【教員】

学級通信の作り方!毎年100号出した元教員の僕が紹介【手書き?】

学級通信の作り方!毎年100号出した元教員の僕が紹介【手書き?】「学級通信を出そうかなって思うんだけど、作り方がわからない」

「学級通信って手書きの方が良いのかな?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

学級通信を出そうと思うと、「作るのが大変だから、挫折しちゃうかも…」って不安になりますよね。

 

そこで本記事では、

学級通信の作り方(経験談も)

について書きます。

 

この記事を読むと

  • 学級通信の効率的な作り方がわかる
  • 学級通信は手書きにするべきかどうかがわかる

 

この記事の信頼性

  • 僕(もちお)は教員時代、毎年1年で学級通信を100号出していた

 

もちお
もちお
学校の先生方の中には毎日出す猛者もいますので、それに比べると1年で100号は大したことないですが…

熱心な先生方に、何かプラスになるものを残せないかな、と思ってこの記事を書きました。

 

 

学級通信の作り方(経験談)

学級通信って作るのが大変ですよね。

ってことで、ここでは効率をアップさせるコツについて書きます。

 

学級通信を効率よく作るコツ

  1. スマホで作る
  2. 写真をたくさん撮ってお
  3. ③生徒のコメント等を載せる

 

 

①スマホで作る

スマホで作るのがおすすめです。

 

「えー、小さい画面のスマホでなんか作れないよ」「学校のパソコンで作りたい」って思うかもしれませんが、スマホで完成形まで仕上げるわけではなく

 

スマホで、学級通信の原稿を書くんです。

  • 通勤電車に揺られながら、スマホで書く
  • トイレで一息ついた時にw、スマホで書く
  • 退勤後にカフェに行って、スマホで書く
  • 休日、考えが浮かんだ時に、スマホで書く

こんな感じ。

 

もちお
もちお
スキマの時間を使って、少しずつ書いていくのがおすすめです。

(机に座って「さあ学級通信書くぞ」って思ってもなかなか書けなかったりしますし、そもそもそんなヒマがなかったりしますよね)

 

iPadなどのタブレットで作るのも悪くはないと思います。

 

 

②写真をたくさん撮っておく

写真をたくさん撮っておくのがおすすめです。

 

もちお
もちお
僕の経験的に、学級通信で一番よろこばれるのって、生徒の写真を掲載した時です。

保護者も「学校の様子が見えてうれしい」って言ってくれたりします。

 

ってことで、写真号は多めに作ります。

写真を貼ればいいだけなので、作るのも楽w

 

ただ、「特定の生徒が全然写っていない」ってならないように、写真を撮る時・載せる時に意識する必要ありです。

 

 

③生徒のコメント等を載せる

生徒のコメント(作品?)を載せるのもおすすめです。

 

生徒のコメントや作品って、実は保護者まで届いていない(生後が保護者に見せない)ことが多いので、学級通信に載せる意味ってわりとあると思います。

 

コメントをコピーして貼り付けたり、写真を撮ってデータを貼り付けたりすればいいだけなので、作るのも楽です。

 

 

学級通信は手書きにするべき?(経験談)

あと学級通信で話題になるのが、「手書きにするべき?」っていうやつ。

正直、どっちでも良いと思います。

 

もちお
もちお
そもそも学級通信は教員の自己満足にすぎないと思っているのでw、自分にとって良い方でOK。

 

 

一応、手書きとパソコン(スマホ)のメリット・デメリットを書くと、こんな感じ。

手書き (メリット)

  • なんか温かみがある気がする。
  • 「温かい感じがして良いですね」って言われることが多い。
  • 年配教員からの評価が高くなる気がするw
  • デザインの自由度が高い。

 

(デメリット)

  • 書くのが大変。
  • 「字が下手」ってディスられたりする。
  • 字が下手だとトコトン読みづらい。
  • 加筆修正が面倒。
  • 印刷が不鮮明になったりする。
パソコン
(スマホ)
(メリット)

  • 効率的に作れる。
  • 加筆修正しやすい。
  • 来年度以降、文章を使い回ししやすい。
  • 写真を載せやすい。

 

(デメリット)

  • 手書きと比べられて、「冷たい感じがする」って思う人も少なからずいる。

 

もちお
もちお
僕自身、一番最初の学級通信は手書きでした。

でも、書くのがものすごく大変で「そんな時間かけてらんないわ」って思って、すぐにパソコン(スマホ)に移行しました。

 

とにかく、どっちでも良いと思います。

 

ちなみに、手書きの場合、筆ペンで書くとインパクトが出るので、筆ペンを愛用している教員もいました。

 

 

学級通信の作り方(経験談)のまとめ

以上、

学級通信の作り方(経験談も)

について解説をしました。

 

まとめると、

学級通信を効率よく作るコツ

  1. スマホで作る
  2. 写真をたくさん撮っておく
  3. 生徒のコメント等を載せる

手書きでもパソコン(スマホ)でもどっちでもOK。結局は教員の自己満足だから。

となります。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です