【教員】

資産運用・投資を考えている公務員・教員にいろいろ伝えるブログ記事

資産運用・投資を考えている公務員・教員にいろいろ伝えるブログ記事「自分は公務員(教員)。資産運用・投資をしてみようかなあ…って思ってる」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちお(@softenisuke)です。

 

本記事では、

公務員(教員)の資産運用・投資

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • 公務員・教員の資産運用・投資で気をつけるべきことがわかる
  • 公務員・教員の資産運用・投資のおすすめの方法がわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、元社会科教員。

  • 社会の仕組み?について、それなりにくわしい
  • わかりやすく説明するのが、それなりに得意
  • 投資経験者

 

※このブログ記事では地方公務員・教員について書きますが、この記事の内容は、国家公務員にもほぼ当てはまります(地方公務員と国家公務員では、根拠法が異なる)

 

【公務員・教員】副業禁止だけど、資産運用・投資ってしてもOKなの?

バツの画像

公務員・教員って副業禁止って言われるけど…大丈夫なの?って不安なあなたへ。

 

資産運用・投資は、問題ないです。

 

資産運用・投資は、地方公務員法や教育公務員特例法では禁止されていないからです。

 

たしかに、地方公務員法では、「任命権者の許可を受けなければ、」

  • 「営利を目的とする私企業」の役員になったり、
  • 「自ら営利企業を営」んだり、
  • 「報酬を得て」事業や事務に従事したり

することが禁止されています。

 

が、資産運用・投資は上記の項目には当てはまりません

 

もし資産運用・投資がこれに当てはまるのだとしたら、銀行に預金して利息をゲットするのも禁止になります。

あり得ません。

 

 

子供に教える女性の画像

また、教育公務員特例法では、「任命権者」「において認める場合には、」

  • 「教育に関する他の職を兼ね」たり、
  • 「教育に関する他の事業若しくは事務に従事」したり

することが認められています。

 

これは資産運用・投資とは関係ないので、特に気にしなくてOKです(地方公務員法だけ気にすればOKです)

 

地方公務員法

(営利企業への従事等の制限)

第三十八条

職員は、任命権者の許可を受けなければ、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下この項及び次条第一項において「営利企業」という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない。

人事委員会は、人事委員会規則により前項の場合における任命権者の許可の基準を定めることができる。

 

教育公務員特例法

(兼職及び他の事業等の従事)

第十七条

教育公務員は、教育に関する他の職を兼ね、又は教育に関する他の事業若しくは事務に従事することが本務の遂行に支障がないと任命権者(地方教育行政の組織及び運営に関する法律第三十七条第一項に規定する県費負担教職員については、市町村(特別区を含む。以下同じ。)の教育委員会。第二十三条第二項及び第二十四条第二項において同じ。)において認める場合には、給与を受け、又は受けないで、その職を兼ね、又はその事業若しくは事務に従事することができる。

 

くわしくは、下記の記事で解説をしています。

▶️教員(地方公務員)は副業禁止なの?教師でもできる副業を正確に解説する

 

  • とにかく、公務員・教員の資産運用・投資は、問題ありません。
  • 許可を得る必要もありません。

 

【公務員・教員】資産運用・投資をするときの注意点

ビジネスマンの画像

ただ、実際にやるにあたって注意点があります。

 

それは、地方公務員法の他の規定をしっかりと守ること。

 

  • 信用失墜行為の禁止
  • 秘密を守る義務
  • 職務に専念する義務

(地方公務員法第33〜35条)

 

考える男性の画像

資産運用・投資の場合は、「職務に専念する義務」違反にならないように注意です。

 

勤務時間中に株やFXなどの取引を行うのは、「職務専念義務違反」ということになって、一発レッドカードになり得るので絶対にNGです。

学校のパソコンで株の売買をしてバレたら、ほぼ確実に懲戒処分です。

 

 

会社の画像

また、不動産投資については注意が必要かもしれません。

 

