【教員】

【教員におすすめ】買ってよかったの時短グッズのまとめ

ストップウォッチの画像

 

過労の女性のイラスト
教員 「時短のためのおすすめグッズってありますか」

 

こういった疑問に答えます。

 

こんにちは。もっちです。

学校の先生方!毎日毎日残業で大変ですよね。

働き方改革って言われてるけど、全然実現しそうもないし…

ってことで、自分でできる範囲で時短の工夫をしちゃいましょう!

 

元教員の僕が購入して、「マジで良かった」ってものを紹介します。
(なかには、今だったら絶対買う!ってものもあります)

買い物前にAmazonギフト券をチャージしておくのがオススメ

Amazonで購入する前に、Amazonギフト券をチャージしておくといいです。

ギフト券をチャージするだけで、最大2.5%還元されるからです。

すごい!

アマゾンギフト券チャージの還元率の表
引用:公式

表にあるように、90,000円チャージしたら、2.0%還元で1800円分です。

Amazonギフト券は有効期限も10年と、いつかは必ず使い切るはずなので、やらない理由がないです。

一般会員でもいいですけど、

Amazonプライム会員は還元率がさらにお得ですし、お急ぎ便が使い放題になったり、対象の映画やドラマ、アニメなどが見放題になったりします。

Amazonプライムの無料体験の登録

買ってよかった教員の時短おすすめグッズ

長いハサミ

 

A4用紙の横幅をザクッと一発で切れます。

これ使うと、

今までチョキチョキチョキってしてた時間返せっ

ってなります。

ハサミを使う機会の多い教員は必携。

いいホッチキス

ズバリ言いますが、100均のホッチキスとかありえないですマジで。

そこそこ分厚いのをバチンってして、とじれなかった時にホッチキスの芯を抜くあの作業、めんどうくさいですよね。

いいホッチキスを用意しておけば、そんな面倒くささはなくなります。

教室用のものも用意しておくと、夏休みのしおりや保護者会のしおりを綴じ込む時にイライラせずに済みます。

いい穴あけパンチ

これも同じく、500円くらいの安い穴あけパンチとかありえないです。

職員会議資料とか、1回あたり結構な枚数になったりしますよね。

それを何枚かずつに分けて、何回もパンチする手間から救ってくれるのが、

30枚以上一度にとじれるいい穴あけパンチです

壊れにくいので、長く使うことを考えると結果的にお得です。

印鑑ホルダー はん蔵

学校現場って印鑑文化がすごく浸透してるというか、まだ印鑑文化から抜け出せていないというか、とにかくそんな感じなので、

①印鑑を取り出す

 → ②朱肉のフタをあける

 → ③印鑑にインクをつける

 → ④印鑑でポチっと押す

 → ⑤朱肉のフタをしめる

 → ⑥印鑑と朱肉をしまう

※何回か押印する場合は、③と④を何度も繰り返す必要あり。

という面倒くさい作業をしなければいけません。クラス全員分の通知表に押印する作業、結構大変ですよね。

「印鑑ホルダー はん蔵」は、そんな面倒くさい作業から僕たちを解放してくれる便利グッズです。

一緒に補充カートリッジも買っておくべきです。

(補充カートリッジ買ってなくて朱肉切れになった後、印鑑押す作業がマジで苦行に感じました)

三菱鉛筆/印鑑ホルダー「はん蔵」速乾デラックスタイプ 銀

マグネットチョークホルダー

教員をやっていると、授業でチョーク使った後に

手や、服のポケットのあたりがチョークまみれになる

 → 休み時間に手を洗いにいく

 → ハンカチで手を拭く

という作業が必要になりますよね。

貴重な休み時間に、毎回手洗うのいやだなー

って思っていた時に出会ったのがマグネットチョークホルダーでした。

こいつのおかげで、僕の手はチョークまみれにならずに済んで、少ない休み時間がほんの少し伸びました。

マグネット付きなので、使わない時は黒板にびたっと貼れるのも便利。

授業中に色チョークを探す手間もなくなるのが地味に便利。

象印 マグボトル

給湯室にコーヒーを入れに行くあの時間、ぶっちゃけもったいないなって思っていました。

飲み物を入れに行くの面倒くさいから、小さいマグカップに入っているコーヒーをちびちび飲んでいました。

マグカップだと冬場はすぐにコーヒーが冷めちゃうし、夏場は冷たい麦茶がすぐぬるくなってしまいます。

そんな時に、

ボトル買ったら全ての悩みは解決するんじゃないか!?

