【ソフトテニス】

ソフトテニスで目標を達成するためにやると良いこと【勝ちたい人へ】

ソフトテニスで目標を達成するためにやると良いこと【勝ちたい人へ】「ソフトテニスで目標を達成したい。勝ちたい。でも、どうすればいいか分からない。」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。
中高大とソフトテニスを続けて、今はソフトテニスの指導者をやっています。

 

部活動やクラブチームでソフトテニスをやっていると、顧問の先生やコーチなどの指導者から

目標を立てよう

って言われたことはありませんか。

 

で、目標は立てたんだけど、

  • どうやって目標を達成すればいいか分からなかったり、
  • 結局、目標を達成できなかったり。

 

そんなこんなで、

自分には無理なのかな

って、落ち込んでいませんか。

 

そんな「勝ちたい」気持ちがあるあなたに向けて、本記事では、

ソフトテニスの目標を達成するためにやるべきこと

について書きます。

もちお
もちお
悩んでいるあなたの手助けを少しでもできれば…と思います。

 

本記事は、下記の記事の続きになります。

目標の立て方について知りたい!という人は、まず下記の記事をチェックしてみてください。

 

▶️ソフトテニスで「目標を立てろ」と言われたけど方法が分からない人へ

「ソフトテニスで勝ちたい」なら、現状把握をする

目標を立てた後は、現状把握が必須です。

 

現状把握① 自分の課題と良いところを見つける

ポストイットの画像
  1. 精神面での課題
  2. 技術面での課題
  3. 精神面での良いところ
  4. 技術面での良いところ(=武器)

この4つについて、【できるだけ多く】【具体的に】書き出します。

もちこさん
もちこさん
技術面での課題は、「ボールがネットすることが多い」ってことかなあ。
もちお
もちお
もっと具体的に!どんな展開でどんなボールを打つ時にネットすることが多いの?
もちこさん
もちこさん
うーん。

正クロス展開で回り込んだ後に正クロスに返そうと思った時に、ネットが多いかなあ。

こんな感じ。

 

試合の場面がイメージできるように【具体的に】書き出します。

 

この「自分を見つめる」作業が本当に大事。

ここはかなりの時間がかかると思います。

 

で、課題だけでなく「良いところ」を見つめることも重要。

自分にとって自信がある「武器」が見つかると、勝ちやすくなるからです。

 

現状把握② 自分の課題と良いところを4つの展開に分類する

2019年ソフトテニス京都全中を観に行って感じたこと【芝東と昇陽すごい】
  1. 精神面での課題
  2. 技術面での課題
  3. 精神面での良いところ
  4. 技術面での良いところ(=武器)

を【できるだけ多く】【具体的に】書き出せたら、

技術面での課題、技術面での良いところ(=武器)

を、4つの展開に分類します。

  • (1)正クロス展開
  • (2)右ストレート展開
  • (3)左ストレート展開
  • (4)逆クロス展開

 

ソフトテニスのダブルスでは雁行陣が一般的ですので、試合中の一つ一つのプレーは、この4つの展開のどれかの中で行われます

 

自分が課題としているプレー(②)、自分が得意としているプレー(④)が、どの展開でのことなのかが分かれば、

  • 自分が得意な展開(ポイントを取りやすい展開)
    =もっと磨くべき展開

 

  • 自分が苦手な展開(ポイントを失いやすい展開)
    =克服すべき展開

が見えてきて、何をやれば良いのかが明確になってきます。

 

現状把握③ センターピンを見つける

ボウリングの画像

ここまでできたら、今度はセンターピンを考えます。

 

センターピンとは、ボーリングの真ん中にあるピンのことです。

もちお
もちお
ボーリングをする時、普通は真ん中のピンを狙って投げますよね。

ストライクを狙っているのに、端っこを狙って投げる人はいないと思います。

センターピンとは、「このピンを倒せば全てのピンが倒れる、というピン」であり、「このピンを倒さないと全てのピンは倒れない、というピン」です。

 

つまり、「物事の本質」です。

 

さっき考えた課題全てをつらぬくものは何なのか?

これさえうまくいけば、他のこともうまくいくはず…というものは何なのか?