地方公務員・教員に対しては不動産投資についての規定はないのですが、国家公務員に適用される人事院規則で、不動産投資のルールが定められているのです。

 

ざっくり言うと、不動産の規模が大きすぎたら「副業」と見なすのでやっちゃダメだよ、ということが書かれています。

 

もちお
もちお
確かに、不動産の規模が大きすぎたら「副業」と見なされるってのは、なんとなくわかりますよね。

 

地方公務員・教員に対する法律では、不動産投資についての規定はありませんが、人事院規則のルールを準用して判断される可能性があります。

なので、不動産投資をやろうと思っている人は、自分が所属する地方自治体にしっかりと確認しておいた方が良いと思います。

くわしくはこちらの記事で解説をしています。

▶️副業禁止の公務員・教員は不動産投資をやるのは禁止?元公務員が不動産投資を解説

 

  • 「職務に専念する義務」違反にならないように注意。
  • 不動産投資は要注意。

 

【公務員・教員】資産運用・投資…やった方がいいのかな?

寝ている男性の画像

資産運用・投資…やった方がいいのかな?って思っているあなたへ。

 

正直、資産運用・投資って怖いですよね。

自分が貯めてきたお金が減るかもしれないものですから。

 

 

で、この記事になんでたどり着いて、なんでここまで読んでくれたか…ってことが大事だと思うのですが…

 

 

お金の画像

たぶん、「お金をちょっとでもいいから増やしたいな」っていう気持ちがあるから、なのではないでしょうか。

 

 

公務員がお金を増やしたいなら、資産運用・投資しかないです。

 

だって、公務員の給料は能力や仕事の出来によって上がったりしないからです。

給料が上がるのを待つのも良いかもしれませんが…何年かかるかわかりません。

かといって、副業をやろうにも禁止されていて。

 

 

公務員がお金を増やしたかったら資産運用・投資しかないんですよね。

 

悲しいけど。

 

 

馬の画像

確かに、宝くじとか競馬とか、そういうギャンブルでお金を増やすこともできます

でも、たぶんそういう方法は嫌だから、この記事を読んでくださっているのではないでしょうか。

 

 

いざ資産運用・投資を始めようと思うと、「お金が減っちゃうかも…」って不安になる気持ちはとてもよくわかります。

確かに、お金が減ることもあります。

 

もちお
もちお
お金が減った時は、わりとショックです(笑)

 

野球をする少年の画像

ですが、何かリターンを得たかったらリスクが生まれるのは仕方ないこと…というか当然のことなのです。

 

何もリスクを冒さないでお金が増える…なんてことはありません。

 

スポーツだって同じですよね。

ポイントを取りたかったら、リスクをとって攻めることが大事です。

 

 

とはいえ、怖い気持ちはわかります。

スタートの画像

で、そんな僕たちのために、世の中はいろんな方法を用意してくれています

リスクをおさえつつお金を増やす方法もあれば、リスクを思いっきり冒してお金を思いっきり増やせる方法もあります。

よくわからない人に向けて、プロの人が代わりにやってくれるサービスもあります。

 

まずは安心できる方法からスタートしてみるのもありです。

 

【公務員・教員】どんな資産運用・投資の方法があるの?おすすめは?

よーし、資産運用・投資をやってみようかな…でも、どんな種類があるの?って思ったあなたへ。

この記事では、5つ紹介します。

  1. 株式投資
  2. 投資信託
  3. FX
  4. 金投資
  5. 不動産投資

 

 

①株式投資

株の仕組みの説明画像

資産運用・投資の方法で真っ先に考えるのが株じゃないでしょうか。

「資産運用・投資をしながら社会や経済についても勉強したい!」っていう人におすすめ。

 

株の銘柄(種類)によっても違うのですが、そこそこまとまったお金が必要なのが難点です。

が、基本は放置でOKなので、忙しい人でもやりやすい資産運用・投資です。

 

