【ソフトテニス】

【ソフトテニス】コースの狙い方で悩むなら、テニスコートを区分せよ!

【ソフトテニス】コースの狙い方で悩むなら、テニスコートを区分せよ!
頭を抱えている男性の画像
ソフトテニスプレーヤー 「コースの狙い方が分かりません。どうしたらいいですか。」

 

こういった疑問に答えます。

 

こんにちは。もちおです。

ソフトテニスをやっていると、「コースがうまく狙えない」という悩みを抱くことってありますよね。

思ったところにボールを打てなくて、アウトしたり、短くなったり、前衛につかまったり…。

 

コースを狙えるようになりたいですよね。

そこで、本記事では

  • なぜコースを狙うことができないのか?
  • コースの狙い方
  • コースを狙えるようになるために必要なテニスコートの区分方法

について説明します。

僕自身は輝かしい実績を残した選手ではありませんでしたが、指導をした教え子が各種の大会で入賞したり、関東大会に出場したりしてくれました。みなさんに役立つ内容もあるかもしれませんので、自分の経験を記事に書きます!

 

また、テニスコートを区分しないままプレーしてもなかなか上達しないことが多いので、コートを区分しないで練習していた人は、今後、損するかもしれません。

なぜコースを狙うことができないのか?

コースを狙えない理由はいくつかあります。

純粋に、ボールのコースを打ち分ける技術がないことが理由な場合もありますが、実は見落としがちなのが、「そもそも狙えていない」という理由。

いやいや!俺はちゃんと狙ってるよ!それでも打てないんだよ!

っていう選手に、「じゃあどこを狙ったの?」と聞くと、「クロスらへんです」という曖昧な答えが返ってくることがあって、「そもそも狙えてないよそれ!」って思うことが多々ありました。

コースは「狭く」狙え!

【ソフトテニス】コースの狙い方のイラスト

イメージとしては、この絵のような感じ。

狙うコースが広ければ、ボールが落下する場所はもっと広くなります。

なので、狙うコースは「点」で、狭く狙うべきです。

「ここらへんに打つ」じゃなくて、「この点に打つ」という感覚です。

 

ただ、「点で狙う」のは小学生や中学生には難しすぎて「俺には無理」「私には無理」とあきらめてしまいがち。さらに、広いテニスコートの中で、どの点を狙えばいいのかが分からなくなりがち。

そこで、役に立つのがテニスコートの区分です。

テニスコートを細かく区分すると、狙いをしぼりやすくなります。逆に、テニスコートを区分していないと、「そもそも狙えていない」ということになりがちです。

なので、テニスコートを区分するのがオススメです。というか、上手くなりたかったら必須です。

テニスコートの区分方法

【ソフトテニス】コースの狙い方で重要なコート区分の図

僕は、このように区分をしました。

テニスコートは、サイドラインとサービスサイドライン(シングルスサイドライン)の間の幅を使って、縦にほぼ8等分することができます。

サイドラインとサービスサイドライン(シングルスサイドライン)の間のことを

  • アレー
  • 廊下
  • 二本線
  • 1.37

などと呼んだりします。最後の「1.37」というのは、この間の長さが1.37mだからです。

 

で、テニスコートは縦が23.77m、横が10.97mで、横幅を8で割ると、なんと1.37mなんです。

このように、テニスコートは、サイドラインとサービスサイドライン(シングルスサイドライン)の間の幅を使って、縦にほぼ8等分することができます。

なので、先ほどの図のようにコート区分をします。

【ソフトテニス】コースの狙い方で重要なコート区分の図

一番左のゾーンを「1番」、その隣を「2番」…というように呼ぶようにしました。

次に深さです。

これはチームの実力によってもっと細かく区分をするなど、バリエーションをつけてもいいかなとは思いますが、僕はとりあえず3つに区分しました。

サービスラインとベースラインを半分に割った幅で、3つに区分します。

 

テニスコートの区分方法はいくつかありますが、複雑なものだと選手が覚えきれないことがあります。僕も最初の頃は、こだわって複雑なコート区分を考えて選手に教えていましたが、複雑すぎて覚えてもらえませんでした(笑)

そして試行錯誤の結果、生まれたのが本記事で紹介したコートの区分方法です。この区分は簡単なので、中学生でも忘れずに覚えることができました。

実際の試合での使い方

【ソフトテニス】コースの狙い方で重要なコート区分の図実際の試合では、このように使います。

【指導者が選手に狙うコースを指示する時】

  • 「次のゲーム、レシーブで『深い1番』に打ってごらん」
  • 「ロブで『8番』に打つと、相手が苦しそうだったから、もう一度狙ってごらん」

【ペアで話し合う時】

  • 「セカンドレシーブは『深い4番』に打つね」
  • 『『浅い1番』に打った後、相手は前衛に打ってくるクセがあるね」

【ボールを打つ時】

  • 「『深い1番』を狙うぞ」
  • 「『浅い8番』に打って、相手を回り込ませながら前に崩そう」

まとめ

以上、

  • なぜコースを狙うことができないのか?
  • コースの狙い方
  • コースを狙えるようになるために必要なテニスコートの区分方法

を説明しました。

本記事で紹介したようにテニスコートを区分して、狙うコースを明確にすることが、コースを狙うための第一歩です。

いろいろなコートの区分方法があるとは思いますが、もしよければ参考にしてください!

 

おしまい!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です