【教員・公務員】

【教員からの退職・転職】流れ・注意点・実際の僕の経験【恥じゃない】

 

「教員(教師)を辞めたい!早く転職したい!」って思っても、いざ転職するとなると

  • どうやって転職活動をすればいい?
  • 教員からの転職って難しいって聞くけど…

って不安になったりしませんか。なんだかんだで公務員っていう立場は安心ですよね。

 

でも、教員を辞めない限り、転職しない限り、状況はいつまでたっても変わりません。

 

そこで本記事では、実際に公立中学校の教員を辞めて別の仕事を始めた僕(もちお)

本記事の内容

  • 教員からの転職の流れ・注意点
  • 教員から転職した僕の経験

について説明させていただきます!

 

 

教員からの転職の流れ・やり方

退職・転職の気持ちを高める

「退職・転職したいなあ…」って思うようになる理由は、こんな感じでしょうか↓

教員をやりたくない 職場の人間関係(上司・同僚がウザい)

保護者(モンスターペアレント)

生徒(なんだコイツラ)

長時間労働(せめて残業代くれ)

土日の部活(休日くれ)

成果が見えにくい(自分の仕事って意味あるの)

他にやりたいことがある

 

もちお
もちお
Twitterの教員アカウントを見ていると①系のツイートがむちゃくちゃ多い。

 

たぶんこの記事を読んでいるあなたも①の中のどれかしらの思いを抱えているのでは…!?(僕もそうでした)

 

 

んで、

 

この時点で大事なのは、教員の仕事以外の選択肢を探しておくっていうことです。

実際に教員を辞めるかどうかはいったん置いておいて、「自分は教員以外の道でもやっていける!」っていう感覚をつけることが大切です。

 

そういう別の選択肢(いわゆる逃げ道)を用意しておくだけでも、「別にいつ教員を辞めても大丈夫だし〜」って感じで気持ち的に楽になって、教員の仕事が続けられるようになることもあるので。

※何も決めずに退職するのはかなりリスキーです。

 

別の選択肢を見つける方法はざっくり3つに分かれます。

コネを使う 自分の知り合いに頭を下げて、入社させてもらう。
転職サイトを使う 企業の求人情報を見て、自分で探す。

とりあえず登録して求人情報をゲットするだけっていう使い方もあり。

転職エージェントを使う 自分の転職をサポートしてくれる担当者がついて、自分に合った転職先を紹介してくれる。

 

ほとんどの人にとっては転職サイト転職エージェントを活用するのが王道だと思いますが、

「教員を辞めたいなあ…」くらいの気持ちの段階では、とりあえず転職サイトを活用するのをおすすめします。

転職エージェントだと担当者がついて、「後戻りできない…」ってプレッシャーがかかるので。

 

 

転職サイトは、最大手のリクナビネクストがおすすめです。

とりあえず登録だけして、「こんな仕事もあるのかー!」って眺めるだけでOKです。

 

僕から1つおせっかいなアドバイスなのですが、

別の仕事を探す際は、副業可能なところを探した方が良いと思います。

 

「副業禁止!」っていう企業に勤めちゃうと、「この職場をやめたら収入がなくなる…」っていう不安が生まれて、逃げ場がなくなるからです。

 

教員から退職する時と同じ気持ち(お金どうしよう)になってしまいますので、副業OKの会社を探すのがおすすめです。

副業をしておけば、新しい職場がシンドいところだったとしても「別の収入源はあるし、別にやめてもいいかな」って思えて精神的に楽になります。

 

リクナビNEXTの画像

 

\登録無料!こちらから↓/

リクナビネクスト

リクナビネクスト※5分ほどで登録完了できます。)

 

 

退職・転職したい理由を明確にする

「教員を辞めたいな…別の仕事がしたいな…」っていう気持ちが強い場合は、

退職・転職したい理由をはっきりさせるのをおすすめします。

 

「なんとなく教員をやりたくない」っていう思いだけだと、退職・転職して別の職場に移った後も、結局新しい場所で文句を言い続けることになりかねません。

 

  • 教員の仕事の何が嫌だったのか?
  • 自分は何がしたいのか?
  • どのラインまでだったら我慢できるのか?