この、自分のソフトテニス上達のセンターピンを考えます。

 

なぜこれを考えるかというと、全ての課題を一つ一つ克服していくのはとても時間がかかって、目標とする大会(試合)に間に合わないことがあるからです。

 

これを克服すれば、他の技術もうまくいくはず…

そのセンターピンを見定めて、効率的に練習していくのです。

※とはいえセンターピンを見抜くのは難しいので、途中で修正が入ることになると思います。

「あ、これじゃなかったかも」「センターピンはこっちか」と。

 

「ソフトテニスで勝ちたい」なら、逆算をして小さな目標を立てる

カレンダーの画像
  • 現状把握① 自分の課題と良いところを見つける
  • 現状把握② 自分の課題と良いところを4つの展開に分類する
  • 現状把握③ センターピンを見つける

まで終わったら、

逆算をして途中途中で小さな目標を立てます

もちこさん
もちこさん
目標は、3月21日の市内大会でベスト4!
もちお
もちお
遠い目標はイメージしづらいから、スモールステップの目標を立てようか。
もちお
もちお
自分の課題や良いところを書いた紙を見て、

  • 「●月までには◇◇ができるようになる」
  • 「●月の大会でベスト△までいく」

のように、考えてみよう。

スモールステップの目標を一つ一つ達成したら3月21日の市内大会でベスト4!になれるように、ね。

もちこさん
もちこさん
うい。
もちこさん
もちこさん
  • 11月 ●●ができるようになる
  • 12月 大会でベスト8までいく
  • 1月 △△ができるようになる
  • 2月 ◇◇ができるようになる

このように、【逆算して】スモールステップの目標を立てます。

 

「ソフトテニスで勝ちたい」なら、目標の達成手段を考える

スマッシュを打つ女子選手の画像

逆算してスモールステップの目標を立てられたら、その目標を達成するための手段を考えます。

 

考えることは3つです。

  • 練習メニュー
  • 練習日数(時間)
  • 実戦経験を積む機会

 

これらは実際の練習をしながら、そのつどそのつど修正することになります。

やりながら、

  • 「もっとこの練習をしないといけないな。」
  • 「この技術は思ったより早く身についたな。」
  • 「もっと練習日数を増やさないと間に合わないな。」
  • 「実戦経験を積む機会が少ないな。練習試合を入れなきゃ。」

って考えていきます。

 

「どうせ修正するんだったら、最初に計画は立てずに、やりながら考えればいいや」ではダメです。

目標達成に向けた本格的な練習に入る前に、大まかな練習計画を立てておくのは必須です。

見切り発車ではいけません。

 

ソフトテニスの目標達成をサポートしてくれるグッズ

カレンダーの画像

目標には【日付】(大会の日など)がありますので、カレンダーを意識することがとても重要になります。

 

ソフトテニス手帳の画像
引用:Amazon

そこで、手帳が役に立ちます。

手帳っていうと「子供が持つものではない」って思うかもしれませんが、ソフトテニスの目標を達成したかったらスケジュールを意識することが本当に重要なので、手帳があると便利かなと思います。

 

テニスノートを書いているかもしれませんが、テニスノートに使うような「普通のノート」って結構ボロボロになりやすいんですよね。

その点、手帳は作りがしっかりしていて丈夫なので、ボロボロになりにくいです。

もちお
もちお
ちょっと値段は高いですが、その分、特別感があります(笑)

 

ソフトテニス手帳の画像
引用:Amazon

スケジュール管理だけでなく、1日ごとの記録をしっかりと残すこともできるので、後で見返した時に思い出にひたることもできます(笑)

 

テニスノートではなく、手帳を使ってみてはどうでしょうか。

 

ソフトテニスの目標を達成するためにやるべきことのまとめ

以上、

ソフトテニスの目標を達成するためにやるべきこと

について説明をしました。

 

まとめると、

  • 現状把握① 自分の課題と良いところを見つける
  • 現状把握② 自分の課題と良いところを4つの展開に分類する
  • 現状把握③ センターピンを見つける
  • 【逆算して】スモールステップの目標を立てる
  • 目標の達成手段を考える

となります。

 

目標の立て方について知りたい!という人は、下記の記事をチェックしてみてください。

▶️ソフトテニスで「目標を立てろ」と言われたけど方法が分からない人へ

ソフトテニスで「目標を立てろ」と言われたけど方法が分からない人へ
ソフトテニスで「目標を立てろ」と言われたけど方法が分からない人へ「顧問の先生に『目標を立てよう』って言われたんだけど、どうやって考えればいいか分からない」 このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。 目標を立てのって難しいな… って、落ち込んでいませんか。 そんなあなたに向けて、本記事では、 ソフトテニスの目標の立て方 について書きます。...

 

以上、もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です