【教員】

教員の闇(残業・残業時間・残業代)を元教員が解説【教師の長時間労働】

教員の闇(残業・残業時間・残業代)を元教員が解説【教師の長時間労働】「教員(教師)の残業の実態ってどんな感じ?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

教員って残業時間がハンパなく多いのに、残業代がほぼ出ないんですよね。

 

本記事では、元教員の僕が

教員の残業(長時間労働)

について説明をします。

※公立教員(公務員)の話をします。

 

この記事を読むと

  • 教員の残業(長時間労働)の実態がわかる
  • 教員の残業(長時間労働)の理由がわかる

 

この記事の信頼性

  • 僕(もちお)は元中学校教員

 

 

中学校教員の残業(長時間労働)の実態

時間外労働が前提のスケジュール

時計の画像

もはや、時間外労働が前提になっているんですよね。

 

こんな感じのスケジュールです。

7:00 生徒登校(部活動)
8:05 勤務時間開始
16:35 勤務時間終了
18:00 生徒下校

毎日、2〜3時間の残業は確定しているって感じです。

 

もちお
もちお
1ヶ月あたりの時間外労働が80時間やら100時間やらが過労死ラインってされているらしいんですけど、過労死ラインの向こう側にいる教員がかなり多いんじゃないかなって気がします。

 

 

ちなみに元教員の僕の勤務日の一例はこんな感じ。

6:00頃 ●学校到着
●出勤簿に押印
●文書作成
●プリント印刷
●教室を軽く清掃・整理
●整頓学年フロアを軽く点検
7:00 ●生徒登校(部活動)
8:05 ●勤務時間開始
●打ち合わせ
●授業
●授業間の休み時間は廊下の見回り
●授業がない空き時間は事務仕事・家庭連絡・家庭訪問・廊下の見回りなど(休憩時間はない)
●給食(食べながら生活記録ノートの点検)
●昼休み(廊下の見回り・生徒指導など)
●放課後は会議や部活動や生徒指導
16:35 ●勤務時間終了(のはず)
18:00 ●生徒下校
●欠席生徒の家庭に電話
●生徒指導記録の整理
●文書作成
●プリント印刷
●場合によっては保護者と面談など
●退勤
●スタバに行き、授業準備・定期テスト作成(22:00の閉店まで)

もちろん定期テスト前で部活動がない日もあるし、生徒下校後すぐに退勤できる場合もあります。

 

もちお
もちお
が、だいたい上に書いたような日が毎日続きます。

 

で、これだったらまだ良いんです。

 

本当にシンドいのは、「いつ帰れるかわからない」ってことなんです。

 

 

いつ帰れるかわからない

夜の画像

生徒がその日に何かトラブルを起こすと、一気に「いつ帰れるかわからない」モードになるんですよね。

 

トラブルが起きると、生徒への聞き取りや場合によっては指導が行われるわけです。

 

これはいいんです。

だって、生徒の成長につながるかもしれないことなので。

 

もちお
もちお
まあさすがにその日の夜に予定が入っている時は、「まじかーーーい」って思わなくはないんですけど、「まあ仕事だから仕方ない」って割り切れる。

 

生徒の成長につながるかもしれないことなので。

 

 

ただ、ドキドキするのは家庭連絡の瞬間。

 

もちお
もちお
電話する前に「頼むー」って感じなんですよw

 

電話をしている男性の画像

生徒自身が納得しても、保護者がボンッて爆発しちゃったら終わりが見えなくなるんです。

100%その生徒が悪かったとしても、保護者が「うちの子がそんなことするわけ!」とか「クラスの友達のせいなんじゃないですか?」とか言い始めると、完全にこじれます

 

で、場合によっては家庭訪問したり面談したり…っていうことになります。

 

で、さっきあんなに反省していた生徒が、保護者のガードによって一気に水を得た魚のように「それでも僕はやってない」みたいな顔になったりするんですよねw

 

もちお
もちお
「おいーーーーー!」っていう。

 

そうしたら、指導は振り出しから再スタート。

いや、むしろマイナスからの再スタートです。

 

こんな感じで、「いつ帰れるかわからない」っていうのが、教員の勤務の実態です。

 

 

中学校教員の残業代はたった月給の4%

お金の画像

ですが、どれだけ残業しても残業代は月給の4%分しか支払われません。

 

これは、給特法っていう法律があるからです。

 

給特法

教員の職務と働き方は特殊なので、

  • 時間外勤務手当は支給しない
  • その代わりに、給与月額の4%を「教職調整額」として支給する

 