などなど、自分に問いかけて自分の考えをはっきりさせるべきです。よくわからないまま曖昧な気持ちで退職・転職すると後悔するかもしれません。

※ただ、このまま教員を続けていたら心身が壊れてしまう…っていう場合は、あれこれ考えず今すぐ退職した方が良いと思います。生徒も大事ですけど、自分自身の心身の方が大事です。

 

 

僕が教員を辞めようと思った理由は、下記の記事の後半に書いてあります。よければどうぞ!

教員を辞めたいあなたへ、教員から転職した僕の経験談を書く【理由】

 

 

退職後の仕事を決める

退職・転職の決意が固まったら、退職後の仕事を本格的に探します。

 

探し方

コネを使う 自分の知り合いに頭を下げて、入社させてもらう。
転職サイトを使う 企業の求人情報を見て、自分で探す。

とりあえず登録して求人情報をゲットするだけっていう使い方もあり。

転職エージェントを使う 自分の転職をサポートしてくれる担当者がついて、自分に合った転職先を紹介してくれる。

 

教員の転職後の仕事でよくおすすめされるもの

塾・予備校の講師 教えることが好きな人向け。

ただ、YouTubeで授業が無料で見られる今、「授業がうまいこと」の価値は低くなっていると思う。

目の前の生徒とのコミュニケーション能力(個別指導能力)の方が塾・予備校では大事な気がする。

家庭教師 集団に対して教えるよりも、個別に会話のキャッチボールをしながら教えるのが好きな人向け。

ただ、専業だと収入的にキツそうなので、副業的にやると良いと思う。

出版社 板書やプリント作成がうまい人向け。

ただ、だったらわざわざ出版社でやらなくても、自分で教材を作ってnoteとかで売れば良いのでは。

「自分だけでやるのは心配」っていう場合は、出版社に入るのが良いと思う。

学童保育 小さい子供と接するのが好きな人向け。

ただ、収入的にはキツい。専業ではなく副業的にやるべき。

非常勤講師 学校がそんなに嫌じゃない人向け。

授業だけやって退勤っていうのができるので、理論上は気楽。

 

フリーランス・独立

ブロガー 書くことが好きな人向け。

稼げるようになるまでには1年以上かかるけど、軌道に乗ったらスゴいことになる。

YouTuber 教えることが好きなら、YouTubeに授業動画をアップすれば良いと思う。

そうすれば、教室の中の人だけじゃなくて、たくさんの人の学習に貢献できる。

教育系の動画は広告収入もそれなりに高い印象。ただ、続けるのが難しい。

家庭教師 企業の家庭教師サービスに登録するんじゃなくて、自分で営業して生徒をゲットする方法。

企業に手数料を取られたりしないので、なかなかコスパが高くなる。

 

教員免許を活かせる仕事については下記の記事でまとめました。

教員免許を活かせる仕事

※「教員時代のスキルを活かそう!教員免許を活かそう!」っていう考え方は手段と目的が逆になっていると思うので、あまりおすすめできませんが…。

 

 

この段階になったら、転職サイト転職エージェントをフル活用!です。

関連:おすすめの転職サイトはこちら

関連:おすすめの転職エージェントはこちら

 

リクナビNEXTの画像

 

\登録無料!こちらから↓/

リクナビネクスト

リクナビネクスト※5分ほどで登録完了できます。)

 

 

退職願・退職届を書く

そしていよいよ退職願・退職届を書きます。

教員(教師)の退職願・退職届の書き方

 

 

ちなみに、年度途中で辞めるのはあまりおすすめしません。

ただ、心身が壊れそうなら迷わず辞めるべきです。

教員を年度途中で辞める?中途退職した僕の経験談

 

 

あと、退職金はほとんどもらえないと思っておいた方が良いです。

元教員の僕が実際にもらった退職金と計算方法

 

 

退職・転職した元教員の僕の経験

辞めてよかったこと

  • 子供の成長のために動けるようになった
  • 健康になった
  • 通勤電車から解放された
  • 勉強する時間が増えた
  • たくさんの人に関われるようになった

 

くわしくは下記の記事で

【辞めるのはもったいない?】教員を辞めてよかったこと5選

 

 

※ただ、フリーで働いているので常に危機感があります…!

 

 

ブログでなんとか生活

ブログ運営で収入を得て、2年ほどでとりあえず死なずに済みそうな段階まで来ました!

 

こちらは、僕がブログを始めてから2年間のブログ運営のリアルなデータです。

ブログを2年間毎日投稿した結果と、2年間どんな気持ちだったのか?について
月間PV 記事数 月間収益(円)
2021年4月 257,781 763 1,037,695
2021年3月 234,943 734 1,554,877
2021年2月 191,837 703 1,014,773
2021年1月 179,257 675 566,314
2020年12月 156,754 644 675,974
2020年11月 133,074 613 431,437
2020年10月 133,719 583 314,504
2020年9月 127,655 552 342,166
2020年8月 123,539 521 262,696
2020年7月 118,922 490 300,237
2020年6月 103,978 458 186,725
2020年5月 115,672 422 279,834
2020年4月 104,645 379 計算せず
2020年3月 82,678 348 計算せず
2020年2月 57,997 315 計算せず
2020年1月 58,729 286 計算せず
2019年12月 41,303 255 計算せず
2019年11月 38,778 224 計算せず
2019年10月 34,869 193 計算せず
2019年9月 24,456 162 計算せず
2019年8月 17,735 131 計算せず
2019年7月 10,042 100 計算せず
2019年6月 2,397 69 計算せず
2019年5月 4,296 39 計算せず
2019年4月 669 3 計算せず

 

関連:ブログを2年間毎日投稿した結果と、2年間どんな気持ちだったのか?について

関連:公務員・教員のブログでの副業はOK?元教員ブロガーが解説

関連:WordPress(ワードプレス)でのブログの始め方

 

 

教員の転職は難しい説について

最後に、よく聞く「教員の転職は難しい」説について。

 

ですが、すみません。わかりません。僕自身、転職サイトや転職エージェントを使って転職したわけじゃないので。

 

ただ、教員を辞めた後に僕が実感したのは「自分って、稼ぐスキルが全然ないんだなあ」「とりあえず働くだけでお金がもらえる公務員って楽だったなあ」ってこと。

 

もちお
もちお
自分自身のスキルのなさには結構絶望したので、僕みたいにスキルがない人は転職で苦労するかもしれません。

 

例えばですけど、教員をやりながらプログラミングのスキルを身につけておけば、食いっぱぐれることはありません。

【無料あり】教員向けおすすめプログラミング学習法

 

 

まとめ

「教員を辞めたいな…つらいな…」って思った時は、実際に教員を辞めるかどうかはいったん置いておいて、「自分は教員以外の道でもやっていける!」っていう感覚をつけることが大切です。

 

別の選択肢(いわゆる逃げ道)を用意しておくだけでも、「別にいつ教員を辞めても大丈夫だし〜」って感じで気持ち的に楽になって、教員の仕事が続けられるようになることもあります。

※何も決めずに退職するのはかなりリスキーです。

 

 

とにかく僕は、

絶対に心身を壊さないようにしてください!ってことを一番伝えたいです。

教員を辞めることは全然恥ずかしいことじゃありません。自分の体が第一です!

 

 

リクナビNEXTの画像

仕事を探すなら、超有名な転職サイトリクナビネクストを使うのがおすすめです。

 

\登録無料!こちらから↓/

リクナビネクスト

リクナビネクスト※5分ほどで登録完了できます。)

 

 

サポートが必要なら転職エージェントがおすすめ

関連:おすすめの転職エージェントはこちら

 

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA