【教員】

【教師はやめとけ?】教員のデメリットを元教員が解説【ブラック?】

【教師はやめとけ?】教員のデメリットを元教員が解説【ブラック?】「教員(教師)のデメリットって何?」

「教員(教師)ってブラックなの?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

「教師はやめとけ」って言われたことがある人も多いんじゃないでしょうか。

 

そこで本記事では、元教員の僕が

教員のデメリット

について説明をします。

※公立教員(公務員)の話をします。

 

この記事を読むと

  • 教員のデメリットがわかる

 

この記事の信頼性

  • 僕(もちお)は元教員

 

 

【教員のデメリット①】忙しすぎる

毎日、残業(時間外労働)はあたりまえ

夜の画像

教員は時間外労働がものすごく多いです。

 

もちお
もちお
1ヶ月あたりの時間外労働が80時間~100時間「過労死ライン」らしいんですけど、僕は教員時代つねに過労死ラインを超えていました。

 

っていうかそもそも

7:00 生徒登校
8:05 勤務時間開始
16:35 勤務時間終了
18:00 生徒下校

って感じのスケジュールなので、残業(時間外労働)が前提になっているんですよね。

 

あと4月の職員会議で「教員の休憩時間はここです」っていう紙を配られるんですけど、ただ「労働基準法にしたがっています」アピールっていうだけの無意味な紙です。

 

もちお
もちお
その紙通りに休憩している教員を1人も見たことがありません。

 

「いやいや残業が多いのなんて教員だけじゃないし。一般企業だって同じだし。」って思うかもしれません。

たしかにそうだと思うんですけど、教員の場合は残業代がほぼ出ないので、そのあたりが違うと思っています。

 

もちお
もちお
一般企業だと「喜んで残業をして残業代を稼ぐ」っていうこともあると思いますが、教員の場合は残業代が出ないので完全にサービス残業って感じです。

 

このあたりが、教員が「忙しすぎる!」ってブーブー言う背景です。

 

 

 

いつ帰れるかわからない

時計の画像

さらに、教員はいつ帰れるかが分かりません。

というのも、生徒指導などが突発的に起こるから。

 

生徒が何かトラブルを起こした場合、

  • 生徒との面談
  • 関係生徒との面談
  • 保護者への連絡(面談・家庭訪問)

などが必要になることがあるんですよね。

 

もちお
もちお
何かが起きてその対応をしなければいけなくなったら退勤できなくなるので、夜に予定を入れにくかったりします。

 

学校によっては、あるクラスでトラブルが起きた場合、少なくともその学年の担任は全員、トラブルが終結するまで残ることもあります。

そのような場合、クラスの数だけ「いつ帰れるか分からない」というリスクが増えることに。

 

 

「いやいや、いつ帰れるかわからないのなんて一般企業だって同じだし」って思うかもしれません。

が、学校の場合、相手が子供なので予測不可能すぎるんですよね。

 

もちお
もちお
わけわかんないケンカが起きたりするんですよ。

 

学校は子供が大人数で生活をしている場所だからトラブルが起きるのは当然だし、教員だってそんなことわかっているんですけどね。

夜に予定がある時は「頼むから今日なにも起こらないでくれ」って祈る感じですw

 

僕は、学校の飲み会がある日に限って、生徒指導(保護者対応)が起きました。
「飲み会の費用は払うけど、飲み会には間に合わない」っていうのを何度も経験して、わりと萎えました。

 

 

 

土日の休みがない

寝ている男性の画像

部活動があるので、土日の休みがないことがあります。

 

もちお
もちお
これ、僕は別に平気だったんですけど、興味のない部活動の顧問につくことになって土日まるまる練習ってなっていたら、さすがに「きついわ」って思っていた気がします。

 

ちなみに、部活動がなかったとしても土日の休みはないって思った方が良いかもしれません。

土日も、授業で話す内容を考えたりプリントを作ったり…っていう授業準備で忙しいんですよね。

授業準備の時間を勤務時間内には取れないし、平日は夜遅くに退勤するので退勤後にやるのもキツイので。

 

結局、土日に授業のストックをしないと追いつかないんです。

 

もちお
もちお
若い同僚も「土日に1週間の授業を準備しておく」って言っていましたし、ベテランの先生も土日に授業プリントを作ったりしていました。

 

