【通信教育・塾など】

不登校でもスタディサプリで出席扱いになる!ただし注意点あり!

 

不登校の生徒がスタディサプリを使って自宅学習をした場合、出席扱いになるのかな?

って思う人も少なくないはず。

自宅での通信教育を使った学習が出席扱いになったら、保護者からしたらありがたいですよね。

 

僕自身、教員をやっていた時、「生徒が不登校になると、生徒だけでなく保護者も大変な思いをするんだな…」って思ったんですけど、、、

 

スタディサプリの場合、出席扱いになる可能性が高そうです。

 

ただし出席扱いにしてもらう上で注意すべき点もあるので、本記事ではそのあたりについてまとめます!

 

 

自宅でのタブレット学習が出席扱いになる条件

「不登校児童生徒が自宅においてICT等を活用した学習活動を行った場合、出席扱いになる条件」に関する文科省の発表を抜粋してまとめました↓

 

①その学習活動が、以下の要件を満たす

  • (1)保護者と学校との間に十分な連携・協力関係が保たれていること。
  • (2)ICT(コンピュータやインターネット、遠隔教育システムなど)郵送FAXなどを活用して提供される学習活動であること。
  • (3)訪問等による対面指導が適切に行われることを前提とすること。
  • (4)当該児童生徒の学習の理解の程度を踏まえた計画的な学習プログラムであること。
  • (5)校長は,当該児童生徒に対する対面指導や学習活動の状況等について、その状況を十分に把握すること。
  • (6)基本的に当該児童生徒が学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けられないような場合に行う学習活動であること。
  • (7)学習活動の成果を評価に反映する場合には,学校が把握した当該学習の計画や内容がその学校の教育課程に照らし適切と判断される場合であること。

②学校の長が、以下の判断をする

  • (1)その学習活動が、自ら登校を希望した際に、円滑な学校復帰が可能となるような学習活動である
  • (2)その学習活動が、当該児童生徒の自立を助けるうえで有効・適切である

出席扱いになる!

 

参考事例がこちら公式情報

 

ICT等を活用した学習活動の例

1 ICT等を活用した学習活動とは例えばどのようなものがありますか。

 

○ 「ICT等を活用した学習活動」には,インターネットのほか,郵送や電子メール,FAXなどを活用して提供されるものも含まれ,例えば次のような例があります。

・民間業者が提供するICT教材を活用した学習・パソコンで個別学習できるシステムを活用した学習・教育支援センター作成のICT教材を活用した学習・学校のプリントや通信教育を活用した学習・ICT機器を活用し,在籍校の授業を自宅に配信して行う学習(同時双方向型授業配信やオンデマンド型授業配信)

引用:義務教育段階の不登校児童生徒が学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けている場合の指導要録上の出欠の取扱いについて

計画的な学習プログラムとは

5 計画的な学習プログラムとはどのようなものですか。

 

○ 学年や個々の学習の理解の程度に応じたものであり,在籍校の年間指導計画に準拠した形で月ごとや学期ごとなどある程度長期的な計画になっていることが望ましいと考えています。民間業者が提供する教材を活用する場合などは,あらかじめ決められている学習プログラムを活用してもかまいません。

引用:義務教育段階の不登校児童生徒が学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けている場合の指導要録上の出欠の取扱いについて

法令等の全文はこちら

義務教育の段階における普通教育に相当する教育の機会の確保等に関する法律

第七条 文部科学大臣は、教育機会の確保等に関する施策を総合的に推進するための基本的な指針(以下この条において「基本指針」という。)を定めるものとする。

 

不登校児童生徒が自宅においてICT等を活用した学習活動を行った場合の指導要録上の出欠の取扱いについて

1趣旨 不登校児童生徒の中には,学校への復帰を望んでいるにもかかわらず,家庭にひきこもりがちであるため,十分な支援が行き届いているとは言えなかったり,不登校であることによる学習の遅れなどが,学校への復帰や中学校卒業後の進路選択の妨げになっていたりする場合がある。このような児童生徒を支援するため,我が国の義務教育制度を前提としつつ,一定の要件を満たした上で,自宅において教育委員会,学校,学校外の公的機関又は民間事業者が提供するICT等を活用した学習活動を行った場合,校長は,指導要録上出席扱いとすること及びその成果を評価に反映することができることとする。

2 出席扱い等の要件 義務教育段階における不登校児童生徒が自宅においてICT等を活用した学習活動を行うとき,当該児童生徒が在籍する学校の長は,下記の要件を満たすとともに,その学習活動が,当該児童生徒が現在において登校を希望しているか否かにかかわらず,自ら登校を希望した際に,円滑な学校復帰が可能となるような学習活動であり,かつ,当該児童生徒の自立を助けるうえで有効・適切であると判断する場合に,指導要録上出席扱いとすること及びその成果を評価に反映することができる。

(1)保護者と学校との間に十分な連携・協力関係が保たれていること。

(2)ICT等を活用した学習活動とは,ICT(コンピュータやインターネット,遠隔教育システムなど)や郵送,FAXなどを活用して提供される学習活動であること。

(3)訪問等による対面指導が適切に行われることを前提とすること。対面指導は,当該児童生徒に対する学習支援や将来の自立に向けた支援などが定期的かつ継続的に行われるものであること。

(4)学習活動は,当該児童生徒の学習の理解の程度を踏まえた計画的な学習プログラムであること。なお,学習活動を提供するのが民間事業者である場合には,「民間施設 についてのガイドライン(試案)」(別添3)を参考として,当該児童生徒にとって適切であるかどうか判断すること。(「学習活動を提供する」とは,教材等の作成者ではなく,当該児童生徒に対し学習活動を行わせる主体者を指す。)

(5)校長は,当該児童生徒に対する対面指導や学習活動の状況等について,例えば,対面指導に当たっている者から定期的な報告を受けたり,学級担任等の教職員や保護者などを含めた連絡会を実施したりするなどして,その状況を十分に把握すること。

(6)ICT等を活用した学習活動を出席扱いとするのは,基本的に当該児童生徒が学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けられないような場合に行う学習活動であること。なお,上記(3)のとおり,対面指導が適切に行われていることを前提とすること。

(7)学習活動の成果を評価に反映する場合には,学校が把握した当該学習の計画や内容がその学校の教育課程に照らし適切と判断される場合であること。

 

\ 小学生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ小学講座の特徴

\ 中学生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ中学講座の特徴

\ 高校生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ高校講座の特徴

 

 

スタディサプリをやれば不登校でも出席扱いになる?

