【ソフトテニス】

【ソフトテニス】前衛のポーチボレーで斜め前に動くのは本当に正しい?

【ソフトテニス】前衛のポーチボレーで斜め前に動くのは本当に正しい?

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)というオンラインチームを運営しているのですが、

その中の内容が全くわからないのもあれだと思うので、

裏Step内に投稿している記事をたまにブログにアップしています。

 

ということで、今回は裏Step内に投稿した

「ポーチボレーで斜め前に動くのって本当に正しいの?」

です。

 

もちお
もちお
どうぞ!

 

———————————————————
———————————————————

 

//もちおのソフトテニスノート

//2020年4月22日(水) 第98号

——————————————-

こんにちは。もちおです。

今回は、「ポーチボレーで斜め前に動くのって本当に正しいの?」っていう話です。

 

ソフトテニスをやっている人なら、前衛のポーチボレーの時は(ネットに近づくように)斜め前に動くんだよ」って聞いたことがあると思います。

 

僕自身も、「ポーチボレー(ランニングボレー)は斜め前に移動する!」って指導していました。

 

 

けど、よくよく考えてみたら「斜め前に動く」って100%正しいわけじゃないのでは?って思うようになったんですよ。

 

トップレベルの選手も、「斜め前」じゃなくて「横」に動いていたりしますからね。

っていうことで、ポーチボレーの動き方について改めて考えてみます。

 

 

ポーチボレーの打点に最短距離で動くには?

2019年ソフトテニス京都全中を観に行って感じたこと【芝東と昇陽すごい】

これはボレーに限らない話ですが、ソフトテニスでは打点に最短距離で移動することが大事ですよね。(#野球との違い)

最短距離で移動することができれば、「余裕を持って」ボールを打つことができるからです。

 

で、相手のインパクトから自分が打ち返すまでの時間が短いボレーにおいては、最短距離で移動することが特に重要だと考えられます。

 

ということで、最短距離となるポーチボレーの移動ルートを考えてみます。

 

まずクロスボレー。

【98ページ目:もちおのソフトテニスノート】ポーチボレーで斜め前に動くのって本当に正しいの?

ボールの軌道に対して、前衛の位置から垂直に線を下ろします。

それが最短距離になりますよね。(#中学校の数学)

 

そうやって理屈で考えると、たしかに斜め前に動くのが良さそうです。

ネットと並行に、真横に動いてしまうと、最短距離で打点まで移動できません。

(クロスボレーでボールに触れない前衛は、こうなっていることが多い)

 

 

じゃあ、ストレートボレーについて考えてみます。

【98ページ目:もちおのソフトテニスノート】ポーチボレーで斜め前に動くのって本当に正しいの?

あれ?

そうなんです。

垂線を引いて最短距離のルートを出してみると、「斜め前」じゃないんですよね。

 

 

さらに、コートの外側から内側に入ってくるストレートのボールをボレーする時を考えてみます。

【98ページ目:もちおのソフトテニスノート】ポーチボレーで斜め前に動くのって本当に正しいの?

あれ?

むしろ、「斜め後ろ」に移動する方が、最短距離でボールまで到達できるっていうことになります。

 

 

「おや?『斜め前』って本当に正しいの?」って感じなんですよ。(#認めたくない事実)

 

実際、トップレベルの選手の試合を見てみると、クロスボレーは「斜め前」に移動していることがほとんどですが、ストレートボレーでは「真横」もしくは「斜め後ろ」に移動していたりします。

(僕の経験的にも、ストレートボレーの時に斜め前に移動すると、ボールに届きにくい感じがします)

 

 

「斜め前」の理由

いやいや、「ボレーで斜め前に移動するのは、ボールに体重をのせるためだ!」っていう反論が来そうです。

 

これは間違ってはいないと思います。

 

ソフトテニスはボールにエネルギーを伝えて、ボールを飛ばすスポーツです。

ボールが飛ぶのに使えるエネルギーは2つ。

①飛んでくるボールのエネルギーを反発させる

②スイングしたラケットのエネルギーをボールに伝える

 

相手のインパクトから自分が打ち返すまでの時間が短いボレーにおいては、ラケットをスイングするのは安定性に欠けるので、基本的には①の方針をとるわけです。(#「ラケットを振るな!」)

 

 

ただ、ラケット面で反発させるだけだと威力のあるボレーは打てないので、なんとかしてエネルギーを生み出したくなります

 

そこで、スイングする代わりに「ラケットを持っている自分が前に移動する」という方法をとります

これが「斜め前に移動する」の理由。(のはず)

 

【98ページ目:もちおのソフトテニスノート】ポーチボレーで斜め前に動くのって本当に正しいの?

で、前衛のボレーの花形とも言えるクロスボレーでは、「斜め前」への移動=最短距離での移動。

「斜め前」への移動が、エネルギーを生み出すという点からも、最短距離で移動するという点からも、非常に合理的なんですよね。

 

 

ということで、クロスボレーにおいて、「ボレーは斜め前に移動する!」っていう指導が行われるわけです。

 

じゃあ、ストレートボレーでもそれは正しいのでしょうか?

 

このあたりはまた明日。

以上です!ではでは。

 

———————————————————
———————————————————

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日こんな感じでソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

興味がある方はぜひ!

裏Step

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!