【教員】

教員・公務員のブログでの副業はOK?元教員ブロガーが解説【収入も】

教員・公務員のブログでの副業はOK?元教員ブロガーが解説【収入も】「教員・公務員って、ブログで副業してもいいの?」

「ブログをやろうかなと思っているんだけど、稼げるの?」

このブログ記事は、そんな教師・公務員に向けた記事です。

 

こんにちは。元教員のもちお(@softenisuke)です。

 

副業が原則禁止の教員・公務員でも、「収入を増やしたい」って思いますよね。

 

そこで本記事では、

教員・公務員のブログでの副業

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • ブログで副業にしてもいいのか?がわかる
  • ブログでどれくらい稼げるのか?がわかる
  • できるだけ早くブログを始めた方が良い理由がわかる

 

この記事の信頼性

  • 法令の根拠に基づいて説明します
  • 僕(もちお)は元教員(公務員)
  • 僕(もちお)はブログ歴5年以上

 

もちお
もちお
他のブログ記事も読みましたが、どの記事よりも正確に書かれている自信があります!

 

 

 

教員・公務員はブログで副業してもいいの?

学校の廊下の画像

いきなりショッキングなお知らせかもしれませんが、

教員・公務員は、ブログでの副業は原則禁止です。

 

ブログでの稼ぎ方はいろいろありますが、基本的には「企業の商品・サービスを紹介する(=広告を出す)代わりに報酬を得る」という方法。

なので、ブログ収入は広告収入です。

 

で、副業禁止の教員・公務員は、広告収入をゲットしてはダメなのです。

任命権者の許可を得ればOKですが、許可が出ない可能性の方が高い気がします。

 

もちお
もちお
ここでページを閉じず、もうちょっとお付き合いください!

あくまで「原則」ですし、なるべく早くブログを始めておいた方が有利ってことも知っておいた方が良いと思うので。

 

法令の規定をまとめます。

上で説明した内容の法令を紹介するだけなので、読み飛ばしてもOKです。

 

地方公務員法

(営利企業への従事等の制限)

第三十八条

職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない

人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

 

 

教員は教育系ブログなら副業してもいい?

教室の画像

教員の副業は原則禁止ですが、「教育に関する副業」は奨励されている感じがあります(許可は必要)

 

教員の副業

教育に関する副業 OK。ただし市町村の教育委員会の許可が必要。
それ以外の副業 原則禁止。ただし、都道府県の教育委員会が人事委員会規則に基づいて許可を出せばOK。

 

もちお
もちお
ちょっとニュアンスが違うのがわかりますか。

 

法令の規定をまとめます。

上で説明した内容の法令を紹介するだけなので、読み飛ばしてもOKです。

 

教育公務員特例法

(兼職及び他の事業等の従事)

第十七条

教育公務員は、教育に関する他の職を兼ね、又は教育に関する他の事業若しくは事務に従事することが本務の遂行に支障がないと任命権者(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第三十七条第一項に規定する県費負担教職員については、市町村(特別区を含む。以下同じ。)の教育委員会。第二十三条第二項及び第二十四条第二項において同じ。)において認める場合には、給与を受け、又は受けないで、その職を兼ね、又はその事業若しくは事務に従事することができる

 

 

というわけで、教育に関するブログで収入を得るのはNGではなさそうです(許可は必要ですよ)

 

例えば、教育に関する本を出版して原稿料や印税をもらっている教員(公務員)の人がいますが、それとほぼ同じです。

実際、教員で「広告が貼られたブログ」を運営している人もいるようです。

 

 

でも、一応もう一度念を押しますが、教育委員会の許可は必要です。

 

 

スーツの画像

また、地方公務員法第33〜35条の規定は厳守する必要があります。

 

第33条 信用失墜行為の禁止
第34条 秘密を守る義務
第35条 職務に専念する義務

 

なので、個人情報をブログで書きまくる…ってのは絶対NGです(そんな人いないと思うけど)

 

法令の規定をまとめます。

上で説明した内容の法令を紹介するだけなので、読み飛ばしてもOKです。

 

地方公務員法

(信用失墜行為の禁止)

第三十三条

職員は、その職の信用を傷つけ、又は職員の職全体の不名誉となるような行為をしてはならない。

 

(秘密を守る義務)

第三十四条

職員は、職務上知り得た秘密を漏らしてはならない。その職を退いた後も、また、同様とする。

 

(職務に専念する義務)

第三十五条

職員は、法律又は条例に特別の定がある場合を除く外、その勤務時間及び職務上の注意力のすべてをその職責遂行のために用い、当該地方公共団体がなすべき責を有する職務にのみ従事しなければならない。

 

 

教員・公務員がブログでこっそり稼ぐのはあり?

パソコンの画像

なかには「バレないようにこっそりやればいいんじゃない?」って思う猛者もいると思うのでw、説明します。

 

えっと、

 

もちお
もちお
許可を得ずにこっそりブログで収入を得て、バレて、懲戒処分になっても知りませんよ。

 

これが真面目な回答。

許可を得ないでブログ収入を得るのは、立派な違法行為です。

 

 

もちお
もちお
…で、ここからはぶっちゃけます。

 

教員・公務員に限らず給与所得者は、副業で20万円を超える収入を得た場合、確定申告が必要になります。

なので、20万円っていうのがひとつのボーダーライン。

 

もちお
もちお
で、たぶんこんな感じです⏬(たぶんですよ)

 