スタディサプリの画像

スタディサプリに関しては、以下のように判断されるはずです。

①(1)連携・協力関係 保護者が学校と連絡をとればOK
①(2)学習活動の内容 OK
①(3)対面指導 担任等が定期的に家庭訪問をすればOK
①(4)計画的な学習プログラム OK
①(5)校長が状況を把握 保護者がタブレットに保存された学習履歴を学校に見せればOK
①(6)学習活動の性質 OK
①(7)教育課程に適合 OK
②(1)学校復帰が可能となる学習活動 校長の判断次第
②(2)自立を助けるうえで有効・適切 校長の判断次第

 

 

ただし、出席扱いと判断されなかった事例もあるようなので、要注意です。

出席扱いにならない代表的な例

  • 家庭の協力が得られない場合
  • 児童の状況や学習状況の様子が十分確認できなかった場合

 

学校とちゃんと連絡をとれば問題なしです!

 

\ 小学生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ小学講座の特徴

\ 中学生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ中学講座の特徴

\ 高校生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ高校講座の特徴

 

 

出席扱いと判断しなかった事例について

7 指導要録上の出席扱いと判断しなかった事例がありますか。

○ 出席扱いと判断しなかったケースについては,教育委員会への聞き取りから,例えば次のような事例を把握しています。

・学校が,家庭訪問等による対面指導を設定したが,家庭の協力が得られないことから,当該児童の状況や学習状況の様子が十分確認できなかった。

・無料のインターネット学習プログラムを利用していたが,当該プログラムにおける学習のねらいや内容が明確でなかった。

引用:義務教育段階の不登校児童生徒が学校外の公的機関や民間施設において相談・指導を受けている場合の指導要録上の出欠の取扱いについて

 

 

不登校の人にはスタディサプリは合わない?(僕の考え)

スタディサプリ中学講座

スタディサプリは授業動画が見放題になる通信教育。自由度が高く自分のペースで勉強できるというのがメリットです。

その反面、「こういう順番で勉強しましょう」「今月はこれをやりましょう」って決めてもらえるわけではないので、勉強の意欲がないと登録したけど本当に何もやらない…ってことになりがち。

 

不登校の生徒がどんな学習教材を使うのが良いのか?は簡単には答えが出せない問題なので難しいですが(ある程度強制力がある通信教育の方が良いのか、完全に本人の自主性に任せる通信教育の方が良いのか、わからないのですが)「強制力がないと不安」っていう人にはスタディサプリは合わないかもしれません。

 

 

スタディサプリ個別指導コースの画像

ただ、追加料金を払うことで「人の指導」がつくコースを利用することができます。「完全に本人の自主性に任せるのは心配」っていう場合は、そちらのコースを検討してみてください!

 

【中学生】スタディサプリ個別指導コースの概要

※中高一貫校を除く、公立中学校の生徒限定のコース

 

【高校生】スタディサプリ合格特訓コースの概要

 

 

「人の指導」がつかない通常のコースでOK!っていう人はこちらから無料体験できます↓

\ 小学生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ小学講座の特徴

\ 中学生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ中学講座の特徴

\ 高校生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ高校講座の特徴

 

不登校の生徒が多く利用している無学年式オンライン教材「すらら」という通信教育もあります。

スタディサプリよりも難易度が低めな感じなので、「スタディサプリだと難しすぎるかも…」って思う人はこちらも検討してみてください。

「すらら」(無学年式オンライン教材)のメリットとデメリット

 

 

スタディサプリの特徴について

下記の記事でまとめていますので、よければどうぞ!

スタディサプリ小学講座(小4〜小6)の概要

スタディサプリ中学講座(中1〜中3)の概要

スタディサプリ高校・大学受験講座(高1〜高3)の概要

 

\ 小学生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ小学講座の特徴

\ 中学生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ中学講座の特徴

\ 高校生はこちらをクリック /

スタディサプリ14日間無料体験

 

関連:スタディサプリ高校講座の特徴

 

 

他の通信教育についてまとめた記事はこちら

【通信教育】小学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説

【通信教育】中学生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説

【通信教育】高校生におすすめなのはこれ!東大卒元教員が比較して解説

 

ご家庭で勉強したい人へ

通信教育を比較

おすすめな通信教育についてまとめました(各通信教育の比較)。

 

小学生におすすめな通信教育まとめ

中学生におすすめな通信教育まとめ

高校生におすすめな通信教育まとめ

不登校の人におすすめな通信教育まとめ

 

 

進研ゼミ

  • 全教科の対策をしたい!
  • でも部活や習い事で忙しい
  • 自分で学習計画・学習内容を考えるのは苦手

っていう人に向いているのが進研ゼミ。値段も比較的安めです。

くわしくは下の個別記事で。

 

 

家庭教師を探す

 

 

社会科チャンネル

YouTubeで社会科の動画をアップ中です。よければご視聴お願いします。

>>社会科チャンネルはこちら

関連記事

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA