仕事効率化
PR

約束を守らない・忘れる教員は生徒から信頼されない

望岡 慶(モチオカ)
記事内に商品プロモーションを含む場合があります

教員として働く上で大切なことの1つ

生徒との約束を守る(忘れないようにする)

(例)「あのプリントください」「◯日の下校時刻を教えてください」みたいな要望

すぐに対応できない場合、「あとで渡すね」「あとで伝えるね」ってことになると思う

→それを忘れ、約束を守らないと生徒からの信用は一気に落ちる

それが積み重なるといつの間にか(気づかないうちに)大変なことになる

言ったことは守る!

でもそんなことはわかっているはず。約束は守るべきってみんな思っているはず。約束を守らなかったらマズいってわかっているはず。

教員は忙して(=他のタスクがどんどん降り積もってくるので)忘れちゃう

忘れないように工夫することが必要。忘れないようにしよう、じゃダメ。

僕がやっていたのは、付箋を常に持っておいて、約束が発生したら必ずメモすること。

で、手持ちのノート(週案)の表紙に貼っておく(付箋は全面タイプがいい)

もし付箋がないなら、裏紙でいい。で、対応しおわるまで手に持っておく。

とにかく絶対に忘れないようにする。思い出せる工夫をする。

授業を頑張るより、生徒と雑談して仲良くなるより、約束をしっかり守る、言ったことはしっかり守ることの方が大事。

自己紹介
モチオカ ケイ
モチオカ ケイ
学習ブロガー
元社会科教員・元ソフトテニス部顧問のモチオカ ケイ(望岡 慶)です!

公立中→公立高→浪人→東大→東大院→外部コーチ中に高校生の成長に感動して教員を志望→中学教員→退職→ブロガー

他の運営メディア
社会科マガジン
社会科チャンネル【暗記しない社会科】
これがおすすめ学習教材(もちおスクール)
Twitter①(学習)Twitter②(心の中)
記事URLをコピーしました