【ソフトテニス】

【ソフトテニス】逆クロス展開が前衛にとって仕掛けやすい展開である理由

【ソフトテニス】逆クロス展開が前衛にとって仕掛けやすい展開である理由

 

もちお
もちお
もちおです。TwitterYouTubeやっています! お問い合わせはこちら

 

 

逆クロス展開が前衛にとって仕掛けやすい展開である理由

//もちおのソフトテニスノート

//2020年9月28日(月) 第257号

——————————————-

 

「逆クロス展開は3ラリー以内に前衛が勝負を仕掛けないといけない」

って大学時代のコーチに言われたことを、昨日の記事を書いているときに思い出しました。

 

昨日の記事↓

【256ページ目:もちおのソフトテニスノート】逆クロス展開の戦術(サイドラインを切ってから)

 

つまり「逆クロス展開は前衛にとって仕掛けやすい展開だ」という意味。

今回は「なんで逆クロス展開は前衛が仕掛けやすい展開なのか?」について話をします。

 

 

大学時代のコーチに教わった

一応、信頼性を担保するために言うと、大学時代のコーチは東京女子体育大学のOG。日本一を経験したことがある人です。

日本一を経験していて、あの名監督である武田博子さん(東京女子体育大学の監督)の指導を受けた人が「逆クロス展開は3ラリー以内に前衛が勝負を仕掛けないといけない」っていうことを言っていた。ので、「それは絶対に間違っている!」っていう説ではないはず。

 

ただ、その説の根拠は「自分で考えろ!」でした。

 

んで、自分なりに考えて「あー、こういうことか」って納得ができたので、(正しいかは謎だけど)僕なりの言葉で説明したいと思います。

 

 

逆クロス展開が前衛にとって仕掛けやすい展開である理由

一言で言うと、「右利きの場合、逆クロス展開での順コース(相手後衛がいる方のコース)は流しのボールになるから」

どういうことかというと。

 

 

逆クロス展開は順コースが「流し」になる

  • 引っ張り = 打点を前にして角度をつける打ち方・コースのこと
  • 流し = 打点を後ろにして角度をつける打ち方・コースのこと

 

なので、逆クロス展開では、右利きのフォアの場合

【257ページ目:もちおのソフトテニスノート】逆クロス展開が前衛にとって仕掛けやすい展開である理由
  • 引っ張り(打点が前)=ストレート
  • 流し(打点が後ろ)=逆クロス

になりますよね。

 

 

 

なので、右利きの相手後衛がフォアで構えた時、

  • 打点を前にしてストレートに打ってくるかもしれないし、
  • 打点を後ろにして逆クロスに打ってくるかもしれない

という2つの可能性を、ネットについている前衛は考慮しなきゃいけない

 

 

【257ページ目:もちおのソフトテニスノート】逆クロス展開が前衛にとって仕掛けやすい展開である理由

んが。

 

相手後衛が打点を後ろにした瞬間(ボールを引き込んだ瞬間)「打点を前にしてストレートに打ってくるかもしれない」という可能性が(ほぼ)消えます。打点を後ろにして引っ張るのはむちゃくちゃ難しい技術なので。

 

【257ページ目:もちおのソフトテニスノート】逆クロス展開が前衛にとって仕掛けやすい展開である理由

つまり、

 

ここからは裏Stepのメルマガ限定です。こちらから裏Stepメンバー(月額590円〜)になると、ほぼ毎日配信のメルマガをすべて読むことができます(過去記事も全部)

続きはこちらの記事

 

興味があれば裏Stepメンバーにぜひなってください!

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニスが好きな人へ ソフトテニスが好きな人へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍よりも安い値段で、ソフトテニス指導に関する情報を毎日お...

 

 

ソフマガよりも安い値段で、毎日情報をお届け

ソフトテニス指導の勉強をしたいけど、忙しくて時間がとれないという指導者の方々へ。

忙しいあなたの代わりに、暇人の僕がソフトテニスに関する研究・情報収集をします。ソフトテニス指導をひたすら追究します。そして、その成果をあなたに届けます。

 

”裏”Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)
ソフトテニスが好きな人へ ソフトテニスが好きな人へ。 ソフトテニス・マガジンやソフトテニス書籍よりも安い値段で、ソフトテニス指導に関する情報を毎日お...

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!