って思って、買ったら、その通りでした。

保温も保冷もできるし、結構量が入るので便利でした。

象印のこのボトルはスポーツドリンクも入れやすい加工がされているみたいです。

ワンタッチで開けられるので、開ける時にめんどうくさくなくて便利です。

マグネットポケット

学校現場って紙文化ですよね。

大量の書類を処理しなければいけなくて、机の上は

  • 大切な書類
  • シュレッダーする書類

が入り乱れてぐちゃぐちゃに…

シュレッダーする書類どれだっけ

って、ならないようにするために

シュレッダーする書類が出たらすぐにシュレッダーしに行くぞっ

と、毎回毎回いちいちシュレッダーのところまで移動していました。

大変だし、時間の無駄です。

 

そんな無駄を解決してくれたのが、マグネットポケットです。

デスクの引き出しの横あたりにマグネットでつけておいて、シュレッダーする文書が出たら、そのポケットにポンッと入れるだけ。

あとは、ある程度まとまったところで、まとめてシュレッダーするだけです。

これのおかげで、机の上が散乱することも、椅子から立ち上がることも減って、目の前のタスクに集中できるようになりました。

レターケース

シュレッダーする書類をマグネットポケットでなんとかしても、それでも大量の書類と戦わなければいけません。

どうしても机の上が紙でいっぱいになりがちなので、レターケース買って、そこにぶちこみましょう。

もっと引き出しがほしいって人は、7段のケースもありますよ(3段もあります)。

トレイにラベルもついているので、分類しやすいのもポイントでした。

トレイのうちの一つを「今日中に処理」っていうトレイにすると、仕事を片付けやすくなります。

キングジムのくっつくボード 電子吸着ボード

教員っていろんな仕事を同時進行でこなさなきゃいけないですよね。

なので、やるべきタスクを付箋に書いてペタって机に貼ったりしたことあるんですけど、剥がれちゃったり他の書類に埋もれたりするんですよね。

このボードがあれば、そんな不便なことはなくなります。

乾電池を使って発生させた静電気を使って、名刺やメモなどの紙を貼り付けられる電子ボードです。

これはマジで便利。静電気っていっても微力なのでバチっとはしません。

何かを貼る時にテープが必要ないので、剥がす時に「楽だな~」ってありがたみを感じます。

ライクイット(Like-it) 収納ケース

文房具をよく使いますよね。

それで、

ペンやクリップ、輪ゴムなどで机の上や引き出しの中が散乱

 → 物を探すのに時間が奪われる

ってことも。

机の上が散乱しないためのアイテムが必要です。

そこで提案したいのが、これ。同じタイプの商品はたくさんあるんですけど、いろんな種類のモノを入れやすいので、これを紹介します。

輪ゴムやダブルクリップを大量に入れておくと、いちいち事務室に取りに行かなくていいので時短になりますね。

キングジム キングファイル

大量の紙とのバトルに勝つために、いいファイルを用意しましょう。

生徒がよく使ってるあの紙製のファイルでもいいっちゃいいんですけど、職員会議資料とか結局大量になって後で苦労することになるので、

そうなる前に大きいファイルを買っておいた方がいいです。

修正テープ

手書きでプリントを作る時にミスった時用。

修正液だと乾くまで時間かかるので、修正テープが圧倒的にオススメです。

Fire 7 タブレット(Alexa搭載 Newモデル)

2019年6月発売の新モデルで、僕自身は教員時代に使ったことはありませんが、いま教員やってたら確実に書います。

机に置いておくと、デスク用時計にもなりますし、調べ物もしやすいです。

そんなに大きくなくてスペースをとらなそうなのも良いですね。

高機能なのに5,980円と、コスパがいいです。

 

 

時短のことが学べる本

時短グッズは便利で、これだけでも仕事がスムーズになりますが、

  • 「丸つけに時間かかるんだよなあ」
  • 「パソコンの入力がめんどうだなあ」

っていう面倒からはなかなか解放されません。

そんな悩みの解決策のヒントが載っている本があります。

僕が教員の時には発売されていなかったのですが、読んでみたら結構使えそうな時短の工夫がたくさん載っていました。

特に『さる先生の「全部やろうはバカやろう」』はこれからの教員は必読だと思っています。結構売れてます。

 

ちなみに、どちらもKindleでも読めます。

朝読書の時間がある学校も多いと思うので、Kindleがあると捗りますよ。

電源ボタンを押せば、さっきまで読んでいたページがすぐに表示されます。

なんだそんな単純なことかって思うかもしれませんけど、

本を開いて、しおりを別のところに置く → 読み終わったら、しおりをはさむ

っていう作業も、何十回何百回と積み重なると結構な時間です。Kindleならボタンを押せばいいだけですので楽です。

僕の同僚はなぜか電子書籍に抵抗感があったんですけど、

  • e-inkっていう特殊な技術を使っていてブルーライトがないので目が疲れない
  • ・充電がほとんどいらない
  • ・軽い
  • ・かさばらない

ので、僕は愛用しています。

Kindleはたくさん種類があるんですが、2018年12月に発売されたKindle Paperwhiteはたくさんある種類の中でも比較的安く、防水機能もついています。お風呂で読めるのが強みですね。

まとめ

学校の先生方!

毎日毎日残業で大変だと思いますので、時短グッズの力を借りて自分でできる範囲で時短の工夫をするべきですよ!

関連記事

Amazonをある程度使うなら正直、Amazonプライムに登録しないと損してるってレベルです。

Amazonプライムの無料体験の登録

 

※Amazon使って、お届け先を学校にして、楽しちゃいましょう(笑)

※事務室の人には「荷物届きます」って言っといてね。言わないと怒られるかもだから気をつけるべし。

 

おしまい!

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です