くわしくは、こちらの記事で解説をしています。

▶️株の仕組みを、元教師が中学生や子供にもわかるように簡単に解説する

▶️低給料と副業禁止で苦しむ教員(公務員)に、株の可否と方法を説明する

 

 

②投資信託

投資信託の仕組みを元教員が日本一わかりやすく解説しようと頑張る記事

「お金を自分で運用するのではなく、プロを信じ、お金を託して、プロに運用してもらう」方法です。

「資産運用・投資をしてみたいけど、いろいろ考えるのは面倒だし時間もない!」っていう人におすすめ。

 

もちろん手数料はとられますが、プロの人に任せられる安心感があります。

1つの金融商品にだけ投資をするのではなく、いくつかの金融商品に投資をする「分散投資」をしてくれるので、リスクが小さいとされています。

 

くわしくは、こちらの記事で解説をしています。

▶️投資信託の仕組みを元教員が日本一わかりやすく解説しようと頑張る記事

▶️投資信託の始め方を元教員がわかりやすく解説しようと頑張るブログ記事

▶️教員・公務員って投資信託は禁止なの?という質問に元教員が答えるブログ記事

 

 

③FX

FXの仕組みの説明画像

「外国の通貨を買ったり売ったりして、利益を得る」方法です。

資金が少ない人や、ゲーム感覚でお金を増やしたい人におすすめかも。

 

株よりも少ない資金で投資・資産運用ができることが最大のメリットです。

FXにはレバレッジという仕組みがあって、これを使うと持っている資金を増やしたことにできます。

が、当然リスクも大きめ

リスクをおさえる仕組みをFX会社は用意してくれていますが、急激に貨幣価値が暴落したりすると、資金がマイナス…つまり余計にお金を振り込まなきゃいけない、っていうことも起こります。(そこまで行くのはレアだけど)

 

FXの仕組みの説明画像

グラフを見てポチポチっと取引をする感じがゲームっぽいので、ゲームが好きな人はおすすめかも(笑)

くわしくは、こちらの記事で解説をしています。

▶️FXの仕組みを元教員が日本一わかりやすく解説しようと頑張る記事

▶️低給料と副業禁止で苦しむ教員(公務員)にFXの可否と方法を説明する

 

 

④金投資

金投資についての説明画像

「金(=ゴールド)を資産として保有する」方法です。

「自分は”堅実”で”安定志向”なんです!」っていう人におすすめ。

 

金(ゴールド)はそれ自体が価値を持っている現物資産なのが最大の強み。

埋蔵量が少なくて”レア “なので、価値が急激に低くなったりしません

なので、安定感があります。

そんなわけで、株式の相場が下がった時に、金(ゴールド)は相場が上がることも多いのだとか。

もちろん、金(ゴールド)自身が新たな価値を生み出すことは一切ないのですが、金(ゴールド)の安定感から、金投資は「守りの投資」と言われます。

 

くわしくは、こちらの記事で解説をしています。

▶️金投資の種類について元教員(公務員)の僕が解説をするブログ記事

▶️【金投資の始め方】おすすめの証券会社について元教員(公務員)の僕が解説をするブログ記事

 

 

⑤不動産投資

ごめんなさい、正直あまり知識がありません。

こちらの記事で不動産投資について解説をしていますので、もしよかったら読んでみてください。

▶️副業禁止の公務員・教員は不動産投資をやるのは禁止?元公務員が不動産投資を解説

 

 

【公務員・教員】資産運用・投資のまとめ

以上、

公務員(教員)の資産運用・投資

について解説をしました。

 

まとめると、

  • 公務員・教員の資産運用・投資は禁止されていない
  • ただ、「職務に専念する義務」違反にならないように注意
  • 何もリスクを冒さないでお金が増えることはない
  • 何かリターンを得たかったらリスクを冒すべし
  • 資産運用・投資にはいくつかの種類があって、リスクとリターンを自分で選べる

となります。

 

ではでは、資産を増やしましょう。

 

もちお(@softenisuke)でした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です