まあたぶん多くの教員が「別にお金のために先生やっているわけじゃないし」って言うと思うんですけど、その善意(?)に明らかにあぐらかいているのが学校教育の世界なんですよね。

 

ちなみに、元教員の僕のある月の月収は約35万。

時間外労働(残業)は100時間を超えていましたが、残業手当は14,000円でした。

 

もちお
もちお
計算すると残業時間の時給は140円で、「こんなにもらっていいんですか」って言いそうになりました(皮肉)

 

ただ残念ながら違法ではないという。

給特法の内容通りなので。

 

 

 

中学校教員の残業(長時間労働)の理由

教室の画像

じゃあなんで教員ってこんなに残業が多いの?っていうことになります。

理由はたくさんあると思うんですけど、ここではいくつかピックアップして説明します。

 

 

ヤギが大喜びするくらいの紙文化

ヤギの画像

学校現場は驚くほど紙文化です。

 

「そんなの誰も読まねえよ」っていう手紙を印刷しなきゃいけないんですよね。

 

「これを印刷して全校生徒に配ってください」っていうお達しが来るんです。

 

もちお
もちお
僕自身、ある文化施設から届く”お手紙”をさばく役割だったんですけど、「この原本を全校生徒分、印刷して配ってください」って言われた経験があります。

 

その作業だけで20分くらいかかるわけです。

時間が惜しい中「これ意味あるの?」っていう単純労働をするのって本当に苦痛ですよね。

 

もちお
もちお
で、「もうこれPDFとかでアップすればよくないですか。そしたら印刷の手間も配る手間も省けて他の大事なことに時間を使えるじゃないですか」って言ったこともあるんですけど、

 

「全ての家庭が通信環境を持っているわけじゃないですからね」

もちお「だったら、PDFでアップしたうえで、通信環境がなくて紙でほしい家庭には紙で渡せばいいんじゃないですか」

「いやあ…」(終了)

っていうくらい、かたくなに紙文化を守ろうとするのが学校なので、業務がいつまでたっても効率化しないのです。

 

こんな感じで、学校現場は非効率的なまま放置されている業務が山ほどあります。

 

 

 

「子供のため」

教員と生徒の画像

あと、「子供のため」っていう考えでいろんな仕事を引き受けちゃうんですよね。

 

(これは例としては不適切かもしれないですけど)「家に帰ってこないんです」っていう電話がわりと学校に来たりします。

 

そうすると、職員室の先生方はなぜか急にテンションが上がって、張り切って「よし行くぞお!」って捜索活動しに行くんです。

(たいてい、どこかで友達とずっと喋っていた、っていうパターンで「あーよかった」で終わります)

 

もちお
もちお
まあ確かに心配だし、何かあったら大変だから捜索活動するのはわかるんですけど、「登下校まで学校で面倒見るの?」っていう疑問もゼロじゃない。

 

「どこまでが学校の業務の範囲なの?」という。

 

結局、「子供のため」っていう魔法の言葉で、学校の業務はどこまでも膨れあがっちゃうんですよね。

 

 

 

「若手が先に帰るのはどうなの?」

動物の画像

あと、単純に帰りづらいです。

 

「他の先生がまだ残っているのに若手が先に帰るのはどうなの?」

って言われることもあります。

 

もちお
もちお
まあこのあたりは一般企業も同じなんじゃないのかなって気がします。

 

学校によっては、勤務時間がスタートする前に若手教員が

  • 職員室の掃除
  • 職員室のゴミ出し
  • 職員室の先生のお茶出し

をするルールになっているところもあるみたいです。

 

別にルールになっていなくても、職員会議で

「僕たちが若い頃は、こういうのは若手がやっていた」

ってことを語ったりする人もいて、そういう空気感ができちゃったり、っていうのもあります。

 

つまり、「教員は、こうあるべし!」っていう考え方を持っている人がわりといて、「どうやったらもっと効率化できるだろう?」「どうやったら長時間労働を解消できるだろう?」って考えて実践していく人がそんなに多くないんですよね。

 

もちお
もちお
僕自身、ある人に「教員の長時間労働は当たり前だ。むしろ今の教員は恵まれている。昔はこんなに大変だったんだ。」ってうれしそうに語られたことがあって、「うわ、やばいわ」って思った経験があります。

 

 

まとめ

以上、

教員の残業(長時間労働)

について説明をしました。

 

まとめると、

  • 時間外労働が前提のスケジュールになっている
  • いつ帰れるかわからない
  • その理由は、例えば
  • ヤギが大喜びするくらいの紙文化
  • 「子供のため」っていう魔法の言葉
  • 「どうやったらもっと効率化できるだろう?」っていう考えが弱い

となります。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です