【ソフトテニス】

【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します

【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します「ワイパースイングって何?」

このブログ記事は、そんなあなたに向けた記事です。

 

こんにちは。もちおです。

 

本記事では、

ソフトテニスのワイパースイング

について説明をします。

 

この記事を読むと

  • ソフトテニスのワイパースイングについてわかる

 

この記事の信頼性

僕(もちお)は、ソフトテニス経験者。

  • 中学校からソフトテニスを始めて、大学では体育会でプレー。
  • 輝かしい実績はないけど、ソフトテニス漬けの学生生活を送った。
  • 全国優勝経験のある人に2年ほど教わった経験あり

僕(もちお)は、ソフトテニス指導歴がそこそこ長い。

  • 母校で外部コーチをして、選手が関東大会に出場。
  • 中学校で顧問になり、1年目でジュニアなしのチームが1年生大会優勝。
  • その後もジュニアなしのチームで各種の大会で入賞。

▶️ソフトテニスのおもな実績

 

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

⏬くわしくはこちら

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)

 

 

ソフトテニスのワイパースイング

 

 

ワイパースイングとは

【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します

車のワイパーの動きのように、ラケットの先端で弧を描くように振るスイングのこと。

 

イメージは、目の前に壁があって、その壁に当たらないようにスイングする感じです。

 

【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します 【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します 【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します 【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します 【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します 【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します 【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します 【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します 【ソフトテニス】ワイパースイングとは?動画を使って解説します

フラット面を相手方向にずっと向けたまま、弧を描くようにスイングします。

 

 

ワイパースイングの効果

 

 

メリット

・ボールが長くなりすぎない

→短く角度のついたボールを打つことができる

 

・ボールの内側(体に近い方)をヒットしやすい

→流しのボールを打ちやすい

 

前衛のサイド(逆クロス)を抜いたりする時に使うことが多いショットだと思います。

(例)

  • 前衛サーブ前衛レシーブの時のレシーブ
  • 後衛サーブ前衛レシーブでレシーブが返ってきた後の3本目
  • 左ストレート展開の時

 

 

デメリット

・力強いボールは打ちにくい

 

・ボールの内側(体に近い方)をヒットしやすい

→引っ張りのボールを打ちにくい

 

 

まとめ

以上、

ソフトテニスのワイパースイング

について解説をしました。

 

まとめると、

  • 車のワイパーの動きのように、ラケットの先端で弧を描くように振るスイングのこと。
  • 前衛のサイド(逆クロス)を抜いたりする時に使うことが多いショット。

となります。

 

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)では、毎日ソフトテニスに関する記事を投稿しています。(チーム運営論・技術論・指導論などなど)

⏬くわしくはこちら

裏Step(ソフトテニス競技者育成”裏”プログラム)

 

Twitterでもいろいろ発信してます!(フォローお願いします!)

 

もちおでした。

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です