒に対して、自分にできることはないかな?」

と考えるのが教員だと思います。

例えば、

  • 部活動の中で、生徒が上達を目指して一生懸命練習している時
  • 合唱コンクールの練習で、指揮者の生徒が指揮をもっと上手にできるようにしたいと思っている時
  • クラスや学校行事の中で、学級委員がもっと集団(チーム)を引っ張れるようになりたいと感じている時

などは、教員としての血が騒ぐ感じがします(笑)

▶️合唱コンクールで良い合唱をする(優勝する)コツ【考え方編】

合唱コンクールで良い合唱をする(優勝する)コツ【考え方編】
合唱コンクールで良い合唱をする(優勝する)コツ【考え方編】合唱コンクールを頑張りたい先生・中学生・高校生 「合唱コンクールを頑張りたいです。できれば、自分のクラスが優勝するようになりたいです。でも、男子が歌わなかったり、みんな恥ずかしがったりしていて、うまくいく気がしません。あと、どうやって練習すれば優勝できるようになるのかも分かりません。」 こういった疑問に答えます。...

【教師(教員)のやりがい②】がんばろうとしている生徒に協力を求められた時

女の子の画像

教師(教員)のやりがいを感じる時の2つ目は、

がんばろうとしている生徒に協力を求められた時

です。

 

上記の、「生徒が成長しようとしている時」に、さらに生徒自身から協力を求められると、教員のやりがいを強く感じます。

例えば、

  • 部活動の中で、「もっと上手くなるためにはどうしたらいいですか?」と言われた時
  • 合唱コンクールの練習で、「放課後、指揮の練習を一緒にやってくれませんか?」と言われた時
  • クラスや学校行事の中で、「みんなを引っ張るには、何が足りないですか?教えてください」と言われた時

は、心から「この生徒のためにがんばろう」と思います。

【教師(教員)のやりがい③】個別指導の中で生徒が「分かった」と言ってくれた時

子供に教える女性の画像

教師(教員)のやりがいを感じる時の3つ目は、

個別指導の中で生徒が「分かった」と言ってくれた時

です。

 

自習の時間や休み時間に、生徒が「ここが分からない」「ここについて教えて」と言ってくることがあります。

そうすると、個別指導が始まるわけですが、その個別指導に教員としてのやりがいを感じます

「なんとしても理解してもらおう」っていう気持ちになるからです。

さらに、その個別指導によって生徒が「あーそういうことか!」「なるほど!」「分かった!」ってなると、教員としてはとても嬉しいです。

【教師(教員)のやりがい④】生徒が保護者から自立するのを見た時

夜明けの画像

教師(教員)のやりがいを感じる時の4つ目は、

生徒が保護者から自立するのを見た時

です。

 

生徒の中には、「保護者にがんじがらめにされている」生徒もいる…というのが実情です。

例えば、

  • 学校に行きたいと思っているのに、学校に行かせてくれない
  • 部活をやりたいと思っていないのに、無理やり部活をやらされる
  • 本当は●●高校に行きたいのに、親がそれを許してくれない

などです。

保護者なりの考えがあったとしても、子供の話を全く聞かず、保護者が全て決定してしまっている

ということが、あったりします。
(子供が、親の顔色をうかがいながら生活している)

そんな時に、必要に応じて生徒と保護者の間に入り、お互いの考えを整理して架け橋的な役割を果たすのが教員です。

結果的に、双方が納得する形で生徒が保護者から自立できた時、つまり、保護者によるがんじがらめから解放された時、教員としてのやりがいを感じます。

【教師(教員)のやりがい⑤】生徒が卒業後もがんばっていることを知った時

ビジネスマンの画像

教師(教員)のやりがいを感じる時の5つ目は、

生徒が卒業後もがんばっていることを知った時

です。

 

卒業後にも連絡をしてくれる生徒は稀ですが、連絡がないとしても、卒業後もがんばっていることを何かの機会に知った時に、教員としてはやりがいを感じるものだと思います。

人格形成と授業にはやりがいを感じない

考え込む男性の画像

一方で、やりがいを感じない場面もあります。

1つ目は、人格形成の場面です。

偉そうな話ですが、教員は「子供の心を成長させたい」と思うものです。

ですが、学校という限られた場だけで人格形成をしようとしても、なかなかうまくいきません

生徒の人格形成にとって、正直な話、家庭の影響力が絶大すぎるからです。
(良くも悪くも、子供は保護者とよく似る)

保護者と教員が同じ方向を向いていればいいですが、そうでない場合、教員が学校でいくら働きかけたとしても、なかなかうまくいかないものです。
(こういう例、わりとあります)

かなりの無力感をいだきます。

 

教室の画像

2つ目は、授業の場面です。

教員がほぼ一方的に解説をする「1対40」のような集団授業の場合、生徒一人一人に合わせた授業はできないので、やりがいを感じられません。

教員をやっていると、「誰にでも分かりやすい授業」「授業のユニバーサルデザイン」という言葉をよく聞きます。

教員がそのような意識を持つこと自体は良いとは思います。

が、教員がほぼ一方的に解説をする「1対40」のような集団授業の場で「誰にでも分かりやすい授業」「授業のユニバーサルデザイン」を実現する、というのは幻想なのでは?と思うこともあります。

つまらなそうに手をあげる生徒

それくらい、教員がほぼ一方的に解説をする「1対40」のような集団授業の場で生徒の「分かった」を実現するのはむずかしいのです。
(というか、全員をそうさせるのはゼッタイ無理)

そういう意味で、生徒が自分のペースで一人一人学習し、教員が適宜、指導を行う形に授業のスタイルをシフトさせなければいけないと思うのですが、学校現場では、いまだに教員がほぼ一方的に解説をする「1対40」のような集団授業が推奨されているような雰囲気です。

その中で、「『誰にでも分かりやすい授業』を目指しましょう!」と言われても、教員としてのやりがいを感じづらいと思います。

教師(教員)のやりがいを感じる時のまとめ

以上、

教師(教員)のやりがいを感じる時

について解説をしました。

まとめると、

  • 生徒が成長しようとしている瞬間を見た時
  • がんばろうとしている生徒に協力を求められた時
  • 個別指導の中で生徒が「分かった」と言ってくれた時
  • 生徒が保護者から自立するのを見た時
  • 生徒が卒業後もがんばっていることを知った時

に、教員としてのやりがいを感じる

となります。

さらにまとめると、

  • 生徒の「がんばりたい」気持ち
  • 生徒ががんばっている様子

に触れた時にやりがいを感じる

と言えます。

一方で、教員としての無力感を感じる時にはやりがいを感じられない、と言えます。

もし教員としてのやりがいを感じられず、悩んでいる教員の方がいたら、自分の強みを認識することが大事だと思います。

下記の記事で、自分の長所を無料で診断する方法について紹介をしていますので、もしよければ合わせてご覧ください。

▶️【自信喪失した教員へ】あなたの長所を「無料で」診断する方法を紹介

【自信喪失した教員へ】あなたの長所を「無料で」診断する方法を紹介
【自信喪失した教員へ】あなたの長所を「無料で」診断する方法を紹介「教員をやっているんだけど、最近自信がなくなってきた。自分の長所ってなんだろう。」 このブログ記事は、そんな方々に向けて書いています。 実は、自分の「長所」を「無料で」診断する方法があります。 長所をしっかりと把握しないで働くのは、とてももったいないです。...

以上、もちお(@softenisuke)でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です