だからたぶん僕だけじゃないはず。

 

こんな感じなので、「学校のことを一切考えない純粋な休み」はほぼないって思った方が良い感じです。

 

 

大変な保護者に絡まれると詰む

電話をしている男性の画像

そして大変な保護者に絡まれるリスクがあります。

ただでさえ忙しくていっぱいいっぱいなのに、”大変な”保護者に絡まれるとなかなかこたえます。

 

保護者の気持ちはわかるんですよ。

保護者だって忙しいしストレスを抱えているし不安だし心配だし子供のことを愛している。

 

もちお
もちお
だから保護者を適当にあしらったりは絶対しないし、誠意をもって接するんですけど、さすがにあまりにも暴走されると教員としてもシンドくなります。

 

で、世の中にはいろんな人がいるので、教員をやっていると必ず「自分が思ったことと自分の子供が言ったことが絶対で、聞く耳を持たず、全責任を学校に押し付けてくる」っていう保護者と出会うはずです。

そんな保護者に絡まれるようになると、いくら説明をしてもムダです。

 

もちお
もちお
心身を消耗することになって、かなりツライです。

 

 

 

【教員のデメリット②】成果がわからない

がんばっても給料は上がらない

貯金箱の画像

教員の場合、がんばっても給料は上がりません。

まあ一般企業も同じようなものかもしれませんが、公務員の場合はもっと厳格です(昇給プランが明確に決まっているイメージ)

 

もちお
もちお
ただ、逆に言うと「がんばらなくても給料が上がる」っていうことになるのでw、ここは一長一短かもしれません。

 

 

 

スキルが身につかない

キーボードを打つ手元の画像

学校の教員をやっていても、役に立つスキルは身につきません。

 

もちお
もちお
僕、これは結構大きなデメリットかなと思います。

 

教員を辞めた後に僕が実感したのは「自分って、稼ぐスキルが全然ないんだなあ」「とりあえず働くだけでお金がもらえる公務員って楽だったなあ」ってこと。

教員で身に付いたスキルって何なんだろう…って結構、絶望しました。

 

 

 

コスパ感覚を失う

寝ている猫の画像

コスパ感覚を失いやすいと思います。

 

例えば、資料の読み上げでほぼ終わる職員会議が普通に行われていることがあります。

 

もちお
もちお
これ「資料読んどいて」で良くない?っていう。

 

コストがすごくかかっているんですよね。

教員が40人参加する会議が2時間。

仮に1時間分の時給を2,000円としたら、

2,000円 ×2 × 40 = 160,000円

ですよ。

 

しかも寝ている教員が結構います。

 

もちお
もちお
まあもしかするとこのあたりは一般企業の会議も同じかもしれませんが。

 

あと、「これ、やる意味あるの?」という活動が、「去年もやっていたから」というような理由で継続されたりすることも。

ただ、そうなっちゃう理由もわからなくはないんですよね。(くわしくは次の見出しで)

 

 

モチベーション維持がむずかしい

考える女性の画像

教育の成果が見えにくいのでモチベーションの維持がむずかしいです。

 

もちお
もちお
学校教育って、成果が見えにくいんですよ。

 

コスパでいう「パ」(パフォーマンス)が、教育活動の結果生まれたのかどうか?っていうのが、見えづらい。

 

例えば、生徒の学力が上がったとしても、

  • その子供が自宅学習をがんばったから
  • 塾で教えてもらったから

かもしれませんよね。

 

教員自身の授業(教育活動)によって、学力が上がったかどうかは絶対にわからないんですよ。

道徳性の発達みたいに数値で測ることのできない成果も多いです。

 

このように、学校教育の成果はとても見えにくいのです。

だから、コスパ感覚が失われるのもわからなくはないです。

 

もちお
もちお
なかなかむずかしい世界。

 

ただ、いずれにせよ自分がやった仕事の成果が明確に分からないのは、想像以上につらく、モチベーションの低下につながります。

 

 

 

まとめ

以上、

教員のデメリット

について説明をしました。

 

まとめると、

  • 忙しすぎる
  • 成果がわからない

となります。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!
ソフトテニスの良い指導法・練習方法を知りたい人へ
自信あります!