教員がブログを運営する場合

【収入】20万円over
【内容】教育系
許可を得ればOK
許可が出る可能性は高い
隠しても基本バレる
【収入】20万円over
【内容】教育系以外
許可を得ればOK
でも許可が出ない可能性あり
隠しても基本バレる
【収入】20万円以下
【内容】教育系
許可を得ればOK
許可が出る可能性は高い
隠してもバレる可能性は低い
【収入】20万円以下
【内容】教育系以外
許可を得ればOK
でも許可が出ない可能性あり
隠してもバレる可能性は低い
【収入】なし
【内容】教育系
許可を得なくてOK
【収入】なし
【内容】教育系以外
許可を得なくてOK

※公務員の場合、【内容】は関係ないので、収入の大小だけに注目してください。

 

もちお
もちお
あとは自分で判断してください。

…許可を得ずにこっそりブログで収入を得て、バレて、懲戒処分になっても知りませんよ。

 

 

そして、ここからが本題です。

 

 

パソコンの画像

僕がおすすめするのは、下の方のパターンです。

広告は貼らずにブログを運営しておいて(育てておいて)、退職した後or副業が解禁された後に広告を貼って、一気に稼ぐ

 

このことについて、ブログでどれくらい稼げるのか?を説明しつつ、解説します。

 

 

ブログって稼げるの?

パソコンの画像

ブログでお金をある程度もらえるようになるまでには、正直いって時間がかかります

 

少なくとも半年くらいは、全然お金が入ってこないって思った方が良いです。

 

イメージするなら、種を植えて花を咲かせるのに近いです。

種を植えて、水をあげて、じっくり育てて、やっと花が開く。

ブログってこんな感じです。

 

もちお
もちお
ちなみに、僕が教員になる前に運営していたブログでは、月に5,000円くらいの収益をゲットしていました。

 

使っていたのはGoogle Adsense(グーグルアドセンス)という、「お金をゲットする難易度は低めだけど、大金を稼ぐのは難しい広告」でした。

Google Adsense クリック型広告。ブログに載っている広告がクリックされるたびに、数円~数十円もらえる。

 

記事数は100記事以上ありましたが、そんなに力を入れて書いたわけではなく、その日にあったこととかを片手間で書いていた感じ。

 

もちお
もちお
それで月5,000円もらえたのは結構うれしかったです(1年で6万円ですから)

更新をやめた後も、月5,000円が継続的に入ってきて「なにこれオイシイな」と思いましたw

 

 

できるだけ早くブログを始めて、育てておくのがおすすめ

パソコンの画像

ちなみに、月5,000円はかなりレベルが低い話で、別の広告を使えばもっと稼ぐことができます。

 

ただ、もっと稼ぐためには時間がかかります。

少なくともブログを始めて半年くらいは、まとまったお金は入ってこないと思った方が良いです。

 

もちお
もちお
ブログを読んでくれた人全員が広告の商品を買ってくれるわけではないですからね。

 

ブログは育つまで(アクセス数が増えるまで)に時間がかかるんです。

ブログを始める

アクセス数を伸ばす(超重要)

お金が稼げてくる

 

というわけで、ブログは、たくさんの人に読んでもらえるように地道に育てていくことが大事。

 

もちお
もちお
なので、先を見すえて動き始めるのが良いんじゃないかな?って僕は思っています。

 

ブログでの副業が原則禁止の教員・公務員でも、です。

 

 

どういうことかというと、

広告は貼らずに”先にブログを育てておく”

ということ。

 

もちお
もちお
実はこの記事は書き直していて、書き直す前は「ブログはおすすめしない」って書いてたんですけど…考えが変わりました。

 

 

パソコンの画像

この記事を読んでくださっているってことは、「ブログに興味がある & 文章を書くのが嫌いではない」ってことですよね、きっと。

もしかすると、学校での愚痴をブログに書きたい!っていうことかもしれませんw

 

記事の前半で説明した通り、匿名で、個人情報は出さず、広告は貼らないでブログを運営するんだったら全然問題ないです。

 

愚痴を書けばストレス解消になりますし、同じことを感じている教員仲間を作ることができるかもしれません。

広告を貼らないなら許可もいらないし、違法行為でもなんでもありません。

 

もちお
もちお
ブログは始めるのが早ければ早いほど、ぶっちゃけ有利なので、”先にブログを育てておく”という意味も込めて、ブログ始めちゃえ!って感じです。

 

先にブログを育ててアクセス数を伸ばしておけば、退職したり公務員の副業が解禁されたりした瞬間に広告を貼ることで、その瞬間からお金をもらうことができますよ。

 

 

 

教員・公務員のブログでの副業のまとめ

以上、

教員・公務員のブログでの副業

について解説をしました。

 

まとめると、

  • 教員・公務員は、ブログでの副業は原則禁止
  • ただ、教員なら教育に関するブログで収入を得るのはNGではなさそう
  • 副業禁止でも、広告は貼らずに”先にブログを育てておく”のがおすすめ

となります。

 

 

 

質問あれば気軽にどうぞ!

ブログ立ち上げ初期って、わからないことばっかりでかなり不安になります。

「これでいいのかな」とか、「全然うまく書けない…」とかとか。

 

もちお
もちお
こういう時に、「ブログ経験者に質問したいな」って思ったことが僕自身もあったので、もし質問があれば受け付けます!

▶️Twitter

 

正直、僕はブログ上級者ではないので、超絶役に立つ的確なアドバイスはできないかもしれませんが、

もちお
もちお
「ブログ上級者にいきなり質問するのは怖いな…」って思った人にとっての「ブログ上級者にいきなり質問するのは怖いな…」って思った人にとっての「踏み台」みたいな感じで、僕を利用してくださってOKですw

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です